意外と知らない処女膜の位置|初体験で出血する理由も徹底リサーチ

AV女優「樹まり子」の無修正動画ベスト10【最新版】

初体験とはだれでも人生一度きり!大切な時に知識不足で悲しい思いはしたくないですよね。今回は、意外と知らない処女膜の位置や、初体験の出血についてもご紹介していきますのでしっかり学んでいきましょう。

処女膜とは

処女膜とは女性の膣口のすぐそばにある粘膜のひだのようなものです。処女膜というと完全に穴がふさがれていていると思われがちですが、最初から小さい穴があいていて、そこから生理の時の出血などが出ています。

処女膜は、膣口のすぐ内側にあるフリルのような粘膜のひだのことです。処女膜の形は、人それぞれです。処女膜は、膜といっても、太鼓の膜のように膣口を完全にふさいでいるものではなく、小指の大きさくらいの穴が開いています。処女膜の穴、すなわち、膣口から生理の血液やおりものなどの分泌液が出てきます。
引用:性教育のおはなし

処女膜の位置は意外と知らいない人が多い

処女は処女膜がある、処女膜が破れるなどいろいろ言っていますが、実際に処女膜の位置をしっかり理解している方は少ないんです。皆様も確かに知らなかったなと思ったんじゃないでしょうか?男性なら特に処女の女性とセックスをする機会は1度ではない可能性もありますので、知識をつけてきましょう!

意外と知らない処女膜の位置を紹介

では、さっそく処女膜の位置などをご紹介していきます。きっとイメージと少し違っていると思いますよ。

処女膜の位置

処女膜の位置

処女膜とはでも、少し言いましたが、処女膜の位置は膣口のすぐ内側あります。処女膜にも種類があって、一番多いのが、環状処女膜と言われる適度な大きさや厚さの処女膜です。ほかにも中隔処女膜、篩状処女膜、膣口が完全に塞がってしまっている閉鎖処女膜があります。処女膜というのは、この閉鎖処女膜のように完全に塞がっていることを言うんだと思っている方が多いと思いますが、本当は最初から穴は少し開いているもので、厚さも簡単に破れるレースくらいなんです。

処女膜の色々な形状
処女膜とは膣の入り口付近にある粘膜の”ひだ”を指し、時に膣内にある薄い膜を指す。形状は個人差があり様々であるが、普通は膣の開口部をせばめるようにしているだけであり、膜で膣を塞いでいるわけではない。引用:Wikipedia

処女膜の機能

処女膜は、実は特に機能はまだ発見されていません。現在よく言われている説では、細菌感染などから守るためなどがあります。機能が特にないなんてすごく意外ですよね!

生理学的な役割に関しては特にないとされる。引用:Wikipedia

処女膜の伝説

処女膜の伝説というと、処女の女性とセックスをしても出血も何もなく普通にセックスできることから、処女膜自体が伝説なんではないかと言われたりもしますがちゃんとあります。それは処女膜が厚い壁だとでも思っていたからでしょう。

一番よく聞く伝説と言えば、5年セックスしてないと処女膜は再生するというものですよね。これは完全なる噂でしかないので信じないでください。処女膜というのは一度貫通したら戻ることはなくて、しばらくセックスをしていないと膣内が狭くなるので、それが処女膜が再生したと言われ始めた理由です!

なぜ初体験で出血するのか

もうお分かりいただいたように処女膜というのはすごく薄くて、ほとんどの場合は穴も開いているので血が大量に出るということはあまり多くないんです。なので、処女膜を突き破るという感覚ではないです。

出血する理由

出血しない方も多いといいましたが、出血してしまう方もいる原因はしっかり濡れていない状態で挿入をしたために、膣口付近が裂けてしまうということや、始めてなのに激しいセックスをした場合に中が傷ついて出血が止まらないなんてことがあります!つまり病院に行かなければならないほどの出血をするというのはパートナーの心無い行動というわけですね。処女膜の種類の、閉鎖処女膜は病院で膜を開いてもらいましょう。

通常、処女膜に裂傷が起きると、痛みと共に腟からの出血がみられます。痛みの程度や出血の量には個人差があります。痛みは比較的短期間でおさまってしまい、また出血も少量で自然と止まることから、病院を受診しないケースも多いです。引用:Medical Note

出血しない場合も

処女膜というのは、必ず初セックスをしないと貫通しないということではないんです。例えば激しい運動をする方などはいつの間にか処女膜が破れているということもあります。激しい運動だけではなくても、日常の動きで膜が伸びて穴も広がっている可能性があります。そのため、初めてのセックスの時にしっかり濡れてさえいれば、出血も痛みも全くなしということがあるんです!

ドゥウェック医師は「多くの人は気づかないうちに処女膜が破れており、痛みを伴わないことも多々あるのです。裂けるような感覚を感じる人もいますが、痛みはすぐに消えてしまうのが一般的です。もし出血が続くようなら、すぐに医師に相談してください」と説明。引用:cosmopolitan

まとめ:処女膜は勘違いされていることが多かった

意外と知らない処女膜のことをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?処女膜というのはずっと付き合っていくものではないので、いろんな方の体験談や、噂から勘違いされていることがとても多いと分かりました!これでこれから初セックスを迎える女性も、処女の女性とセックスをする男性も正しい知識で気持ちのいいセックスができるでしょう。

◯関連記事
処女とのセックスで「入らない」を解消する5つのポイントを紹介
処女とエッチをする際、絶対にやってはいけないこと5つ

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/hymen.html