嫌がる女性に口内射精をキメる方法|「ごっくん」までキメてしまえ

AV女優「立花みずき」の経歴やプライベートSEX事情などを丸裸に【2019年最新版】

今回は「口内射精」に関するノウハウを解説します。とくに、口の中に射精され、出されたザーメンを飲むことを苦手とする女性に対して、どのように「ごっくん」ができるようにさせるかについて考えてみましょう。全員ではありませんが、多くの男性は、「口内射精→ごっくん」をされたら、とてもうれしいですし、大きな満足感をセックスで得ることができるからです。

口内射精とは

口内射精は、「口内発射」などと言われることもあります。要するに、女性の口の中に射精することです。たいていはフェラチオをしながら出すのが一般的ですが、中には、男性が自分しごいて、発射する際に、女性に口を開けて待っていてもらい、そこに出す場合もあります。

上のツイートは、「裏垢」アカウントでのツイートのようですが、「口内発射された時はちゃんとごっくんしてあげる派」という自己アピールはいろいろな人が使うコメントです。つまり、それだけ「ごっくん」「飲精」をしてくれる女性は少ないということです。筆者の経験からも、口内射精は受け入れるが、出した後は、ティッシュなどに吐き出すという女性がほとんどです。男性としては、飲みほしてほしいという気持ちも強くあるのですが、射精するまでフェラをし続けてくれた女性にそこまで要求するのは・・・と気が引けてしまう部分もあるのですね(笑)。それに、射精後、男性は急速に気持ちが落ち着き「賢者タイム」がやってきますので、その状態で強引に飲ませようという気分にはならない、ということもあるでしょう。

また、よく口内発射やごっくんをさせたがる男性はAVの見過ぎ、といったことを言う人がいたりしますが、こうした行為は昔から男女の間でされていました。

こんなツイートがあるように「愛のコリーダ」の時代背景となった昭和初期のころでも、口内発射やごっくんは行われてきたし、AVなどが普及していない戦後まもなくのエロ小説などでも、そうした行為の描写はめずらしいものではありません。普通の人妻などが自ら好んでザーメンを飲み干すというシーンが描かれています。

要するに、「AVの見過ぎ」という言い方で、口内発射やごっくんを特別なものとして決めつける人は、自分が興味ないか、できないからそういうことを言っているだけですね。過去の性表現の歴史からしても、口内発射やごっくんは、男性にとって喜ばしい、興奮するプレイであることは紛れもない事実でしょう。

口内射精は気持ちが良い!

口内発射やごっくんをしてもらうことの快楽について、よく「征服欲を満たされるから」というものがあげられますが、筆者などはあまりそういう感覚になったことはないですね。というよりも、元々、他人を従わせたい、征服したいといった気持ちを持っている人はそうした気分に浸れるというだけのことでしょう。

フェラチオされた状態でいよいよ射精という段階になったとき、相手の女性に「このまま出すよ」と告げて、相手が拒絶しない、しゃぶりながら軽くうなずく仕草をする、といったサインがあると、そのまま射精して、そのあとも暖かい口内にちんぽが包まれている、もうそれだけで気持ちがいい、ということではないでしょうか。そのうえ口の中にだされたものを女性が飲み干してくれれば、愛情や自分のために尽くしてくれている彼女の気持ちを実感できます。それが、口内発射やごっくんの魅力でしょう。

大好きな彼女に口で抜いてもらえて男は幸せだし、大好きな彼を幸せにしたんだから彼女も喜んでいいとおもいますね
引用: Yahoo!知恵袋

口内発射は男性にしてみれば愛する女性にしてもらうことは最高の喜びですよ。そのあと美味しいなんて言ってあげればもう首根っこ捕まえたようなものです。我が家はゴムも使いません。ないほうが気持ちいいからです。最後は顔射か口に出して飲んでもらいます。
引用: Yahoo!知恵袋

