拘束具とは?ソフトSM嬢が初体験女性でも興奮する使い方・注意点を伝授

拘束具とは?ソフトSM嬢が初体験女性でも興奮する使い方・注意点を伝授

どんなに大好きな彼女でも、おんなじセックスばかりしていればマンネリ化してしまうのは避けられません。そこで今回はソフトSM嬢の筆者が、ソフトSM未経験の女性でも興奮してハマってしまう拘束プレイを紹介します。拘束具の使い方や、相手を興奮させる方法、注意点なども紹介していくので、彼女と拘束プレイを楽しみたい人は必見ですよ!

拘束具とは?|ソフトSM嬢が教える。拘束具を使ったエッチの魅力とは

いつものセックスがマンネリしてきたと言う人におすすめしたいのが、拘束具を使った拘束プレイです。拘束プレイはSMの基本中の基本で、SMとはいえハードすぎないのも魅力。普段のセックスにも手軽に取り入れることができるので、初心者でも簡単に楽しむことができます。

セックスにスパイスを加えたいという男性は多いですが、女性はいきなりハードなプレイをされてしまうと引いてしまうことも多いです。でも拘束プレイなら、女性がテンションが上がるような可愛いグッズもありますし、痛みを感じないアイテムも多いので女性の抵抗感も和らげることができるでしょう。

拘束具の全6選|初心者向けレベル付き

それではここからは、ソフトSMにぴったりな拘束具全6種を一挙紹介します。家にあるアイテムを使って拘束するのもいいですが、拘束具を使うことでより興奮度はアップします。拘束具といっても、種類は様々なのでレベルに合わせて取り入れてみましょう。

自由が奪われて感じやすくなる手枷|初心者度 ★★★☆☆

女の子が好きそうな可愛いアイテムが多いのが手枷です。手錠のような形をしたものもありますが、金属だけで作られているものは痛いと感じることもあるので、モコモコした素材がついたものをおすすめします。手錠だけで興奮するの?と思ってしまうかもしれませんが、自由が奪われるだけで感度は驚くほどアップしちゃうんです。


最初は手首を拘束するのがいいですが、もし女性が抵抗がなさそうなのであればベッドなどに繋いでみるのもあり。M度が高い女性ならこれだけで濡れちゃうほど興奮します。アイデア次第でいろんな拘束プレイができちゃうのは手枷ならではですよね。

メリットはあなたに主導権が完全に渡るので、征服欲がアップすること。また身動きが取れない状況で女性を責めると、どこが本当に感じるのかがよくわかります。一番気持ちいいところを見つけて、彼女に今までにない快感を与えることができるんです。

デメリットは見た目以上に疲れてしまうこと。自由が利かない状態で責められるのって、意外と疲れてしまうものです。長時間手枷をつけているとプレイの幅も狭まってしまいます。そうならないためにも、愛撫する時だけつけるなど、時間配分を考えましょう。

もふもふピンク手錠

アソコを責められても身動きできない足枷|初心者度 ★★★☆☆

手枷よりすこしハードなプレイができちゃうのが足枷です。足枷が効果的なのは、マンコを責めるとき。下半身を責められると、あまりの気持ち良さに女性は脚を動かしてしまいますが、足枷をつけていると思うように脚を動かすことができません。無意識に逃げることもできず責められるので、女性はめちゃくちゃ興奮してしまうんです。

責めている男性側も自由が利かず身悶えしながら感じている女性を見ると、かなり興奮してしまいますよね。足枷プレイは手枷と一緒に使うとより興奮度がアップします。女性が慣れてきたらそれぞれの手首と脚を繋ぐようなアイテムを使って、マンコを全開にさせるのもおすすめです。


足枷で脚の自由を奪った状態で、ローターを使って責めるのも効果的。責められている方も、男性に「好きなようにされている感」を感じることができます。逃げることの出来ない快感に、今までにないほど感じてしまってイってしまう女性も多いです。

メリットは下半身が露わになるような拘束の仕方ができることですが、拘束プレイが初めての女性にとっては恥ずかしすぎて受け入れるまでに時間がかかってしまうこともあります。
足枷 JOINT_004

