気持ちよくなるラブローションの使い方と知っておくべき注意点

気持ちよくなるラブローションの使い方と知っておくべき注意点

どれだけ前戯に時間をかけてテクを披露しても、それに応えてくれるだけの愛液が出ない濡れにくい体質の女性はいます。
そんな時の心強い味方が、ヌルヌルの感触をすぐに作り出せるラブローションです。

しかし「このヌルヌルをただつければいい」と簡単に考えてはいませんか?
ラブローションには正しい使い方、もっと気持ち良くなれる使い方というものが存在するんですよ。

そこで今回は、挿入時の快感を何倍にもするセックスのアイテムとしてはもちろん、オナニーだって更に気持ち良くなる、ラブローションのおすすめの使い方について詳しくご紹介していきましょう。

ラブローションの気持ち良さは愛液に勝る!ヌルヌルした濃厚セックスを楽しもう

愛液だってヌルヌルする感触はありますが、ラブローションはそれを遥かに上回る濃密さがあります。
そのためラブローションの使い方次第では、濃厚なセックスを楽しむことができるのです。

ちなみにラブローションセックスが気持ちいいのは男性だけではありません。
女性だって気持ちいいご様子。

そもそも人間は、このヌルヌルを気持ちいいと思うようにできています。
触っている対象物と摩擦が一切生じないため、ストレスフリーで感触のみを楽しめるからです。

これは人肌も同じ。
「カサカサして気持ち良くない」
「摩擦でこすれて痛い」
ラブローションはそんな不快感を一気に解消してくれます。

そりゃいきなりヌルヌルしたものを触らされれば「気持ち悪い!」とビックリするかもしれません。
しかし「これはヌルヌルしている」と理解してから触れば、いつまでも手を左右に動かしたくなる気持ち良さがありますよね。

そんないつまでも触っていたくなるようなラブローションを使って挿入するのですから、挿入時の快感は格別。
愛液とは違い乾きにくくヌルヌル感も強いため、いつもとは違う本能で感じる快楽を楽しむことができますよ。

上手なラブローションの使い方を知ることで普段のセックスを更に盛り上げ、ぬめりと共に味わう未知の快楽に酔いしれましょう!

気持ちいいラブローションの使い方

気持ちのいいラブローションの使い方をするためには、これからご紹介する6つのポイントを知る必要があります。

どれかひとつ欠けただけでも、満足のいくローションプレイにはなりません。
しっかりと理解して濃厚セックスに繋げましょう。

お湯とラブローションを3:1の割合で薄める!ローションの濃度と暖かさを調節

まず最初にすべきはラブローションの濃度の温度の調節です。

ラブローションをそのまま人肌に垂らせば、どうしてもヒヤッとする温度に戸惑うことになります。
これではせっかくの盛り上がったムードがブチ壊しになりかねませんし、性欲だって削がれてしまうでしょう。

そこでして欲しいのが、40度くらいのお湯とラブローションを3:1で薄めるということ。
こうすることで冷たく感じる温度を変えることができますよ。

そしてお湯と薄めることでできるのが濃度の調節。

テレビ番組などで、お笑い芸人の方がローションで転んだりしているのを見たことがありませんか?
あれはローションを原液のまま使うため、ヌルヌル感が濃厚過ぎるせいなんです。
見てわかるように原液のままでは非常に危険で、転倒や怪我の原因になりかねません。

おまけに原液のままでは乾いたあとの処理まで大変。

冷たさに萎えることも、怪我をすることも、決して気持ちのいいセックスには必要ないことです。
40度くらいのお湯と3:1で割る!
これを必ず実行しましょう。

ベットでやるときは下にバスタオルを2枚重ねで敷く

使用中は気持ち良さばかりに目がいきがちですが、セックスが終わった後の賢者モードでため息をつくのがベッドシーツの悲惨さ。
ティッシュやタオルで拭いてもキレイにはならず、洗濯することでしか落とすことはできません。

そんな苦労をせず終わった後ぐっすり眠るためにも、ローションセックスをするときは前もってベッドにバスタオルを敷いておきましょう。
1枚ではラブローションがシーツまで浸透してしまう可能性があるので、2枚以上重ねるのがおすすめ

こうすれば後始末のことなど考えず、ローションセックスに没頭することができますよ。

ペペローションは無害!膣内とペニスにたっぷりつけて挿入しよう

ラブローションの代名詞としても有名なペペローション。

実はこれ身体に無害な成分でできており、膣内の挿入したとしても何の問題もありません
中には「ペニスにしか塗らない」なんて人もいるかもしれませんが、膣内にもペペローションを塗ることで、よりヌルヌル感に包まれる感触を楽しむことができます。

