射精の瞬間はどんな感じ?気持ちいい射精の仕組みを3分で説明

射精の瞬間はどんな感じ?気持ちいい射精の仕組みを3分で説明

女性とは違いイク瞬間が目で見れる男性の射精。一生体験することができないだけに「どこがどうなってどう感じるの?」と気になる方も多いでしょう。

そこで今回は、射精する瞬間の気持ちよさや仕組みについて詳しくご紹介していきたいと思います。それと共にもっと気持ちいい射精をしてもらうべく、女性ができる射精のサポート法もお教えしちゃいますよ♪

射精の瞬間は気持ちいい?男性から意見を聞いてみた

射精はイッている証拠。もちろん気持ちいいは気持ちいいでしょう。
でも「出る」という女性には決してない瞬間があるだけに、「どんな風に気持ちいいの?」「どんな感じがするの?」という疑問は深まるばかり。

そこで世の男性のみなさんに、射精の瞬間にはどんな気持ち良さがあるのか、そのホンネを聞いてみました。

・金タマから勢いよくスパーッ!と管を通り抜けていく感じ
・イク前はペニスが締め付けられる気持ちよさ、イク瞬間は精液が尿道の中を押し上がる気持ちよさ

なるほど。やはり「精液が登り詰めてくる感じ」はしっかりと感じるものなのですね。
尿道を通る感覚が「気持ちいい」に繋がることに驚きです。

言われてみると尿意を限界まで我慢したあとに出す瞬間は確かに気持ちいいような…?
これが「尿道を通る気持ち良さ」に近いのかもしれません。

他にも自分でするオナニーと、女性にフェラされるときの違いを教えてくれる意見もありました。

オナニーよりフェラが気持ちいいのは、ペニスへの刺激だけの話ではないようです。
「出ちゃった系のほうが8兆倍気持ちいい」と、自分の意志だけではない射精の方が気持ちいい感覚は強いとのこと。

これは女性だって同じでは?
例えば同じクリイキでも、自分でするオナニーより彼にされてイク方が気持ちいいですもんね。

「女性はイク気持ち良さだけ。男性はそれにプラスして尿道を通る気持ち良さがある」
これが男女の違いなのかもしれません。

では「射精の瞬間に生きていることを実感する」、ここまで言えるその気持ち良さはどのような仕組みで行われているのでしょうか。
次項では射精の仕組みについて見ていきましょう。

気持ちよくなる射精の仕組みとは

射精と聞くと、尿道口から精液が出てくることだけを想像するかもしれません。
しかし射精は精子が精巣を旅立つところから始まります。

どうすればもっと気持ちいい射精になるのか、そのヒントが射精の仕組みに隠されているのです。

専門的な部位名が出てきますし、射精のメカニズムはとっても複雑。
難しい話になりますが、できるだけ簡単にその仕組みを説明していきますね。

①勃起するのは血液の働き。射精するのは筋肉の働き

勃起は海綿体に血液が流れ込むことで、大きく固く膨らみます。
勃起に筋肉は一切関係ありません。
だからこそ「自分の意志とは関係なく勃起してしまう」ということが起こります。

しかし射精は筋肉がピクピクと律動することで起こります。
射精は「ドクドク」と徐々に出し切るものであって、「ピュー」と一気に全て放出されるものではありませんよね。
筋肉の動きで出るものだからこそ「射精する瞬間はある程度調節できる」のです。

・勃起は血液の働きだから調整不可能
・射精は筋肉の働きだから調節可能

まずはこれを理解しておいてくださいね。

②精巣から出た精子は精巣上体で成長する

ここから難しい部位名が出てきます。
しっかり理解するためにも、まずは画像で男性器の構造を知っておきましょう。

精巣(睾丸)で精子が作られるのはみなさんご存知でしょう。
しかし出来たばかりの精子はまだ赤ちゃん。
その後「精巣上体」に移動して、妊娠可能な力を身につけるまで成長します。

睾丸を触ると袋の中に楕円形の球体があることがわかるでしょう。
さらによくよく触ってみると卵のカラザのような、球体にくっついた小さな袋のようなものがあるはず。
そこが精子が成長する場所、精巣上体です。

③成長した精子は精巣上体尾部に蓄えられる

成長した精子は、その後「精巣上体尾部」という場所まで移動します。
先ほどのカラザの下側。
睾丸の1番下という体内からもっとも遠い場所です。

「射精されずに古くなった精子は体内に吸収される」と言われますが、その吸収される場所もこの精巣上体尾部。
成長した精子たちは、この精巣上体尾部で射精されるまでの時を過ごします。

ここまでが射精をする・しない関係なく、常に男性の身体の中で起こっていることです。

④射精する前に精巣上体尾部から精管膨大部まで移動する

さあ勃起したペニスに刺激が加えられました。
徐々に射精感が強まってくる頃でしょう。
すると精巣上体尾部にいた精子たちは、膀胱のすぐそばにある「精管膨大部」まで移動を始めます。

