男性ホルモン「テストステロン」を最大量分泌させてフル勃起させる方法

オナニーのしすぎは問題ない!月21回以上だと前立腺ガンの確率2割減

勃起できていますか?勃起に自信がない男性は多いもの。みなさんはどうでしょうか。「勃起はできるけどフル勃起はできない」そんな男性もいるかもしれません。実は、その悩みを解消するのに役立つものがあります。それがテストステロン。あまり耳なじみがないかもしれません。しかし、どうもこのテストステロンが勃起の悩み解消に役立つようです。そこで今回、勃起と関係が深いテストステロンを紹介します。

男性ホルモン「テストステロン」とは

テストステロンはいわゆる男性ホルモンの構成成分です。男性ホルモンの構成成分にも様々ありますが、テストステロンは一体どんな役割を持ったものなのでしょうか。

胎内での外性器形成、および思春期における二次性徴の発現、すなわち性衝動の発来と精子形成にテストステロンは必須です。(中略)成人においては、テストステロンは筋肉の量と強度を保つのに必要であり、造血作用を持ち、男性の性行動や性機能に重要な役割を有します。 テストステロンは集中力やリスクを取る判断をすることなどの高次精神機能にも関係します。
引用:順天堂大学医学部附属順天堂医院泌尿器科

テストステロンは性衝動や精子を作るのに必須とされる成分のようですね。しかもそれだけじゃありません。なんと筋肉量や筋肉強度を維持するのにも重要な成分のようです。

また、集中力やいざというときにリスクを取った行動ができるか判断するのにも関係する成分とのこと。まさに、男性が男性的なたくましい活動をするのに欠かせないものといえるでしょう。この内容を見ると、フル勃起に役立ちそうな印象も受けて期待できますね。

テストステロン値が低いと性機能障害、認知機能・気分障害、筋肉量の減少、内臓脂肪の増加、インスリン抵抗性を介したメタボリック症候群、貧血、骨密度の減少を生じ、男性のQOLを著しく低下させます。
引用:順天堂大学医学部附属順天堂医院泌尿器科

それだけ重要な成分であるテストステロンですから、当然不足すると様々な障害を発生させます。たとえばここに書かれているようなものですね。読めば分かる通り、どれも厄介な症状ばかりです。

筋肉量の減少は活動に支障を来します。メタボリック症候群などは健康を大きく害する原因にもなるので、最悪生命にも悪影響を与えるでしょう。まさにここに書かれているように、男性のQOL(生活の質)を悪化させてしまいます。中でもとくに辛いのは、性機能障害ですね。

男性ホルモン「テストステロン」が増えると勃起力がアップする

テストステロンの不足とともに発生する性機能障害。これは文字通り私たちのセックスライフに大きな障害を発生させます。

テストステロン低下による悪影響
性に関すること
・ED(勃起しにくくなる)
・性欲が減ってくる
・性交時の幸福度低下
・朝立ちが少なくなる
・トイレが近くなる
引用:メンズヘルスクリニック東京

たとえば、テストステロンが減少するだけで、性に関するこれだけの問題が起こるのです。男性ならばこれらの症状を知って恐怖しない人はいないでしょう。何せ性欲が減り、セックスしても幸せを感じられなくなるのです。

たとえ性欲を維持できたとしても、うまく勃起できなくなる可能性も高まります。これは、言ってしまえば男性の尊厳が奪われるようなものなのです。これほど恐ろしいことはそうそうありません。

フル勃起どころか勃起しないとなれば、セックスできないも同然ですからね。フル勃起できないだけでも女性を悲しませるというのに、勃起できないとなれば男として捨てられかねません。テストステロンが減るというのは、これほどまでに悩ましいことなのです。一方、テストステロンが増えるとどうなるのでしょうか?

