上手なキスで女性をイカセるための練習法を紹介

AV女優「一之瀬すず」の無修正動画ベスト10【最新版】

男性ならば女性を満足させてやりたい!という気持ちが強いですよね。そこで必要になってくるものこそ、上手なキスです。実はものすごくテクニシャンな男性はキスだけで女性をイカセます。その結果女性の方から強く求められてモテまくるのです。そうと分かれば上手なキスができるようになりたい!と思うでしょう。今回は女性が思わずイってしまう上手なキスの練習法などを紹介していきます。ぜひ読んでみてください。

キスは上手な方が良い

キスなんて別にテキトーにやればいい。男性の中にはそんな意見を持っている人もいるでしょう。正直言ってしまえば唇同士を合わせたり、舌を絡めたりするだけの行為ですからね。それに男性側からすればものすごく気持ちいいというわけではありません。しかしキスという行為は実は超重要なこと。

その理由としてまず1つ。女性はキスが大好きなのです。愛されているという気持ちになりますし、大好きな人としたい行為ベスト1という場合もあります。実際女性向けに運営されているコラムサイトでは下のような文章が何度も登場します。

素敵な男性と恋に落ち、初めてキスした瞬間、とろけそうな「上手なキス」をされたら、ますます好きになってしまいますよね。お付き合いするなら、下手な人より上手なキスのテクニックを持っている人のほうが断然いいはず。そこで今回は、働く女子たちに「キスのうまい男性の特徴」について聞いてみました。
引用:マイナビウーマン

この引用文を読めば分かる通り、キスが上手な男性は求められています。つまり女性を満足させたい!虜にしたい!気持ち良くさせてあげたい!と思うのであれば、キスは上手な方が良いのです。

また、冒頭でも紹介しましたが、キスでイってしまう女性はいます。自分が愛するパートナーや恋人を舌で絶頂させるなんてやってみたくなるはず。それにただセックスが大好きな人でもセフレが自分の舌だけでビクンビクンしている姿はぜひとも見ておきたいところでしょう。

上手なキスで女性をイカセたい!

キスって何だか甘い恋愛の行為という感じがするでしょう。その結果できれば早くセックスに持っていきたいなんていうのが欲望にまみれた心です。しかしよく考えてみれば、キスは前戯の1つとして扱われています。

つまりキスはセックスであり、1種のプレイなのです。手マンやクンニで女性をイカセるのとキスで絶頂させるのは同じこと。それにクンニ等のプレイはどこか抵抗を持っている女性が多いですが、キスならいくらでも受け入れてくれます。

また、女性はキスが気持ち良ければとろけて感度がアップ。さらに舌遣いが上手い男性はセックスのテクニックもある、そう思われるのです。これはもう上手なキスを習得して女性をイカセる他ありません。

上手なキスで女性をイカセるための練習法を紹介します

さて、ここからは上手なキスで女性をイカセるための練習法を紹介していきます。とはいえ、女性によっては「キスよりも早く入れて」というタイプもいます。頑張って練習したから意地でもイカセてやる!という風にはならないようにしましょう。

また、練習の前に唇のケアを心掛けましょう。どれだけ練習してテクニックを詰んだとしても、ボロボロで出血しているガサガサなリップに魅力はありませんからね。クリームやパックなどを日頃から使うようにしましょう。

AVを見まくる!

キスみたいに体を使ってするものは、最初に正解を知っておく必要があります。マット運動にロンダートという技がありますが、いきなりやって!と言われても無理ですし、やり方を文章で読んだとしても成功はしないでしょう。しかし目の前でロンダートを見ればどんな技なのか分かるため、練習の仕方も分かるものです。

女性をイカセる上手なキスができるようになるためにも、まずはプロのテクニックを見るのが一番です。そこで男性ならみんな大好きAVを見まくりましょう。痴漢やレイプモノではなく、きちんとキスシーンがしっかりと描かれているものがベストです。

AVに出ている男性は手マンやクンニ、キスやセックスをしてお金を貰っているので、ある意味プロフェッショナル。彼らのテクニックこそ見るのが最初の練習法です。実際AVのキスはそこら辺のドラマよりも濃厚ですし、何よりセックスに繋げるためにやっています。まさにキスで女性をイカセたいという皆さんにとって目指すべき場所といえるでしょう。

オナニーをするついでにでも、AVにおけるキスシーンを何度も見返してください。しっかりと舌を絡め、緩急のあるプレイや体を愛撫していることが分かるはずです。そしてテクニックのあるキスがどういうものか分かってから、次の練習法に移ってください。

