Gスポットはどこにあるの?絶対に見つかる方法【画像付き】

Gスポットはどこにあるの?絶対に見つかる方法【画像付き】

Gスポットを責めることができたら女性を高確率でイカすことができます。しかし、ここで問題なのは「Gスポットがどこにあるのか分かりにくい」ということですよね。確実にGスポットの場所さえ知ることができれば、「女性をイカせまくる」ことも可能になります。そこで、今回の記事では、どこにGスポットがあるのか絶対に見つかる方法を画像付きでご紹介します!この記事を最後まで読んで、Gスポットの場所を完全に把握してください!

Gスポットとは

そもそも、Gスポットの名前の由来はご存知でしょうか。それは、ドイツの医師でもあるエルンスト・グレフェンベルク(Ernst Gräfenberg)が見つけたことから名付けられている名称です。Gスポットの場所は、一般的には膣内に指を入れたところの第二関節の辺りにあると言われています。

Gスポットは、一般的に膣入口から3~4センチほど奥に入った場所にあるとされています。

引用:宋美玄医師 「Gスポットはクリトリスの一部との説が有力」(NEWSポストセブン)

医師も上記の口コミで指摘しているように、Gスポットの場所は膣の入り口から4センチぐらいのところにあるので、目安として指の第二関節ぐらいですよね。女性が仰向けになっている状態で指を入れて、「お腹側」のところにGスポットがあるので、その辺りを刺激することになります。そして、Gスポットというのは、実はクリトリスとの関係が非常に強いことが分かっています。

女性がGスポットで快感を得られるのは、神経の集合体であるクリトリスがその部分まで伸びてきてるから。Gスポットを膣内から刺激することは、すなわちクリトリスの一部を裏面から刺激しているということなんです。

引用:宋美玄医師 「Gスポットはクリトリスの一部との説が有力」(NEWSポストセブン)

Gスポットというのは、クリトリスまで伸びている途中の神経を膣内から刺激することによって女性が快感を感じるという仕組みになっています。クリトリスは身体の外に出ていますが、Gスポットはまさに身体の内側からクリトリスの一部を刺激しているということになります。

Gスポットはどこにあるのか

Gスポットの大体の場所は、すでに皆さんにお伝えしましたが、「それでもよく分からない」というのが本当のところですよね。当然ながら人によって個人差は出てきます。全員のGスポットが全く同じところにあるというわけではないです。

実は、男性のなかには、上記の口コミのように「いまいちGスポットの場所をつかんでいない」人は多いです。Gスポットとはもちろん聞いたことがあるのですが、なかなかその場所自体を完ぺきにつかむのは難しいですよね。

女性の場合でも、この口コミのように「Gスポットが気持ち良くない気がする・・・」と感じる女性も多いです。自分がGスポットを触られて気持ち良くなっているのか、別の場所を触られて気持ち良くなっているのか、どちらか分からない状態です。このような口コミは、意外と女性のなかではあるあるなことではないでしょうか。

さらに、女性の場合、自分で触ってみても「Gスポットがよく分からない」こともあります。自分でどこを刺激すると気持ち良くなるのかがいまいちよく分からない女性もいます。

Gスポットが絶対に見つける方法

それでは、絶対にGスポットがどこにあるのかを見つける方法をご紹介します。次にご紹介する方法を試すことで、Gスポットがどこにあるのかをしっかりと確認することができます。女性のGスポットを見つけることで、セックスのときにかなりの確率で女性をイカすことが可能になります。特に「中イキ派」の女性の場合は、Gスポットを刺激することで、イクのが止まらなくなり、セックスをするたびに深い快感を与えることが可能です。

女性の場合は、自分でGスポットの場所を知ることで、オナニーをする際にもクリオナだけではなく、膣オナもすることができます。さらに、Gスポットを開発しておくことで、セックスの際にペニスを挿入されてGスポットを擦られると、身体の内側から込み上げるような気持ち良さを味わうことができます。そのため、男女問わず、Gスポットの位置を知ることは大切です。具体的に5つ、Gスポットがどこにあるのかを見つける方法をご紹介するので、ぜひ一つずつ確かめてみてください!

感度を高めてからGスポットを探す

女性のGスポットを探すときはの前提として、「女性の感度を高めておく」ということは必須です。女性の感度を高めておかないと「Gスポットが分かりにくくなる」ためです。女性の感度が高まると、女性のクリトリスが膨張してきます。クリトリスは外に出ているので分かりやすいですよね。クリトリスが膨張しているということは「クリトリスの一部でもあるGスポット付近の神経密集地帯も膨張」しています。

クリトリスが膨張しているときに、Gスポットを膣の内側から刺激することで、女性は感じることになります。これはセックスに慣れていない女性の場合だと、特に重要になります。セックスに慣れていないと、Gスポット付近まで感度が高まりにくくなっています。そのため、じっくりと責めて女性の感度をできるだけ上げていきます。その反対に、いわゆる「開発されている女性」というのはGスポット付近の神経まで膨張しやすくなっているとも言えます。感じやすい女性の場合は「Gスポットも見つけやすい」ので、膣の入り口から4センチぐらいの場所をコツコツと刺激すると比較的早くGスポットを見つけることができます。

