理想の射精頻度は月21回!快感を得ながら健康な体になろう

オススメの白人AV女優TOP12|日本人離れしたS級美女を厳選

あなたは理想の射精の回数が気になったことはありませんか?「俺、最近オナニーのやり過ぎかもしれない!」と心配になったり、「オナニーもセックスも全然してないけど平気なのかな?」と疑問に思ったりしたことがある人は意外といます。今回は、理想の射精頻度とその理由、そして射精し過ぎるデメリットと射精しないデメリットなど、気になる情報をまとめました。健康に関する重要な内容ですので、ぜひしっかり読んでください。

射精頻度が月21回以上で、前立腺ガンになる可能性が2割減

記事タイトルでも書いたように理想の射精頻度は月21回!その理由の1つに、月21回以上射精すると前立腺ガンになる可能性が2割減るという事実があります。

米国の男性医療従事者約3万人の調査から、射精する回数が多い男性は、少ない男性に比べて前立腺がんになりにくいことが分かった。調査を行った米ハーバード大学公衆衛生大学院のジェニファー・ライダー氏らによると、1カ月当たりの射精回数が21回以上の男性では、4~7回の男性に比べて前立腺がんを発症する危険性が2割前後低かったという。引用元:月21回以上の射精で前立腺がんリスク2割減―米調査

この調査はアメリカで行われたものですが、日本でも前立腺ガンが急増しています。実際、国立ガン研究センターの推計では、男性ガン患者数で今まで1位だった胃ガンを抜きトップになると予測されています。これから年齢を重ねる上で、前立腺ガンは我々男性がもっとも警戒しなければいけない病気の1つです。

この調査報告では、20歳代で19%、40歳代では22%のリスク低下が認められました。また、上述の調査報告をしたジェニファー・ライダー氏らは、「前立腺ガンの原因を考えた時、男性が生涯にわたって頻繁に射精することは、良い影響をもたらすことを改めて示すもの」と説明しています。つまり、何歳になっても射精することで前立腺ガンの予防ができるということです。もちろん0%になるわけではありませんが、20%以上のリスク低下はとても重要です。

射精回数月21回というのは、20歳代の男性ならばクリアできる人も多いかもしれませんが、40歳代の男性にとってはなかなか容易ではない数字です。結婚して家庭を持っている人だと毎日オナニーすることは難しいです。かといって21回セックスするということは、1回のセックスで射精する回数を1回とすると3日のうち2日はセックスする必要があります。奥さんの予定・仕事の忙しさ・お互いの体調・子供、など様々なことを考えると結構大変な数字ですね。

世間の射精頻度の平均は?

それでは一般的な男性の射精回数はどれくらいなのでしょうか?NEWSポストセブンにひとりエッチ(いわゆるオナニー)の回数を調べた調査結果の記事があるので引用します。

もっとも多いのは「週1〜2回」で、全体の3割。週3〜4回の男性が2割で、75.5%の男性が、週に1回以上のオナニーをしていました。引用元記事:ひとりエッチ頻度が高い男性はエッチの回数が多いか少ないか? 衝撃の調査結果が明らかに

もっとも多いのは「週1〜2回」で、全体の3割。週3〜4回の男性が2割で、75.5%の男性が、週に1回以上のオナニーをしていたということは、週5回以上オナニーをしている男性が25%程度いるという計算になります。ちなみに週5回オナニーしても4週で計算すると1ヶ月の射精回数は20回となり、前立腺ガンのリスクが2割減る月21回以上の射精回数には到達できません。21回という数字がかなり多い回数だということがわかりました。

それでは男性の月の平均オナニー回数を調べてみましょう。男性のTENGAヘルスケア社が全国15〜64歳の自慰経験のある男性2,000名を対象に実施した『オナニー国勢調査:全国男性自慰行為調査2017』を参考にして調べてみます。

出身地別オナニー頻度ランキング発表というコラム記事で、各都道府県別の男性の1週間のオナニーの回数がランキング形式で紹介されています。1位の神奈川県の3.77回から47位の1.95回まで、47都道府県の全ての数字を足して47で割り、全国の1週間のオナニー回数の平均を計算してみました。

47都道府県の週平均のオナニーの回数を足した数字は132.81。それを47で割ると2.825となり、四捨五入で2.83回!これが全国の1週間のオナニー回数の平均数です。1ヶ月を4週間で計算すると、2.83×4=11.32。つまり日本人男性の平均オナニー回数は11回となります。少なく感じるかもしれませんが、これは全国15〜64歳の全年代の平均になります。

この平均オナニー回数にセックスの回数を足してあげると平均射精回数がでます。セックスの平均回数は相模ゴム工業株式会社のニッポンのセックスの調査を元に考えます。

全体の平均回数は2.1回。年代別では20代が4.11回で最も多く、30代が2.68回、40代が1.77回、50代が1.38回、60代が0.97回となります。引用元記事:相模ゴム工業株式会社のニッポンのセックス

20台〜60代までの全体の月のセックスの平均回数は2.1回です。月のオナニー平均回数11回+月のセックス平均回数の合計は13回。日本人男性の平均射精回数は13回ということがわかりました。オナニーの回数調査もセックスの回数調査も60代までのデータが入っているとはいえ、理想の射精回数21回には、遠く及ばない結果となりました。

理想の射精頻度は月21回以上!最低でも2~3日に1回

前立腺ガンの減少を考えると、健康的な生活を送る理想的な射精頻度は月21回以上となります。しかし、先ほど日本人男性の平均の射精回数を調べた結果は月13回でした。実際には、最低でも月にどのくらいの回数、射精しておくべきなのでしょうか?