視界を奪い、予測できない緊張感をあおる目隠し|初心者度 ★★★★★

厳密に言えば拘束具ではないのですが、ソフトSMアイテムとして最も取り入れやすいのが、目隠しでしょう。手枷や足枷に抵抗がある女性でも、目隠しなら意外とすんなり受け入れてくれる可能性が大です。目隠しプレイでM心に火がつけば、手枷や足枷もOKしてくれる可能性がアップするので、ソフトSMプレイの第一歩として取り入れてみてください。

目隠しされて五感の一つを塞がれてしまうと、他の感覚が想像以上に敏感になるので、女性はいつもより濡れやすくなります。次にどこを刺激されるかもわからないので、感覚が研ぎ澄まされ、いつもと同じことをしているだけなのに激しく感じてしまうこと間違いなしです。


視界を塞いだだけでいつも以上に従順になってしまって、普段は見せないMの姿を見せてくれるかもしれません。とにかく取り入れやすいのが最大のメリットで、目隠しプレイならSM感を感じない女の子もいるでしょう。それだけに物足りないと感じてしまう人もいるかもしれませんが、まずは徐々に女性を慣らせていくためのステップとして楽しんでみてください。
マイクロファイバーレース付アイマスク

言葉を奪うだけじゃなくヨダレを垂れ流しにさせる口枷|初心者度 ★★☆☆☆

手枷・足枷・目隠しよりも少しだけハードなSMプレイを楽しみたいという人におすすめなのが口枷です。猿ぐるわやギャグボールなんかはこの口枷に分類されますね。口枷をすることで女性が声を出すという自由を奪うことができます。喘ぎたくても声がくぐもってしまったり、言葉で拒否できない状況をAVで見て興奮した経験がある人も多いのではないでしょうか。


口枷をすることで言葉を奪うこともできますが、口を閉じることもできなくなってしまうのでヨダレも垂れ流しにさせることができます。それだけで責めている男性も責められている女性も陵辱感がアップするので、よりSM感を感じることができるでしょう。

ただまだSMプレイに馴染んでいない女性は、口枷自体にも抵抗を持ちやすいですし、ヨダレが垂れるなんてありえないと思ってしまうことも多いです。まず初心者レベルの高い拘束プレイで、自由を奪われる興奮を覚えこませておく必要があるでしょう。

口枷を使う前にタオルなどを使って言葉を封じるという前段階のプレイをしておくと、口枷へのハードルも下がるはずです。同じ口枷でも、ギャグボールのように口を開くタイプよりも、初めは噛ませて塞ぐタイプの方をおすすめします。
ビットギャグ

束縛プレイが簡単に楽しめるボンテージテープ|初心者度 ★★★☆☆

手枷や足枷よりも用途の幅が広がるのが、ボンテージテープです。ボンテージテープは、特殊な仕組みになっていてテープ同士がくっつくので、肌にくっついてしまう心配もありませんし、髪の毛などにもくっつきません。しっかり拘束できるのに、痛みを感じにくいので、女性にとってもメリットが高いです。


また手枷や足枷よりも陵辱的な拘束感が出るのが、ボンテージテープの魅力。ガムテープで縛られているようなものなので、M心が疼いている女性なら雑に扱われている自分に興奮すること間違いなしです。基本的に手枷は手首同士を、足枷は足首同士を拘束しますが、ボンテージテープなら、膝を曲げた状態で拘束したり、手と足を拘束しやすいのも特徴です。

ただ肌が弱い女性だと、肌が荒れてしまうこともあります。自分が興奮したいがために無理矢理ボンテージテープを使って肌荒れを起こしてしまうと、女性も2度と応じてくれなくなりますから、安すぎるものは避けたり、長時間の使用はしないようにしましょう。

高いものと言ってもボンテージテープは比較的安いものが多く、何度でも使えるものも多いです。できるだけ質の良いものを買って、お互い気持ちよく拘束プレイを楽しむのが、男も女も満足できる拘束プレイの鉄則ですよ。
究極のボンテージテープ

これぞ調教プレイ!首輪で自由を奪って征服欲を満たす|初心者度 ★☆☆☆☆

拘束プレイの中でも最高潮の興奮を得ることができるのが、首輪プレイではないでしょうか。他の拘束プレイと比べると、首輪をすること自体でそこまで自由を奪えるわけではないのですが、普段は絶対にない首輪というシチュエーションは、責める方も責められる方もかなり興奮します。


