知っていると絶対に得する!しみけんのセックステクニック6選

AV女優「三津谷蘭」の経歴やプライベートSEX事情などを丸裸に【2019年最新版】

「しみけん」と聞いてご存じの方もたくさんいるのではないでしょうか?そうです「しみけん」さんは現役人気AV男優なんですね。既に彼のDVDやYouTubeも見ている人もいるでしょう。そしてその中には「しみけん」さんの編み出したセックステクニックが多々出てきますよね。ここでは「しみけん」さんのセックステクニックを簡単に実践できる方法をご紹介します。これは絶対にやってみる価値ありです!私も実践しました!

現役人気AV男優のしみけんとは?

しみけん(本名・清水健)さんは1979年9月1日生まれで、現在39歳のAV男優及びAV監督ですが、AVの他にも著述家、クイズプレーヤー、飲食店の経営者としても活躍しています。1998年4月にゲイ雑誌「Badi」でデビュー。その後年間約500本もの作品に出演し、トータルで9,300本以上のAVに出演。現在ではAVといえば「しみけん」と言われるほどの有名人になっています。プライベートでは今年の夏にブロガーであり作家でもある「はあちゅう」さんと事実婚という形で結婚しています。

「しみけん」さんが一躍有名になったのは、なんと言っても藤原実宗監督の「ザ・ナンパミラクル」シリーズです。このAVは街中でナンパした素人相手にやりまくるという何とも無謀な内容になっていますが、そこは天下の「しみけん」さん。先輩男優の島袋浩(本名・石崎寛)さんと一緒に軽快にこなしています。

今では年収も8,000万円超えとも言われている「しみけん」さんですが、デビューしてから約20年。そして経験人数はナント!10,000人にも迫るのだとか。その経験から生み出した「しみけんセックステクニック」をこれからご紹介していきます。今までのAVはなんだったの?と思わせるしみけんの真のテクニック。覚えていると絶対に得すること間違いなしです!

実際に試して効果があった!しみけんセックステクニックベスト6

「しみけん」といえば数々のセックステクニックで有名ですよね。きっと誰もがどんなテクニックなのか興味があると思います。そしてできればその技を習得して試したいと思うはず。そんな思いで実はホテルにお泊まりに行って、実際に自分の彼女に「しみけんのセックステクニック」を試してみたんです。

「しみけん」さんほど上手にはできていなかったと思いますが、かなりいい感じにはいったと実感しています。彼女には何も言っていなかったので終始ビックリしていましたが、いつもよりも感じていたのは表情で解りました。「しみけん」さんの動画などで以下の6つのポイントをしっかりと勉強して挑みましたが、頭の中で思い出しながらだったので、ちょっと間があいてしまったりもしました。でも結果オーライで彼女からも無言のおねだりがあった程。翌朝もチェックアウトぎりぎりまで仲良くセックスざんまいでした。

テクニックと聞くと「難しいのでは?」と思うかもしれませんが、「しみけん」さんの教えてくれるテクニックは、そのとおりやってみるとかなり簡単にできました。「本当に簡単にできるの?」と思いますよね?この後詳しく「しみけん」さんのテクニックをご紹介しますので少しお待ち下さい。そしてこれが「しみけん」さんの経験から生まれたテクニックベスト6です。

①バックの4倍以上の快感!ロールスロイス
②手マンとクンニの合わせ技!しみクンニ
③挿入したらペニスを3~10秒動かさない
④正常位は肩に手をおき、力のベクトルを真逆にして威力を2倍にする
⑤前戯でミミトリスとクビトリスをしっかり愛撫する
⑥おっぱいはスペンス乳腺を抑えながら、上下に舐める

バックの4倍以上の快感!ロールスロイス

「しみけん」さんの奥義として有名なのが「ロールスロイス」です。「ロールスロイス」って車じゃないの?」と思いますよね。そうです。その「ロールスロイス」を象徴するボンネットマスコットの羽をつけた天使と、その体位が似ていることから「ロールスロイス」と命名したそうです。

