露出好き必見!「公園セックス」での注意点とおおすすめスポットを紹介

AV女優「雛乃つばめ」の経歴やプライベートSEX事情などを丸裸に【2019年最新版】

普通のセックスには飽きた、カップルのマンネリを解消したい、何でも言いなりになる性奴隷のような彼女やセックスフレンドがいる、そんなあなたにオススメしたいのが、公園セックスです。公園セックスは、普通に屋内で行うセックスでは感じることのできない、とてつもない興奮を味わうことができます。そこで今回は、公園セックスの注意点やおすすめスポットをご紹介します。

「公園セックス」はスリル満点!魅力的

誰もいない夜の公園。木陰に隠れてオッパイを揉んだりマンコを弄ってみたり、人気のない暗いベンチの上などでフェラさせたり、セックスするところを思い浮かべてみてください。公園セックスの醍醐味は、何と言っても「誰かに見られるかもしれない」というスリル感です。このドキドキ感を感じながらセックスをすることで、いつも以上に興奮するのです。

「僕も彼女もだいぶ酔っ払っていて、1回、公園でセックスしたことあります。誰もいなかったけど、もしかしたら誰かに見られているかも・・・そのスリルで2人とも超興奮した(笑)」(自営業・34歳)
引用:and GIRL

いつ誰かに見られるかもしれない、いやもしかしたら、もうすでに見られているかもしれない、そんなスリルがいつも以上に興奮を高めてくれるようです。

興奮するのは男性だけではないようで、人がいるかもしれない中で肌を露出し、開放感たっぷりで行う公園セックスは、女性にもいつも以上の快感を与えてくれるようです。

そして興奮した彼に、とうとうオチンチンを挿入されたのです。我慢していた声が思わず漏れてしまいました。そして彼がフィニッシュ。その後、公園を立ち去る時、通りすがりの散歩の男性が陰から私たちのエッチの一部始終を覗いていたようで、慌てて逃げていくのがわかりました。とても興奮した、恥ずかしい思い出です。
引用:人に言えない秘密の性愛話

見られていることに興奮する女性も少なくないようですね。恥ずかしさや興奮は、快感を何倍にも高めてくれます。公園セックスはまさに、セックス最上スパイスと言えそうですね。

しかし「公園セックス」にはリスクも

通常では味わえない興奮と快感を味わえる公園セックスですが、当然リスクと隣り合わせです。大きな快感を得ようと思えば、多少のリスクも受け入れなければなりませんね。

公園セックスにつきものなのが、虫の問題です。

その夜、当時のボーイフレンドとふたりで、ちょうどいい暗がりを求めてあっちへフラフラ、こっちへフラフラ……。とても暑い時期で、日が落ちてからも代々木公園はうだるような熱気に包まれていたと記憶しています。暗いところで若い男女がすることといえば、まぁひとつしかないですよね。私自身は気乗りしていなかったのですが、その男子はずいぶん早足で、ここでもない、あそこは明るすぎる……と歩き回り、私はただ黙ってついていきました。そして、ちょうどいい(と彼が判断した)場所を見つけて、そこでいたしたわけです。主に立ちバックで。そのときは夢中になって、というよりは、誰かに見られないか心配で気づかなかったのですが、膝から下、つまりスカートから露出している部分が、びっしり蚊に刺されてしまったんです! 終わるころにはかゆくてかゆくて、「だから、こんなところでしたくなかったのにー!!」と心のなかでむちゃくちゃ毒づきました。引用:女という幻想をぶっ壊す!本音情報サイト-messy /メッシー

蚊もイヤですが、公園ではもっと大きな虫が登場してくることもあります。そんな虫に周りをウロウロされては、公園セックスに集中できませんし、刺されたりするのも怖いですよね。虫が苦手な男女にとっては、最大のリスクになりそうです。

また、警察に通報されてしまうケースもあるようです。

私のその時の格好は上はまだ多少はだけてるだけなのですが下はショートパンツは完全に脱いでいて、ショーツも片足にひかっかってるだけでほとんど裸でした。
その格好で声をだしながら感じていた、その時いきなり懐中電灯で照らされてびっくりすると「おまえら何やってる」と言われました。そこに立っていたのは二人の警官で、だれかに通報されてしまったのです。警官が来たときはカレも私もイク直前だったので二人とも
「ハァ、ハァ」息がみだれていて、意識もじゃっかんもーろーとしていてパンツをはくのも忘れていました。警官の「早く服をきろ」と言うことばで「ハッ」と我に気付き急いで服をきました。私はかなりはずかしくて「すみませんでした」と言いながら彼氏の手をひきダッシュでその場から逃げました。
引用:エッチな体験談

