人気のAV男優ブログをまとめたランキングサイトです。
Blog

毎日オナニーはやりすぎ?自慰行為の最適頻度やメリット・デメリット!

毎日オナニーはやりすぎ?自慰行為の最適頻度やメリット・デメリット!

オナニーをやりすぎると色々と体に悪影響を及ぼすと思っている方もいると思いますが、実はそんなことはないというのをご存じでしょうか。

悪影響はない!というのは最新の研究からわかった事実なので、まだ色んな迷信を信じている方も多いと思います。

男性に限らず、女性もオナニーをやりすぎて体に悪影響を及ぼすことはありません。しかし、間違ったオナニーの方法でオナニーをやりすぎてしまうと色々なデメリットが発生してしまいます。

今回は、最新の研究から判明したオナニーのやりすぎによるメリットやデメリットを丁寧に解説していきます。デメリットのない安心・安全なオナニーの方法も解説するので、ぜひ最後までお付き合いください。

オナニー何回するとやりすぎ?

年齢に応じたオナニーの適正回数というのがありますが、適正回数以上にオナニーをしたからといってやりすぎとは言えません。ですので、1日に5回でも10回でもやりすぎということにはならないのです。

しかし、長時間チンコやマンコを触っていると痛みを感じるようになってきます。痛みを感じるということはチンコやマンコが摩擦によりダメージを負っているということになるので、それはやりすぎと言えるでしょう。

ちなみに、自分に合ったオナニーの適正回数を算出できる計算式というのがありますので、自分の年齢を当てはめて計算してみてください。

  • 適切な射精回数の計算方法:年齢の10の位の数字×9
  • 適切な射精日数の計算方法:射精回数の10の位×10日・右が回数

少しイメージしづらいと思うので、例を挙げて実際に計算して紹介していきます。

20代の場合(オナニーの計算方法)

20代の場合(オナニーの計算方法)

あなたが20代の場合は以下のような計算をすると、適切なオナニー回数とペースを知ることができます。

  • 2×9=18
  • 1×10日=10日・8回

20代であれば10日に8回オナニーするのが適正回数となるので、週休2日制のペースが最適ということですね。

30代の場合(オナニーの計算方法)

30代の場合(オナニーの計算方法)

あなたが30代の場合は以下のような計算をすると、適切なオナニー回数とペースを知ることができます。

  • 3×9=27
  • 2×10日・7回

30代は20日に7回オナニーするのが適正回数となるので、約3日に1回ペースが理想的な回数となっています。

ちなみに、この計算式は男性に限ったもので女性はこのように難しく考える必要はなく、1週間に10回でも20回でもオナニーをしたところでやりすぎとはならないので、安心して行ってください。

とはいえ、膣やクリトリスなどの痛みには注意してオナニーしてくださいねw

男性のオナニー平均頻度

年齢に応じたオナニーの適正回数を知ることができたと思うのですが、世間の男性は適正回数通りにオナニーをしているのでしょうか。

それともやりすぎの傾向が強いのか気になりませんか?

気になったので、ツイッターでオナニー頻度のアンケート調査している方はいないか調べてみました。

色々な方がオナニー頻度のアンケートをしていたのですが、フォロワー数が少なかったり男女混じった結果など、不正確なアンケートが多い中与沢翼さんのオナニー頻度のアンケート調査は男性限定だったのでとても参考になると思います。

しかも、13,000人以上の方が参加している結果なので日本人男性のオナニーの平均値と言っても過言ではないと思います。結果を見てみると一番多かったのが「週2~3回」という意見でしたね。次に多かったのが毎日となっています。

女性のオナニー平均頻度

女性のオナニーの平均は週に1回と言われていますが、本当にそうなのでしょうか。与沢翼さんが女性限定で調べたアンケート調査があります。

調査結果を見てみると「ほぼ毎日」が36%となっていますね。このアンケートには13,000人以上の方が参加しているので、約4700人くらいの女性が「ほぼ毎日」オナニーをしているということになります。

次に多かったのが「週に1~3回」となっており、こちらは3%なので約3000人くらいの女性が「週に1~3回」オナニーしていることになります。これらの調査結果を基に、平均以上にオナニーをやっているのかどうなのか把握してみてください。

症状に注意!オナニー依存症とは?

