生でセックスをした後の病気や妊娠のリスクを解消する5つのポイント

AV女優「長谷川あゆみ」の経歴やプライベートSEX事情などを丸裸に【2019年最新版】

男なら誰だってしたい生セックス。しかし、生セックスには性病や妊娠のリスクが伴うもの。それを考えると中々できない男性も多いでしょう。「生セックスしても病気や妊娠にならなければいいのに」誰もが一度は考えたことがあるはずです。そこで今回、生セックスをした後で病気や妊娠のリスクを減らす・解消するためのポイントを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

生でセックスしたら気持ちが良い

「セックスは生に限る」「気持ち良くなるにはとりあえず生」そういう男性は多いでしょう。だってコンドームを使うよりもはるかに気持ちいいですからね。

この一言に尽きますね。好きな相手との生セックスは最高に気持ちいいです。あらゆる欲望という欲望が解放されるまさに極楽な心地ですからね。一度体験すると中々抜け出せなくなっちゃいます。

リスクはあるけど、生セックス特有の絞られる感覚はたまりません。何より生セックスは挿入からフィニッシュまで気持ち良くなることだけ考えられますからね! 雑念なしにピストンできる気分といったら最高です。

生ですね。
0.01とか材質違うのとか色々使いましたが、
やっぱり、生には勝てません。
カリでのひっかかり感がたまんないです。
引用:Yahoo!知恵袋

最近のコンドームってすごいですよね。ゴムを感じさせないほど薄いものも多いです。あまりの薄いので、ほとんど生と変わりません。でもやっぱり生の快感には勝てない! 何せチンポは敏感ですから(笑) 膜があるのとないのとでは感じ方がまるで違います。膣肉で直接亀頭をしめられる生の感触に勝るものはありません。

お互いの性器が生のまま直に結合し、ペニスと膣がこすれ合う感触を存分に楽しむことができる上、そのまま射精をして精液を膣内に送り込んだ場合は、男の子と女の子が二人の子供を作ることができます。動物としての本能を満たすことができる生セックスは、とても気持ちよい
引用:爆サイ.com > 甲信越版 > 燕市雑談 > 生セックスの醍醐味

妊娠はリスクです。それでも子作りしている感覚って気持ちいいんですよね。支配欲が満たされるっていうか、相手の特別になれている感じがたまりません。何より子作りしたいっていうのは本能です。本能に従ってお互いの性と性をぶつけ合う生セックスは、当然気持ちいいんですよね。

しかし、生でセックスした後は病気や妊娠が怖い

生セックスほど気持ちいいセックスはありません。でも、生セックスは気持ちいい代わりにその後の病気や妊娠のリスクが怖いもの。等価交換どころか、気持ち良さの代償としては高すぎるリスクがお互いの身に迫ります。

たとえば性病。日本じゃ性教育が進んでいないせいで、この性病に対する知識も足りていません。ところが性病は、ものによっては残りの人生全てを危険をさらすものもあるわけです。「性病なんてそんなにかかるわけがない」こう思う人もいるでしょう。

日本では1987年(報告数 2928)をピークとする流行の後、報告数は減少傾向であったが、近年再び増加してきている。
引用:厚生労働省「最近の性感染症の動向」

しかし梅毒のように近年増加しているものもあります。また、厚生労働省による性感染症報告数(厚生労働省「性感染症報告数」)によれば、この梅毒に感染した人は2017年で5000人を超えているとのこと。

仮にセックスできる年齢を15歳~64歳と仮定すれば、2017年10月時点の人口を見ると7596万2千人とのこと(総務省統計局「人口推計」)なので、およそ1万5000人に1人は梅毒にかかっていることになります。

こうして考えると何だかめったにかからないように感じられますが、たとえば東京都港区で考えると、同区の15歳~64歳の人口はおよそ15万人(東京都の統計)なので、港区だけで10人は梅毒にかかっている可能性があるといえるんです。極端な計算ですが、そう思うと意外と存在するのかもしれないと感じるのではないでしょうか? 