まず一般的に、精子が精巣上体と言われる精子を貯めておくタンクがいっぱいになる日数が、2〜3日だと言われています。もちろん個人差はありますが、3日貯めるとほとんどの人が100%の濃さの精子を出すことができます。

精子は長時間、体温環境の中にとどまっていると次第に活性が失われていきます。精子を出さずにいると、活性が完全に失われた精子は不要な成分として、身体に吸収されます。その精子の消費期限が3日程度と言われています。つまり新鮮な精子を出すには、2〜3日に1度は射精をしておく必要があるということです。

もちろん個人の性欲や生活スタイル・セックスする相手の有無などにより回数は異なりますが、最低でも2〜3日に1回は射精することを心がけましょう。2日1度すると月15回、3日に1度で月10回。その間をとると月12.5回と、先ほど調べた日本人男性の月の平均射精回数13回とほぼ一致する結果となりました!

つまり日本人男性は、最低限の回数の射精はしっかりとおこなっているということですね。あとはもうちょっと頑張って、連続で射精する日を何日か作れば、理想の21回もそう遠くない数字になります。前立腺ガンのリスクを減らして健康的に生活したい人は、ぜひ意識してみてください。

射精し過ぎるデメリット3つ

理想の射精回数を21回とお伝えしましたが、それよりも多ければ何回でも健康に良いというわけでもありません。極端に射精回数が多すぎるのにもマイナス面はあります。射精し過ぎるデメリットを3つ紹介します。

集中力や学習意欲が低下する

「オナニーをしたら急にカラダがダルくなった」「射精したら睡魔に襲われてちょっと眠てしまった」このような経験は、男性であれば誰もがしたことがあるはずです。これは射精すると分泌される『プラクチン』というホルモンの影響によるものです。

プラクチンは、性欲を刺激されたことで発生した大量のドーパミンを抑制することで、性欲ギンギンモードの男性の精神状態を平常な状態に戻すために分泌されます。有名な『賢者モード』もプラクチンの仕業です。

そしてこのプラクチンが分泌されると身体は倦怠感や眠気を感じ、集中力や学習意欲が奪われてしまいます。仕事や勉強前に「よし、サクッと抜いてから集中して片付けるか!」とオナニーすると、そのあと全然作業ができないのもそのためです。

過度にオナニーしすぎると、慢性的に集中力や学習意欲が低下してしまうリスクがあります。簡単にいうと、オナニーのしすぎでやる気がでないという状態になってしまいます。また、睡眠をとって復活したところで、またしてもオナニーに体力を使い、またまたやる気がなくなるという負の連鎖を繰り返してしまうこともあります。

ハゲる(男性型脱毛症AGAになる)

男性ホルモンの一種で精力・筋肉・体毛などの男性的な特徴に強くかかわりのあるテストステロンという物質を知っていますか?疾病のリスクを減らしたり、やる気を出してくれたり、若々しくいるために必須の男性ホルモンです。

このテストステロンは、亜鉛不足や射精によって、男性型脱毛症(AGA)の原因と言われるジヒデロテストステロンというホルモンに変化する性質を持っています。男性ホルモンには髪やヒゲを生やしたり濃くしたりする作用がありますが、ジヒデロテストステロンは反対に非常に強力な脱毛作用を持っているのです。

射精をしすぎることで大量のテストステロンがジヒデロテストステロンへと変化してしまい、髪の毛が抜けてしまうという仕組みです。精子の材料となる亜鉛を摂取することでテストステロンがジヒデロテストステロンへと変化するのを多少は止めることができますが、やはり射精回数を抑えてあげることも大事です。月に21回程度なら全く問題はありませんが、ハゲが気になる方は1日何回も射精するのはやめたほうがいいですね。

短命になる可能性がある

1回の射精による疲労は、100m走を全力で走った時と同じくらいの疲れがあると言われています。一般人が1日に何度も何度もオナニーすると多くのエネルギーを消費し激しく疲労します。そしてそんな日が何日も続くと体力が回復する暇もなく、どんどんと疲労が積み重なってしまいます。そうした日々が何ヶ月、何年も続くと、この激しすぎるエネルギーの消耗により、急激な老化を引き起こす可能性があるのです。