逃げられたから良かったものの、交番に連れて行かれたりしたら恥ずかしいでは済まないですよね。見られるだけでなく、通報のリスクとも隣り合わせなのが公園セックスです。
まさにハイリスクハイリターンな公園セック。最高の興奮と快感を味わうためには、多少のリスクもやむなしといったところでしょうか。

公園セックスでの注意点

最高のスリルと興奮を味わえる公園セックス。ぜひ試してみたいものですが、先ほど紹介したようなリスクもあります。そこで、そのリスクを最小限にしながら、公園セックスに集中するために気をつけるべきポイントを紹介します。この注意点さえ守れば、最高に気持ち良い公園セックスが楽しめますよ。

あまりに人目につく場所はやめる

興奮した男女というのは、所構わずセックスをしてしまうものです。本人たちは気持ち良いですし、楽しんでいるのでそれで良いかもしれませんが、人目につくところでセックスをすることは「公然わいせつ」という、れっきとした犯罪に当たります。AV撮影で公園セックスをしていたところを近所の人に通報されて逮捕されてしまったという例もありますね。

そこで、公園セックスをする際は、なるべく人に見られないようにするのが鉄則です。確かに、見られるかもしれないというスリルを味わうものですが、実際に見られてはアウトです。世の中、他人のセックスを見て興奮する人ばかりではありません。不快感を感じて、警察に通報する人だってたくさんいるのです。また、不快に思わなくても、セックスしているカップルを妬んで通報する童貞男子もいます。

楽しむために公園セックスをしているのに、逮捕されてしまったら元も子もありませんよね。たとえあなたやあなたのパートナーが見られることに興奮するとしても、実際に見られるような人目につく場所での公園セックスは避けておいたほうがいいでしょう。木が生い茂っている木陰などがおすすめですね。

なるべく清潔にセックスすることを心がける

野外でのセックス、特に公園セックスでは、雑菌などの感染に気をつけなければいけません。公園は雑菌や細菌の温床です。パートナーの女性の性器に雑菌などが入って感染症を引き起こしてしまうと、大変なことになります。場合によっては、女性特有の子宮系の病気を引き起こしてしまう危険性もあります。

男性だって尿道炎になったりするリスクもあります。公園の木々や地面を触ったような汚い手で、自分のペニスを触ってそのまま生で挿入したり、汚い手で相手の女性に手マンしたりするのはもっての他です。コンドームやウェットティッシュも用意しておき、できるだけ清潔な環境で公園セックスをすることが望ましいです。

寒すぎる、暑すぎる時期は避ける

せっかく公園セックスをするなら、気持ちよくないといけませんよね。でも、快感というのは、ある程度心地よい環境が整っていないと感じることができません。あまりに暑すぎて汗でベタベタになりながらセックスしたり、寒すぎて凍えながらセックスをするようでは、公園セックスの快感に集中することができませんよね。

さらに、公園セックスでは立ちバックや対面立位などがメインの体位となります。人目につかない木陰などの足元には、石や木の枝が散らばっており、ただでさえ不安定な環境の中でセックスをすることになります。せめて気温くらいは心地よいほうがいいですね。

また、特に夏場の公園は蚊が多いので、刺されて痒くなってセックスどころではなくなってしまいます。気持ち良さを追求するためにも、その辺りはパートナーに配慮してあげましょう。公園セックスを最大に楽しめるおすすめの季節は、やはり春や秋です。春に咲く花の香りを楽しみながらの公園セックスというのも、アリですよね。

盗撮されないように注意する

公園セックスで有名なスポットには、必ずカメラ小僧たちがいます。公園セックスをしているカップルをカメラに収めてやろうと、深夜の公園を徘徊しているのです。自分のオナニーのためか、動画配信サイトなどに売るつもりなのか、どちらにせよ結構な数のカメラ小僧たちがいるようです。彼らのオカズにされるのも嫌ですが、動画がネット上に出回ってしまえば最悪です。世界中にあなたとパートナーのセックスが晒されることになります。そしてそれを抹消することは、まず不可能と言って良いでしょう。

公園セックスするときは、絶対に盗撮に気をつけなければいけません。少しでも怪しい気配を感じたらすぐに中止する方が良いです。また、あまりに有名なスポットで公園セックスをする際は、盗撮のリスクがあることを十分に理解した上で行うようにしましょう。どうしても盗撮が怖いなら、公園セックスに最適な無名のスポットを自力で探す方が無難かもしれません。