テストステロンが高いと脳梗塞や心筋梗塞、がんなどの病気になる割合が低くなるという報告があります。これはアメリカの大学の研究結果で脳梗塞や心筋梗塞は5割、がんは3割少なくなると出たようです。
引用:メンズヘルスクリニック東京

例を出すと、脳梗塞や心筋梗塞、がんといった重大な病気にかかる可能性が減るようです。これは専門機関の研究によってある程度明らかにされていることなので、信憑性は低くありません。

とくにここにあるようにアメリカの大学の研究では、脳梗塞や心筋梗塞になる人は半減したとのこと。たかが男性ホルモンと思われがちですが、テストステロンによる良い影響は決して侮れません。

幾つかのメタ解析はテストステロン補充が勃起および性欲を改善する事を示している。
引用:大東製薬工業公式BLOG

テストステロンが減少するだけで、男性にとって多くの不都合が起こるのはここまでで分かった通りです。一方、不足したテストステロンを補うと、それを回復させられることも分かってます。

たとえばここに書かれているように、テストステロンを補充すると勃起や性欲が回復するというもの。つまり、テストステロンが増えれば勃起力や性欲を高められるってことです。つまり、フル勃起できる可能性が高まるということ。逆をいえば、もしも今みなさんの勃起力が弱くフル勃起できていないとすれば、テストステロンが足りていない可能性があります。

なので、その弱ってしまった勃起力を回復させ、フル勃起させるために、テストステロンの補充や増加の必要性があるといえるでしょう。とはいえ、テストステロンは男性ホルモンの構成成分。増やそうと思っても増やし方が分かりませんよね。そこで、次からは減ってしまったテストステロンを取り戻すべく、テストステロンを増やす方法を紹介していきましょう。

男性ホルモン「テストステロン」を最大量分泌させてフル勃起させる方法

それではここからテストステロンを最大量分泌させ、フル勃起できるようにするため、テストステロンを増やす方法を紹介しましょう。どの方法もなるべく誰でもできるものを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

テストステロンを増やすのは、ここまで紹介したように勃起力を高める以外にも集中力を高めたり、重大な病気の予防になったりと良い効果があります。勃起力以外に健康が気になっている人も大いに役立ててください!

テストステロンを増やす方法 その①:医療的に補充する

減少したテストステロンを補充する確実性の高い方法は、治療として行うものです。当たり前といえば当たり前ですね(笑) これならば誰でも高確率で簡単に減ったテストステロンを補充できるでしょう。

経口剤、注射剤、皮膚吸収剤がありますが、わが国では注射剤エナント酸テストステロンのみが保険適応となっています。通常2週間おきに125mg~250mgを筋注することで臨床効果が得られるが、デポ剤の性質を考えると1-2週ごとに60-125mgを投与していくほうがより生理的に近いと考えられます。
引用:順天堂大学医学部附属順天堂医院泌尿器科

日本では注射剤による補給が保険適応になっているとのこと。これは嬉しいですね。何せ性に関する治療や検査は多くが保険適用外ですから。そのため大体高額な料金が必要で、あまり利用できません。

しかし注射剤によるテストステロン補充は、保険適応とのこと。なのでいくらか気軽に利用できそうです。定期的に筋肉注射をするのは辛いかもしれません。しかし、フル勃起を取り戻して豊かな生活を送るためと思えば、これくらいなんてことはないでしょう。

ちなみに脅迫するわけじゃないですが、筋肉注射なので痛いです。これを定期的にやるわけですから、精神が鍛えられそうな勢いですね。ところで、薬を使った治療ですから、副作用も気になる人はいるでしょう。

テストステロン補充療法でまれに副作用がみられることがありますが、治療を開始するまでにしっかり検査をすることでリスクは下げることができます。 基本的には安全な治療方法なのですが、男性ホルモンに関わる「前立腺疾患」 をもつ方の投与は慎重に行う必要があります。テストステロン投与による前立腺がん前立腺肥大症の発症率は結びつかないと最近いわれておりますが、現在患って・いる方に対しては行うことはできません。
引用:メンズヘルスクリニック東京