酒やタバコ、ギャンブルなど快楽を感じるものには依存症になるリスクがあるのはつきものです。それはオナニーも例外ではなく「オナニー依存症」というものが実際にあるのはご存じでしょう。

オナニーのやりすぎとオナニー依存症の違いは「オナニーに依存している状態」となっていることなのですが、どう判断して良いかわからない人もいるでしょう。

不安な方は以下の事項に複数当てはまらないか確認してみてください。そして、複数当てはまるようであればオナニーのやりすぎではなく「オナニー依存症」に片足を入れた状態かもしれません。

  • オナニーしないとイライラしてしまう
  • オナニーが仕事や学業に支障をきたす
  • オナニー後に罪悪感を抱いてしまう
  • 性欲と関係なくオナニーしてしまう
  • 場所など問わずにオナニーしてしまう

オナニーの頻度が多いか少ないかを決めるのはあくまでも自分自身ですが、上記のことに当てはまるのであればもう少し深く考える必要があり「生活環境を見直す」など心のケアが必要になる可能性もあります。

オナニーのデメリット

結論からお伝えするとオナニーのやりすぎによるデメリットは「亜鉛不足」になる可能性があることです。亜鉛(Zn)は必須ミネラルの1つなので、体内で不足すると色んなことが起きてしまいます。

では、亜鉛が不足すると身体や精神にどういったことがおきるのか解説していきます。

やりすぎると亜鉛不足に陥る

やりすぎると亜鉛不足に陥る

あまりにオナニーをやりすぎてしまうと亜鉛不足に陥るのですが、亜鉛不足になってしまうと以下のような症状が出るので注意が必要です。

  • ED(勃起障害)
  • 食欲不振
  • 皮膚炎
  • 慢性下痢
  • 脱毛
  • 味覚障害
  • 脱毛症
  • 皮膚炎
  • 免疫力の低下
  • 成長障害
  • 貧血
  • 精神神経症
  • 聴力低下

などなど…結構色んな症状が出るので、亜鉛とはそれほどに大事な栄養素の1つなのです。

1回の射精で3mgの亜鉛が消費されると言われており、極度に亜鉛を摂取しない食生活をしている人が1日に何度もオナニーをやってしまうと「亜鉛不足」になるので注意しましょう。

ちなみに、亜鉛の1日の摂取の推奨量は18~69歳の男性で10mgとなっているので、オナニーをやりすぎてしまいがちの方は推奨量を摂取するようにしてください。

亜鉛の多い食品は牡蠣やうなぎなど、世間一般的に言う「精のつく食べ物」に多く含まれています。手軽に亜鉛を摂取したい方はサプリがおすすめですが、過剰摂取すると逆に健康を害するので適度に摂取してください。

それにしても昔の人は「精のつく食べ物」といって亜鉛を多く含む食材を食べていたというのは凄いですねw元気が出ることを本能的に分かっていたのでしょうか。

オナニーのやりすぎで薄毛になる?

オナニーのやりすぎで薄毛になる?

昔から「オナニーをやりすぎると薄毛になるぞ!」と言われたりしますが、それは全く嘘の情報だったのです。薄毛になる要因は遺伝的確率が20%ほどで、残りは乱れた食生活やストレスの多い生活習慣が大きな理由となっている場合が多いです。

ですので、オナニーをやりすぎたからといって薄毛になることは絶対にありません。

では、なぜ「オナニーのやりすぎで薄毛になる」という根拠のないデメリットが日本に広まったのか、理由は様々あると思いますが1番はテレビや雑誌などの影響が大きいです。

昔から「薄毛の方は性欲が強い」という根も葉もないレッテルをテレビや雑誌で情報操作してきた過去があり、それがいまだに尾を引いているんですよね。

「性欲が強いということはオナニーをいっぱいしているんだ」という謎の理論が、いつしかオナニーをやりすぎると薄毛になるという風に拡大解釈され広まったのでしょう。

それともう1つ、オナニーをやりすぎると男性ホルモンが過剰に分泌されて薄毛になるという嘘の情報です。

男性ホルモンが薄毛の原因になるのは間違いではありませんが、オナニーをやりすぎたからといって薄毛に影響する男性ホルモンが分泌されることはありません。

男性ホルモンについて簡単に解説すると、男性ホルモンにはジヒドロテストステロンとテストステロンがあり、ジヒドロテストステロンが過剰に分泌されると薄毛の原因の1つになります。

ジヒドロテストステロンが過剰に分泌されるのは、乱れた食生活や生活習慣が原因で5αリダクターゼという悪い物質が出てテストステロンと結びついたときのみ。

ですので、オナニーのやりすぎとは全く関係のない話なのです。

オナニーのやりすぎでチンコが黒くなる?

オナニーのやりすぎでチンコが黒くなる?