何より、主要な性感染症である性器クラミジア感染症・性器ヘルペスウイルス感染症・尖圭コンジローマ・淋菌感染症・梅毒の感染者数を合わせれば、年間5万人以上もの人が感染していると分かります。これには年間400件程度報告されるというエイズ(HIV/AIDS)感染者数(平成28(2016)年エイズ発生動向年報)は含まれていません。

このように、性感染症は私たちが普段思っている以上に身近な存在なのです。それを考えると生セックスのリスクの大きさを感じずにはいられません。

そして、性感染症よりもリスクが高いのは妊娠ですね。不倫相手やセフレと生セックスする人は多いですが、概ねトラブルの元です。中にはこのツイートにあるように多額のお金を払うことになるケースもあります。

とくに不倫の場合、その後離婚訴訟みたいなケースになることも多く、20万円では済まない場合もあるわけです。生セックスの快感ほど素晴らしいものはありませんが、その代償として考えるとかなり割に合わない現実に直面する可能性は少なくありません。

まさに生セックスはハイリスクハイリターンな行為といえるでしょう。この世で最も大きな快楽を得られる代わりに、人生をダメにしてしまうかもしれないのですから。これほど大きな博打も中々ありません。

病気や妊娠のリスクを解消するポイントを紹介しましょう

生セックスには性感染症などの病気や妊娠のリスクがついてまわります。それでも生セックスの快感を味わいたい男性は多いでしょう。それほどまでに生セックスは魅力的な行為なのです。そこで、ここからはどうにかして生セックスしつつ、性感染症などの病気や妊娠のリスクを軽減・解消するポイントを紹介します。

もちろんこれをやれば100%リスクが消えるというものではありません。やらないよりはやった方が良いかもしれないくらいのものです。しかし、何もせずリスクを抱えるよりはマシですので、ぜひ読んでみてください!

病気や妊娠のリスクを解消するポイント その①:セックス相手に低用量ピル(OC)を普段から服用してもらう

オーソドックスな方法になりますが、妊娠リスクを軽減する方法としてセックスパートナーに普段から低用量ピルを飲んでもらう方法があります。もちろん無理矢理飲ませるんじゃなくて、話し合った上でするようにしましょう。あとで説明しますが、この話し合いをする必要性は高いです。

※正しく内服すればほぼ100%避妊可能です。
「排卵を抑制する」「受精卵を着床しにくくする」「精子を子宮に入りにくくする」という3つの作用で妊娠を防ぎます。
引用:はなおかレディースクリニック

低用量ピルによる避妊はある程度信頼性の高い方法として知られています。なので、普段から服用してもらえれば、高い確率で生セックスをしても避妊できるようになるでしょう。ただし、一点大きなネックもあります。

それは相手の女性がしっかりと服用しているか確認できないこと。つまりこの方法は相手を信じるしかありません。生セックスによるリスクは女性にもあるので、相手が低用量ピルを服用していなかったからといって男性のみのリスクとはいえないでしょう。第一、低用量ピルの服用は割と面倒なものです。

1日1錠、毎日ほぼ決まった時間に飲みます。
引用:はなおかレディースクリニック

何せ毎日決まった時間に飲む必要があるんです。薬を飲んだ経験がある人なら分かる通り、毎日食前食後などに毎日飲むだけでも大変なのが薬。低用量ピルはそれをほとんど同じ時間に飲まなければなりません。しかも女性によってはいくらか副作用も出ます。つまり女性の負担が大きいんですね。

だから先ほど伝えたように、お互いにしっかりと話し合う必要があります。なぜならば、この方法は女性が負担を負うことに女性が納得できなければならないため。そして、男性側が相手の女性を信用できないとならないため。この2点が確保されていないと、リスクが解消されるとはいえないので、注意が必要です。

病気や妊娠のリスクを解消するポイント その②:緊急避妊薬(アフターピル)を使う

もしもセックスした相手の女性が低用量ピルを飲んでいなかった場合、生セックス後の妊娠リスクを減らすには緊急避妊薬(アフターピル)を使う方法があります

緊急避妊法(Emergency Contraception,以下「EC」)とは,避妊しなかった,避妊に失敗した,レイプされた等に引き続いて起こる可能性のある妊娠を回避するために利用する最後の避妊手段である
引用:日産婦誌59巻9号研修コーナー