ちなみに、Gスポット付近の感度を上げるための注射などもクリニックで行うことができます。Gスポット付近の感度を上げることで、中イキしやすくなります。こういったクリニックがあることからも、「女性の感度を上げる」ことがGスポットを見つける上で大切なことが分かります。

クリニックはこちら⇒Gショット(感度UP手術)の詳細情報(湘南美容クリニック)

おしっこがしたくなる場所を触る

Gスポットがある場所の近くには尿道があります。そのため、Gスポットを刺激しているうちに「女性がおしっこをしたくなる」ことも多いです。また、Gスポットの気持ち良さに気づいてない女性の場合も「おしっこがしたくなる感覚」には気づきます。おしっこをしたくなるような場所を見つけることができたら、後はもう一息です。その部分がGスポットに近い場所なので、重点的に責めることで女性を絶頂させることができます。

口コミからも分かるように、女性がGスポットを重点的に刺激されると、潮を吹いちゃうこともあります。これはGスポットと尿道が非常に近い場所にあることから起こる現象でもあります。そのため、「女性がおしっこを我慢している状態でGスポット付近を刺激する」と、特におしっこをしたくなるような場所を見つけやすくなります。そして、その場所がGスポットということになります。まだセックスの経験が少ない女性でも、膣内から尿道付近を責めると「おしっこをしたくなる感覚」には気づくので、とにかくその場所を早く見つけるように触ります。

感触の違うところを触る

Gスポットは、一般的には「膣内の少しざらざらしているところ」と言われていますよね。まずは、そのGスポット付近でざらざらしている部分を探してみます。そのため、激しく膣内で指を出し入れするのではなく、Gスポット付近の感触をじっくりと確かめるようにしながら触ります。

上記の口コミでもありますが、ざらざらした部分を目標にしながらGスポットを探すことは基本ですよね。しかし、すべての人のGスポットがザラザラしているわけではないです。それが、Gスポットを見つける難しさとも言えます。すべての人のGスポットがザラザラしていたら、今ごろ、Gスポットを刺激することは簡単に広まっているはずです。

上記の口コミにもありますが、すべての人のGスポットの場所がざらざらしているわけではありません。当然ながら、個人差があります。人によっては全くザラザラしていないこともあり、違った感触の場合もあります。そのため、Gスポット付近では「ちょっと周りとは違う感触」を見つけることで、Gスポットを見つけやすくなります。

クリトリスを内側から責めるイメージ

Gスポットとは、クリトリスの一部である部分を膣内から責めるということをすでにお伝えしました。身体の表面に出ているのは「クリトリスのほんの一部」に過ぎません。つまり、表面に出ているクリを辿っていくと、身体の内側にもクリトリスの神経が伸びているのです。そのため、「表面に出ているクリトリスの裏側を内側から責めるイメージ」で膣内を刺激すると、その場所がGスポットと言われている場所になることが多いです。

上記の口コミでは、彼女の膣内での感じるポイントを探していたところで、Gスポットを見つけた様子です。その場所は、クリの裏側辺りで、その部分を刺激すると彼女の感じ方が今までとは明らかに違ったようですね。やはり、クリトリスの裏側辺りを刺激することで彼女の反応が違ったということは、その部分がGスポットであることが分かります。身体の内側にも、表面に出ているクリトリスの神経は通っているので、膣内からクリトリスまでの最短距離を見つけると、そこがGスポットです。

女性と協力しながらGスポットを探す

上記までの方法で、大概は女性のGスポットを見つけることが可能になっています。しかし、それでもどうしてもGスポットが見つからないようであれば、パートナーである女性と協力して2人でGスポットを探すようにしましょう。やはり、まだセックスに慣れていない女性の場合だと、いわゆる「中イキ」が難しい場合があります。しかし、女性と協力しながら探すと、Gスポットを見つけることは十分に可能です。

上記の口コミのように、女性とGスポットをどこか確認することはセックスを楽しむためにもとても大切なことですよね。せっかくセックスをするなら、やっぱり女性を気持ち良くさせたほうが良いに決まっています。口コミでは「イッた後のGスポット付近を2人で確認」したということですが、イク前や、そこまで感度が上がっていない状態でのGスポット付近を確認するこで、どの部分が感度が上がるにつれて変化しているかなどを確認しやすくなります。そして、その感度が上がっているときに変化している場所がGスポットということになります!

まとめ:Gスポットがどこかを探し出して女性をイカせまくる!

今回の記事では、Gスポットはどこにあるのか、絶対に見つかる方法を画像付きでご紹介しました。今までGスポットを見つけることができなかった人も、上記にご紹介した方法で、Gスポットを必ず見つけることができます。そして、画像付きでお伝えしているので、感覚的にも分かりやすくなっていますよね。今回お伝えした方法で、女性のGスポットを見つけ出し、大量の潮を吹かせるようになってください!

◯関連記事
Gスポットより気持ちいい!「Uスポット」の攻め方を紹介
スペンス乳腺ってなに?胸のGスポットをあなたに教えます。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/g-spot-2.html