120%感度があがる乳首開発方法を大公開!短期間で誰でも乳首イキが可能になる秘訣とは

120%感度があがる乳首開発方法を大公開!短期間で誰でも乳首イキが可能になる秘訣とは

「乳首が感じるのは女だけ」もしかしてそう思ってはいませんか?男だって上手に開発すれば乳首イキすることが可能なんですよ。今回は日々のオナニーを何倍も気持ちよくすることができる、乳首開発のやり方について詳しくご紹介していきたいと思います。

どんな男性でも確実に乳首の感度がUP!乳首開発の実践方法を伝授

今乳首を触るとどんな感じがしますか?
「くすぐったいだけ」
「別に何も感じない」
「イクどころか勃起すらしそうにない」
多くの男性がこう感じていることでしょう。

しかし「触られていることがわかる」という感覚でもわかるように、乳首にだって神経は通っています。つまり今まったく気持ちよさを感じないのは、その神経が快感に繋がっていないためです。

だったらもうやるべきことはわかりますよね。乳首の神経を快感を感じるためのツールへと開発していきましょう!そうすることで思わず喘いでしまうような快感を味わうことができますし、最終的には乳首だけで絶頂するだって可能ですよ!

とはいえむやみやたらにイジるだけでは、いつまでたってもその境地にはたどり着けません。乳首イキできるくらい開発するためには、正しい方法を知ることが何よりの近道なのです。これからご紹介する方法を知れば、誰だって乳首が感じるようになります。乳首を立派な性感帯へと開発し、今まで体験したことのない快感を味わってみたい方は、ぜひこのまま最後までお付き合いください。

乳首でイクことができれば何度でも絶頂感が味わえる

「乳首でイケるようになる」これだけでも充分気持ちよくなれることなのですが、乳首イキの素晴らしい点は何度でもイケるということです。詳しくご説明しましょう。

まず大前提として、乳首イキで射精はしません。
勘違いされている方も多いかもしれませんが、乳首イキはドライオーガズムなのです。

・射精してイク=ウェットオーガズム
・射精をせずにイク=ドライオーガズム

男性なら誰しも1回イッたら一気に性欲がなくなる「賢者タイム」というのを経験したことがあるでしょう。これはプロラクチンというホルモンのせいです。プロラクチンにはドーパミンを抑制しリラックスさせる働きがあるので、「イッたらムラムラが一気に引いた」「オナニー後は眠たくなる」というのもこのためなんですよ。

しかしこのプロラクチンは射精時に分泌されるものであって、イクことで分泌されるものではありません。つまり射精を伴わない乳首イキでのドライオーガズムは、賢者タイムが襲ってこないんです。そのため何度も何度も、まるで女性のように連続して絶頂を味わうことができるというわけ!

「女は何回でもイケていいよな~」と、今まではただ羨ましがっているだけだったかもしれません。しかし乳首を開発すれば、あなたもこの「何回でもイケる」オナニーができるようになりますよ!

生物学的には男女の乳首に大きな違いはないため、男でも乳首イキ可能

「乳首イキなら何度でもイケる」そう言われても、まだ本当かどうか疑問に思う方もいるかもしれません。「乳首が感じるのは女だけ」そう考えておられる方もいるでしょう。しかし乳首の作りや神経数に男女の差はないってご存知ですか?

確かに女性の乳房には、乳腺と呼ばれる男にはない器官は備わっています。しかしそれはあくまでもおっぱい全体の話。乳首だけでいえば男女に差はありません。

例えば赤ちゃんの乳首に男女差ってありますか?ありませんよね。「大人になると形や大きさに違いが出るじゃないか」そう思われるかもしれませんが、それは乳腺が内側にあるかどうかの差だけで、感度に関係はないのです。

つまり「女は乳首で感じる」というのは、そのまま男にだって言えること!「乳首は性的快感を得られる性感帯」これは生物学的にも正しい事実なんですよ。冒頭でもお伝えしたように、開発さえすれば男だって乳首で感じられるようになります。次項からご紹介していく正しい乳首開発法で、ぜひその事実を確認してみてください!