テストステロンの補充については、これまで数々の副作用が疑われてきました。しかし、現状その多くは否定されています。たとえばここに書かれているような前立腺疾患。過去にはこの発生への影響も疑われましたが、事前の検査によって避けることが可能になっています。そもそも、これらの発症との関連性は否定されているのです。

■ 結論
テストステロンの筋注療法を受けた高齢男性は心筋梗塞リスクの上昇を発現しなかった。 高い心筋梗塞リスクを有する男性においてテストステロン使用は心筋梗塞に対して軽度に防御的に働いていた。
引用:大東製薬工業公式BLOG

また、一時期心筋梗塞についても疑われました。しかし、これも現在は否定されています。100%安全だといえないのは当たり前ですが、それでもテストステロンの補充についてはかなり高いレベルでの安全性が確認されているのです。

テストステロンを増やす方法 その②:食事に注意する

男性ホルモンの構成成分であるテストステロン。なので食事はあまり関係ないと思われがちです。しかし、テストステロンを補充するために食事は注意しなければなりません

体内で産生するテストステロンの原料はコレステロールですから、先ずはコレステロール不足にならないように、バランスの良い栄養摂取が必要です。
引用:大東製薬工業公式BLOG

そもそもテストステロンの原料になっているのはコレステロール。だからコレステロールをある程度摂取することでテストステロンの補充ができます。ところで、コレステロールが摂れるものにはどんなものがあるでしょうか?

コレステロールは、 卵、魚卵、肝、内臓ごと食べる魚等に多く含まれます。
引用:簡単!栄養andカロリー計算

コレステロールはここにあるように、卵や魚から多く摂取できます。とくに卵黄が多く摂取できるものとして知られており、摂取可能量もとびぬけて優れています。

体内のコレステロールは、およそ3分の2が糖質や脂質を材料にして体内でつくられたもので、あとの残りが食べ物から直接とり込んだものといわれます。
引用:栄養成分百科

とはいえ、卵黄を毎日食べないといけないわけじゃありません。それというのも、コレステロールはそもそも普段私たちが摂取している糖質や脂質を使って体内で作れるからです。なので、あえてコレステロールの多いものを食べる必要はそうそうありません。

ただし、過剰なダイエットをしている場合などは、糖質や脂質も足りない可能性があるので、そういったときは意識しても良いかもしれません。一方で注意したいのは、コレステロールを多く摂り過ぎるのは良くない点。

多くの人が知っての通り、コレステロールは大量にとれば健康を損ねる原因になってしまいます。よくいわれているのは血行の悪化ですね。勃起は血液がチンポに集まってできるもの。血行が悪化してしまってはフル勃起は遠のきます。なのでほどほどが大切です。卵黄から摂取するよりは、多くの栄養素が補充できる魚などから摂取する方が良いかもしれません。

テストステロンを増やす方法 その③:健康的な生活習慣を作る

食べるだけ食べて運動しなかったらぶくぶく太ってしまいます。なので、食事でテストステロンの補充を考えるなら運動もしないといけません。

適度な運動を維持することと、十分な睡眠、規則正しい生活リズム、ストレスを溜めない健康的な生活習慣が必要です。栄養摂取だけで運動しなければ、言うまでもなく太ります。肥満はテストステロンの分泌を低下させるため、逆効果になります。
引用:大東製薬工業公式BLOG

太ってしまうとテストステロンを減らしてしまう可能性もあるとのこと。こうなってしまうと本末転倒です。デブになる上にフル勃起もできないとなれば、間違いなく女性に捨てられるでしょう。

飛べない豚はただの豚といいますが、フル勃起できないデブはただのデブと思われかねません。なので、食事でテストステロン補充をしたら、しっかりと運動して太らないようにしましょう。

とはいえ、今さら運動といわれても多くの男性は困りますよね?社会人ともなれば運動なんて面倒なだけでやる気にもなりません。昨今はスポーツジムに通う人も増えていますが、今一モチベーションが上がらない人も多いでしょう。