ただこの方法ですが、注意点があります。まず、その名称やこの引用文の中にもあるように、緊急避妊薬は非常時に使うものなんですね。なので生セックスした後に使えばいいってものじゃありません。

避妊に失敗した場合、着床を妨げ、妊娠を緊急的に回避する目的で内服するものです。避妊に失敗してから72時間以内に内服しなければなりません。
但し、避妊効果は高いですが、100%とは言えません。
引用:伊藤メディカルクリニック

効果を出すにはセックス後72時間以内に飲む必要があり、その効果は100%じゃない点も注意してください。まさに緊急的に避妊するための薬なんです。それと副作用があるので、女性の負担が大きいのも知っておいた方が良いでしょう。

出血が伴うこともあるため、状態によっては受診する必要がありますし、そうでなくても3週間後あたりに妊娠検査をするのが勧められています。

2018年9月1日、ナビタスクリニック新宿(医療法人社団・鉄医会)は、アフターピルをオンライン(スマホ)による遠隔診療のみで処方する窓口を開設した。
引用:日経トレンディ

緊急避妊薬は原則医師によって処方されなければならないもので、手に入れるには病院に行かないといけません。つまり市販されていません。あたかも市販されているかのような情報もたまに見られますが、それは信じない方が良いでしょう。

一方、この記事にあるように2018年にインターネットで処方する取組を開始したところもあります。なので、以前よりは手に入りやすい環境が整備されてきたといえます。しかし、いずれにしても気軽に使うものではないので、その点だけは絶対に注意した方が良いです。

病気や妊娠のリスクを解消するポイント その③:子宮内避妊器具(IUD)を使ってもらう

生セックスで妊娠するリスクを減らす方法として、女性に子宮内避妊器具をつけてもらう方法もあります。子宮内避妊器具について知らない人もいるかもしれません。

種類 現在使用できるものは5種類ある.
従来型:FD1,優性リング
銅付加型:マルチロード CU250R,ノバ T380
黄体ホルモン含有型:ミレーナ
避妊機序:IUD の避妊機序は他の避妊法の作用機序のように明確でない.受精卵の子
宮内膜への着床を阻止して妊娠を防ぐことは動物実験等で確認されている.I
引用:日産婦誌61巻10号研修コーナー

子宮内避妊器具は全部で5種類あり、それぞれ特徴も違います。しかし、いずれにしても子宮内に取り付けるという意味では同じです。基本的には医療機関で装着します。装着にあたっては医師の指導があるので、それぞれのメリットとデメリットを聞いた上で選ぶのが良いでしょう。

子宮内避妊器具は、女性にとっては男性の意思に関係なく自分の判断でつけられる点、安全性がある程度確認されている点、ピルに次ぐ避妊効果がある点など、避妊方法としてメリットが多いのも魅力です。

ただ一点特に注意して欲しいのは、出産経験のない女性にはあまり向かない点です。装着時の痛みや出血の可能性があるのに加えて、定期的に医師による診察が必要になるためです。この点は男性側も注意しておきましょう。

ちなみに、一度つければ永久に効果が続くわけじゃありません。大体2~5年の寿命と言われています。装着するのにそれなりに手間と負担がかかる方法ですから、十分に相手の女性と相談した上で使うのが良いでしょう。

病気や妊娠のリスクを解消するポイント その④:性行為のあと通院して検査する

ここまで生セックスによる妊娠リスクの対策について紹介してきました。みなさんの中には「性感染症などの病気のリスクを解消する方法はないの?」と思った人もいるでしょう。この点についてですが、生セックスで性感染症などの病気を防ぐ方法はほとんどないに等しいと言わざるを得ません。

そもそも性行為をした時点で性感染症リスクは発生するのです。中でも生セックスは剥き出しのチンコとマンコが接触するため、この状態で性感染症などの病気を防ぐのはかなり厳しいです。もちろん、チンコとマンコを清潔にしておけばいくらか感染確率を下げられるかもしれません。しかし、それはいくらか下げられる程度のものです。

第一、性感染症の多くは細菌によるもの。少し洗った程度で完全に駆除するのは不可能です。では生セックスをしながら性感染症などの病気リスクを軽減・解消するにはどうすれば良いでしょうか? これは無理難題に近いですが、少なくとも対策がゼロではありません。

