女性が期待している前戯のやり方のまとめ|5分でイカせる鉄板テク

女性が期待している前戯のやり方のまとめ|5分でイカせる鉄板テク

女性を手っ取り早くイカせるには挿入ではなく、前戯をしっかりと行う必要があります。上手く前戯が出来るようになれば、本番を迎える前に女性を満足させることができます。今回は女性が期待している前戯のやり方をご紹介していきます。

女性は前戯を期待している

多くの女性が男性に前戯に時間をかけて欲しいと思っています。女性は男性よりも感情的なので、肉体的な快楽よりも精神的な満足感を求めています。また、前戯に時間をかけてくれる男性をセックスが上手いと認定します。実際に女性がどれだけ前戯を大切にしているかがわかるように、とある雑誌が女性300人にネット上で「前戯にどれだけ時間をかけて欲しいか」をアンケートを行いました。

【問1】
「前戯(挿入まで)にどのくらい時間をかけてほしいですか?」

【回答】
・必要なし:0.7%
・5分未満:3.3%
・5~9分:17.3%
・10~19分:45%
・20~29分:21%
・30~39分:9.7%
・40~49分:1.3%
・50~59分:1.3%
・1時間以上:0.3%
引用:女性300人調査実施 ベッドで求める行為と時間の長さ判明

すると、最も多かった回答が10分から19分という結果になり、半数近くの女性が前戯に時間をかけて欲しいと思っているようです。そして、2番目に多いのが20~29分です。つまり、女性がして欲しい前戯の時間は最低でも10分から30分ということになります。最大で30分を前戯にかけると考えると、かなり長めです。しかし、長いということは女性が期待している前戯をすべて行うことができるはずです。

女性が期待している前戯のやり方を紹介

女性が挿入に求める時間は個人差はありますが、一般的に15分という意見が多いです。

女性が望む挿入時間の平均は、なんと15分で実際の挿入時間では満足できていない女性が多いことがわかります。

女性は挿入でイクまでの平均時間が20分と言われており、平均挿入時間の7分ではイクことができないのです。

しかしイッてしまった男性に対して文句を言うわけにもいかず、もっとしたい気持ちを押さえている女性は少なくありません。
引用:平均的な挿入時間と女性の理想の時間はどのくらい?気になる疑問を解決

つまり前戯にかけてほしい調査も含めて、女性からすると圧倒的に挿入よりも前戯の方を重視していることがわかります。男性の皆さんは自分も気持ち良くなりたいですが、出来るだけ女性にも気持ち良くなって欲しいですよね。女性の欲望を叶えてあげたら、自分の求めるプレイやして欲しいこともしてくれるはずです。

今度は女性が男性にしてほしい前戯のやり方を紹介していきます。

服を脱がす時に褒めてあげる

前戯とは女性の服を脱がす時から始まっています。多くの男性が女性の服を脱がす時に何もせずに、全裸にしてしまいがちです。服を脱がす行為は普段やらないまれな行為であるために、ただ脱がすのはなんだかもったいないです。せっかく服を脱がすなら、女性に喜んでもらいですよね。

そこで、服を脱がす時には激しく脱がすのではなく、ゆっくりと焦らすように脱衣していくのが良いでしょう。ここでじっくりと時間をかけて脱がすことで女性を「これから何をされるんだろう」「なんだかドキドキしてきた」とセックスへの期待値を高め、前戯での反応が良くなるはずです。ここでのポイントは服を脱がす時に、女性の身体を褒めてあげることです。さすがに褒めるだけではイカせるのは困難でしょうが、「キレイな身体だね」「お肌すべすべだね」などと具体的に褒めてあげると、女性はキュンとするはずです。ぜひとも服を脱がす行為から、興奮度を高めてあげてください。

頭をポンポンしてあげる

女性が好きな男性になら絶対にされたい行為として、頭をポンポンするのを挙げています。意外に知られていないのですが、女性が今までに好意を抱いていなかった男性にも頭をポンポンされるだけで、気になってしまうくらいの破壊力あります。

「女性は頭をなでられるのが弱いのか」という話が幾度か繰り広げられました。

本当に世の女性たちは“なでなで”に弱いのでしょうか? アンケートを取ったところ、71%の人が“なでなで”が好きと答えました。
引用:甘え下手な彼女がかわいく思えた瞬間・5選