支配欲、征服欲の強い男性は、口内発射やごっくんだけでなく、あらゆるセックスプレイを、そうした欲求と結び付けて快楽を得ようとします。例えば、バックで挿入しながらアナルを指で刺激したり、尻肉をひっぱたくという行為も支配欲や征服欲を満たす行為になります。しかし、女性との一体感を感じたい、あるいは、好奇心を満たしたい、ちょっと冒険してみたい、とったタイプの人は、同じことをしてもその行為から得るものは「征服したいタイプ」とはぜんぜん違います。

要するに、口内発射やごっくんという行為は、人によっていろいろな意味合いがあるということです。したがって、これらの行為のどこが気持ちがいいのか、というのも、人によってまったく違うので、征服欲、支配欲を満たしたいという人でも、別の感覚を満たしたいという人でも、どちらがまっとうか、なんてことは言えないのです。

しかし女性は嫌がる!

このように、口内発射やごっくんという行為によってどんな欲求を満たしたいにしても、それは「個人差」でしかないのですが、いずれにしても相手があることですから、どこまで受け入れてもらえるかは、重要な問題となります。

口の中にザーメンを出されること、出されたものを飲み干すことについて、強い拒絶感を示す女性は少なくありません。

彼氏が口内射精が好きだというのですが、これって変な趣味ですよね?口内射精ってそんなに良いんですか?コンドームつけてても中でいくほうが男は好きなのかと思ってました。
引用: Yahoo!知恵袋

こんな意見はまだましな方で、「絶対にしない」「昔付き合っていた人にはしていたけど、今は旦那にする気はない」「味とにおいが嫌だ」などなど様々なものがあります。

そもそも「フェラチオそのものが嫌」という女性もいます。また、口内射精やごっくんを要求する男性は「女性を性処理の道具にしかみていない」と断じる女性もいるようです。

はっきり言って、こういうのは趣味、嗜好の問題、相手への許容範囲の問題なので、いくら話し合ったとしても、ほとんどが平行線となります。男性がどれほど口内発射やごっくんにこだわって、「どうしてもしてほしい」と懇願しても、「なんで、そんなことにこだわるの?」という反応が返ってきて、軽蔑の視線を受けるケースが多いでしょう。

口内射精、ごっくんにどこまでこだわるか考える

まあ、どんなに軽蔑されても、自分がこだわっているプレイをしてくれないなら気持ちも冷めていくわけで、「そんなことは変態のすることだ」「AVの見過ぎだ」「わたしは道具じゃない」などと、できない理由にいろいろ理屈をつけられても、本音を言えば「じゃあ、やってくれる女性を探そうかな」と思うだけでしょう。自分とだったら、変態にでも道具にでもなってくれる女性が一番なんですから。たとえ「最低男」「男尊女卑」だといわれようと、それが本音でしょう。

もちろん、男と女は不思議なもので、ちっとも自分の望むセックスをしてくれない女性でも、なんとなく離れがたく、付き合っていると、別の魅力をたくさん感じてしまって、かけがえのない特別な存在になっていくこともあります。セックスに限っても、口内発射やごっくんは「ごめん、できない。無理」とそっけないけれど、興奮してくるとものすごくいやらしい顔をするとか、シックスナインは自分から積極的にするとか、別の魅力が出てくることがあります。相手は口には出さないけれど、隠れた性癖のようなものを見せてくれるのが無上の喜び、というタイプの男性なら、「この女性に対しては口内発射やごっくんはあきらめようか」という気持ちにもなっていくでしょう。

ザーメン飲んだ口にキスできるか?