性交や性行為に近い状況がある場合は、1年に1回など、定期的に産婦人科でSTIのチェックをしてください。
引用:公益社団法人日本産婦人科医会

取れる対策としては、生セックス後に医療機関で検査をする方法です。これが最も確実な方法でしょう。とくに以下の症状が出たときはなるべく早めに男性なら泌尿器科、女性ならば産婦人科などで受診しましょう。

1.性器やそのまわりがはれたり、水ぶくれやブツブツができた
2.性器やそのまわりがとてもかゆい・痛い
3.おしっこをすると痛い
4.おしっこに血やウミが混じる
5.おりものの色が異常、ひどくにおう、急に増えた
引用:公益社団法人日本産婦人科医会

ただ性感染症などの病気には症状を感じないものもあるので、できれば定期的に検査するに越したことはありません。生セックスしたことについて注意を受ける可能性はあります。しかし、生殖機能が使いものになくなるよりはマシなので、なるべくためらわずに医師の診断を頼りましょう。ひどくなってから発覚する方が恥ずかしいですしね(笑)

病気や妊娠のリスクを解消するポイント その⑤:結婚・子作り前提の相手と生セックスする

妊娠リスクを解消する最も確実な方法は、当然ながら結婚・子作り前提の相手と生セックスすることです。恐らくこれ以上に妊娠するリスクを解消する方法はないでしょう。

実際、生セックスの快楽を結婚後まで取っておく男性は少なくありません。先ほど引用したツイートのように、生セックスによる妊娠リスクは小さくありません。妊娠した場合の経済的な負担も重くなります。

それを考えれば、生セックスは結婚後まで取っておくのが合理的といえますね。何よりリスクに怯えながらする生セックスってそもそも気持ち良くないですからね。みなさんも何かしら経験があると思いますが、どんなに気持ちいいことも後ろめたさがあると台なしになります。

たとえばセックスとは関係ないですけど、借り物。ゲームにしろお金にしろ、他人から借りたものってだけでなんか嫌じゃないですか? それで楽しいことをしても、なんだか楽しみきれないって経験が誰しも一度はあるでしょう。

生セックスもこれと似たようなもので、心のどこかに少しでもリスクへの意識があると気持ち良くなれません。後味も悪くなります。だからそういうネガティブなものがない相手と心の底から気持ちいい生セックスをするのが一番。これは妊娠リスク防止だけじゃなく、最高に気持ちいい生セックスのためにも重要なポイントですね。

女性の性病の見抜き方

先ほど、性感染症などの病気への対処法はないに等しいと伝えました。これは事実です。一方で、性感染症などの病気を防ぐ方法として、そもそも性病を持っている女性とセックスをしないって方法もあります。

つまり生セックスはできないけど、性感染症などの病気になるのは防げる方法ですね。「生セックスできないなら意味ない」って思うかもしれません。でも、誰だって性感染症などの病気にかかると分かって、それでもしたい男性はいないでしょう。

相手がクレオパトラや楊貴妃のような傾国の美女と呼ぶべき素晴らしい女性ならば、たとえ性感染症などの病気にかかると分かっても生セックスするかもしれません。しかし、普通の女性相手にそこまで命がけで生セックスしたい人はまずいないはずです。

そこで、ここからは性感染症などの病気の予防方法として、何らかの性感染症などの病気にかかっている可能性がある女性の見分け方を紹介しましょう。知っていて損はないので、ぜひ読んでみてください。

女性の性病の見抜き方 その①排尿時に違和感のある女性に注意

多くの性感染症は、感染すると尿道に障害が出ます。たとえば尿をするときに痛みを感じたり、尿道を中心にかゆみを感じたりするんですね。

性感染症による尿道炎には、クラミジア性尿道炎、淋菌性尿道炎、非淋菌性非クラミジア性(雑菌性)尿道炎があります。
排尿時の違和感、排尿時の痛み、尿道のかゆみ、膿、残尿感、尿の回数が多くなるなどは尿道炎による共通の症状
引用:新宿駅前クリニック