男でもできる乳首開発の実践方法

それでは早速正しい乳首の開発方法をご紹介していきましょう。今回ご紹介する乳首開発法は全部で4ステップです。

①乳首開発の第一歩
②乳首開発初期
③乳首開発中期
④乳首開発後期

この順でそれぞれ適切な刺激法をおこなっていけば、必ず乳首で感じられる身体になります。ただ乳首の開発は1度や2度しただけで完璧にできるものではありません。時間と根気をかけ1歩ずつ進めていくことを意識してくださいね。

乳首開発の第一歩|強めの刺激を与えて鈍感な乳首の神経を目覚めさせてやる

乳首を触っても「何も感じない」「触られているという感覚しかわからない」そんな方は、まず乳首の神経を目覚めさせる必要があります。そのためには普段なら受けない刺激を与えることから始めましょう。

強めにつねる・ひっぱる・爪先で挟んでみるなど、若干の痛みを伴うような刺激を与えることで効率良く目覚めさせることができます。ただどれもやりすぎはNG。乳首に傷がつきかねませんので、「これ以上したら痛みを感じそう」という1歩手前までにしておいてくださいね。

ちなみに「触ると痛みに似た刺激を感じる」「くすぐったい」といった感覚になる方は、すでに神経が目覚めています。このステップは必要ありませんので、次項の「乳首開発初期」から始めましょう。

乳首開発初期|オナニーするとき乳首も弄り乳首=気持ちイイと脳に覚えさせる

乳首だけをどれだけ丁寧に触り続けても、快感へと繋がることはほとんどありません。乳首を性感帯にするには、身体よりも前に脳に「乳首を触ると気持ちいい」ということを覚えさせねばならないのです。

そのためにも普段行うオナニーで、必ず乳首をイジる癖をつけましょう。ペニスへの刺激と同時に乳首からの感覚を得ることで、脳が「乳首を触っているから気持ちいいんだ」と覚えてくれます。そうなればペニスをシゴく手を緩めても、乳首をイジり続けることで「あれ?気持ちイイ?」という感覚がわかるようになりますよ。

スポールバンを乳首に装着!24時間刺激することで乳首の感度は確実にあがる

第一歩で眠っていた神経を目覚めさせ、初期で脳に乳首が気持ちいいということを覚えさせました。「オナニーのときに乳首を一緒に触ると気持ち良さが増す気がする」ここまできたら、開発を次の段階まで進めましょう。

次は24時間刺激を与え続け、乳首の感度を上げることを目標にします。とはいえまさか「ずっと触り続けろ」とは言いません。乳首開発にうってつけの商品があるんです!それが自宅で簡単に針治療ができる優れモノ、スポールバンです。

シールの裏に1㎜程度の針がついているもので、本来は肩こりなどの治療に使用するものとして売られています。「針!?そんなの乳首に貼ったら痛いだろ!」そう思うかもしれませんが、痛みは全くといっていいほど感じないのでご安心ください。

スポールバンを貼っていれば嫌でも乳首を意識する回数が増えますし、常に刺激を与え続けることで感度だって高まります。スポールバンは安全かつ効率良く乳首開発を進めてくれるアイテムですのでぜひ活用しましょう。

商品購入はコチラ⇒スポールバン

乳首開発中期|いろいろな刺激を与えることで乳首の感度(感覚)をあげていく

ここまでは痛みにも似た強い触り方や、24時間刺激を与え続けるという少し強引な方法で開発してきました。中期からは刺激法に変化を加え、高まってきている感度の精度を上げていきましょう。

【おすすめの刺激法①指の腹で円を描くように撫でる】
指先で乳首をつまむのではなく、指の腹で撫でまわしてみましょう。中指の腹を使い乳首の先端を触るか触らないかの距離でソフトタッチしてみたり、グリグリとねじ込むように押し付ければ、じれったいような快感を感じることができます。

【おすすめの刺激法②ローションを使いヌルヌル感を楽しむ】
ローションを指1本につけ触ってみるのも良いのですが、おすすめは人差し指・中指・薬指の3本を使った触り方。それぞれの指の腹にローションをつけたら、乳首の上で顔側と足側の上下に素早く動かしてみましょう。継続的に与えられるヌルヌル感はまるで舌先で舐められているかのような気持ち良さです。

どのような触り方であれ、「違う触り方をしたら違う感覚を感じる」というのであれば、乳首の開発が順調に進んでいる証拠です。「弱く触ったら感じる感覚も弱まっただけ」というのであれば、まだ乳首の神経は快感に繋がっていません。再度オナニー時にしっかり刺激することを続けましょう。

乳首開発最終段階|乳首の刺激だけでイケるようになるまで乳首開発を続ける

いろんな触り方をしていれば、自分好みの気持ちよさが得られる触り方が見つかるはずです。「上下に弾くように触るのが気持ちいい」「指で挟んでコリコリするのが1番好き」そんな風に実感できるようになれば、乳首の開発は完了間近!