アフター5でジムに通っているエッチなOLさんはたくさんいます。その中には出会い目的でジム通いしている人もたくさんいます。普段職場以外で出会いがないOLさんにとっては、若くて健康的な男性と自然と出会える場所だからです。
引用:エッチなOLが出会いを求めて集まる場所と即セックス出来る口説き方を紹介

しかし、それは貴重な機会を逃していると言わざるをえません。これは以前風俗部で紹介した話ですが、実は今やスポーツジムは出会いの宝庫なんです。何せスポーツジムが流行っているのは男性にだけでなく、女性もですからね。

なので、面倒だからスポーツジムに通わないって男性は、若い女性と出会えるチャンスを逃しているっていえるんです。考えてみてください。ジムで汗を流すだけでなく、その後ラブホテルでくんずほぐれつして汗を流せる生活。スポーツジムにはそんなムフフな展開が眠っているんです!これを逃しては男じゃありません。

「いやいや、ジムはお金がかかる」「とてもじゃないがジムに使えるお金がない」確かに一理あります。昔よりも安いジムが増えたとはいえ、ジム費用はバカになりません。そこで、そんな男性には勃起に効くトレーニングを紹介しましょう。

勃起力改善にスクワットが効果的。実は、この話は都市伝説やブロガーによるデタラメなヘルスケア情報じゃありません。ここにあるように、ED治療の第一人者である長瀞医新クリニック院長の横山博美氏も言っていることなんです。
引用:絶倫スクワットで勃起力を3倍にする方法

これも以前風俗部で紹介した話ですが、世の中には「絶倫スクワット」というトレーニングがあります。しかもこれがとても簡単。詳しくはこの記事を読んで頂きたいのですが、ざっくりいえば大股でスクワットをするだけです。

たったそれだけで強力な勃起力が手に入るっていわれてます。もちろん運動としても役立つトレーニング。なので、もしもスポーツジムに通う余裕がない場合は、この絶倫スクワットを試してみると良いかもしれません。

記事はこちら:絶倫スクワットで勃起力を3倍にする方法

テストステロンを増やす方法 その④:サプリを使って勃起力をアップ

昔からいわれている話ですが、テストステロンの補充をサプリで補う方法もあります。ただし、これはテストステロンを直接補充するというよりは、テストステロンの分泌を促進させるといった方が正しいかもしれません。そもそもテストステロンの補充を考えるなら、先ほど紹介した医療的な方法を取る方が確実性が高いですからね(笑)

テストステロンブースターとは、固有名詞・商品名ではなく、テストステロンを増やすサプリメントの総称で、ブースター(booster)は押し上げる、高める、増幅させるという意味をもちます。直接ホルモンを補充するわけではなく分泌促進を目的としたもの
引用:メンズヘルスクリニック東京

いわゆるテストステロンブースターというものですね。直接テストステロンを補充するんじゃなくて、テストステロンの分泌を促して、テストステロンの影響力を強めるというもの。分かりやすい効果として、勃起力の増強がよくうたわれます。よくフル勃起させた画像と一緒に紹介されているやつですね。

具体的にどんなものがテストステロンブースターに使われるかっていうと、亜鉛やマグネシウム、ビタミンB6、アルギニン、マカといった成分がよく使われます。恐らく、これらの名称はみなさんも一度や二度聞いたことがあるかもしれません。

何せどれも先ほどいったような勃起増強剤のようなものに含まれているものですからね(笑)これまでそんなサプリや飲料には勃起改善効果がないと思っていた人もいるかもしれません。しかし、一応効果は期待できるのです。もちろん確実性が高いわけじゃありません。

しかし、一定程度効果が見込めるので、活用する手はあります。何より、病院に行くよりも手軽に手に入るので、試してみるにはうってつけなんですね。こういった商品は様々ありますが、高価なものが多く選ぶのが難しいところ。

ひとまず興味がある人は「MACA ENERGY マカエナジー」から試してみても良いでしょう。これならば比較的安いので、どんなものか試すにはうってつけです。これでフル勃起できるようになれば、けっこうお得というものでしょう。