声を押し殺す

いくら人目につかないところで公園セックスをしているからといって、気持ち良さのあまり大きな喘ぎ声をあげてしまえば、さすがに周囲を歩く人に気づかれてしまう可能性があります。声が聞こえてしまったら、セックスをしていることは丸わかりなので、通報や盗撮をされてしまうリスクもあります。そこで、特にパートナーの女性には、喘ぎ声を押し殺してもらう必要があります。

でも喘ぎ声を押し殺す公園セックスは、逆に興奮材料となります。声を出せない状況でセックスをするのは、女性はとても興奮するのです。また漏れてしまいそうな声を必死に押し殺しているパートナーの姿や、押し殺した喘ぎ声は、男性も興奮すること間違いありません。

「声を出すなよ」と言いながらクンニしたり、激しいピストンをしたり、Sの男性にはたまらないプレイでしょう。それでも声が出てしまう女性に対しては、口を手の平で押さえたり、指を口に突っ込んでフェラのように舐めさせたりすることで声を押さえられます。
パートナーがドMの変態なら、脱がせた自分のパンツを口に突っ込むのもいいですね。犯されてる感じが出て、かなり興奮するでしょう。

脱ぎやすく、着やすい服装で行う

公園セックスの最大のリスクは、見られてしまうことです。「見られたいんだ」という露出大好きカップルは除いて、ですが。公園セックス中は、いつ何時、人が近づいてくるか分かりません。人の話し声が近づいてきた時、人の気配を感じた時などは、すぐに服を着て何事もなかったかのように振る舞える体制を整えておくことが大事です。

まさか公園セックスで全裸になってすることはないと思うのですが、ある程度は服を脱がないと興奮もしませんし、セックスしにくいですよね。そこで、万一公園セックスが見つかりそうになった時のためにも、簡単に脱げて簡単に着られる服を着ていくのがおすすめです。

特に、ロングコートを一枚持っていれば重宝します。ロングコートは最悪の場合、中の服がちゃんと着れていなくても、羽織って前を閉じることで全て隠すことができます。むしろ、中は着ていなくてもOKですよね。下半身露出狂オジサンのスタイルみたいですが、自分とパートナーの身を守るためにも、ロングコートスタイルで公園セックスするのがオススメです。

ガラの悪い連中が集まってそうな公園は絶対に避ける

公園セックスで一番怖いのが、「ヤンキーに絡まれる」です。深夜の公園というのは、ガラの悪いヤンキーが集まりがちです。ただ集まっているだけならまだ良いのですが、中には酒を飲んでいたり、場合によっては危険なクスリをやっていることもあります。

そんなヤンキーたちが公園セックスをしているカップルを見つけて、タダで返してくれるはずがありません。集団で面白がって絡んできたり、暴言を吐いてくるのはもちろん、脅して金銭を要求してくることもあり得るでしょう。

金銭を渡して済むくらいなら、まだマシかもしれません。一番最悪なのは、あなたやパートナーに危険が及ぶことです。あなたが逆上したヤンキー達にボコボコにされたり、あなたの彼女までもが暴力を振るわれたり、万一襲われて犯されてしまうようなことがあれば、取り返しがつきません。

あらかじめリサーチして、ヤンキーが集まりそうな公園は絶対に避けることです。また、ヤンキーが集まって来るような声が聞こえたり、気配を感じた場合は、即刻その場を立ち去るようにしましょう。

貴重品は手の届くところに置いておく

公園セックスが目的で公園に行った場合は手ぶらで良いのですが、公園セックスになるシチュエーションはそればかりとは限りません。ベンチでイチャイチャして、濃厚なキスを交わす間にお互いが我慢できなくなって、公園セックスに発展する場合もあるでしょう。

そうなるともう、頭の中はお互いの体を貪り合うことでいっぱいなので、持ってきていたカバンや財布のことなど忘れてしまいがちです。イチャついていたベンチに置きっぱなしで木陰に移動してしまったり、ちょっと離れたところに置いたままでセックスに突入してしまうことが多々あります。

公園セックスの有名スポットでは、盗撮目的のカメラ小僧だけでなく、こういったカバンや財布を狙う輩もいます。セックスに夢中になるあまり、盗まれたことに気づきにくいというのが現状です。せっかく公園セックスで気持ち良くなっても、カバンや財布を盗まれてしまっては最悪ですよね。公園セックスをするときは、貴重品は持っていかない。持ってきている場合は、足元に置いておくことを心がけましょう。

