我慢汁で妊娠は可能なのか?徹底調査

AV女優「愛代さやか」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】

今回のテーマは「我慢汁で妊娠は可能なのかどうか?」という事です。みなさんはオーガズムに達して射精をする前に無色透明な精液がペニスの先端から放たれるかと思います。それを世間では我慢汁なんて言い方もしますよね。またコンドームをつけないでセックスをした場合にその我慢汁で妊娠した」なんて噂を耳にしたこともあるかと思います。そこで実際に我慢汁で妊娠は起こり得るのかどうか?ということを徹底調査してみました。

我慢汁で妊娠するのか?

みなさんはセックスをする時、オーガズム前にペニスの先端から透明の液体が出てくるなんて経験はあるかと思います。またセックスではなくてもオナニーでも射精前に出てきますよね。少し粘り気があって、透明な液体が…それを我慢汁と言います。正式名称はカウパー腺液みたいですが、射精を我慢する時に放たれることが多いので世の中的には我慢汁と呼ぶ方が多いですね。

そんな我慢汁ですが、気になるのがこの我慢汁で妊娠はするのか?ということ。射精って事前に来るタイミングがはっきりと分かるので、ある程度のコントロールが効きますが、我慢汁ってあまり放たれる感覚がないのでコントロール不可ですよね。ほとんどの場合が自分でも気が付いていないうちに我慢汁がペニスの先端から垂れています。

巷の噂レベルでも「我慢汁で妊娠させてしまった…」なんていうすごく残念な話を耳にすることが多々ありますよね。またネット上を見ていても、そんな声や実際の経験談が散見されます。そこで今回は「果たして我慢汁で妊娠するのかどうか?」というすごくデリケートな問題を徹底的にリサーチしてみました。

今現在、彼女の生理が来なくてすごく気になっている方や「やっぱりセックスは(コンドーム未装着の)生でしょ」という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

我慢汁の成分は

我慢汁とはいわゆる俗語で、正式名称はカウパー腺液と言います。また別名、尿道球腺とも呼ばれていますね。男性がオーガズム前、性的興奮を覚えた時にはじめにペニスの先端から放たれる体液で、オーガズムに達してペニスから放たれる精子とは違い無色透明なのが特徴的ですね。

また触ると粘り気があって、人によっては10cm以上も糸を引くことがあるみたいですね。男性はオーガズムに達すると射精しますが、それを我慢した時にペニスの先端からダラダラと垂れるので世間的には我慢汁と呼ばれています。ただ我慢してなくても性的興奮をすればオートマティックに出てきますので、我慢したから出るというのは誤認のようですね。

我慢してなくても、ペニスの先端から無色透明で粘り気のある体液が出てくれば、それは我慢汁だと言えることでしょう。

カウパー腺液の成分と役割

別名、尿道球腺とも呼ばれるこのカウパー腺液は、男性が性的興奮を感じたときに、最初に分泌される無色透明な粘液です。
粘度があり、指につけて伸ばすと10cm以上伸びることもあります。

引用:精子のためにできること

我慢汁の主な成分はムチン

我慢汁の主な成分はムチンと呼ばれる糖を含む糖タンパク質です。女性の膣内って雑菌を殺すために酸性なので、それを中和させるためにムチンはアルカリ性となっていますね。殺菌のために膣内は酸性だと述べましたが、精子も酸性に弱く、それを中和される役割のアルカリ性を持つムチンは精子と卵子が結合する受精にとって実はすごく重要な役割を担っているのです。

また我慢汁って触ると粘り気がありますよね。実はその粘り気の正体もこのムチン。粘り気があることでペニスと膣との摩擦を防ぎ、ピストンさせることの潤滑油にもなっているのですね。すなわちムチンを含む我慢汁はセックスそして受精にとってはすごく要素で、これがかけるよ生命の誕生は起こりえないのです。

カウパー腺液の主な成分は「ムチン」とよばれる糖を含む糖タンパク質。
アルカリ性の性質を持ち、射精に先がけて分泌されることで、精子が通過する経路を洗浄し、アルカリ性に変える役割を担います。

酸に弱い精子を少しでも膣の奥に届けるために大切な成分です。
引用:精子のためにできること

我慢汁で妊娠は可能なのか徹底調査

我慢汁の役割や成分もわかったところで、本題である〝果たして我慢汁で妊娠は可能なのかどうか?〟ということを徹底的にリサーチしていきたいと思います。産婦人科や学術論文、そして経験者が語る生の声など、様々な情報から我慢汁で妊娠は可能なのかどうかをまとめていきたい思います。計画的な妊娠をして、幸せな家庭を築くためにもぜひ、参考にしてくださいね。

学術的には我慢汁には精子は含まれていない!?

