最強にエロいまんぐり返しの体位5種と正しいやり方

AV女優「関根奈美」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】

まんぐり返しは女性のおまんことアナルが丸見えになる体位で、同時に女性の顔まで見れるので男性にとって興奮する体位の一つでもありますよね。そこで今回は、最強にエロいまんぐり返しの体位を正しいやり方と共に5つ解説します。また、実際にまんぐり返しをした女性の意見や注意点もご紹介するので参考にしてください。

まんぐり返しとは

まんぐり返しとは、女性の両脚を頭の方に持っていくことで腰が浮いた状態となりおまんことアナルが丸見えになる体位のことです。まんぐり返しをすることで男性は露になったおまんこにクンニがしやすくなるほか、恥ずかしがっている女性の顔も同時に見ることができより興奮する体位となります。

また女性の身体が丸まっている状態なのでクンニしながらおっぱい責めもできるなど、女性を思いっきり責めることのできる体勢でもあります。このようなことから、まんぐり返しをしたいと思っている男性は多いことでしょう。

女性にとってまんぐり返しはかなり体が丸くなる体勢なので、少々窮屈な体位。しかしおまんことアナルを丸見えにさせられているという羞恥心で興奮します。また、目の前で男性から責められている状態を目にすることでいやらしい感情が湧きおまんこが濡れてきます。では、実際にまんぐり返しをしてみた女性の意見を見てみましょう。

まんぐり返しをされると興奮するのか意見をまとめてみた

男性も女性も視覚的な興奮を得られる「まんぐり返し」。多くの男性は、セックス中にまんぐり返しをしたいと考えているのではないでしょうか。しかし女性側はまんぐり返しをどのように感じているのか気になるところですよね。

まんぐり返しを初めて経験した女性の意見ですね。窮屈な体勢のことより、気持ち良いという感情の方が勝って疲れも感じなかったのでしょう。

こちらの奥様は、まんぐり返しの体勢で挿入しピストンされながら言葉責めされて興奮したようですね。

こちらの女性もまんぐり返しで挿入されて接合部分が丸見えとなり、視覚的に興奮したということです。まんぐり返しは、羞恥心よりも視覚的興奮の方が勝るということですね。

まんぐり返しの体勢で挿入されると、ペニスがおまんこの奥まで突き刺さるので感度が上がります。膣の中でイキやすい女性にとってまんぐり返しは最高の体位と言えますね。

回数を重ねることで、まんぐり返しが好きになったという意見です。女性もセックス中の男性の顔を見て興奮します。

まんぐり返しが未経験の意見です。まんぐり返しの体勢を見たら「こんなに脚を上げられない!」と感じる女性は多いかもしれませんね。しかしセックスとなると体が興奮や快感を感じているせいか、意外とすんなりまんぐり返しができてしまうものです。

興奮や快感が忘れられなくて、まんぐり返しをされたいと願望を抱いている女性もいます。実際の意見を見てきましたが、結局のところまんぐり返しは「最初は恥ずかしいけど、興奮する。」ということがわかりました。では、女性もまんぐり返しは興奮するということがわかったところで最強にエロいまんぐり返しの体位5種をご紹介します。

最強にエロいまんぐり返しの体位5種

①男の両手で女性の足を抑え、丸見えなおまんこにクンニする「丸見えクンニ」

最強にエロいまんぐり返し①は「丸見えクンニ」です。正しいやり方は、男性の手で女性の両足を広げてそのまま女性の顔の方まで足先を持っていきます。おまんことアナルが上から丸見えになるように、女性の腰が少し浮き上がる程度まで足をあげてしっかり両手で抑えましょう。体勢が整たら丸見えになっているおまんこをクンニします。

丸見えクンニをするときのコツは、女性の背中の下に正座をするかたちで男性の両膝を入れることです。両膝を入れることでおまんこの高さが丁度良くなりクンニがしやすくなる他、女性の体が自然と丸くなるので楽に足を抑えていることができます。また女性も男性との密着範囲ができることで安心感に繋がり、快感に集中できる体勢です。正座が苦手な方は、胡坐(あぐら)をかいてその上に女性の腰を乗せるやり方がいいでしょう。