オナニーをやりすぎるとチンコが黒くなってしまうと思っている方は多いのではないでしょうか。これはヤリチンやヤリマンのチンコやマンコが黒いというイメージが理由かと思いますが、オナニーのやりすぎが原因でチンコが黒くなるデメリットはありません。

肌が黒ずむのはメラミン色素が皮膚に沈着することが理由で、服が肌に強く擦れたり、皮膚を擦るなどの擦過傷や傷などができるほどの比較的深い刺激が長年の間、慢性的に発生しているとその部分にメラミン色素が沈着し黒ずむのです。

また虫刺されを掻きすぎたり、にきびを無理に潰すなどすると同様に黒ずみを起こすことがあります。「強い刺激で黒ずむならオナニーのやりすぎでも黒ずむのでは?」と思う方もいると思いますが、それは間違いです。

チンコが傷つくような物凄く強いオナニーをするなら別ですが、普通にオナニーをやりすぎた程度では黒ずむ心配はありません。

しかし、オナニーをした後にチンコに付着した精液や我慢汁を洗わずに放置すると色素沈殿を起こすことがあり、これによってチンコが黒くなることあるのでオナニーの後は綺麗にティッシュなどで拭くようにしましょう。

オナニーで消費するカロリーは?

オナニーで消費するカロリーは?

オナニーは結構体力を消耗するようなイメージがありますよね?実は射精1回の消費カロリーが算出できる計算式があります。

  • 体重×「0.0464」×オナニーする時間=kcal

例えば体重70キロの男性が20分かけてオナニーしたとします。

70×0.0464×20=65kcalとなるわけですが、これに射精で放出される精子のカロリーである6~15kcalがプラスされるので、1回のオナニーで約75kcal程度を消費するということになります。

「1度の射精と100m全力ダッシュは同じくらいカロリーを消費するよ」と昔から言われていましたが、100m全力ダッシュ1本は16kcal程度なので実際にはそれよりも多くカロリーを消費することになりますね。

ですので、短時間に2~3回連続でオナニーするとハードな運動をしたときと同じレベルで体に負荷がかかると覚えておきましょう。

心血管系・脳血管系の疾患がある方は注意

心血管系・脳血管系の疾患がある方は注意が必要

オナニーのやりすぎで1番怖いのは「オナニー中に突然死してしまうリスク」で、テクノブレイクと言われる現象が起きる場合があります。

これはセックスに多い現象で、セックス中に突然死してしまうことを「腹上死」と言われており、セックスで血圧と脈拍が上昇しそれによって心筋梗塞などを引き起こし、突然死してしまうことがあります。

突然死した方の95%が男性で、平均年齢は61.3歳という文献のデーターがありました。セックスとオナニーでは興奮度が違うので、突然死のリスクはセックスよりも圧倒的に低いですが可能性がないわけではありません。

特に心血管系と脳血管系の疾患がある方は、自分の体に合った適正回数でオナニーするようにしましょう。

間違ったオナニーは「デメリット」

オナニーのやりすぎによるデメリットは亜鉛不足のみですが、間違ったオナニーでやりすぎてしまえば色々なデメリットが出るので注意が必要です。

ここから間違ったオナニー方法の紹介と、それによって生じるデメリットを解説していきます。

過度にチンコに負担がかかるオナニー

過度にチンコに負担がかかるオナニー

過度にチンコに負担がかかるオナニーでやりすぎてしまうと膣内射精障害になるリスクがあります。要するにマンコでイケないチンコになってしまうということですね。

過度にチンコに負担のかかるオナニーは次のとおりなので把握しておきましょう。

  • 尿道オナニー
  • 電マオナニー
  • コックリングオナニー

尿道オナニーとはカテーテルを尿道に挿入し、直接刺激を楽しむオナニーのことです。挑戦したことがある人は少ないかもしれませんが、慣れていないと尿道を傷つける恐れがあるのでかなりリスクが高いオナニーです。

電マの超振動で射精させられる電マオナニーもやりすぎてしまうと、振動の刺激でしかイケないチンコになってしまうのでやりすぎには注意してください。

チンコの根元や金玉を器具などで締め付けながらオナニーするコックリングオナニーは、かなり強烈な締め付け感ゆえにやりすぎてしまうとマンコではイケないチンコになってしまいます。

このように身体に負担のかかるオナニーは、程々にしておかないとデメリットとなってしまうので注意が必要です。

寸止めオナニー

射精する寸前にシコるのをやめることで快感を得るオナニー、いわゆる「寸止めオナニー」をやりすぎてしまうと次のようなデメリットがあります。

  • 逆行性射精が起こる
  • 尿道や精巣などに炎症を起こす場合がある
  • 勃起障害を起こす恐れがある
  • 血圧が上がる
  • 心臓への負担が大きい

寸止めオナニーはチンコの形成組織である海綿体に負担がかかるオナニーなので、やりすぎてしまうと海綿体の組織が破壊され、勃起障害や射精機能が衰えてしまう可能性があるので注意してください。

それと寸止めオナニー中は長時間興奮を維持する状態になるため血圧が上昇し、血管や心臓に負担がかかっている状況になるので高血圧や心臓に疾患にある方も控えた方がいいでしょう。