果たして我慢汁で妊娠するのかどうか?気になるのは我慢汁に精子が含まれているのか否かではないでしょうか。もし我慢汁にも精子が含まれているのなら、もしそれが膣の奥の方に入っていけば妊娠する可能性がすごく高いですよね。逆に我慢汁と精子は全くの別物ならば、妊娠することは限りなくないと言えます。

そこでまず気になるのは世の中の口コミではなく、医者や学者などが研究に研究を重ねた学術的な見解ではないでしょうか。そこでネット上に上がっている我慢汁に関しての学術論文などを色々と調べてみましたところ、下記のような情報が。

こちらは今から10年以上前にアメリカやイギリス、日本の男性を対象に我慢汁には果たして精子が含まれているのかどうか?サンプルをとった結果、我慢汁には精子が含まれていないというデータが。

また人間の健康や医療などについて研究している世界的機関であるWHOの発表では我慢汁には厳密に言えば精子が含まれるが、到底妊娠させられる量ではないのことです。ちなみに日本の最高学府である東京大学では精液の中にいない精子では、子宮内で破壊されるとも発表されていますね。

我慢汁には精子は含まれていません(米・英・日100人のサンプル)(2005年に発表された尿道球腺に関する総説論文)

射精後の我慢汁には精子は含まれるが、到底妊娠させられる量ではない(WHO基準)

精液の中にいない精子は受精機能を獲得できないし、子宮内で破壊される(東大発表)

コンドームと膣外射精の失敗率は、ほぼ同じ(産婦人科など専門家による調査と学術論文)
引用:40代既婚男の女遊び&セフレ&婚外恋愛ブログ

手に我慢汁が付着した状態でコンドームを装着すると妊娠リスクあり!?

世界的健康機関が「我慢汁には精子が含まれていない」あるいは「我慢汁には精子がわずかに含まれているが、妊娠に至る量ではない」「精液に含まれない精子では受精にはいたらず
、子宮内で破壊される」みたいなことが発表されていることがわかりました。

しかし、巷では「我慢汁で妊娠した」というような噂話が絶えませんよね。もし、我慢汁には精子が含まれていなかったり、たとえ含まれていなかったとしても妊娠に至るような量ではなかったら、このような話は出てこないことでしょう。

どこか、公的なデータと実際に世の中に起きていることについての辻褄が合いません。そこで「本当に我慢汁はで妊娠しないのか?」リサーチを続行しました。すると、女性の性問題や感染症、中絶問題を啓蒙するサイト「PILCON」に興味深い内容が記載されていました。

我慢汁、正式名称はカウパー腺液というのですが、カウパー腺液(我慢汁))や精液がついた手でコンドームを装着するとわずかではあるが、妊娠のリスクがあるみたいです。挿入したペニスでの妊娠ばかりに目がいっていましたが、コンドームに付着した我慢汁や精液で妊娠してしまうリスクがあるみたいなのです。望まぬ妊娠を防ぐためにもコンドームをつける際にも注意が必要みたいですね。

<妊娠する可能性がわずかながらある行為>
※低用量ピルやIUDなど他の避妊法を使用していない場合

手にカウパー腺液や精液がついている状況でコンドームを装着し、コンドーム表面についた状態での性行為…手を洗ったり拭いてからコンドームは装着しましょう。コンドームの表裏をまちがえて男性器につけた場合は、新しいコンドームを使いましょう。
引用:PILCON

2回戦目の我慢汁が危ない!?