物理的な拘束の要素が強い他の拘束具と違い、男性に征服されていると精神的に強く感じることができるので、陵辱感がかなりアップしますよね。調教プレイの第一歩でもある首輪ですから、ここまでマスターすれば、さらなるSMプレイも期待できるかもしれません。

ただ首輪プレイをするには、理性を保つことも必要です。そのまま首を締めるなど窒息プレイをしてみたいと思う人もいるかもしれませんが、理性がない状態でするのは危険も伴います。また激しく引っ張ると首に跡が残ることもあるので気をつけたいですよね。

首輪という非日常的なシチュエーションは、M心がしっかり芽生えていれば受け入れてくれるかもしれませんが、抵抗を感じる女性も多いかもしれません。相手が嫌がるなら無理矢理することはせず、「辱められることが快感」だということを精神的に叩き込んでから試してみるようにしましょう。
カラー&リーシュ

はじめての拘束具を使った女性と男性の感想は?口コミを集めてみた

初めて拘束具を使った女性や男性はどう感じているのか気になりますよね。責める男と責められる女で、かなり感想にも違いがありそうです。ネットから集めた口コミで、初体験の拘束プレイの感想を集めてみました。

拘束具をつけられた女性の感想


このツイート自体が官能小説バリにエロいです!この彼氏は拘束具を今までも使ったことがあるのかなと思わせるくらい、女性を興奮させるのも上手ですね。ただ拘束して自由を奪うだけでなく、相手が興奮するようなシチュエーション作りも大切です。拘束プレイをすると、あなたもいつもより興奮しているでしょうから、恥ずかしがらずに言葉責めをするなど、いつもと違うエッセンスを加えてみましょう。


一旦手枷や足枷などソフトな拘束プレイを楽しんでいると、女性も「もっと拘束されたい」と思うのかよりハードな拘束具をおねだりしちゃうこともあるようです。最初は相手に引かれないか心配していても、本当はこう言うアブノーマルプレイに興味がある女性も多いもの。拘束プレイ以外のプレイもできちゃうかもしれませんよ。女性から口枷をおねだりされるなんて、それだけで興奮しちゃいますね。


拘束プレイと目隠しプレイを同時にすると、女性はセックスしながらいろんな妄想をしちゃうようですね。ただ拘束するだけよりも、拘束プレイには目隠しはプラスした方が女性はより興奮しそうです。先に目隠しをしておいて、徐々に自由を奪っていくというのも良いかもしれません。


初めての拘束プレイの感想ではないのですが、興味はあってもなかなか言い出せない女性は結構いるようです。彼氏に「拘束されたい」と女性から言うのって結構勇気がいるんですよね。普段そんなプレイに興味がなさそうにしている女性でも、彼氏から言われたら意外とノリノリですることもありそうです。


中には拘束プレイをしても興奮しないという人もいるようです。人には色々な性癖がありますし、女性側に全くM心がないのであれば、興奮しないのも仕方ないですよね。ただ一度拘束プレイに応じてくれたということは、他のプレイにも挑戦してくれる可能性はありますから、お互いに興奮するプレイを探すと良いでしょう。

拘束具をつけた男性の感想


いきなり拘束具を購入して見せるのはハードルが高いかもしれませんが、ホテルで盛り上がったところで拘束してみるのは意外と手軽かもしれませんね。今までにない彼女の反応にも男は興奮してしまうようです。


S心がある男性にとって、征服欲が満たされる拘束プレイは病みつきになってしまうようですね。どんな拘束でも女性の自由を奪っているというシチュエーションにS心が疼きまくるようです。


拘束しているというシチュエーションだけでも興奮するのに、それに興奮していつもよりも乱れる彼女を見ていると、理性が吹っ飛んでしまいそうなほど責めたくなるんですね。この興奮は実際に拘束プレイを楽しんだことがある男性にしか、わからないものかもしれません。


初めての拘束プレイって、その彼女とは別れても記憶に残るくらい興奮するようです。一度してみると病みつきになる男性が続出しています。

初心者におすすめ!ソフトSM用の拘束具セット3選

拘束具をそれぞれ購入するのも良いのですが、最近は初心者向けのソフトSMグッツがセット販売されています。一つずつ買うよりはお買い得ですし、手枷・足枷がくっつけられるようになっているようなものもあります。今回はオススメの拘束具セットを3つ紹介します!