「乳首が気持ちいいってことがわかったからこれでいいや」で終わらず、その感度を高め続けていきましょう。そうすることで最終的に乳首イキができるようになるのです。自分の好きな触り方を続ければ続けるほど乳首の感度は確実に高まりますので、乳首イキできるその日まで根気よく刺激し続けてみてくださいね。

乳首開発におすすめのアイテムを紹介

先ほど感度を高めるアイテムとしてスポールバンをご紹介しましたが、他にもおすすめの乳首開発グッズが2つあります。自分の指で触るだけでは刺激法に限界がありますので、いつか「なかなか開発が進まない」そう悩む日がくるかもしれません。

「開発具合をもっとスピードアップさせたい」
「簡単に効率良く開発したい」
そんな方にうってつけのアイテムになっていますので、ぜひチェックしてみましょう。

2019年現在最強の乳首開発アイテム「U.F.O.SA」

人間には決してマネできない動きで快感をもたらしてくれる大人のオモチャ。オモチャの中には乳首を刺激する専用のものもいくつかありますが、そんな中でも販売総数・口コミ評価共に最強と名高いアイテムが「U.F.O.SA」です。

お椀型のシリコンカップの中に舌やバラをイメージしたアタッチメントをつけ、スイッチを入れるとアタッチメントが回転し、まるで他人に乳首を舐められているかのような感覚が味わえるアイテムです。2万円弱とお値段はかなりお高めですが、その金額でも納得できる高機能!

・シリコン素材でぴったりフィット
・USBで充電可能
・専用アプリ「VORZEコントローラー」でスマホ操作可能
・VORZEプレイヤーと+1D規格による動画連動機能対応
・専用アタッチメント(6種類×2)が標準装備
・回転パターンは全7種類

スマホで遠隔操作できたりVRに対応していたりなど、近代的な乳首開発グッズです。もちろん機能だけでなくその使い心地も高評価!使用者の口コミをいくつかご紹介しましょう。

使ってみた感想は「何でもっと早く買わなかったのだろう…」でした。手で与える刺激では味わえない、まさに「舌でなめ回す」ような感覚です!
(中略)
値段が値段でなかなか手が出せない商品ではありますが、一人でチクニ-している男の人や女の人は、騙されたと思って買ってみることをおすすめします。
まず、後悔はしないと思います。
引用:NLS

これは、ヤバいぐらい気持ちが良いです。はずしてからも、余韻が残ります。ピリピリと、感覚があり、勃起しまくり困るぐらい。
チクニー中毒になりそう。
引用:NLS

チクニー大好きなM男です。
(中略)
立っても座ってもズレる事なく、ひたすら乳首を容赦なく犯してくれます。
実は今も装着しながらクチコミを書いています。
チクニー好きな方なら絶対に満足する逸品です。
引用:NLS

・買って後悔はしない
・ヤバいぐらい気持ちいい
・絶対に満足する逸品

ここまで言われると試してみたくなっちゃいますよね。感度の精度を上げる中期はもちろん、乳首開発のゴールでもある乳首イキするためにも使えるアイテムです。

商品購入はコチラ⇒「U.F.O.SA」

乳首責めをされている催眠オナニーの音声

物理的な刺激だけでなく、脳そのもので感じることができる催眠オナニー。この催眠オナニーの音声にも、乳首開発に役立つものがたくさんあります。その中でもおすすめなのが音声作品制作サークル「すくりぷてっどこねくしょん」さんが作成されている「第五弾」という作品です。