服を脱がしてから、二人でベッドで寄り添い頭を撫でたり、ポンポンしたりすると女性は喜ぶはずです。

頭を撫でるだけでも女性は満足感を感じ、男性といる時間を幸せに感じます。さらに、上手く開発をしていけば、頭を撫でられただけで快感を覚える女性もいるので、前戯において頭をポンポンする行為は外せません。ここでのポイントは頭をポンポンしながら、耳元でささやくように女性のことを褒めることです。素質がある女性なら頭ポンポンをされるだけでイクでしょう。

フェザータッチで顔や耳を責める

顔の中で女性が感じるパーツが耳や唇などがあげられますが、実は頬の部分や下顎などもフェザータッチで触ると快感を感じます。頬を優しく手の甲で触れるようにし、指でツンツンとつついてあげましょう。女性はあなたに愛されていると感じ、ほっぺをいじられるだけでも嬉しそうな表情をするはずです。ここでは強い刺激を与えず、とにかく優しく接するのがコツです。

そしてキスをする時は、唇だけではなくおでこに軽くチュッとしたり、耳の外側を沿うように舐めたりするのもオススメです。顔中のパーツに優しくフェザータッチで責めてあげるだけで、全身の感度を高めることも可能です。また、フェザータッチで顔のパーツにあちこち触れていくのですが、5分でイカせるテクニックとしては耳を責めることです。

実は耳の出っ張り部分の耳珠(ジシュ)は、別名、お耳のクリトリスと呼ばれている部位で耳の中でも最も敏感に感じる部分です。音が一番響き渡る箇所でもあるため、いやらしい音を立てながら舐めてあげると、耳イキをさせることができます。

マンコをイメージしながら唇にキス

女性にとってのキスはとても特別な意味があり、身体は許しても唇だけはNGという女性も多いですよね。前戯においてはキスは絶対的なものなのですが、ただキスをすれば女性が満足するというわけでなく、最初は丁寧に優しくキスをする必要があります。男性からすると「ディープキスの方が絶対気持ちいい!」と思うかと思いますが、女性の口の中をこじ開けて舌を入れてもドン引きされてしまい、セックス中にケンカになる可能性もあります。

そのため、キスをするときは口をマンコに見立ててじっくりと丁寧に責めていきます。唇を舐めてみたり、チュッと軽く唇を重ねたりして女性のエッチな雰囲気を盛り上げていきます。お互いのキスのタイミングがあってきたら少しずつ激しくしていきましょう。キスでイカせるコツは、歯の裏や歯茎の列に舌を絡ませて優しくなぞってあげることです。上手く出来ればキスでも女性をイカせることができます。

男らしく大胆に鎖骨をしゃぶる

女性が男性の鎖骨を見ると舐めたくなるのはわかるのですが、意外にも女性も前戯で鎖骨を舐めると喜びます。

唇へのキスから下へ移動する時に鎖骨は必ず到達するはずです。しかし、多くの男性が鎖骨を見逃して、そのままおっぱいの愛撫に移ってしまいます。ただ、鎖骨は女性の身体の中でも敏感な部分なので、鎖骨を開発することが出来ればイカせることも可能です。鎖骨でイカせるには、男らしく鎖骨にしゃぶりつくことです。

ただそのしゃぶり方もフェラのようにチンポを想起させるように愛撫するのがコツです。フェラのように鎖骨を舐めることで、セックスへの期待が高まり、全身の感度も上げることができます。そして、鎖骨にはリンパ節が密集しており、性感帯であるスペンス乳腺とも重なっているので、鎖骨のリンパを上手く前戯で愛撫出来れば鎖骨イキをさせることができます。

またここでの注意点ですが、キスマークをつけないようにしましょう。女性の許可なくキスマークをつけてしまうと、次の日仕事や学校に影響が出るかもしれません。

くすぐるようにワキ腹周辺を舐める

鎖骨を責めてからはおっぱいを責めたくなります。しかし、前戯でも女性は焦らして欲しいので、刺激を強く感じるマンコやおっぱいは後回しです。また、前戯でぜひとも男性に責めてほしい部分が、ワキ腹周辺です。ワキ腹は皮膚が薄い部分ですので、くすぐったくてよがる女性もいます。ただ、このくすぐったいという感触が少しずつ快感に変化し、気持ち良くなってくるのでイカせれる可能性もあります。