「丸見えクンニ」は男性にとっておまんこ・アナル・おっぱいが丸見えになることから視覚的興奮を得られる体位です。そしてクンニをしながら女性の恥ずかしがる顔やイキ顔まで丸見えになります。女性もクンニの刺激と視覚的興奮の両方を味わえて、快感を得られるまんぐり返しです。責めが好きなS男性と責められることで感じてしまうM女性におすすの方法です。

②女性自身で足を抑え、手マンしながらクリ刺激する「丸見え同時責め」

「丸見え同時責め」は、女性が自ら両脚を持ってまんぐり返しの体勢になることから男性の手は自由になり手マンとクリ責めが同時に行える体位です。両手と口を使って、クリトリス・おまんこ・アナルの3つを同時に責めることもできます。

正しいやり方は、女性自身で足を頭の方に持っていき少し腰が浮くぐらいの位置で抑えてもらいます。おまんことアナルが上から丸見えになったら男性の両手を使って手マンしながらクリトリスの同時責めを行いましょう。楽に行えるコツとして、丸見えクンニと同じように女性の腰の下に男性の両膝を入れてあげると足を抑えている女性の体勢が楽になります。

女性は、手マンやクリ責めの気持ちよさで絶頂し潮吹きしてしまう方もいるほど刺激を強く感じる体位でもあります。男性の体勢が自由なことや丸見えのおまんこやアナルを思う存分責めることができ、視覚的にも最強にエロいまんぐり返しです。

③女性自身で足を抑え、上から挿入する「まんぐり種付けプレス」

「まんぐり種付けプレス」は、女性自身の手で両脚を上げまんぐり返し体勢になりおまんこが上に上がった状態で挿入しピストンする体位です。ピストンするたびに男性の体重が女性にのしかかるので、注意が必要な体位でもあります。

正しいやり方は、女性自身で足を抑えてまんぐり返しの体勢になってもらいます。おまんこが上から丸見えになる位置まで女性の腰を浮かせ、男性は立った状態で挿入しピストンしましょう。

まんぐり種付けプレスのを行うコツは、かなりおまんこを持ち上げなければいけないので女性の背中に枕を入れてあげると体勢が整います。女性自身に足を抑えてもらいますが、男性も女性の裏太もも部分に手を置き足を抑えながらピストンすると安定して腰を動かせるのでおすすめです。

まんぐり種付けプレスはペニスが膣の奥まで入り込むので、子宮が刺激され女性はイキやすい体位です。男性もペニスが根元まで膣の中に入り刺激されるので、気持ち良いまんぐり返しとなります。また、その体勢のまま射精することで子宮口近くに精子がばらまかれるため孕みやすいことから種付けプレスと呼ばれています。

④まんぐり返しした女と逆向きでペニスを挿入する「砧」(きぬた)

「砧」(きぬた)は「まんぐり種付けプレス」の逆向きで挿入する体位です。お互いの顔が見にくい状態なので、恥ずかしがっている女性は自分の顔を見られないという安心感から快感に浸ることができる体勢です。男性は、接合部分を見て視覚的興奮を得ることができます。

正しいやり方は、女性自身が足を抑えてまんぐり返しの体勢になります。男性は女性と逆の向きに立ちおまんこに挿入しピストンしましょう。砧を楽に行うコツは、まんぐり種付けプレス同様に女性の背中に枕を入れておまんこの高さと体勢を整えることです。また男性はピストンするとき手を自分の太ももに置き少しお辞儀する体勢にすることで腰が動かしやすくなります。

砧は女性に「激しくてエロい体勢をさせている」という優越感も得られ、エロ過ぎるまんぐり返しです。そのため、付き合いが浅いカップルやセックスの経験が少ない女性には少々ハードな体位となります。砧を実行するときは、女性の反応を伺いながらするといいでしょう。