刺激が強いオナニー

刺激が強いオナニー

マンコよりも刺激が強いオナニーの方法でやりすぎてしまうとマンコでは満足できないチンコになってしまい、セックスに弊害が出てきてしまいます。

  • 床オナニー
  • チンコを強く握るオナニー
  • 亀頭オナニー

これらのオナニーはチンコへの刺激が強いためやりすぎると膣内射精障害になってしまう危険があります。絶対にやってはダメとは言いませんが、毎回やるのではなく程々にしておきましょう。

半勃ち状態でのオナニー

時間がもったいないからとギンギンに勃起させず半勃ち状態でオナニーをやりすぎると、ふにゃチンのまま射精することをチンコが覚えてしまうので最悪の場合、勃起障害になってしまいます。

そうではなく根本的に勃ちが悪くなっているという方は、2~3日程度オナ禁をすると勃ちがよくなることも多いのでおすすめです。それでも勃ちが悪いなら薬に頼るのもアリかもしれません。

オナニーがもたらす「メリット」

オナニーをやりすぎてもデメリットがないとは理解できたでしょうし、間違った方法でオナニーをやりすぎてしまうと様々なデメリットがあることもお分かりいただけましたよね。

次はオナニーがもたらすメリットを解説していきますので、オナニーがいかに健康に役立つのか理解しておきましょう。

肌や身体が若々しくなる

肌や身体が若々しくなる

オナニーをすると、筋力アップ効果や老化現象を抑える効果のあるテストステロンが増えます。極論を言うとオナニーをやればやるほど若々しくなるということですね。

テストステロンを増やしたいという方はスクワットがおすすめで、スクワットしてからオナニーするとより清々しいオナニーができますよw

早漏が改善される

早漏が改善される

正しいやり方でオナニーをしていれば、早漏を改善することができます。適度に亀頭への刺激に慣れさせたり、射精のタイミングやチンコのどこを責めたらすぐにイッてしまうのかなど、オナニーをすることによって把握することができます。

ストレス解消

ストレス解消

オナニーをするとドーパミンが分泌されるので、自律神経が安定したりストレス解消効果が期待できます。オナニーは癒しの時間だと思って、ゆっくり時間をかけてオナニーをしてください。

勃起力の低下を防止

勃起力の低下を防止

オナニーをすると勃起にともなうチンコ周辺の筋肉を鍛える効果や射精機能の衰えを防ぐことができるので、勃起力の低下を防止することができます。

精液の質を上げるという点においてもオナニーは重要で、精子の貯蔵量は3日で満タンになり古い精子がそのままだと新しい精子を痛めつけてしまい、結果的に精液の質を下げてしまいます。

いつまで元気の良い精子を維持したい方は、最低でも3日に1回はオナニーしたほうがいいでしょう。

安心・安全なオナニーの方法

最後にデメリットのない安心・安全なオナニーの方法を解説していきます。この方法でオナニーやっていればリスクゼロなので、ぜひ覚えておいてください。

自分に合ったオナニーの回数をする

冒頭で紹介したオナニーの適正回数の計算式で算出されたオナニーの回数を目安に、自分に合った回数でオナニーを楽しんでください。しかし、その回数がプレッシャーになるのであれば無理に適正回数を守る必要はありません。

オナニーは楽しむ行為であって苦しみが生まれてしまうのは本末転倒なので、精神的に負担のかからないペースでオナニーしてみましょう。

過度なチンコへの刺激は避ける

過度なチンコへの刺激は避けて、程よい刺激でオナニーをするようにしましょう。1番ベストなのはマンコに近い刺激のオナホールを使用してオナニーすることです。

この方法なら、過度にチンコへの刺激を避ける効果があるだけではなく、マンコへの刺激にも慣れることができるのでセックスのときもタイミングよく射精することができるようになります。

手コキの場合は強く握らずに「程よいマンコの締め付け感」をイメージしながらやるようにしてください。

臨場感のあるオナネタでオナニーする

アダルトVR動画は臨場感があるため本物のセックスをしているような気分になれる上に、チンコへの直接刺激が強くなくても満足できる射精をすることができます。

現在、発売されているAVの中でも特に人気のあるジャンルなので、勃ちオナニーを防止することができるという側面もあるので、ぜひ活用してみてください。

まとめ

オナニーのやりすぎのメリット・デメリットを最新の研究結果を踏まえて解説してきましたが、オナニーをやりすぎても大きなデメリットがないことが理解できたはずです。

しかし、間違った方法でオナニーをやりすぎてしまうと色々とデメリットが生じてしまうので、正しいやり方で日々のオナニーライフを楽しむようにしてください。

正しいやり方さえしていれば、オナニーは幸せな行為でしかありませんよw

はてながーるでは気持ち良くオナニーするための記事が色々とあるので、そういった記事も参考にしてください。

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://girl-secret.com/overdoing-masturbation/


アダルトブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.