この移動は精子たちが自分の意志で動くわけではありません。
睾丸がキュ~ッと収縮することで運ばれるのです。

「イク寸前の彼の睾丸を触ったことがある」なんて方は少ないかもしれません。
実はこのとき、睾丸は体内に収まるくらいまでせり上がっていて、外からみても平らになっているんです。
機会があれば触ってみてくださいね。

⑤内尿道括約筋と外尿道括約筋が締まる

2つの筋肉が締まり、その空間に射精寸前の精子たちを蓄えます

・内尿道括約筋:膀胱の出口
・外尿道括約筋:前立腺のすぐ下

内尿道括約筋が締まるのは、尿が出たり膀胱に精子が侵入するのを防ぐためです。
「勃起してるとオシッコがしずらい」という男性も多いはず。
これは射精に備え内尿道括約筋が締まりかけてるからです。
射精する瞬間は内尿道括約筋がガッチリ締まるので、尿が混じることはあり得ません

外尿道括約筋は前立腺のすぐ下に位置しています。
そのため射精寸前は2つの筋肉の間が膨らみ、前立腺を刺激することになります。
イク気持ちよさには前立腺への刺激も加わっているんですよ。

⑥前立腺と精嚢から分泌液(精液)が出て精子と混ざり合う

内尿道括約筋と外尿道括約筋の間に貯まっている間に、前立腺と精嚢から精液が分泌されます。
ここで分泌液と混ざることで、射精の瞬間に出るいつものあの状態になるのです。

ちなみに射精したばかりの精液をまじまじと見たことある方はいますか?
よく見てみると、白い部分と透明な部分が混じっておらずまだらになっているんです。
これがさまざまな場所から分泌された液体が混じっている証拠。
時間の経過と共に馴染んできて、透明に近い白濁色になるわけですね。

⑦外尿道括約筋が開き尿道口へ向かう

さあいよいよ射精の瞬間です。
イク寸前はペニスがビクビクと脈打つものですが、その動きこそが精液を尿道口まで運ぶ動作。
内尿道括約筋と外尿道括約筋の間に貯まりに貯まった精液を外に出すべく、筋肉が律動するのです。

筋肉の圧力に耐えられなくなると、締まっている内尿道括約筋と外尿道括約筋のうち、外尿道括約筋だけが緩みます。
そして尿道口へ向かって勢いよく発射され射精の瞬間を迎えるのです。

少しおさらいしてみましょう。

1:睾丸がせり上り精管膨大部まで精子を移動させる
2:内尿道括約筋と外尿道括約筋の間で精液と混ざる
3:外尿道括約筋が緩み射精される

いかがですか?一連の動き全てが筋肉で行われているのがわかるでしょう。

そして男性が「イクのを我慢している状態」は、3の外尿道括約筋が緩むのを拒否しているときです。
これはいわゆる「オシッコを我慢しているとき」と全く同じ状態なんですよ。

男性が射精でもっと気持ちよくなるために必要な女性のサポート法

射精の仕組みは理解できましたか?
ここからはその情報を参考に、もっと気持ちよくなる射精のサポート法をご紹介していきましょう。

射精する瞬間が気持ちよくなるヒントは以下の4つです。

・睾丸から精管膨大部までスムーズに精子を移動させる
・内尿道括約筋と外尿道括約筋の間にたっぷり貯め続ける
・外尿道括約筋が緩まないようにする
・勢いよく発射させる

これを意識してサポートすれば、より気持ちいい射精になりますよ。

①射精感が高まっているときに睾丸を触らない

気持ちよくなってもらうために玉責めはアリ
舐めたり揉んだり、睾丸への刺激を喜ぶ男性も多いのです。

しかし気持ちよくなってもらうためならいいのですが、射精感が高まり「もうすぐイキそう」というときに睾丸を触ってしまえば、精子を上手に移動させることができません。
精子が精管膨大部まで移動しにくくなれば、満足のいく射精には繋がらないでしょう。

プレイの途中に挟むのはアリでも、射精寸前に刺激するのはNGです。
あとせり上がる睾丸を引っ張りでもすれば、単純に痛みが走ることになりかねません。

②五感を刺激し興奮度を高める

「内尿道括約筋と外尿道括約筋の間にたっぷり貯め続ける」これを実現させるためにも、射精感を高めるのではなく性的興奮度を高めるようにしましょう。
それには五感を刺激してみることです。
さまざまな方法がありますが、いくつか例を挙げてみましょう。

〇視覚
・フェラするときは上目遣いをする
・セクシーな衣装を着る
・普段はしないような体位にチャレンジする

〇聴覚
・喘ぎ声は出し惜しみしない
・フェラ時にはいやらしい水音をわざと出す
・卑猥な単語を恥ずかしそうに囁く

〇触覚
・ペニスと乳首の同時責めをする(触られている感覚)
・膣には愛液のヌルヌル感がある(触っている感覚)

〇味覚
・クンニやフェラなど性器の味を味わう
・セックス時に発汗した身体を舐めてもらう

〇嗅覚
・汗や愛液のニオイ

このようにセックス時には五感全てで相手を感じることができます。
これ以外にも「いつもならしないようなこと」に興奮する男性も多いでしょう。
気持ちのいい射精は「刺激」ではなく「興奮度」でも大きく左右されるのです。

