妊娠しやすいセックスは?時間や体位によって変わる可能性を徹底調査

AV女優「寺崎泉」の経歴やプライベートSEX事情などを丸裸に【2019年最新版】

お互いのことが好きになってからしばらく経つと、そろそろ子供が欲しい。生中出しをしているのになかなか妊娠しないと様々な悩みを持つ方がいるかと思います。ここではそんな方のために、科学的に妊娠しやすいセックスの時間帯や体位は存在するかを解説していきます。また、これらが明らかになると、男性側が妊娠させようとしているかもわかるようになるでしょう。

妊娠しやすいセックスはあるのか?

果たして妊娠しやすいセックスはあるのでしょうか。そこでいろいろ調べてみましたが、結論からいうとこの体位すれば妊娠しやすい!といった具体的な物はありません。

妊娠しやすいセックスの体位はあるのですか?
いいえ。あまり体位は関係ないと思います。
引用:排卵・妊娠・セックスについて

もし排卵日にきちんとセックスすれば、必ず妊娠できるのですか?
いいえ。健康な男女が排卵日頃に(数回)セックスしても、その周期に妊娠する確率は約20%前後です。
引用:排卵・妊娠・セックスについて

不妊治療の専門クリニックよると、妊娠しやすいセックスについては否定的です。

妊娠しやすいセックスのポイントは?

残念ながら確実に妊娠するセックスは存在しないようです。ただ、落ち込むは必要はありません。最近の研究ではいくつかの条件を満たすことによって、妊娠の確率をグーンと上げることができるようです。

望まない妊娠は嫌ですが、理想の男性を見つけた場合は少しでも妊娠のしやすいセックスをしたいですよね。次に妊娠しやすいセックスのポイントをいくつかご紹介していきます。

毎日セックスをするのは間違い?

妊娠しやすいようにするために毎日のセックスが必要だと思っている女性は多いかもしれません。不妊治療系のクリニックでも妊娠するまでセックスを出来るだけするようにアドバイスしてくるはずです。

しかし、妊娠しようと頑張りすぎてしまうと「セックスしなくちゃ」と義務感に思えてしまい、やる気が低下します。やる気がなくなるということは男性側からするとマイナスになることもあり、立ちにくくなります。アメリカのコロンビア医科大学の上級副学部長のハッチャ-ソン博士によると、

毎日するのを避けた方が男性側の泳ぐ細胞にも良い場合があるのだとか。「男性によっては、毎日セックスすると精子の数が減ってしまう人もいるんです。全員というわけではないですが」
引用:実は前戯も重要!?妊活中セックスのポイント6

では妊娠しやすいセックスはいつなのか。と問いに対する答えは排卵の2日前だということがわかったようです。

米国の生物統計学者であるデビッド・ダンソン博士が、避妊をしていないカップルのみを集めて実験を行いました。その結果、妊娠しやすいのは排卵日の5日前から排卵日当日までの6日間で、中でも最も妊娠したケースが多かったのは、排卵日の2日前だということが分かりました。

要因としては、普段女性の膣内は酸性の状態に保たれており、精子が生存しにくい環境になっているのですが、排卵日の前からアルカリ性の粘液が分泌され、精子はこの中を泳いで子宮へと向かうことが出来るからということが考えられます。

これまでの他の研究でも、最も妊娠する可能性が高い日は排卵2日前というデータが報告されています。
引用:本気で妊娠の確率を高めるには排卵検査薬を使いましょう!

オナ禁はかえって逆効果

男性がオナニー禁止いわゆるオナ禁をすると、精子の質が良くなりドバドバとした粘度の高い精子が出るから妊娠しやすいと勘違いしているケースが多いかと思います。しかし、妊娠をするならオナ禁をするのはかえって逆効果になり、むしろ妊娠しづらくなります。それでは、男性側としてはいつセックスをするのがベストタイミングなのかというと、3日おきくらいが良いとされています。

妊活中の人の中には排卵日しかセックスをしないという人もいますが、「禁欲期間」=「精子を出さない期間」が長いと精子は劣化してしまいますので、日ごろから仲よくしておくことも大事だと思います。ただし、毎日だと精子が薄まってしまうので、3日おきくらいがベストだと言われていますよ。
引用:exciteニュース

結果的にセックスをするなら女性は排卵日の2日前がベストで、男性は最後に射精をしてから3日後くらいが妊娠しやすい良いタイミングということになりますね。

妊娠しやすい体位は基本的にない

もっとも気になるのは、妊娠しやすい体位ではないでしょうか。妊娠する時には子宮の奥に精子が届きやすいかどうかはポイントになります。しかしながら、男性不妊専門のサイトでは以下のように述べています。

子宮の奥がお尻のほうへ倒れている「子宮後屈」の人は胸膝位や腹臥位が望ましい、といった説があります。これらは100%間違っているというわけではありませんが、基本的に妊娠を決めるのは着床率および精子の量・質・運動率などが高いかどうかなので、体位は実際のところあまり関係がないと言えるでしょう。
引用:男性不妊サプリ特集!今日から始めるべビ待ち習慣

最初に述べたように妊娠しやすい体位というのは存在しませんが、男性器が小さくて中出しをしても子宮に精子が届かないという可能性を考慮した場合は、正常位でまんぐり返しをすると良いのかもしれませんね。いずれにしても、妊娠しやすいセックスとは、体位よりもタイミングの方が重要だということがわかりましたね。

妊娠しやすいセックスの逆をすれば…

妊娠しやすいセックスを知るということはお互いにとってはいいことです。しかし、これによるデメリットがあります。特に、妊娠を望んでいないパートナーが女性の排卵日などを把握していた際に生挿入、生中出しをすると妊娠してしまう可能性がありますよね。

さらに、前述したように妊娠したい!早く子供が欲しい!と焦ってしまうことが精神的によろしくなく、セックスの本来の目的である「相手との愛情を確かめあう」「気遣いをする」といった根本的な物を見落としてしまい、気持ちよくないセックスになってしまいます。

妊娠出来たらラッキーくらいの思考で、お互いにセックスを楽しむとそれが妊娠しやすいセックスの近道かもしれませんね。

まとめ:妊娠しやすいセックスは排卵日の2日前を狙え

妊娠しやすいセックスをするなら排卵日の2日前がベストだと判明しました。妊娠を望むならこの日は外せませんね。ただ、他の日にセックスをしても妊娠しない、妊娠する確率が下がるというわけではないので、根気強く続けるのが良いでしょう。

◯関連記事
妊娠中のセックスは流産や早産の可能性を高める?注意点などを紹介
生でセックスをした後の病気や妊娠のリスクを解消する5つのポイント

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/pregnant-sex.html