細心の注意を払い、妊娠のリスクを防ぐことが望まぬ妊娠を避けるにはとても重要です。ここまでコンドームを付着した精液や我慢汁で妊娠をしてしまうリスクがあると述べてきました。ですが我慢汁自体には精子が含まれている可能性が低くて、もし精子が我慢汁に含まれていても、妊娠に至る量ではないというデータもあるようです。

しかし、ネット上などを見渡しても「我慢汁で妊娠した…」という書き込みが散見されるのも事実。そこでここでは「我慢汁で妊娠したというケースには実はこんな驚きの可能性があるのではないのか?」というのものを発見しました。

それは2回戦目での我慢汁で妊娠してしまったのでないのか?という説です。1回戦目で射精した際に尿道にはわずかながらにも精子が残ります。その残った精子を十分に取り除くことなく、2回戦をしてしまった時にその精子が我慢汁に混じり、子宮まで達してしまうというもの。

これなら十分に妊娠してしまう可能性はありますよね。ですので1回戦が終わったら、しっかりペニスを洗う。そしていかなる場合でも挿入前にコンドームを装着する(もちろん清潔で精液や我慢汁が付着していない手で…)ことがすごく重要なのかもしれませんね。

あるいは2回戦目で、精子が尿道に残っている状態で、我慢汁を出したときも、「我慢汁で妊娠」なんてことに!
もっともこのケースだって、我慢汁で妊娠したわけではなく、我慢汁だけしか出ていないと本人たちが勘違いしていたから妊娠しちゃった、ということです。

引用:姫テク

一度目で残っていた精子が二度目のセックスで我慢汁に混じっているとやばい

2回戦目での我慢汁で妊娠する説ですが、我慢汁での妊娠リスクをリサーチしていくと、やはり他のサイトでも出てきますね。やはり1回戦目で射精した後に、十分にペニスを洗わないまま2回戦に突入するというケースは珍しくないのでしょうね。もしかしたら回復力が高い20歳前後の若年層がこのパターンに陥ってしまうのかもしれませんね。

射精すると尿道には精子が残ります。射精の圧力では全ての精子を放出することは不可能ですからね。それは日頃のオナニーでもすごく感じるかと思います。ですので、とりあえずセックスが終わったら、ペニスをしっかり洗うこと。2回戦をするならなおさらのことですね。そのような配慮が望まぬ妊娠を防ぐのには大事なことなのでしょう。

一度目の射精の後に残っていた精子のリスクも…
直前に一度目の射精をしていて、コンドームを装着せずに再度膣に挿入し、カウパー腺液が出た後、二度目の射精の前にコンドームを装着した、というような場合であれば、カウパー腺液に一度目の射精の後に残っていた精子が混ざり、それによる妊娠もあり得るかもしれません。
引用:ウーマンエキサイト

精子が尿道に漏れてくる可能性あり!!

精子と我慢汁って同じ道を辿って出てきますよね。なのでカウパー液と呼ばれる我慢汁自体には精子成分がなくても、〝何かの間違い〟で我慢汁に精子が混じってしまう可能性は多いにあります。我慢汁が作られる場所と精子が作られる場所はいわばお隣さん同士。また同じ道を辿って、外の世界に飛び出します。

なので厳密に言えば我慢汁に妊娠させるだけの精子成分がなくても、精子が誤ってその我慢汁に混じってしまうことは大いに可能性としてあるようです。たまたま出勤時にお隣さんあるいはご近所さんと同じ電車やバスになってしまうなんてことってありますよね。そのような現象が我慢汁と精子にも起きるということは頭に入れておかなくてはいけませんね。

■妊娠の可能性はゼロではない!
男性が性的に興奮すると通常、尿道球腺からカウパー液(尿道球腺液)が出てきます。通称「ガマン汁」と呼ばれているものです。分泌された直後のカウパー液には精子は入っていないので、“純粋なカウパー液”で妊娠することはありません。しかし、精子は、精巣(玉の部分)から分泌され、下腹部の精管膨大部というところにたまっていくのですが、その精子が尿道に漏れてくる可能性もあります。その場合、射精を膣外でしたとしても、妊娠の可能性は0にはなりません。そもそも本人が射精はまだ始まっていないと思っていても、実際には始まっている場合が多々あるのです。
引用:キレイスタイル

産婦人科の先生の見解は?