また「刺激」に頼ってしまえば、射精感が高まり外尿道括約筋が緩む原因にもなってしまいます。
射精を我慢するというと寸止めをイメージするかもしれませんが、興奮させるだけさせて射精感を持たせないというのも気持ちいい射精に繋がるものですよ。

③会陰部(睾丸と肛門の間)を強く押す

例えばフェラをしているとき。他にも手コキをしているときもそうでしょう。
ありとあらゆるテクニックを披露するのはもちろんGood!
でもそれだと早く射精してしまいかねません。
外尿道括約筋を緩めないようにするためには、会陰部を指で強く圧迫してみましょう。

会陰部を圧迫することで、物理的に外尿道括約筋が緩むのを防ぐことができます。
つまり「射精感は増すものの出しにくい」ということができるのです。
長く「射精しちゃいそうな気持ち良さ」を味わえる方法といえるでしょう。

ちなみにペニスの根本をキツく縛る方法も有名かもしれません。
でもこれでは外尿道括約筋が緩んだ後。
尿道まできた精液を止めるているだけの行為です。
これは逆行性射精の原因にもなるため決しておすすめできません。

④イク寸前の見極めが肝心!ギリギリの寸止めは快感度が下がる原因

いくら会陰部を圧迫していても射精はしてしまうでしょう。
しかし寸止めするタイミングを見極められねば、中途半端な射精になり気持ち良さは半減してしまいます。
というよりも肉体的感覚は変わらないのですが精神的満足度が全く異なるのです。

オナニーしていて射精する瞬間を言葉で表せば「ああぁぁぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜!!!」です。
この時、よく飛ぶようにイク方が気持ちいい。
だらだらと垂れるような射精の感覚はあまり気持ち良くはありません。
引用:きもイク

「止めるのか動かすのかハッキリしてくれ!」という状態でイクのと、「もうイッていいよ」と激しく動かされてイクのとでは、射精の飛距離も変わります。
ドロリと垂れるかドピュッと出るかをイメージしてもらうとわかりやすいのでは?

せっかく最高の刺激を与えつつも、射精感を我慢させ焦らしに焦らしたプレイだったのに…
最後の結末がこれじゃ男性もなんだか消化不良になってしまうでしょう。

ほんの数秒なのでわかりにくいかもしれませんが、射精する寸前はペニスが必ず脈打ちます。
ドクドクと脈打ったときにはもう外尿道括約筋が緩んだ後
ここで刺激を止めるような行為は決してしないようにしましょう。

注意!満足する射精ができたほど賢者タイムがドンドンのし掛かってくる

手コキでの手の動かし方やフェラでの舌使いを学ぶのも良いのですが、上記でご紹介したように4つのポイントを押さえることでも気持ちいい射精をしてもらうことが可能です。

・精神的に興奮させる
・射精を物理的に我慢させる
・イクときは思いっきり射精させる

これで男性だって大いに満足してくれることでしょう。
しかしたったひとつだけ注意点があります。
それは射精後に訪れる賢者タイムです。

これは射精の瞬間に分泌される「プロラクチン」というホルモンのせい。
このプロラクチンが性欲を一気に減退させるからこそ、射精後にむなしさを感じたりするわけですね。

興奮度を煽りに煽って、アドレナリンをドバドバ放出させた射精をしたのにプロラクチンで一気に性欲がなくなる…。
この落差が大きければ大きいほど、賢者タイムのむなしさは増していくでしょう。

「さっきまであんなに興奮してたのに今はもう冷めてる」そんな状況に戸惑うかもしれませんが、これはホルモンの関係上仕方のないこと。
もしセックス後にピロートークなど甘い時間を望むのであれば、あまり激しいプレイはしない方がいいのかもしれませんね。

射精瞬間時の気持ちよさを理解して、彼にもっと気持ちよくなってもらおう!

射精の瞬間はイク感覚だけでなく、精液が尿道を通り抜けるという物理的な刺激も快感のひとつになっています。
そんな射精の仕組みとして覚えておいて欲しいのがこの2つ。

・勃起は血液の働きだから調整ができない
・射精は筋肉の働きだからある程度調節ができる

またもっと気持ちいい射精をしてもらうためにできるサポート法は、以下の4つのポイントを押さえることでしたね。

①睾丸から精管膨大部までスムーズに精子を移動させる
⇒射精感が高まっているときに睾丸を触らない

②内尿道括約筋と外尿道括約筋の間にたっぷり貯め続ける
⇒五感を刺激し興奮度を高める

③外尿道括約筋が緩まないようにする
⇒会陰部を圧迫し物理的に外尿道括約筋を締める

④勢いよく発射させる
⇒寸止めのタイミングを見極める

女性には決して体験できない射精という行為も、仕組みを知るとなんとなく理解できるようになったのでは?
彼に喜んでもらうべく、賢者タイムに注意しながらも気持ちのいい射精の瞬間を迎えてもらいましょう。

◯関連記事
射精のメリット・デメリットは?射精が身体に与える影響について
射精時の精液の量は健康状態のバロメーター!増減の理由とチェック項目を紹介

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/moment-ejaculation.html