甘くて少し鼻にかかっている可愛らしい声は、まるで耳元で囁くように乳首開発を手伝ってくれます。

ダウンロードはコチラ⇒「すくりぷてっどこねくしょん」(キーワードは「5dan」です)

催眠オナニーそのものが少し難しい方法ではあるのですが、この音声を聞きながら乳首を触るだけでも、自分で触るだけとはまた違う快感へと繋がることでしょう。オカズとしても優秀な音声作品ですので、試しに聞いてみてはいかがでしょうか。

〇参考記事:聞くだけで普通オナニーよりも3倍気持ちいい!催眠オナニーのコツと手順

乳首開発が進まない男性へのアドバイス

刺激法を変えあの手この手を使ってみても「乳首イキできる日なんて夢のまた夢だな…」と開発の進まなさに辟易するときもあるかもしれません。先述したように乳首の開発には時間が必要で、一朝一夕でできるようになるものではないのです。

乳首開発が進まず諦めてしまう前に、これからご紹介するアドバイスを試してみてください。もしかしたらほんの少しの変化で劇的に進むこともあるかもしれませんよ。

【アドバイスその①乳首開発専門の風俗を利用してみる】
プロの力を借りてみましょう。個人差の大きい乳首開発を何人も成功させてきた彼女たちであれば、自分では気づかぬ方法で乳首を性感帯へと変えてくれるでしょう。もっともお金のかかる方法ですが、もっとも効率的な方法でもあります。

乳首責め可能な風俗店一覧はコチラ⇒風俗DX

【アドバイスその②女装してみる】
「乳首は女が感じる性感帯」そう思うのであれば、自分が女性になりきってみるのもひとつの手です。受け身となって「触られる側」をイメージするだけで気分が変わり、気分が変われば感覚も変わります。

ガッツリと女性用の服を着る必要はありません。女性用の下着を身につけるだけでも充分です。特にブラジャーの上から乳首をイジられるというのは、なかなか興奮する刺激ですよ。上下セットで2,000円弱で買うことも可能なので、ますは気軽に試してみましょう。

【アドバイスその③氷やホッカイロなどを使い温度に変化を持たせてみる】
乳首にある神経は温度にとても敏感です。その証拠に「寒くて乳首が立つ」というのは誰しも経験したことがあるはず。この習性を利用し、刺激法のひとつとして取り入れてみましょう。

特別な道具など用意しなくても、氷と指でも充分な温度変化を楽しめます。冷たいものをあてれば乳首が勃ち敏感になりますし、その後じんわりと指で温めていくことで徐々に高まる感覚の強さを実感できますよ。

乳首開発を進めるポイントは2つです。
1つは気持ちよさを感じられるようになるまでさまざまな方法を試してみること。
2つ目が気持ちいい触り方を見つけたらやめることなく続けること。
この2つを意識し、諦めることなく乳首開発を続けて乳首イキを体験してみましょう。

乳首の快感を知らないなんてもったいない!乳首を開発して天国気分を味わおう

最後に今回ご紹介した情報をまとめてみたいと思います。

【乳首の正しい開発方法】
①はじめの一歩:乳首の神経を目覚めさせる
②開発初期:感度を高める
③開発中期:感度の精度を上げる
④開発後期:乳首イキできるまで継続させる

【乳首開発におすすめのアイテム】
①初期で感度を高めるのに便利なアイテム:スポールバン
②乳首専用大人のオモチャ:U.F.O.SA
③乳首開発催眠オナニー:すくりぷてっどこねくしょん

【乳首開発が進まないときのアドバイス】
①乳首開発専門の風俗を利用してみる
②女装してみる
③氷などを使用し温度に変化を持たせてみる

【乳首開発を進める2つのポイント】
①気持ちいいと思えるまでいろんな刺激法を試す
②気持ちよさがわかったら乳首イキできるまで続ける

繰り返しになりますが、乳首開発には時間がかかります。しかし開発を続ければ必ず乳首で感じられるようになるのです。乳首イキできるその日まで、今回ご紹介した情報を参考にしてぜひ開発を続けてみてくださいね。

◯関連記事
オナニーより気持ち良くてハマるチクニーのやり方5選
乳首で感じたい男へ捧ぐ「チクニー」とは?乳首の開発方法・やり方などを紹介

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/mens-nipple.html