ここまで我慢汁自体には精子が含まれているのではなく、我慢汁と精子は同じ尿道を辿って放出されるために混じってしまう可能性があるというのを述べてきました。ですがこの説が一体、医学的にはどこまで信ぴょう性のあるものなのか、しっかりとしたエビデンスが欲しいところですよね。

そこで妊娠のついてのプロフェッショナルである産婦人科医は「我慢汁で妊娠するのかどうか?」というどう説について、どのような発言をしているのか?ネット上に上がっている産婦人科医の意見をリサーチしてみました。

するとまず出てきたのが東京都世田谷区にある産婦人科の成城松村クリニックの院長・松村圭子医師はやはり我慢汁(カウパー腺液)自体には精子が含まれていないということ。ただしその我慢汁(カウパー腺液)に精子が混入し、それらが妊娠を引き起こす可能性があるということには否定していない様子です。

産婦人科医の医師がこう証言する以上、やはり医学には我慢汁に精子が含まれていなくても、我慢汁に精子が混じる可能性は大いにあるということ。そしてその混じった精子が子宮内にたどり着けば、妊娠する可能性はないとも言えないようですね。

成城松村クリニック院長の松村圭子医師が解説する。

「正確には、尿道の途中にある尿道球腺(カウパー腺)から分泌される弱アルカリ性の液体“カウパー腺液”を指します。精子は酸性に弱いので、酸性の尿道をアルカリ性にして精子が通りやすくする働きをします。また、膣内も酸性なので、精子が子宮に届きやすい環境を作るはたらきもあります」

 では、このカウパー腺液が、妊娠の原因になっているのだろうか。

「カウパー腺液自体には精子は含まれていません。ただ、精子は精管の膨大部というところに蓄えられているのですが、そこから漏れ出た精子がカウパー腺液に混入することがあります。精子も一定数ないと妊娠には結びつきにくいですが、カウパー腺液に混じった精子によって妊娠する可能性は否定できません」(松村氏)
引用:NEWSポストセブン

産婦人科医の見解その②

また全国屈指の超難関国立大学である東北大学医学部卒業でNHKの妊娠に関する教養番組に出演したり、全国各地で妊娠を含み女性の身体や性に関しての抗議活動をしている産婦人科医・村口きよ医師(村口きよ女性クリニック医院長)は自身のクリニック公式ホームページで我慢汁(カウパー液)に精子は混じっているとはっきりと述べていますね。

むしろ我慢汁(カウパー液)は尿の酸性を中和させる役割があり、その環境を利用し、精子が膣に侵入していくと明示されています。ということはやはり我慢汁では大いに妊娠する可能性は高いということになるでしょうね。

男性が精子を出す前に尿道を通るカウパー液という物があります。
尿の酸性を中和させて、精子の環境を整えるのですが、実はそのカウパー液のなかにもうすでに精子が混ざっているのです。
生命力の強い精子は、カウパー液を通って膣の中に進入します
引用:村口きよ女性クリニック

「我慢汁に精子は混じっている」というネットニュース

ネット上にかなり多く散見される「我慢汁に精子は混じっている」という書き込み。やはり「我慢汁で妊娠した」という方が少なくはないのか、世の中の注目トピックを扱うAmebaニュースでも、我慢汁には精子が少なからず含まれていて、それらが子宮に達することで妊娠する可能性はあるということがニュースとして伝えられているようです。

やはりコンドームを装着しない、いわゆる生でのセックスは非常に危険ということでしょうね。射精はある程度、発射するかどうかは自分でコントロールできますが、我慢汁はそうはいきませんよね。ですので「絶対に妊娠させたくない」という状況なら我慢汁での妊娠を防ぐためにコンドームを装着してのセックスをおすすめします。

 

キスやお互いに手で愛撫している時に、男性器からはカウパー(先走り)というものが分泌されています。色が透明なので精子は入っていないという人もいますが、少なからず精子は含まれています。

コンドームを付ける前に擦り付けあうだけでも可能性はではありません。気を付けましょう。

引用:Amebaニュース

「我慢汁で妊娠した」という実際の経験談

こちらは実際に中出し経験はないものの、我慢汁で妊娠した可能性が高い女性の経験談をまとめたものです。こちらの女性はまだまだ10代と未成年の頃に、当時付き合っていた彼氏とのセックスでは毎回、膣外射精だったのにも関わらず、我慢汁が原因なのか妊娠してしまったと赤裸々に語ってくれていますね。

おそらく原因はコンドーム未装着状態のセックスによる我慢汁での妊娠でしょう。射精は膣外に出していても、やはり射精前にペニスから放たれる我慢汁はコントロールできません。また若いということで回復力があり、一晩に何回戦もしていたのかも知れませんね。

こういった感じで、無計画に妊娠することで悲劇を生むケースだってあります。望まぬ妊娠によって中絶したり、その結果、彼女を妊娠できない身体にしてしまったり、また出産しても経済力がないがために育児放棄をしたり、DVに走ったり…