「腰を振っているうちにローションのヌルヌル感がなくなってきた」
そんなことにならぬよう、身体に無害なペペローションを膣内にもたっぷりと挿入して使いましょう。

乾いてきたら、ラブローションを追加する

お湯と3:1で薄めて使うローション。
転倒を防ぐためとはいえ、どうしても原液よりは乾きやすくなってしまいます。

もしセックス中にヌルヌル感が足りなくなってきたと感じたのであれば、もったいないと出し惜しみせずラブローションを追加しましょう。
「最初の頃の方が気持ち良かった」
「ヌルヌルした挿入感でイキたかった」
なんて後悔しないセックスにしたいですよね。

そのため最初にお湯で薄める際、追加することを考慮した量を作ることをおすすめします。
途中でセックスを中断してローションを作る、そんなことでは心からローションセックスに没頭することはできませんよ。

事前にお湯をお風呂に溜めておき、お風呂の中で落とす

後始末を考えるならシーツのことだけじゃ足りません。
セックスを楽しんだ2人の身体のことも考えておきましょう。

あらかじめ湯舟にお湯をはっておき、セックス後すぐに入浴できるようにしておくのです。

原液のままではボディソープなどの洗剤がなければ落とせませんが、お湯で薄めたラブローションならばお風呂で流すことでキレイに落ちます
最後までスマートな男性でいられるよう、事前準備はしっかりしておくと良いでしょう。

冷蔵庫か直射日光の当たらない場所に保管しよう

案外おろそかにしがちなのがラブローションの保管。
実はこれ、どこにでも置いて良いものではありません。

必ず守って欲しい条件があります。
直射日光が当たるところには保管しないことです。

直射日光が当たることで劣化速度が早くなってしまいます。
・ヌルヌル感が弱い
・変色している
こんなラブローションでは、身体にどんな悪影響があるかわかりません。

もし保管場所に問題があり少しでも異変を感じたのであれば、絶対に使用しないようにしましょう。

おすすめは絶対に直射日光が当たらない冷蔵庫。
ここならば季節問わず一定の温度で保管できるため、商品劣化を心配しなくて良くなります。

挿入以外で使えるラブローションの使い方

挿入時の快感を何倍にも跳ね上げてくれるラブローションですが、実は使い道はそれだけではありません。
他にも気持ちいい使い方・便利な使い方がありますので、「中途半端に量が余ってしまった」そんな時に活用してみてください。

乳首に垂らして高速指責め

ラブローションは全身どこにでもつけて楽しむことができますが、ペニスや膣以外におすすめの場所といえば乳首。
一説には女性の乳首とクリトリスは同じ神経数が通っているとされており、開発次第では乳首だけの刺激でイケるなんて人も。

そんな性感帯のひとつでもある乳首にラブローションを垂らし、動かしやすい指(おすすめは中指の横腹)でテロテロと高速で責め続けてみましょう。

先述したようにローションは摩擦力をゼロにすることができるものです。
そのためあなたの指で触られているというよりは、ひたすらにヌルヌルする感覚を与え続けられることになるので、女性も腰が跳ねるほど感じます。

ちなみにこれは男性の乳首でも同じ。
人によってはチクニーと呼ばれるオナニー方法を好む方もいるように、男性の乳首だって立派な性感帯です。

もしまだ乳首で快感を感じないという未開発な人は、この機会にラブローションで乳首を開発してみてはいかがでしょうか。

マットでヌルヌル風俗プレイ

ラブローションの使い方としてメジャーなもののひとつに、全身をヌルヌルにして行うマットプレイがあります。
ラブホのお風呂に立てかけてあるマットを見たことがある人もいるのでは?

このマットの上で、全身ローションまみれになって2人で絡み合ってみましょう。

男性の上に乗った女性が大きく前後に動くことで乳房の感触を楽しんでみたり、男性の片足を抱えるように抱きしめ内ももにヴァギナを押し当ててみたりすれば、精神的に大興奮できること間違いなし!