公園セックスのおすすめスポット

公園セックスで気をつけるべき注意点を紹介しましたので、ここからは公園セックスを快適に楽しめるおすすめスポットを紹介していきます。関西と関東の主要スポットです。多くの人が公園セックスを楽しんでいるスポットなので、ある程度見つかりにくく、安全性も保証されている場所です。ぜひ、自分たちにぴったりの場所を見つけて、公園セックスを楽しんでくださいね。

代々木公園

代々木公園は、公園セックスの名所として有名です。昼間はたくさんの人で賑わう代々木公園も、夜は以外と人気が少なく、また死角になるポイントも多いので、公園セックスにはもってこいということで人気のスポットのようです。

他にもたくさんのカップルが公園セックスを楽しんでいるので、鉢合わせしないように注意が必要かもしれません。

井の頭公園

井の頭公園も、公園セックスの聖地として名前が挙がる有名スポットです。井の頭公園がある吉祥寺周辺にはラブホテルが少なく、公園でイチャイチャしyているうちに我慢しきれなくなったカップルがそのまま公園セックスというパターンが多いようですね。

ただし、井の頭公園は夜更けになってもまぁまぁ人通りが多いので、その分見られるリスクもかなり大きいと言えるでしょう。見られることに興奮するカップルがチャレンジするにはもってこいの公園かもしれませんね。

葛西臨海公園

カーセックスのスポットとして有名な葛西臨海公園ですが、公園セックスでも人気のスポットのようです、街灯がちょこちょこあるのですが、公園の奥の方へ行けば街灯も少なくなり、かなり暗くなるので公園セックスしやすいでしょう。

駐車場周辺にカーセックスの覗き魔たちが大量発生するため、カーセックス盗撮に飽きたカメラ覗き魔たちが公園セックスを盗撮しに来る可能性もあります。そこが注意ポイントではありますが、広い公園なので茂みや林のようなものも幾つかあり、公園の隅のトイレ近くは見つかる可能性も少ないようです。ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか? 

新宿中央公園

夜になるとベンチで濃厚なキスを楽しむカップルが増えるなど、公園自体がピンクな雰囲気になる新宿中央公園。オフィス街にある公園なので、夜は閑散とした雰囲気になります。植樹も多く広いので、少し探せば公園セックスに最適な場所が見つかります。

ただし、場所によっては若者がたむろしていたり、ホームレスたちの住処になっているので、そういった場所は避けるようにしましょう。

日比谷公園

日比谷公園も、新宿中央公園と同じくオフィス街にありますので、夜は人気が少なくなって公園セックスを楽しむカップルが増えます。昔から有名な公園セックススポットなので、盗撮も多いですが、銀座や新橋で飲んだ酔い覚ましセックスを楽しむにはいいかもしれません。

服部緑地

こちらは関西の有名な公園セックスのスポットです。特に公園内の野外音楽堂のあたりは死角になる場所も多く、公園セックスには最高の場所です。

また公園の外れの方は林などが多く、人通りも少ないので安心して公園セックスが楽しめます。大学生のカップルの公園セックス率が高いようですので、鉢合わせしないように場所選びをしましょう。

大阪城公園

こちらも関西から。なんと、昼からでも公園セックスを楽しめると言われているのが大阪城公園です。かなり広大な敷地の中には、昼でも人通りが少なく死角になる場所が多数あります。

背が高い木々が密集している場所もありますので、そんなところなら見つかる心配も少なく、公園セックスに集中できます。ホームレスが多数いるポイントは避けるようにしましょう。

まとめ:いつものセックスに飽きたら公園セックスしかない

屋内でするのが常識のセックスですが、それをあえて野外で、しかもいつ誰に見られるかもしれないスリルを味わえる公園セックス。スリルと興奮、そして普段決して味わうことのない非日常的な行為に、パートナーも濡れまくること間違いないでしょう。

いつも以上に締まるヌレヌレのマンコに入れながら、バレないように小声で喘がせ、激しいピストンでイカせまくる。考えただけで興奮してきますね。慣れてきたら、あえて覗き魔たちに覗かせながらやるという上級プレイも楽しめます。

セックスのマンネリ解消や、いつもとは違う快感を求めるカップルにとっては、手軽に楽しめて興奮度抜群の公園セックスがベストです。公園セックスは、一度体験したら味わったことのない快感でパートナーもやみつきになるはずです。「今日、公園でしよ」なんて誘ってくるようになりますよ。ぜひ一度、公園セックスを試してみてくださいね。

◯関連記事
セックスする場所を変えてマンネリ解消!おすすめスポット5選
興奮必須の露出プレイを楽しむ方法10選  カップルが集まる名所も紹介

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/park-sex.html