世の中には毎月毎年のように無計画での出産による悲劇が起きていることでしょう。時には大々的に凄惨なニュースとして各局の報道番組やワイドショーで扱われたりします。もしかしたらそのほとんどが我慢汁での予期せぬ妊娠が原因なのでしょうか。とにかく無計画な妊娠は人生を壊す恐れがありますので、しっかりと避妊したうえでのセックスをおすすめします。

◆「毎回外出しだった」/Bさん(22)

 彼氏と月2回のゴムなしセックスをしていたというBさんは、中出し経験はなかったものの交際開始から1年が経った頃に妊娠。実は彼女、この彼だけでなく17歳での初体験以降ほぼコンドームを付けたことがなく、誰とするときもいつも膣外射精でセックスをしていたそう。我慢汁にも精液は含まれているといいますし、ペニスを抜くタイミングが遅ければ膣内に精液が入ってしまうもの。中出しをしなくても妊娠する時はするのでしょうね。
引用:messy

妊娠は男性器からとは限らない!?

妊娠のほとんどがペニスを膣内に挿入した状態での受精だと思います。しかし、中にはカウパー液(我慢汁)や精液が付着した手による愛撫で妊娠に至る可能性があるみたいですね。なのでペニスを膣内に挿入する時にだけ細心の注意を払うのではなく、女性器に触れる時はいかなる場合でも細心の注意を払う必要があるようですね。

男性は女性とまぐわう時、興奮すると女性器に触れたくなります。自らの指先や手で膣に愛液が溢れている感触を試したがるものです。それ自体は一種の愛情表現なので、素晴らしいことだと思いますが、膣の奥には子宮があることは常に頭に入れておいた方が良さそうですね。極めて低い確率ではありますが、指先についた我慢汁や精液によって、妊娠させてしまう可能性はあるみたいです。

カウパー液は男性器から出るものです。なので、性行為の際に注意をすれば大丈夫と思ってしまいます。しかし、カウパー液を触った指で女性器を触ると妊娠の可能性が出てきます。

妊娠のためには、ある程度の精子の濃度が必要とも言われています。なので、指に付いたカウパー液で妊娠する確率は極めて低いでしょう。

しかし、逆にカウパー液にどの程度の精子が含まれていれば妊娠の可能性が高くなるということも正確には答えられません。カウパー腺液で妊娠するかどうかの人体実験なんてことはできないからです。
引用:SHIRITA GIRL

妊娠は可能らしい!

ここまで産婦人科の医師や学術論文、実際の経験談を交えて「我慢汁で妊娠は可能か?」ということを徹底リサーチしてきましたが、可能性で言えば「妊娠は可能」だということがお分りいただけたことだと思います。厳密には我慢汁と呼ばれるカウパー腺液の主な成分はムチンと呼ばれる糖タンパク質。

ですが我慢汁と精子は実に密な関係性があるために、我慢汁に精子が混じる可能性が高く、その混じった精子が我慢汁に乗って、子宮にたどり着き受精してしまうというパターンが多いようです。

また我慢汁と精子は同じ尿道を辿ってペニスの外側に放たれるので、尿道に残っていた精子が我慢汁ととも膣内そして子宮内に入っていくケースもあるみたいですね。そのようなことから「我慢汁で妊娠は十分に起こり得る!」という結論に至りました。

まとめ:我慢汁での妊娠を防ぐにはコンドームをつけよう!

ここまで「我慢汁で妊娠は可能なのか徹底調査」というテーマでお送りしてきました。学術論文から産婦人科の医師の見解、実際に妊娠した方の体験談など、いろんな情報をもとに徹底調査した結果、「我慢汁で妊娠は可能」だという結論に至りました。我慢汁は性的興奮を覚えると放たれるため、自分ではコントロールができないと言っても過言ではありません。

もしあなたが妊娠を望まないのであれば、また計画的な妊娠をしたいのなら、お相手の女性の身体をいたわるのなら我慢汁で妊娠させないためにもコンドームを着用してのセックスをおすすめします。明るい未来のためにも計画的に妊娠出産することは非常に大事ですからね。

◯関連記事
妊娠しやすいセックスは?時間や体位によって変わる可能性を徹底調査
カウパー腺液(ガマン汁)でも妊娠する可能性が?成分を徹底リサーチ

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/pregnancy-verification.html