デキのよい初心者SMセット

価格 1,890円
セット内容 手枷・足枷・目隠し・首輪など8点
セット充実度 ★★★★★
リーズナブル度 ★★★★★
特徴 初心者拘束セットの決定版

手枷・足枷・目隠し・首輪・口枷と今回紹介した拘束アイテムのほとんどが入っている上、ムチやロープ、そして首輪用のリードまで入ったフルセット・8点です。初心者の拘束プレイなら、これだけで全て試すことができます。色味も黒と赤でエロいオーラがぷんぷんなので、視覚的にも興奮しますよね。女性にとっては拘束具の見た目も大切なので、ハードすぎずチープではないのもポイントです。

これを購入して最初は目隠しや手枷などだけを見せるところからスタートし、彼女が拘束プレイがOKそうなら、「実はこういうのも入ってたんだよね」と見せてみましょう。自分から言い出すのが恥ずかしい彼女も、「せっかくあるなら使ってみよう」とノってくれるかもしれません。

これは今はまだこわい、これは大丈夫など、相談しながら選べるセット内容になっていて値段的にも手が届きやすかったので、興味はあるけどどうしようかな…と悩んでいる、初心者の方にオススメだと思います。
引用:デキのよい初心者SMセット

実際に買った人も彼女と相談しながら「これを使ってみよう」と、いろんな拘束プレイを試しているようですね。強制はNGですが、目の前にあると試してみてもいいかな…と言う気持ちにもなりやすいです。これだけ揃っていて2000円しないので、どれか使わなかったとしても損した気持ちにはならないですよね。

特に良いと思ったところですが、手枷、足枷、首枷の内側にファーをつけていただいているので、装着時も安心して付けてもらえました。
引用:デキのよい初心者SMセット

セットの拘束具でも手枷や足枷の内側がファーになっているものは多いですが、首枷の内側までファーなのは、かなり優秀ではないでしょうか。プレイ自体に興味があっても、跡が残るのは女性は絶対に嫌がります。痒いところに手が届いている商品ですよね。

デキのよい初心者SMセット

Sexy hot

価格 999円
セット内容 手枷・目隠し
セット充実度 ★★★☆☆
リーズナブル度 ★★★★☆
特徴 初めての拘束プレイにオススメ

彼女が拘束プレイを楽しんでくれるかわからないけど、試してみたい…という人にオススメなのが、このSexy hotです。手枷と目隠しというシンプルなセットですが、ピンク色の可愛い見た目が女性の拘束プレイへのハードルを下げてくれること間違いなし。ハードさが全く感じられないので、これなら試してみようかな…という気分になるかもしれません。

セックスにオープンではない彼女の場合、初めの拘束プレイでどういう印象を受けるかはかなり大切になってきます。できるだけ彼女のハードルを下げることを意識して、こういう可愛いセットを選ぶと良いでしょう。

ピンクで可愛くつけても内側にモコモコがあるので痛くないです。付けるのも簡単です。
引用:Sexy hot

やはりどんな拘束具でも、痛みがないと言うのは一番大切なポイントですよね。この商品はモコモコの部分がかなりしっかりしているので、きっちり拘束しても痛みを感じることがまずありません。

正直安かったのであまり期待はしていませんでしたが、他のみなさんが仰る通り、かなりしっかりした作りです。自分でもつけて試してみましたが、力まかせに外そうとしてもなかなか難しそうです。
引用:Sexy hot

かなりリーズナブルな商品ですが、作りがしっかりしています。力任せには外せませんが、つけた状態でも外せるようになっているので、本当に嫌なら彼女自身が外すこともできます。こういった大人のおもちゃはすぐ壊れてしまうものもあるので、壊れにくさも購入するときにチェックしておいた方がいいですよ。