⑤拘束具で足を抑え、マンコとアナルにバイブを突っ込む「まんぐり放置プレイ」

最強にエロいまんぐり返し体位の最後は「まんぐり放置プレイ」です。拘束具を使用して足を抑え、丸見えになったおまんことアナル同時にバイブを突っ込み放置する体位です。

正しいやり方は、ロープや手錠などの拘束具を使用して女性の足をベッドの柵など固定できる場所に繋ぎまんぐり返しの体勢にします。おまんことアナルが丸見えになったらバイブを2穴同時に突っ込みそのまま放置しましょう。まんぐり放置プレイを行うコツは、足を固定するときに手錠よりもロープの方が自由度が利くのでおすすめです。

まんぐり放置プレイはSMプレイのような体位で、S気質の男性にはたまらない興奮を味わえることでしょう。女性は、バイブでおまんことアナルを同時に責められることで何度も絶頂を感じます。最強のエロいまんぐり返し5種の中で「まんぐり放置プレイ」は最も過激でハードな体位なので、女性がM気質で好みそうであれば実行してみましょう。

まんぐり返しをするときの注意点

視覚的興奮やクンニのやりやすさなどから、男性はまんぐり返しが好みという方も多いでしょう。しかしまんぐり返しは女性の体勢がかなり窮屈になる体位なので、実行するには注意が必要です。主な注意点をご紹介するので、まんぐり返しを実行するときの参考にしてください。

首に体重がかかり過ぎると息ができない

まんぐり返しの画像を見ていただくとわかると思いますが、女性は両足を自分の頭まで持っていき腰が浮いた状態です。この基本的な体勢だけでも、首に負荷がかかっている状態。そこにもっと腰を浮かせようとして、女性の背中に男性の足や枕などを入れてしまうと首に体重がかかり過ぎて女性は息ができなくなる危険性があります。

そして腰を上げすぎると息がしづらい体勢になるので、女性は快感ではなくまんぐり返しを苦痛だと感じるでしょう。セックス中に苦痛と感じてしまうことがあると「またしたい」という感情もなくなる可能性があり、最悪は破局なんてことも。息ができない程の体勢になっていないか注意しながらまんぐり返しを行うようにしましょう。

女性は次の日、筋肉痛になる

女性にとってまんぐり返しの体勢は、普段しない格好です。足を上げられることで腿の筋肉が伸ばされたりして、次の日に筋肉痛になる可能性があります。またまんぐり返しの体勢で絶頂を迎えると、無理な体勢の上に全身に力が入ることで全身筋肉痛に襲われることもあります。

セックスの度にまんぐり返しをしたいと思っている男性は、女性が筋肉痛にならない程度の時間に抑えて行うことをおすすめします。

ケツ毛が丸見えでも幻滅禁止

まんぐり返しの魅力はおまんこやアナルが丸見えになる他に、クンニをしながら女性の顔も見られるところですよね。おっぱいも同時に見えるし、男性からすれば女性の恥ずかしい部分が丸見え状態です。

そこでケツ毛が生えている女性のアナルも丸見えになるわけで、ケツ毛に幻滅してしまう可能性があります。彼女とまんぐり返しを初めてする場合は、何を見ても幻滅しないという心構えで行いましょう。

まんぐり返しされた恥ずかしがる女を見れば、フル勃起間違いなし!

まんぐり返しについて、さまざまなことをご紹介してきました。この記事をまとめてみます。

・まんぐり返しはおまんことアナルが丸見えになる体位で、視覚的に興奮する
・男性だけでなく、女性も接合部分や男性の顔を見れるので興奮できる体位
・恥ずかしい体勢だけど、女性もまんぐり返しが好き
・まんぐり返しはハードな体位なので、女性の反応を伺いながら行うこと
・筋肉痛や息ができなくなったりする体勢なので注意が必要

まんぐり返しは、最強にエロい体位の一つです。セックスがマンネリ化しているカップルや、刺激のほしいセックスがしたいときにまんぐり返しは興奮できるのでおすすめです。ご紹介した5種のまんぐり返しを覚えて、彼女との楽しいセックスライフに是非活用してみてください。

◯関連記事
感度に合わせて巧みに使い分ける!どの女でもイカせられる性交体位19種
【48手体位】アクロバットな体位で盛り上げる!鵯越えの逆落としの方法

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/sex-position.html