とはいえマットプレイをするためだけにラブホに行くのは少し面倒…。
そんなときにおすすめなのが100円ショップなどで売られているブルーシートです。

マットのようなプニプニ感はありませんが、100円で買えるならば使用後にそのまま捨てるのも惜しくありません。
彼女とラブローションを使って風俗ごっこなんていう前戯も、たまにしてみると気分を盛り上げる最高のスパイスになりますよ。

エロさ皆無のローション髭剃り

ここまで快感を倍増させたり性的興奮を高めるために使用してきたラブローションですが、実はエロいことと全く関係のない、あることにも使うことができるんです。
それは髭剃り用シェービングの代用

男性ならば髭剃りは毎日の習慣になっていますし、女性でも身だしなみのひとつとしてムダ毛の処理は欠かせません。
そんなときぜひラブローションを使用してみてください。

違う容器に移し替えれば家族バレだってOK!
ちょっと余ったラブローションの使い道としておすすめですよ。

ラブローションを使用する上での注意点

ラブローションの使い方として最後にご紹介したいのが、使用上の注意点です。
これを理解しておかないと、肌荒れやかゆみ、ひどいときには感染症の原因にもなりかねません。

ラブローションを使用する上で注意して欲しい3つのポイントを、しっかりと把握しておきましょう。

2~3年前のローションは保存状態が悪いと菌が繁殖している可能性が

ラブローションは未開封のまま保存したとして2~3年。
1度開封してしまえば約半年が使用期限になるとされています。

また一度開封したということは、キャップやローションが出てくる部分に雑菌がつくということ。
これを放置しておくラブとローション内に菌が繁殖し、感染症や粘膜の炎症に繋がります。

先ほどご紹介した「冷蔵庫に保管する」という方法をとったとしても、半年たったら捨てるようにしましょう。

オーガニックローションはコンドームが破れることがある

「エロ目的のラブローションなんて品質が悪そう」
「舐めても平気とか信じがたい」
そう敬遠する人も中にはいるかもしれません。

そんな方が選びやすいのが、オーガニックローションです。
確かにオーガニックなのですから身体には良いかもしれません。
しかしコンドームとの相性は最悪なんです。
最悪の場合コンドームが破れ、知らず知らずのうちに中出しになっているなんてことも考えられます。

そもそもコンドームはゴム製品。
そのため油性のものに非常に弱いんです。
有名な実験として「オレンジの汁を風船に垂らすと破裂する」なんてものもあるんですよ。
油性のものはゴム製品を溶かします

せっかく気持ちの良いセックスを楽しむのですから、しっかりとゴムを着用してお互いにリスクのないまま終わりたいですよね。
ラブローションを選ぶ際は、必ず水性のものを選ぶようにしましょう。
水性のラブローションであれば、ゴムと併用しても全く問題ありません。

全てのラブローションが無害なわけではない

繰り返しになりますが、ペペローションは無害です。
少し口に入ったところで問題はありません。
しかし全てのラブローションが無害だとは限らないんです。

最近ではフルーツの匂いがついているものだったり、カラフルな色をしたローションなど、多種多様な商品が販売されています。
しかし透明ではない・匂いがあるということは、それだけ添加物が入っているということ。
また中には例え透明で無着色でも口に入れてはいけないものもあります。

身体に垂らすくらいなら問題ないのですが、飲み込んだり粘膜に長時間つけ続けることで何らかの被害を受ける可能性があります。

身体に害のないラブローションは、必ずパッケージにそう表記されています。
無害だと表記のないラブローションは少なからず害があるということです。
購入の際はパッケージを必ず確認してから使用方法を決めるようにしましょう。

気持ちよくなるラブローションの使い方を知って、セックスでも気持ちよくなろう!

ラブローションは使い方次第で最高の快楽をもたらしてくれるアイテムです。
気持ち良さと安全性を求めるならば、以下の6つのポイントは要チェック!

【ラブローションの気持ちいい使い方】
①40度くらいのお湯と3:1で薄める
②バスタオルを2枚以上重ねて敷く
③無害なものなら膣内にも挿入を
④出し惜しみせず足りないなら足す
⑤事前準備としてお風呂にお湯を張っておく
⑥直射日光を避け保管する

また挿入以外にも使用用途はあるので、さまざまな楽しみ方を見つけてみましょう。

【挿入時以外のラブローションの使い方】
①乳首に垂らす
②マットプレイをする
③髭剃り時に使用する

ただしラブローションを使う際は以下の3つの注意点を忘れずに。

【ラブローションの注意点】
①開封後は半年を目安に廃棄する
②油性のラブローションはコンドームとの相性が最悪
③全てのラブローションが無害とは限らない

以上の情報をしっかりと理解して、ぜひ彼女とヌルヌルの感触を満喫してみてくださいね。

◯関連記事
男も女も気持ち良くイケるローションプレイのやり方10選
定番!気持ちいいセックスの体位と挿入方法と腰の振り方について

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/love-lotion.html