Sexy hot

Vizstar SMグッズ 拘束具

価格 1,349円
セット内容 手枷・足枷・目隠し・ベッド用拘束具
セット充実度 ★★★★☆
リーズナブル度 ★★★☆☆
特徴 手足拘束の幅が広がる

手首同士や足首同士を拘束するのも興奮するんですが、ベッドと彼女を繋いでのプレイはより興奮度が高くなりますよね。このセットは手枷・足枷だけではなく、ベッドとつなぐ専用のアイテムが付いているので、どんなベッドにも簡単につなぐことができます。もちろんただの手枷・足枷としても使用できるので、徐々にハードさを上げていくことが可能です。ベッド以外にもソファやドアにも固定できます。

また手首と足首を繋げることができるベルトも付いているので、ベッドなどに繋がなくてもより彼女の自由を奪うことができるプレイを楽しむことができます。口枷や首輪には興味がないけど、手と足の自由を奪っていろんな拘束プレイを楽しんでみたいという人にはこのセットがオススメですよ。

しっかり固定できますが、手足の部分はやわらか素材で出来ているので、締め付け感はあまりなくほどよい固定感感みたいです。
固い素材だと激しく動いたときに痛いらしいので何気に重要な部分ですね。ハードsmという感じではなくソフトsmなので相手にも提案しやすいのもいいですね。
引用:Vizstar SMグッズ 拘束具

見た目は黒一色で少しハードに見えてしまうのですが、枷になっている部分の素材が柔らかいので痛みを感じにくいです。やはり女性側にとっては痛いか痛くないかは重要なポイントなので、これなら安心ですよね。金属などを使用していなくて、ハードさがないのもSM度が低くてハードルが下がりやすいポイントです。

経験上この値段だと、だいたい粗悪品でおもちゃみたいな商品が多いですが今回はそのジンクスを回避できました。笑
返金保証付きってところも信頼できました。
引用:Vizstar SMグッズ 拘束具

こう言うアイテムには珍しいのですが、きちんと返金保証が付いているっていいですよね。実際使わないと自分達に合っているかはわからないので、保証があるのは安心できます。商品に自信があるからこそなんでしょう。

Vizstar SMグッズ 拘束具

この3つのセットは、かなり初心者向きのセットです。初心者にとっては十分な内容ですが、もっと極めたいという人には物足りないかもしれません。もっと本格的な拘束具を揃えたいあなたは、こちらの参考ページが役に立ちます。

関連記事:SMマニアが語る。拘束具を使って超興奮するプレイを楽しもう!!

ソフトSM初体験の女性が嫌がらずに拘束具を取り付ける手順

まだソフトSMを体験したことがない女性にとって、最初のソフトSMプレイはかなり抵抗を感じるものです。また実は興味があるけど、恥ずかしくてはっきり言えないでいる女性も結構います。ソフトSMをするには、うまく興奮させながら誘導することが大切です。彼女がSかMかわからない人は、この手順に従って彼女のM度を見極めましょう。

①言葉責め|「濡れてるよ」と体の反応をささやいたり、卑猥な質問をする

普段ノーマルプレイしかしていないのであれば、まず彼女のM心を言葉責めで目覚めさせましょう。「濡れてるよ」と言われたり、「どこが気持ちいいの?」などの質問をすると、女性はいつもは感じない興奮を覚えます。いきなり乱暴な言葉遣いをするのではなく、優しくイヤらしい言葉を使うのがポイントです。

②目隠しプレイ|タオルやハンカチでアイマスク代わり

アイマスクでいきなり完全に視界をふさぐのではなく、タオルやハンカチを使ってゆるく縛るといいでしょう。彼女自身が本当にイヤなら、簡単に外せるようにしておくのがポイントです。アイマスクだとそのために購入した感が出てしまいますが、家にあるものを使うと彼女の中のプレイへの嫌悪感も下がります。

③玩具責め|束縛してバイブやローターを駆使して責める

拘束プレイをする前に、バイブやローターを使っておもちゃに慣れさせておくといいでしょう。事前に購入して準備しておくよりも、ホテルに売っているものを見ながら「使ってみない?」と聞いてみると引かれる可能性が低いです。おもちゃを使わないと感じることができない快感を覚えさせましょう。