ではどんな体位か、簡単に言えばバックの変化形なんです。上の画像ではしみけんさんが芸人さんに実際にやってみせています。こんな感じで小峠さんの両腕をつかんで腰を小刻みに突くテクニックのことを「ロールスロイス」と命名しています。

しみけんの「ロールスロイス」のやり方

ロールスロイスのやり方は至って簡単です。

女性には正座をしてもらい少し前に屈んでもらいます。その後から男性は両足を開いて、女性の足とお尻を挟み込むと同時に身体を密着させペニスを挿入します。

②次に女性の両肩に手をかけて、女性を手前に引くように上半身を起こします。(胸を反らす感じ)と同時に女性をおちんちんの上に座らせるような体勢をとり、下から突き上げるようにする。

③男性は女性の両腕を掴んで、その体勢を支えてあげると同時に自分の方に引き寄せる感じに。

しみけんの「ロールスロイス」の効果

この形をとる事で、ペニスが膣内最奥までまっすぐに入ります。その為子宮口付近の「ポルチオ性感帯」を刺激することが可能になり、女性が感じる最高のエクスタシィと言われている「ポルチオオーガズム」に達することができます。「ポルチオ性感帯」に関してもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧下さい。

関連記事:話題のポルチオ性感帯って何?中イキのコツと性感帯開発の手順

しみけんの「ロールスロイス」を試した感想

ペニスが奥に入って「ポルチオ性感帯」を刺激することが容易にできるという利点以外に、私としてはかなり「楽」な体位でした。でも個人差はあると思いますが、自分の彼女の場合は腕を掴まれていると集中できないのと、身体の重心が定まらないので前に手をついた方が安定してリラックスできたようです。私は座って、上から来る彼女を少し突き上げるだけ。今までのバックでは可動域がもっと大きくて脚や腰を使っていたのに対し、「ロールスロイス」では無駄な動きが無く延々とやれそうなくらい楽でした。

セックスの奥義!手マンとクンニの合わせ技!しみクンニ

「しみクンニ」も「しみけん」さんの編み出したスゴ技テクニックです。この技のポイントは、クンニと指マンを同時に行うことで女性に両方の快感を味合わせてあげられるという事です。では実際にどうやってするかご紹介します。

「セックスの奥義!手マンとクンニの合わせ技!しみクンニ」のやり方

「しみクンニ」は女性を喜ばせるために開発されたものなので、男性陣にはちょっと大変かもしれません。しかし「しみクンニ」をすることによって女性から「エッチが上手♡」とモテ度は急上昇間違いなしです。では手順をご紹介しますね。

①舌でクリトリスを縦方向に行ったり来たりしてクンニをすると同時に、どちらの手でも構いませんが、女性の乳首を中指でくりくり優しく触ります。(愛撫する時は横にするよりも縦方向の方が気持ちがいいんです。byしみけん)

②クンニをしていて気持ちが良くなってくると女性は中に入れて欲しくなるものです。そこで使っていない方の手の中指若しくは薬指も一緒でも構いませんが、優しく指マンをします。中指・薬指を膣の奥まで挿入したら、その指を手前に引き戻します。その途中上部にGスポットがありますので、指を出し入れするのではなく、Gスポットを軽くトントン押して刺激するようにしましょう。(Gスポットは人によっては少しザラつきがあるので、解りやすいかと思います。)

「セックスの奥義!手マンとクンニの合わせ技!しみクンニ」の効果

乳首、クリトリス更にはGスポットまで刺激された女性は、三箇所同時に攻められることで、今までに感じたことがないような快感を得ることができます。ここでGスポットを刺激することで女性が潮を吹く場合があります。