マウスを使って強制的に射精させる実験で、オナニーをさせたマウスはオナニーをさせなかったマウスよりも約15%短命になったという話もあります。『平均寿命105歳の世界がやってくる(原題:Ageless Generation)』という本の著者であるアレックス・ザヴォロンコフ博士も過度な性交は寿命を縮める行動の1つだと言っています。オナニーのしすぎで短命になったり、ガンになってしまうリスクもあるということは知っておいた方が良いです。

射精せずにイク感覚が何度も味わえるオナニー

通常のオナニーは、快感の絶頂を迎えると射精します。射精せずにイクことを「ドライオーガズム」と言います。このドライオーガズムは何度もイってしまう感覚を味わえるため、通常のオナニーや潮吹きよりもはるかに強い快感を得られます。

ドライオーガズムなら射精しすぎることなく快感を味わえる

ドライオーガズムを習得するには難易度が高く時間がかかります。「前立線( 肛門の奥)」という部分に刺激をする必要があります。

簡単にドライオーガズムを体験できる方法として、「催眠オナニー」があります。これは催眠音声を利用し、自己暗示をかけ脳を快楽に浸し、「ドライオーガズム」を引き起こします。

本当にそんなことが可能なのか?と催眠オナニーを体験したことがなければ思うでしょう。

そこで初心者の方へは、経験者からも人気の催眠音声を紹介します。

ドスケベお姉ちゃんのイタズラ催眠

詳細はこちら
ドスケベお姉ちゃんのイタズラ催眠

こちらをおすすめする最大の理由は、催眠状態に陥るまでの説明がとても丁寧であること。
目を閉じその音声にのみ集中すれば、初心者でも簡単に妄想の世界に旅立つことができるでしょう。

ハマりすぎると通常のセックスでは満足できなくなるので、ヤリすぎには注意してください。

射精しないデメリット3つ

射精のしすぎはよくないですが、まったく射精しないことにもデメリットはあります。射精しないデメリットを3つ紹介します。

前立腺ガン

この記事でも何度も取り上げた前立腺ガンのお話です。射精しないことで前立腺ガンになる確率が上がってしまうということは先ほどから何度も紹介しました。

前立腺ガンは、この20年間で一気に患者数が増加しました。20年前には、前立腺ガンの3倍以上の患者数がいた肺ガンや大腸ガンも追い越し、男性では胃がんに次ぐ2番目に患者数の多いガンとなりました。そして増加率から予測する限り、まもなく日本国内でもっとも患者数の多いガンになると思われます。

つまり、男性がもっとも気をつけなければいけないガンなのです。射精をすることで予防ができるのであれば、しっかりと意識的に射精をする習慣を持つべきです。

テストステロンの分泌量低下

先ほど射精し過ぎるデメリット3つの『ハゲる(男性型脱毛症AGAになる)』というところでも書いた男性ホルモンのテストステロン。最近ではモテホルモンとも言われ、男性機能をつかさどる重要な役目を担っているテストステロンですが、過度に射精が少ないとこのテストステロンの分泌量が低下してしまうことがわかっています。

射精には大量のテストステロンが必要になるため、睾丸では常に多くのテストステロンを分泌します。しかし極端に射精の回数が減ると、睾丸はラクを覚えてしまい、必要最低限のテストステロンしか生成しなくなってしまいます。

テストステロンは男性にとって欠かせない重要な男性ホルモンです。少なくなることで疾病のリスクが増えたり、やる気がなくなったりしてしまいます。健康で魅力的な男性として生活していくためには日常的な射精が大切だということです。

勃起しづらくなる

先ほどのテストステロンの話もそうですが、射精をしないと男性ホルモンの数は減少します。そして男性ホルモンが減少すると、勃起しづらい体質になることがあります。たとえ勃起してもガチガチに硬いペニスではなく、中折れしやすいやわらかペニスになってしまうこともあります。

頻繁に射精していた時よりも、男性器としての能力が劣るのは、当然といえば当然かもしれません。使わなければ、その機能は低下していきます。「オナニーはしたくないけど、セックスはしたい」という人もいるかもしれませんが、オナニーして射精回数を増やした方がセックスも思いっきり楽しむことができるのです。

最適な射精頻度だと健康になる!快感を得ながら一石二鳥

・射精頻度が月21回以上で、前立腺ガンになる可能性が2割減
・最低でも2〜3日に1度は射精した方が良い
・射精のしすぎも射精のしなさすぎもデメリットがある
・適度な回数(できれば月21回以上)射精することで、男性ホルモンも維持でき、健康的に生活できる

あなたの現在の射精頻度はどれくらいですか?月に21回よりも多いですか?少ないですか?今回の記事を読んでいただき、射精することの大切さをわかっていただけたかと思います。毎日何回も射精したり、オナ禁したり、極端な射精回数はデメリットが多くおすすめできません。生活に支障が出ない程度に意識して、できれば理想の月21回以上を目指し、日常的に射精するように心がけてみてください。

◯関連記事
男の永遠の夢!無限射精を達成する為に必要な栄養とトレーニング方法
射精時の精液の量は健康状態のバロメーター!増減の理由とチェック項目を紹介

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/ejaculation-health.html