④オナニー観察|あえて一人でエッチさせる

彼女のM度をアップさせるには、彼女に一人でエッチをさせるのが効果的。とは言え、「一人でエッチして」といきなり言っても断られる可能性は大です。彼女を刺激しながら「どこが気持ちいいの?」と聞き、わからないふりをして「自分で気持ちいいところを触ってみて」と言ってみましょう。自分のオナニーを見てあなたが興奮している姿に、彼女も興奮すること間違いなしです。

⑤スパンキング|バックで突きながらお尻を叩く

責められて興奮したり、いつもより濡れているなど、どう見ても彼女がM気質ということがわかったら今度はスパンキングに挑戦してみましょう。バックで入れているときに、まずはお尻を強めに揉むことから始めます。それで彼女が興奮しきたら、動きに合わせて叩きましょう。突いた時に叩くと痛みと快感が同時に感じられてハマりやすくなります。

⑥束縛プレイ|タオルやネクタイで手足を縛り拘束具の代わりに

彼女との関係性で、いきなり拘束具を出してもOKなようならそれでもいいのですが、そうでない場合はタオルやネクタイを使うのがオススメです。目隠しのところでも触れましたが、普段そこにあるもので縛られると抵抗感が下がります。コツはあまりきつく縛らないようにしましょう。

拘束具を使ったプレイの注意点

拘束具を使ったプレイはめちゃくちゃ興奮しますが、下手をすると相手が嫌がって2度と応じてくれなくなることもあります。大切なのはお互いに興奮して気持ちよくなることなので、相手を思いやることを忘れないようにしましょう。

本気で痛がってないか?楽しむレベルを超えたらストップする合図を決めておく

どんな拘束具でも、実際に痛いか痛くないかは使ってみないとわからないこともあります。彼女が痛みを感じているのなら、途中で辞められるようにしておくことが大切です。「痛かったら言ってね」と声をかけておくことも大切ですが、なかなか言い出せないこともあるので合図を決めておくといいでしょう。

特に口枷の場合は声が出せないので、合図を決めておくことが大切です。彼女が苦しんでいるのに感じていると思って責めたら、本気で嫌がって場の空気がしらけてしまうことにもなりかねません。「苦しかったらこうしてね」とひとこと言っておくと相手も安心します。口枷の場合は息がしづらくて苦しいということもあるので、特に注意しておきましょう。

直接肌に触れる部分には柔らかいナイロンや羊毛などの素材を選ぶ

通販では色々な拘束具が売られていますが、中には素材がよくなく、肌や体に負担がかかってしまうものもあります。痛みを感じないようにするのは大前提ですが、手首や足首、また首などに跡が残らないようにしておかなければいけません。

アイテムを選ぶ時には、肌に当たる部分がソフトな素材でできているものを選ぶのがベストです。安い拘束具などは、そこまで考えられていないものも多いですから、しっかり商品の詳細を見てから決めましょう。柔らかい素材でできているものでも、最近は高額ではありません。口コミを参考にして、実際に使ってどうだったかをよく見てから購入を決めましょう。

また肌質によってはそれでも痛みや痒みを感じてしまうことがあるので、実際に使ったら相手に大丈夫だったか声をかけてあげてくださいね。

拘束具を使った経験者の声を参考にして、ソフトSMにチャレンジしよう!

拘束具がどんなものか、お分かりになったでしょうか?。
・拘束具には色々な種類がある
・初心者は目隠しや手枷からスタートする
・相手の反応を見ながら徐々にレベルをあげる
・拘束するだけではなく、相手が興奮するシチュエーションを作る
などが、大切ですよね。うまく誘導して彼女が拘束プレイにハマれば、今までよりももっと興奮するセックスが一緒に楽しめます。

もし今回紹介した手順で彼女のM度を探ってみて、明らかに彼女がSだったという場合は、あなたがM側になって拘束プレイを楽しむのも意外と興奮するかもしれません。「いや、自分は絶対にSだ」という場合は、ドMなセフレを探して拘束プレイを楽しんでください。

◯関連記事
SM初心者でも簡単!拘束プレイで女性をイカせる方法10選
SMプレイを本気で楽しむ完全マニュアル/ソフトからハードまで網羅

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/soft-sm-2.html