商品はこちら:MACA ENERGY マカエナジー

テストステロンを増やす方法 その⑤:ボランティア・胸を張る

テストステロンを増やす方法で最後に紹介するのは「ボランティア」、そして「胸を張る」この二種類の行動です。「さすがに怪しすぎる」そう感じるのも無理はないでしょう。しかし、これについてはある程度信憑性のある情報なのです。

テストステロンは男性ホルモンであると同時に社会性ホルモンでもあります。(中略)
社会環境への貢献、「他人に与える」ということです。ボランティアでも感謝の気持ちでもお金でも構いません。社会環境への貢献がテストステロンを増やし、自分のまわりの環境をより良くしてモチベーションが高まります。
引用:ヨミドクター

これは順天堂大学医学部教授の堀江さんの説明。なんとテストステロンは男性ホルモンってだけじゃないそうです。つまり、テストステロンは社会性ホルモンでもあるから、ボランティアなど他人に与える活動すれば良いとのこと。

そうするとモチベーションが高まり、テストステロン向上に役立つそうです。これは驚きというよりありません。自分が健康的な生活習慣を送るだけでなく、他人にとって役立つ行動をするのが大事というのです。

ちょっとおもしろいテストステロン値を上げる方法を紹介します。それは胸を張ること。胸を張ったポーズを合計2分間続けるだけで、テストステロンが増え、ストレスホルモンのコルチゾールが減ったという試験報告があります
引用:ヨミドクター

順天堂大学医学部教授の堀江さんは、合わせて胸を張る行為の価値も伝えています。なんと胸を張ったポーズをするだけでテストステロン値が上がるというのです。これは実際に研究結果として出ているとのこと。

これら二つの話をまとめると、他人に役立つ生活をして胸を張れる生き方をすれば、それがテストステロン向上に役立つってことになります。恐らくこういった生活は女性にもモテるでしょう。そうすると自分の中でメキメキ自信もつきますから、良い循環が起きる可能性もあります。

よくよく考えれば、AV男優はけっこう胸を張った自信に溢れた人が多いように感じます。それを考えると、自信を持つことがテストステロン増加につながるのはいくらか説得力を感じるというもの。何だかフル勃起にも役立ちそうに思えてきます。

ィーナー博士は、「幸福感が強いと9.4年もの長生きにつながる」という数字を人間および動物を対象とした160本以上の調査研究の分析から導き出した。
引用:日経ビジネス

幸せな人ほど長く生きるといわれています。感覚的に「そんなの当たり前」って感じる話かもしれません。しかし、ここまでの説明を合わせて考えると、案外テストステロンが高まる良い生活をすることで、病気にかかりにくい健康的な生活ができるからなのかもしれません。

何より、テストステロンが高まればフル勃起した状態で最高のセックスができるわけです。なので、男性にとっては長く女性とセックスできる人生が歩めるでしょう。生きている限りセックスできるのですから、誰だって長生きしたくなるはずです。

その幸福な人生を1分でも長くするために健康的な生活を送ろうとするでしょう。結果的に長生きできるようになる可能性もあります(笑)性欲は男の人生を強く動かしますからね。

まとめ:男性ホルモン「テストステロン」を増やしていつまでもフル勃起できる人生にしよう!

テストステロンはフル勃起に役立つかけがえのない存在です。それだけじゃありません。テストステロンは男性の健康を支える強力な効果も持っています。テストステロンを増やせればきっと健康的で性的に幸福な人生を長く送れるようになるでしょう。

そのためにも今回紹介したテストステロンを増やす方法をぜひ活用してください。テストステロンを増やせれば、いつまでもフル勃起させられる素晴らしい人生が手に入るでしょう!以上、風俗部(フウゾクブ)編集部からのお届けでした。

◯関連記事
射精時の精液の量は健康状態のバロメーター!増減の理由とチェック項目を紹介
「勃起しない」悩みを解消する5つの生活習慣改善方法を紹介

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/testosterone-secretion.html