ワキ腹を愛撫する時は手の平と舌を使います。手の平でワキ腹に円を描くように触ります。手の刺激に慣れてきたら今度は舌先を使って、くすぐるように舐めてみます。舐める時にしっかりとよだれを絡めましょう。ワキ腹を責めて感度を高めたら、お腹周りにも同じような愛撫方法で前戯をします。上手い人だと体外式ポルチオといって、女性の膣に触れることなく、イカせることもできます。ワキ腹を愛撫することで血流を促進して感じやすい身体にし、お腹周りを責めることで気持ち良くできます。

皮膚が薄い膝裏を刺激

普段のセックスでは膝裏まで前戯で舐める男性はかなり少ないはずです。しかし、あまり舐められたことのない部位だからこそ、女性は愛撫されて嬉しいのです。女性でも膝まで舐められた経験のある人はそれほど多くないのですが、舐め方によっては膝裏がで性感帯になるようで、イカせることもできます。

前戯で膝裏を舐めてイカせるには、上半身を愛撫して感度を高めておく必要があります。そのために鎖骨や顔周りの愛撫は欠かせません。上半身の前戯を丁寧に時間をかけて行ってから、手の平で膝の皿を摩るところからはじめましょう。

膝は皮膚が薄いので少しの刺激でも感じるはずです。たっぷりと摩ってから、今度は舌でペロペロ舐めてあげましょう。骨のコリコリを舐めるイメージで膝裏まで伝っていきます。膝裏まで到達したら、大きく口を開けて大胆に吸いついちゃいましょう。

円を描くように指で太ももを責める

脚フェチの人なら大好きな女性の太もも。むっちりとしたエロい太ももが性感帯である女性は多く、実は男性に前戯で愛撫して欲しい部分でもあるのです。むしろ責めないともったいない部位です。

太ももは肉厚なことからむさぼりつきくなりますが、じっくりと味わうように指で愛撫をするのがオススメです。

まずは太ももの外側を手の平でフェザータッチで摩ります。摩る時は円を描くようにです。すると、性感帯が太ももの女性は脚をもじもじとさせて居ても立っても居られなくなるはずです。感度の良い女性だと、マンコをぐちょぐちょに濡らしてイってしまうかもしれません。思い切り太ももを揉みしだいてしまうと、痛いと言われてしまう可能性あるので、太ももでイカせたいなら、必ず円を描くように優しく責めるようにすることです。太ももの外側を愛撫したら、今度は内側に迫っていきます。

外側よりも内側の方が敏感な女性は多いので、外側を前戯で責めたから終わりではなく抜かりなく愛撫しましょう。変態な女性だと「いれて欲しい」と挿入をせがんでくるかもしれませんが、せっかくなら徹底的に前戯をして忘れられないセックスを体験させちゃいましょう。

お尻は揉みまくる

お尻のボリュームがすごい女性ほど揉みまくりたくなりますよね。特にタイトなスカートを履いた状態になっていると、下半身がうずいてしまいます。実はお尻にも女性は性感帯があるので、前戯では男性に愛撫してくれるのを望んでいます。しかし、お尻を見逃してマンコに行ってしまいがちな男性が多いです。気になる前戯でのお尻の責め方は、とにかく揉みまくることです。もちろん、叩いたり、掴んだりしても良いのですが、大事なのは強い刺激を与えることです。

それはお尻が肉付きが良いため、弱い刺激だと感じにくいからです。ちなみにお尻で最も女性が触って欲しい部分は、割れ目の部分です。なぜかというと、お尻の割れ目に性感帯があるからです。愛撫方法はお尻を揉む、揺らすなどです。

お尻を揉んでイカせたいなら、アナルを大きく広げて恥ずかしくさせたり、言葉責めをしたりしましょう。また、お尻を揺らす行為や叩く行為は女性に挿入をさせているシーンを想起させるので、ぜひとも様々なバリエーションで責めてあげましょう。