また、こういう意見もあります。

口内発射OK!ごっくんも(人によって)OKな私ですが、断るとしたら、「お口に含んだまま、キスしてもいい?」と聞き返します。「もし私のことを愛しているなら、心の奥深くであなたが汚いと思っている精液を受け止めた、私の口も愛してほしいな…」と思ってしまうのです。
引用: 口内発射が苦手…彼の「口に出したい」の正しい断り方

筆者なら「もちろんいいよ、ザーメンこっちの口に戻したり、またそっちに送ったりしてもいい?」とニコニコして答えるでしょうが(笑)、男性の中には、こうした申し出に対し返答に窮する人もいるでしょう。まあ、本音を言えば「俺は汚いから嫌だけど、四の五の言わずにお前は飲め」ということでしょうが、なかなかそれをそのまま口にするのは難しい。なんだか、痛いところを突かれてイライラしますよね(笑)。

嫌がる女性に口内射精をキメてそのまま「ごっくん」させる方法を紹介

そこで、強引にでも、どんな鬼畜な方法であっても、彼女に口内発射をさせて、できればごっくんさせてしまうテクニックについて紹介していきましょう。それきり、お別れすることになるかもしれませんが、もしかしたら、次第に受け入れるようになるかもしれません。

デートやセックスを抑制して飢えさせる

まず、前もって「口内発射させてもらう、ごっくんをしてもらうのが好きだ」ということは相手に伝えておきます。もちろん、相手がその段階でできなくてもあまりこだわらず、相手の許容できる範囲のプレイで済ませておきます。ただし「過去付き合っていた女性には、当たり前のようにしてもらっていた」ということも匂わせておきます。誰とどんな風にしていたのか、という具体的なことは、適当にはぐらかせておき、詳しいことは言わないようにします

そのうえで、仕事とかバイトが忙しいということにして、デートやセックスの回数を減らしていきます。女性は、定期的にセックスできる男に対してわざわざ、抵抗を感じるプレイはしません。

ある程度性的満足を欠乏させることによって、久しぶりのセックスでは女性もかなり燃えてきます。それに、急に疎遠になると「自分には飽きたのか」「ほかに女性ができたのか」と疑心暗鬼になっていきます。

飢えた状態にした女性は、フェラチオもいつもより激しくなります。あなたの気持ちについて不安を感じているので、どうしても相手の満足させなければと勢いづいています。そこで、口の中でだすつもりはないけど、今日はお口のサービスもたっぷりやってくれ、と頼みます。しっかり「ああ今日はいつもより、すごくいいよ。やっぱり君のフェラは最高。ずっと我慢していたんだ」などと彼女に自分のその場での気持ちをはっきり伝えます。飢えた女性に「今日はたっぷりね」と言っておけば、口内射精くらいは勢いでやってしまう可能性もあります。

ごめんと謝りながらお口にザーメンをお漏らし

射精寸前まできても、「あっ、いきそう」だなんてことは言ってはいけません。体もあまり動かさず、射精しそうだと悟られないようにしましょう。射精の瞬間は、ちんぽがどくどく動いてくわえている女性にもわかる、なんていう人もいますが、実際はそんなことはほとんどありません。なるべく言動を抑えめにしていれば、自然と口の中にザーメンが入っていきます。

女性は断りもなく、射精されて怒り出すかもしれませんが、その際は「ごめん、久しぶりだったから出ちゃった。止めようがなくて」などと謝罪を含めて言い訳をしたほうがいいでしょう。そうやって何度か「お口にお漏らし」してしまうことで、なし崩しに口内発射を日常化させていきます。そのとき、いかにも汚いものを口に出されたという感じで、女性が不快感を表したりしたら、その1回であきらめたほうがいいかもしれません。嫌悪感はあらわにしないようであれば、「ごめんね」とあやまりつつ「いやぁ、でもうれしいよ、口で受けてもらえて最高」というように、喜びの気持ちも大げさに伝えてください。抱きしめたり、ボディタッチも効果的です。

女性はこうした行為について「食わず嫌い」で敬遠していることもあります。一回経験すると、とくに味がきついわけでもないし、大丈夫だとわかってその後も口内射精を許してくれるようになるかもしれません。よく、精液の味が苦いだのなんだのネットで発言している人がいますが、たいていは、すぐに出すか、飲むかすれば、特に気にならないものです。そうやって、口内発射を普通にできるようにしてから、「飲める?」とごっくんをうながしていきましょう。