「セックスの奥義!手マンとクンニの合わせ技!しみクンニ」を試した感想

同時に三箇所の刺激を味わったことがなかったからか、ちょっと頭が真っ白になったみたいです。普段からあまり自分からせがむタイプではなかったのですが、実際にやっている途中で彼女から「早く入れて!」というサインがありました。それだけ刺激が強いテクニックなんですね。

男性としてはちょっと疲れるのが本音ですけど、彼女が喜んでくれたら嬉しいですね。「しみけん」さんのテクニックを知る前は、普通にクンニならクンニだけ、指マンなら指マンだけしてました。だからこんなに反応してくれるとは思っていなくてちょっと驚いています。

しみけん奥義!挿入したらペニスを3~10秒動かさない

ペニスを動かさないってどういうこと?って思いますよね。挿入した段階で、早くペニスをしごきたくてたまらない衝動にかられているのに何で我慢?そう思うのが普通なんですが、しみけんさんの場合は違うんです。どう違うか?何で動かさないのか?その理由は、女性器は男性器の形を形状記憶させるんですね。だから挿入してすぐに動かしてしまうと形状記憶されずにそのままの大きさなので女性は違和感を感じるんです。

挿入して10秒くらい待っていると女性器は自然と締まるので、フィットした状態でセックスを楽しめます。そのような事から、挿入して暫く動かさないようにして下さい。

「しみけん奥義!挿入したらペニスを動かさない」のやり方

単純に挿入したら3~10秒ほど動かさないようにするだけです。人によって個人差がありますから3~10秒としましたが、慣れてくるとキュッと締まってくる感覚がわかると思いますので、自分の感覚でフィットしたなと思ったら動かし始めて下さい。

その際に変な間が空いてしまわないように、挿入したと同時に乳首を舐めてあげたり首筋にキスをしたりするのが良いでしょう。

そして挿入する際にこれだけは気をつけてあげましょう。挿入する時にもし濡れ具合が良くなかったらローションを使いましょう。「濡れていないからきっと感じていないんだ」と決めつけるのは間違いです。決してそんなことはないんです。女性の身体はデリケートですから日によって濡れ具合も変わるものです。

「しみけん奥義!挿入したらペニスを動かさない」の効果

あまり性体験がないような女性で痛がる人がいます。それは膣の中に異物が入ってきたという感覚しかない時に動かす為、上手く気持ちの良いスポットに当たらず、ただヒリヒリした感じしかないという事です。ちゃんと膣の中にペニスがフィットすればGスポットにも当たり刺激をすることが容易になり、痛いと感じていた人も快感を得られるように変わります。

「しみけん奥義!挿入したらペニスを動かさない」を試した感想

もともと痛みとかはなかったのですが、そんなに感度が良いとは言えませんでした。でも挿入してから10秒間動かさないようにして、それから小刻みに動かし始めたら彼女の感じ方が早かったです。

これをする時にちょっと間が空いてしまうので、自分は彼女のおへその辺りから乳首に向かってツーっと舌先で舐めて最後に乳首も愛撫。お陰でこの行動を悟られないように時間調整をする事ができました。それで変な空気は流れずに、自然に「しめしめ」と彼女の感じている顔を見ることができてラッキーでした。

この方法で彼女だけが快感を得た訳ではありません。膣内でペニスがフィットするので自分もより感じ易くなっていましたね。こんなこと考えた事ありませんでしたし、今まで知り得なかったことですから、このテクニックを知る事ができて凄く得しました。

しみけん奥義!正常位は肩に手をおき、力のベクトルを真逆にして威力を2倍にする

女性の好きな体位第一位が正常位です。でも正常位は手を前について腕立て伏せの姿勢だから疲れるなって思っている男性も少なくありません。そんな男性に対してこのテクニックはまさに神業といっても良いでしょう。

そんな疲れない方法って本当にあるの?って思ってますよね。本当にあるんですよ。しかも「えっ?こんなことだけ?」と思わせられるほど単純な方法なんです。まさに「目から鱗が落ちる」ですから。「えーっ!こんな簡単にできるんだ!」とか「こんなこと考えつかなかった」とか思っている人多いですよね。でもそうなんですよ。こんなこと考えてセックスしている人なんてなかなかいませんからね。一万人切りしている「しみけん」さんだからこそ思いついた裏技なんですから。