両手を使っておっぱいを優しく揉みしだく

女性とセックスをする際に必ず、前戯ではおっぱいを触るかと思います。むしろ前戯でおっぱいを触らないといつ触れるのと思ってしまうくらいです。挿入する前の前戯において、おっぱいの正しい揉み方は優しく両手で揉むことです。興奮のあまりおっぱいを力強く揉んでしまいがちですが、あまり女性の感度が高まっていない状態で、激しくおっぱいを揉んでもあまり効果はありません。

というより、激しく力を入れて揉んだわりにはそれほど女性に快感を与えることができません。むしろ、生理前だとおっぱいを揉んで痛い!と言われる可能性があります。

つまりおっぱいは優しく揉みしだくのが前戯での絶対的な鉄則です。最初は手の平でおっぱいをこねくりまわすように刺激を与え、おっぱいがほぐれたら両手を使って、包み込むように揉みます。乳首を責められて感じる女性は多いのですが、乳首に触れずおっぱいだけの刺激で感じさせるのは思ったより大変です。しかし、おっぱいでイカせたいので、あれば優しく揉みしだきながら、同時にミルクラインを刺激するのが良いでしょう。

ミルクラインとは乳腺堤と呼ばれ、ワキからおへその下周辺を弓なりに繋いでいる場所です。ミルクラインにも性感帯があるのでぜひとも女性の期待に応える前戯のしてあげてください。おっぱいの基本的な揉み方はこちらでも解説していますので、おっぱいの揉み方をもっと知りたい方は軽く目を通してみるのが良いかと思います。

関連記事:乳首と乳房への愛撫の仕方~おっぱいで感じさせる愛撫の基本

本能の赴くままに乳首責め

乳首は女性が前戯で必ず責めてほしいスポットです。それもそのはずで、乳首は開発をしなくても誰でも気持ち良くなれる場所で、第二のクリトリスとも呼ばれているほどです。つまり基本的に何をしても女性が感じてくれるので、これといった複雑なテクニックは必要ありません。しかし、女性を乳首イキさせたいという男性もいるはずです。

女性を乳首イキさせるなら、指の腹を使って乳首を優しく微振動するのが良いでしょう。振動を与えることでおっぱい全体に刺激を与えることができます。振動を軽く与えてから、赤ちゃんのように乳首に吸いながら舐めたり、甘噛みしたりします。数分間続けていると、乳首イキできるようになるはずです。乳首の責め方をもっと勉強してみたい!と思う方は下記記事を参考にしてみると良いですよ!

関連記事:乳首イキはクリイキよりも快感!触るだけで逝っちゃう淫乱乳首の開発方法

マッサージするように手足に触れる

前戯で女性に喜んでもらいたいなら手足もしっかりと愛撫してあげましょう。また、手と足の指先にも性感帯があります。特に足の裏は生殖器と同じ構造の遺伝子があると言われているので、上手く前戯で責めることが出来ればマンコと同じように気持ち良くさせることが可能です。快感を与えながらも女性もイカせることのできる一石二鳥な前戯のやり方としては、マッサージです。マッサージには血行を良くしたり、ストレスを軽減させて性欲を高めたりする役割があります。

まずは女性の手足を掴んで、下から上へと往復しましょう。足と手を全体的にマッサージを行います。マッサージをしてから人差し指をたててなぞるように太ももから足の裏、首から指先を移動しましょう。くすぐったさと同時に何とも言えない快感で女性を喘ぐはずです。

イカせるテクニックとしては、まずは足または手の指先に軽くチュッとキスをしましょう。これをするだけでも女性はかなり喜ぶはずです。キスをしてから指を1本ずつ口に咥え、丁寧にねっとりと舐めてあげましょう。女性がチンポをしゃぶる時のように指を根本まで口の中に入れて出し入れしてあげましょう。ここでのポイントは、しっかりとよだれを絡めて音をたてることです。肉体的な快感だけでなく、聴覚と視覚に訴えることもできるのでイカせやすくなります。

指でなぞるように背中を触る

女性をいっぱい感じさせたい、前戯で満足させたいと思っている男性は背中を責めてみるのもオススメです。背中は男性に限らず、女性もとても敏感に快感を感じ指で背中の筋をなぞられただけでも、つい声が出てしまうくらいの場所です。ゾクゾクとさせる感覚を与えることができれば、背中でイカせることも不可能ではありません。