「口まんこプレイ」に慣れさせる

口内発射やごっくんへの導入として、「口まんこプレイ」に女性を慣れさせるという方法もあるでしょう。「口まんこプレイ」はフェラチオを普通にしてくれる女性なら、比較的簡単にお願いできます。女性は口の中にちんぽを入れた状態で、頭部の動きを止めます。男性は、優しく「ちょっとぐらつくから、頭支えるよ」といって、女性の頭部に手を当てて固定できるようにします。

このとき、あまり女性の髪をつかんだりしてはいけません。あくまで優しく固定して、自分の腰をゆっくり動かします。もともとフェラの時に喉の奥まで入れるイラマチオをできる女性は別ですが、いきなり、奥までちんぽを口の内に突っ込むと、相手は怖がりますので、ゆっくり、じわじわと腰を動かし慎重に出し入れをしていきます。そのとき、気持ちがいい、すごくエロい気分になる、といった自分の気持ちを言葉で伝え、さらにときどき「大丈夫?」「苦しかったら言ってね」などと気遣いの言葉もかけておきましょう。

もちろん、黙って出したりはしないと約束します。そして、実際出さないようにして口まんこすることを続けていきます。いつものように口まんこプレイをして、射精しそうになったら、動きに変化を持たせたり、声をあげたりしないようにして、出し入れを続けます。そして出してしまったら、謝罪と感謝の気持ちを告げて、大げさに喜んであげます。その後も、口まんこプレイでは射精しないようにして、どうしても我慢できなくなったらだしてしまうこともある、という感じで、口内発射に慣れていくよう誘導していきましょう。これに慣れていけば、精液が少なめなら、飲んじゃっても大丈夫というようにしつけていけばいいのです。

1回目のセックスでは射精を我慢。2回目のフェラで出してしまう

別の方法として、1回目のセックスでは射精を我慢して2回目の挿入前のフェラで出してしまうというものがあります。

1回のデートで2回はセックスするというカップルであれば、使える方法です。また、普段は1回しかしないという場合でも、「1回出したけど、少し口でしてくれる?」などと頼むのもいいでしょう。

1回目のセックスでは、射精をしたふりをします。コンドームをつけている場合は、相手に中身を確認させないようにして、素早く処理してください。間違っても女性に始末を任せないように(笑)。

相手は、あなたが一度射精をしてしまっていると勘違いしているので、その後フェラをしてもすぐに射精したりはしないと思っています。その油断をつきます。「たっぷり、じっくりやってほしいなぁ」なんて言いながら、女性に甘えてみましょう。そのとき、男性は射精を我慢しているので、比較的早く「その時」がやってきます。なるべく、動きや声を抑えて体の反応に身を任せましょう。

その後の対応は、前述の方法と同じです。間違って出してしまった、だけど、素晴らしかったということを伝えてください。とにかく、口内射精を女性に慣れさせることを念頭においてください。たいていの女性は、口内射精やごっくんに対して慣れていないだけで、慣れてくれば、なし崩しで素直に応じてくれるようになります。

拘束して快楽プレイでいじめ抜き、ごっくんまで一気に

「快楽プレイ」はSMの一種ですが、苦痛は与えません。女性の体を拘束したうえで、指や手、舌はもちろん、バイブ、ローターなどで責め続けます。口内発射やごっくんもできないのに、SMプレイなんかとても無理だ、という意見もあるでしょうが、精液を口に含む、飲むというのは抵抗があっても、「快楽プレイ」には興味を示す女性も大勢います。一か八か、誘ってみてください。

SMプレイの経験がある人は別ですが、それほどでもない場合は、縄やロープを使って縛る必要はありません。いまは、アダルトグッズ店でSM用のテープを売っています。そうしたもので、足や手を固定することも可能です。

また、彼女が逝く瞬間をよく理解しておくことが大切です。その仕草を覚えておいて、だんだん逝く前に、責めを中断するようにして、「もうちょっとで逝けるのに」という感覚を覚えこませていきます。もちろんプレイを開始してからずって逝かせないようにするよりも、2度くらいは軽く逝かせてから、オーガズムをもっと感じたいという状態にしてからの方がいいでしょう。