「しみけん奥義!正常位は肩に手をおき、力のベクトルを真逆にして威力を2倍にする」のやり方

ちょっと難しそうなタイトルですけど、実際にやってみると難しくないのでまずやり方を順を追ってご紹介します。

①女性は仰向けに寝て両足を立てて左右にパカッと開いてもらいます。

②男性は両膝で女性のお尻を挟み少し腰を浮かせ、お互いの性器を密着させペニスを挿入します。(ここまでは普通ですね)

③一般的にはここで、男性は女性の両脇に手をつくと同時に膝をついて四つん這いになりますが、しみけんさんのテクニックではかかとの上に座るような姿勢のまま腰を動かします。(女性に覆い被さるのではなく、上半身は上げたままです)

④動かしている時には女性の肩を持ち、ペニスで突いた時に同じ方向に女性が動かないようにします。(これでいつもより楽に、更にはお互いの感度が上がります。)

⑤余裕があれば片手だけで肩を持って、もう片方の手でクリトリスを刺激したり乳首を刺激してあげると、彼女の快感度合いも高まります。

この様にするだけで腕立てのような辛い姿勢をとることもなく、無駄な力を使う必要もありません。ちょっと工夫するだけでこんなに簡単に正常位を楽しむことができるんです。

「しみけん奥義!正常位は肩に手をおき、力のベクトルを真逆にして威力を2倍にする」の効果

これを実行することによって、余計な力を使う必要がないので男側が非常に楽です。女性にとっても男性の体力を気にかける必要がないので、余計な事を考えずに自分の快楽に集中することができます。そして何より今まで以上に奥に突くことができるので、女性の感度が大幅にアップします。

「しみけん奥義!正常位は肩に手をおき、力のベクトルを真逆にして威力を2倍にする」を試した感想

マジで本当に楽でした。両手で自分の体重を支える必要もなく、腰だけ軽く動かしていればいいんです。肩を持って押さえている事で、突いた時の力が逃げないからその分奥に入れられました。彼女の方もいつも汗だくになっている私を見て、「疲れた?」と気を遣ってくれますが、今回は何も言わずに感じていてくれましたね。この体位は本当にオススメです。

しみけん命名!前戯でミミトリスとクビトリスをしっかり愛撫する

「ミミトリス」と「クビトリス」、なんか聞いたことありませんよね。これも「しみけん」さんがネーミングしたそうです。雰囲気でなんとなく何を指すのか解ると思いますが、そうです、耳と首のことなんですね。

実は耳と首って「隠された性感帯」と呼ばれているくらいゾクッと感じる場所なんです。だから「しみけん」さんは女性が一番感じるスポットであるクリトリスからもじって「ミミトリス」「クビトリス」としたようですね。

この耳と首。逆に女性から愛撫されたことってありますか?人によってはくすぐったいと思う人もいますが、上手く愛撫をしてあげると非常に気持ちが良いスポットなんです。実際に医学的にも神経が多く通っている箇所とされているので、感じる感じないは個人差がありますが、非常に敏感な部分なのは確かです。自分はゾクゾクする感じが好きですね。

「しみけん命名!前戯でミミトリスとクビトリスをしっかり愛撫する」のやり方

「ミミトリス」と「クビトリス」の愛撫のやり方ですが、前からやるか後からやるかでもちょっと違います。一応両方説明しますね。

〈前から〉
①女性と向き合う。

②キスをしてからそのまま下にさがって首にキスをする。(1回ではなく、首筋に沿って少しずつ場所をずらしながら数回首にキスをする。)