背中の前戯のやり方としては、優しく指でなぞるです。人差し指または中指の腹を使い、首元あたりから腰くらいまで下から上へ、上から下へとなぞります。そうすると女性は身体をびくつかせてよがるはずです。

このまま指での愛撫を続けても良いのですが、背中でイカせたいなら、舌を使いましょう。背中の産毛に逆うように舌先で触れるか触れないかのフェザータッチで責めていきます。ポイントは舌を動かすのではなく、舌をそのまま突き出して顔だけを動かすようなイメージです。このイメージで行うと上手く愛撫することができます。

指と舌の先を使ってクリトリスを愛撫

たっぷりと上半身と下半身にわたって前戯を行っていると、女性のマンコはもはや手に負えないほど濡れてぐちょぐちょになっているはずです。ここでようやくクリトリスの愛撫に移ります。ちなみに女性が前戯でもっとも責めて欲しい部分はクリトリスです。女性300人にどんな前戯をして欲しいかとアンケートで調査を行っても、クリトリスの人気は顕著に表れています。

【問4】
「キス、クンニ以外にどんな前戯をしてほしいですか?」

【回答】
・指でのクリ愛撫:80.7%
・指での膣内愛撫:50.7%
・バイブでのクリ愛撫:15.3%
・バイブでの膣内愛撫:8.3%
・乳首を舐める:70%
・乳房を揉む:52.7%
引用:女性300人調査実施 ベッドで求める行為と時間の長さ判明

多くの男性が挿入する前にいわゆる手マンを行うかと思いますが、女性の求めるクリトリスの刺激を行えていないこともあります。

では女性の求めるクリトリスの愛撫方法は一体どのような物かというと、指と舌を使って責めてあげる方法です。まずはたっぷりと分泌したマン汁をクリトリスに塗りたくり、ぬるぬるにします。すべりやすくなってから、力を入れず人差し指でクリトリスを押し込んだり、振動を与えたりします。

そして、舌先を使って勃起したクリトリスをちろちろと舐めます。これを繰り返しているだけで、女性は外イキをするはずです。クリトリスの感度がよさそうであれば、吸いついくのもオススメです。ローターなどのおもちゃがある方は、女性に使ってあげると喜ぶので、惜しみなくおもちゃを使用してください。

指を奥まで入れてスポットを責める

クリトリスを責めてから最後にようやくマンコの中に指を入れて手マンをします。前戯をしていると時間をかけずに、早い段階で手マンをする男性は多いのですが、手マンは前戯でも最後に行うのがベストです。なぜかというと、もっともマンコが女性の身体の中で快感を得る場所なので、先にマンコを愛撫してから、他の部分を責めてしまうと感じにくくなってしまうからです。

気になる手マンの正しい前戯のやり方は、奥まで指を入れて色んなスポットを刺激することです。マンコが濡れているとつい手マンを早くしてしまいますが、膣内はデリケートなのでゆっくりと丁寧に手を動かすのが重要になります。実は女性のマンコの中には皆さんがよく聞くGスポットの他に、PスポットやAスポットなど沢山の快感をつかさどる部位があります。女性を簡単にイカせたいのであれば手マンのテクニックを身につけて、的確にスポットを責める必要があります。詳しい手マンのやり方は下記記事でわかりやく解説しているので、ぜひ参考にしてみるのが良いかと思います。

関連記事:女性が語る。実は痛いだけ?挿入以上に感じる手マンのやり方・テクニック

ただ、忘れないでいただきたいのが、手マンは激しくせずにトントンとつつくように責めることです!これを頭に入れて膣の中にあるスポットを的確に責めることができれば、女性をイカせるのに5分はいりません。

まとめ:女性が喜ぶ前戯をしてあげよう

セックスが少しマンネリ化していると感じている男性は、前戯に時間をかけてみるようにすると、セックスで新たな発見をすることができるはずです。また、女性をセックスでトリコにしたいのなら、挿入よりも前戯に時間をかけて女性の欲求を満たしてあげるのが重要になります。

◯関連記事
女を骨抜きにするクリトリスの吸い方を紹介|クリ吸いでイカせまくれ

淫語を上手に活用して女性をイカせる!エロ過ぎるフレーズ集

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/foreplay.html