テープなどで拘束している場合は、それほど肉体的なつらさはありません。「解放してもらいたい」というのは、「もっと激しく何度もいかせてほしい」というムズムズした気分から解放されたいという意味です。

「いかせて、お願いだから」という状態になったら、口内発射とごっくんしてくれたら、いくらでも逝かせてあげるよ、と提案します。何度もこうしたプレイをしていると、女性はオーガズムを我慢させられたあと、逝かされる時の爆発的な快感を覚えていて、「それくらいなら、できるから」と言い出すこともあります。

約束させたら、前述の口まんこプレイなどで射精して、しっかりごっくんするまで確認します。もちろん、約束ですから、射精した後でも、気を取り直してしっかりと女性を気持ちよくさせてあげてください。クンニは必須です。アナルもべろべろと下品になめてあげましょう。

射精前に頭を押さえつけ、自分でしごきながら一気に射精

最後に紹介するのは、かなり強引な方法です。まず、「最近、あっちの方が元気なくて、何見ても興奮しない」「落ち込むことが多くて、仕事も乗り気にならない」などと、原因不明の不調をアピールしておきます。あなたに対して、はっきりとした愛情をもっている女性なら、そんなことを聞いたら、少なからず心配になります。

そのうえで、セックスに臨みます。そして、挿入前のフェラをしているとき、射精の気配を感じたら、くわえている女性の後頭部をぐいと抑え、自分でちんぽをしごきます。

このとき、「あ、ごめん、ちょっと我慢して」とか「もうちょっとだから、少しこのままでいて」などといいながら、そのまましごき続けます。このとき、女性が拒絶反応を起こしてちんぽを噛んでしまうと心配する人もいるようですが、なかなかそこまでの行動をとる女性はいません。まず、勃起したちんぽを口の中にいれた状態で歯を立てるのは難しいからです。ただし、頭を強引に振ったりすることもありますので、できるだけ早く射精しましょう。

出してしまったあと、彼女はちんぽから口を離し、ティッシュを探すはずです。そこで、強引に手で口をふさぎ、「飲んでくれ」と言って飲むまでは塞いだ状態にします。

ごっくんするかどうかは別にして、こういう行為をされた女性は、かなり怒るかもしれません。もちろん、言い訳はします。最近調子が悪くて射精もなかなかできずにいたとか、どうしても、口の中に出してみたくなって強引なことをしてしまって済まない、といったことですね。

たしかに、こんな言い訳はしらじらしいものでしかありません。でも、口内射精やごっくんは、別に危険なプレイではありません。たいていの女性は、しぶしぶながらも許してくれるはずです。ただ「これからは、頭をおさえつけるのやめて、こわいから」くらいは言われるかもしれませんが。

まとめ:口内射精、ごっくんは「食わず嫌い」のプレイであることが多い

口内射精やごっくんプレイを嫌う女性のほとんどは、かなりの回数をこなして嫌いになったというわけではありません。なかには、一度もやったことがないのに、拒絶する人がいます。つまりただの「食わず嫌い」なだけということがほとんどなのです。精液がくさい、汚い、苦い、というのもただの言い訳でしかありません。そんなものは、慣れていけば気にならなくなります。今回紹介した方法は、鬼畜というよりもかなりズルいやり方ですが(笑)、愛している相手なら一度は試してみてもいいでしょう。男と女は、心理的な弱みをついて現状を打開できることもたくさんあります。ズルかろうが、なんだろうが、一度はこうしたプレイを経験させて、当たり前の行為にしてしまいましょう。なお、今回紹介した方法で結果的に関係が壊れても当サイトは一切責任はとりません(笑)。

◯関連記事
オプションの「ごっくん」飲精と精液の味
遅漏男が3分で即イキ!ゲイから学んだ悶絶バキュームフェラの方法とは

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/gokkun.html