③雰囲気に応じてそのまま乳首に向かって首からデコルテに唇を這わせながら、最後に乳首をしゃぶってあげても可。

③’首キスから今度は耳に戻って耳を愛撫する。(耳愛撫はまず耳の輪郭を舌先で舐める。その流れで円を描くように段々と耳の穴の中まで舌先を入れて、最後に軽く穴に息をフッと吹きかけたりチュッと吸ったりして、相手がどっちが好きか観察してみて下さい。あくまでも軽くですからね。強くすると耳が痛くなります。)

④手に余裕があったら首や耳を舌で愛撫しながら、乳首やクリトリスを触ってあげられると尚良いです。

〈後から〉
①彼女の後ろ側から抱きつくか、両肩に手を置き自分の方に引き寄せる。その時に彼女の首筋に吸血鬼が噛みつくような感じで軽くキス。

②首筋に沿って舌先を這わせ、前からの時と同じように耳を愛撫。舌先で優しくしてあげて下さい。

③できる場合は首や耳を愛撫しながら、後からおっぱいに手をやり優しくなでたり乳首を薬指と中指を使ってクリクリまわしたり、更にはクリトリスや膣のあたりを触ってあげる。

「しみけん命名!前戯でミミトリスとクビトリスをしっかり愛撫する」の効果

今まで首や耳を愛撫された事がない女性はモチロン、経験のある女性もこのような前戯は大好きです。洋画のラブシーンではかなりの割合で出てきますね。そういうのを見て女性は結構このようなアプローチが大好きなんですね。雰囲気が大好きなだけではなく、実際にゾクッと感じるので、これだけで中には濡れてくる女性もいます。

「しみけん命名!前戯でミミトリスとクビトリスをしっかり愛撫する」を試した感想

自分としては今まで首筋にキスくらいはした事がありましたが、耳を愛撫した事まではありませんでした。でも実践してみると最初少しくすぐったいって笑っていましたが、止めないで続けていたら彼女も気持ちが良いのに気づいたみたいで、されるがままになっていました。

自分はこの画像のように、耳から首へのアプローチからキスをして前戯を始めました。そして終わった後でも話をしながら首にキスをして、それがきっかけでまた始めたり。セックスをするきっかけにもなるので使えるテクニックです。

しみけんテクニック!おっぱいはスペンス乳腺を抑えながら、上下に舐める

おっぱいにGスポットがあるってご存じですか?「えっ?Gスポットって膣の中にあるんじゃない?」って思いますよね。でも乳房にもGスポットと呼ばれる箇所があるんです。どこにあるかと言うと、脇の下からおっぱいの外輪部、いわゆる横乳と呼ばれている部分にあたります。そこを「スペンスの乳腺尾部」を言います。そこを刺激することで今まで以上の快感を得られるんです。

そして上下に舐めるとは?実はこんな医学的な根拠があるんです。

「愛撫をする際は身体のラインに対して縦に行う」ことです。

人間の身体にある主要な神経の大部分は、縦方向に走っていると言われています。そのため、その神経に沿って愛撫するほうが、より相手も自分も感じやすいと考えることができます。男性もオナニーをするときは手を上下に動かす人が多いはずですが、この原理を使用しています。女性のおっぱいや乳首、性器も同じで、愛撫をする際は横より縦に動かす方が感じやすいです。
引用:shiritagirl

「しみけんテクニック!おっぱいはスペンス乳腺を抑えながら、上下に舐める」のやり方

普通に乳首を舐められるだけでも快感を得られますが、このスペンス乳腺を抑えながら乳房や乳首を愛撫すると女性の感度がアップするんですね。ではどうやってするかご説明します。

①女性を仰向けに寝かせます。

②脇の下10㎝くらいから乳房の外輪部(横乳)の部分をフェザータッチのように優しくアンダーバストから上の方に擦ります。(人差し指・中指・薬指の3本を使いサーッと軽くすべらす感じ)

③2~3回行ったり来たり繰り返したら、今度は指や手の腹を使って両胸を中央にグリグリマッサージをするようにしながら寄せます。

④それも数回やったら今度は舌で乳首を愛撫します。(乳首を愛撫する際には絶対に縦の方向に上下する。)