逆をいえば、そのような症状を抱えている女性は、何らかの性感染症にかかっている可能性があります。ただこれについては中々確認しにくいのが問題。まさかこれからセックスしようとする相手に「最近、尿の調子どう?」なんて聞けるわけがありません。夫婦間だってこんな会話はしないでしょう。

なので、見分け方としてはあまり役に立たないかもしれません。しかし、この点については知識だけでも持っておく価値はあるでしょう。何せ、自分が知らずに感染しているケースもありますから。こんな症状が出れば、性感染症などの病気にかかっている可能性があると分かっておく価値は高いです。

知っておけば、セックス後にこんな症状を少しでも感じる相手とは二度とセックスしないようにすることもできます。また、こういった症状を抱えている女性(男性も)は、尿の回数が増える可能性も高まります。これは判断材料として使えるので、この点で見極めても良いかもしれません。

女性の性病の見抜き方 その②斑点に注意

梅毒に見られる症状ですが、手足を中心として斑点が現れる場合があります。

第1期は性器に痛みをともなわない硬いしこりができ、第2期になると全身(特に手足)に小さな斑点が多数出てきます。
男女とも症状が出ないタイプがあり、この場合は専用の血液検査で判明することが多いようです。
引用:新宿クリニック

これは梅毒の特徴ですが、しこりが現れた後、手足や体の至る所に斑点が現れるようになります。これは中々特徴的なので、比較的見つけやすいかもしれません。ただ、誰もが知っての通り、手足にはよく赤みや吹き出物が現れることがあります。それと区別できるかどうかが問題になるでしょう。

とはいえ、斑点は本来日常的に出るものとも言いにくいものがあります。なので、そういった肌トラブルが起きている相手については、いくらか注意をした方が良いかもしれません。なるべくならば、受診を勧められるといいですね。

女性の性病の見抜き方 その③水疱が見られたら注意

外見で判断しやすいものとして性器ヘルペスがあります。これも特徴的で、性器周辺に水疱(水ぶくれ)ができます。そもそも性器周辺に何かしら異常が見られるというのは良いことでないので、これについては一発で危ないと判断できるでしょう。

ヘルペスの病変部と接触することにより発症する性感染症(STD)です。
男女とも性器に小さな水泡が多数でき、痛みとかゆみが続きます。
ヘルペスに一度感染してしまうと、その後はウイルスを死滅させることができません。ただし、再発を抑える治療を行うことは可能となっています。
引用:新宿クリニック

性器ヘルペスは結構厄介な性病なので、避けられるなら避けたいものです。その一方で見分けやすいのがせめてもの救いですね。ただ問題があるとすれば、判断するには性器を見る必要があること。

つまりセックス中にしか分かりません。おかげで、行為中に発見したとき、そこでどうやってセックスを終えるかが問題になります。普通、性器を見せた直後にやめられれば、女性は不信感を覚えるでしょう。そこをどう切り抜けるかが問われます。

これはかなりの難題ですので、事前にこういったケースを想定して、セックスを途中でやめる方法を考えておきましょう。無難なのは「今日ゴムを忘れた」で切り抜けるやり方。ただ生セックスを前提にしていたら、この方法は取れません。

「仕事や知人との約束を思い出した」というのは、相手によっては使えないでしょう。一つ提案するとすれば「お腹を壊した振りをする」ですね。この方法ならば状況に関係なく使えます。もちろん、途中でやめたときは、その後のフォローをしっかりするようにしてください。

まとめ:生セックス後の病気や妊娠リスクを軽減・解消する方法はないわけじゃない!

今回紹介したように、生セックス後の病気や妊娠リスクを軽減・解消する方法はないわけじゃありません。ただ、全くゼロにするのは難しいっていうのが実情です。なので、生セックスをするときには、危険な行為だと知っておくのが重要でしょう。

とくに病気対策では、早めの医療機関受診が大切です。今回紹介した方法を参考に、自分なりに気持ちいい生セックスの在り方を考えてみましょう。その方がより気持ちいいセックスができるはずです。以上、風俗部からのお届けでした。

◯関連記事
妊娠の心配なし!安心して「中出し」しまくる方法【5選】
ピルを飲んでいれば中だしOKという神話について思うこと

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/sex-lisk.html