舌を使った乳首の愛撫方法ですが、舌全体を使って乳首を下から上へ数回ねっとりと舐め上げます。その後、ご紹介した「スペンスの乳腺尾部」を押さえつつ舌先で乳首を上下に舐めます。あとは乳首を軽く甘噛みしながら固定して舌で舐め上げたり、舌先で突っつきます。舌全体で乳首に吸い付き、舌先で舐めるのも愛撫として効果的です。
引用:shiritagirl

スペンス乳腺は本当に個人差があるので、人によってすぐに感じる人もいればなかなか感じない人もいます。ですので焦らないで「マッサージしてあげるよ」という感じでやってみると良いでしょう。

「しみけんテクニック!おっぱいはスペンス乳腺を抑えながら、上下に舐める」の効果

スペンス乳腺に関しての科学的な解明はまだされていませんが、以下のような仮説がありました。

ちょうどスペンス乳腺があるラインは、おっぱいのリンパ腺が通っており、そこを刺激してやることでおっぱい周りの血行が良くなり、神経が敏感になるので性感帯として機能するのではないか
引用:女性の心と体を溶かすセックステクニック上達塾

またスペンス乳腺は開発が必要な箇所な為、すぐに感度が上がるかと言えば個人差があります。しかし、実際にここを触られて乳首を愛撫されると普通に愛撫されるよりは感度が激増するんですね。また人によっては開発後にその箇所をちょっと刺激されただけでも、ビリビリッと電気が流れたように感じてしまいます。

スペンス乳腺は開発さえしてしまえば刺激させること自体簡単ですし、なにより挿入中におっぱいを揉むことで、膣内への刺激と一緒におっぱいでも強烈な快感が押し寄せてくるわけですから、女性からしてみれば上と下の両方に強い快感が走っているわけです。

それこそ全身性感帯にでもなったかのように、触れられる所すべてが気持ちよくなっているはずですよ。
引用:女性の心と体を溶かすセックステクニック上達塾

「しみけんテクニック!おっぱいはスペンス乳腺を抑えながら、上下に舐める」を試した感想

前からやってみたのですが、最初だったからかあまりコレと言って感度が良かったとは言えません。ただちょっと思ったのですが、バックの時に後からおっぱいを揉むんですけど、前から揉むよりも後からの時の方が感じているんです。それってもしかしたら後から揉んだ時の方が、丁度親指がスペンス乳腺にあたるんでしょうね。

今度は前の方から揉む時に、小指と中指でスペンス乳腺を抑えて親指で乳首を愛撫してみようと思います。

しみけんのセックステクニックは素人でも参考になる情報満載!

・ちょっとした工夫でペニスが膣奥まで簡単に入る。
・「しみクンニ」で女性を喜ばそう。
・無駄な力を使わずに、その分二人で快感2倍。

「しみけん」さんのテクニックをまとめてみましたが、実際に自分も体験してみて本当に目から鱗でした。しかもちょっと視点を変えるだけで体力的に大変だった正常位も楽々こなせました。それ以上に「しみクンニ」や首、耳などを刺激することで彼女に凄く喜んでもらえたのが自分の自信にも繋がって嬉しかったですね。これを知っているだけでグンと得したと実感できました。

一言でテクニックと言っても、しみけんさんのテクニックは実践してみて感じたのですが、素人でも簡単にできるんですよ。それによって自分は楽にできる上に快感を得られ、彼女もまた更に上の快感を得られるようになります。これは本当に実践する価値のあるテクニックですので、是非一度試してみることをオススメします。

以上、風俗部からのお届けでした。

◯関連記事
まんこをヌレヌレにするクンニと手マンの鉄板テクニック
女性が望む前戯の時間を徹底リサーチ|理想の時間とテクニックを紹介

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/sex-technic-2.html