自分の体にキスをする

キスが上手くなるためには回数が大切です。そのため、まずは自分の体にキスをしてみましょう。例えば手の甲や親指の付け根、腕などがオススメです。この練習は、体温のあるところに唇を当てるのに慣れるのが目的です。

この時に吸う、舐める、の2つに加えて強弱をつけてみてください。正直ずっと激しいキスほど下手ものはありません。強く責めたりあえて優しくしたりするだけでも、キスのテクニックは驚くほど上達します。

自分の体にキスをするのは抵抗があるかもしれませんが、女性をイカセるためです。我慢しましょう。どうしても無理!という方はお風呂でやってみるのがオススメです。例え自分の体にキスをしたとしても、臭いは残りませんし、すぐに洗い流せます。

また、ぬいぐるみや枕にキスをする練習方法がありますが、布製品には人の温もりがないため少し違和感を覚えてしまいます。それに体温に慣れていないと本番で温もりを感じてビビってしまうかもしれません。ぬいぐるみによる練習法を否定するわけではありませんが、最初から体温が感じられる場所にした方が良いでしょう。

鏡を使ってトレーニング

唇同士でキスをする場合は、その距離感や顔を近づけることに慣れている必要があります。これができていないと、いざする時に緊張してしまったりビビってしまう可能性があったりします。女性をイカセるほど上手いキスをするためには、こうした不安要素となるものはすべて解消しておくべきです。

距離感や顔を近づけることに慣れるには鏡を使ったトレーニングがオススメです。自分の顔とキスをすると考えると少し嫌な気持ちになるでしょう。しかしこの練習法では別に口づけをする必要はありません。

要するに顔を近づけることへの抵抗をなくしたり、距離感を掴んだりするのが目的です。手鏡を持ってお互いに距離を縮めていき、顔が近くにきてもビビらないようにトレーニングしていきましょう。もちろん抵抗がない人であれば鏡にチュッとしてもOKです。

また、番外編になってしまいますが、ダッチワイフやラブドールを持っている方はそれを使ってより実践的な練習をしましょう。最新のタイプであれば顔が精巧に作られていますし、唇もちゃんとしています。ダッチワイフを使えばキスの上達のスピードはかなり早くなるでしょう。とはいえ値段も高いですし、誰しもが買えるアイテムではないので、全員にオススメはしません。

飴や氷で舌遣いの練習

女性をイカセたいなら唇同士を重ね合わせるキスができればOK!というわけではありません。もっと激しいディープキスができなければ絶頂は無理でしょう。そこで舌のトレーニングが必要になってきます。

舌を鍛えるには飴玉や氷を舐めるのが良いでしょう。口の中で大切に扱いつつ上手く転がしてみてください。これは楽しみながらできるトレーニングなため、ぜひ日頃からやって欲しいものです。暇な時に飴玉を口に入れてひたすら転がしたり、舌の上に乗せた状態で口から出してみたりしましょう。そうするだけで舌はどんどん器用になり、ディープキスの時に相手を満足させられるようになります。

また、棒付きキャンディーを舐めるのもオススメです。舌を外に出して上下左右に動かしたり、口に中に入れて吸ったりしましょう。美味しさを感じつつキスが上達するので一石二鳥です。とはいえこのトレーニングはやり過ぎると口周りを痛めしまうため、無理はしないでください。

ちなみに飴が無くても舌を口から出して動かしたり、高速で出し入れするのもトレーニングになります。舌遣いが上手くなれば女性をとろけさせるディープキスができるようになるので頑張ってください。

女性が喜ぶ言葉を勉強する

手マンやセックスと違ってキスで女性をイカセる場合は、体ではなく心を満たしてあげることが大切です。相手が喜ぶ、興奮するような言葉を掛けてあげると満足感や幸福感に満たされて、キスでイキやすい状態になります。

逆に言ってしまえば舌だけのテクニックでは女性を絶頂させてあげるのは極めて難しいのです。そこで、女性が思わずキュンとする台詞や言葉を勉強してみましょう。テンプレ的なもので言えば「いつも以上に可愛いね」「愛してるよ」。変化球なら「キスでイッちゃうの?」「エロいこと好きなんだね」などがあります。

とはいえ人が喜んだり興奮したりする言葉のバリエーションは無限大にあると言えます。そこでオススメしたいのが女性向けコンテンツに触れることです。皆さんも一度は目にしたことがあると思いますが、最近は美男子が出てくるゲームやマンガが流行っています。

そういったものに触れてみて、女性がドキドキするような台詞を頭にインプットしていきましょう。また、こちらもAVを見ていれば自然に身に付くケースもあります。イチャイチャなセックスをする系の作品であれば女性を喜ばせるために男優が色々喋ります。その台詞をメモしておくのも良いでしょう。

後は本番の時、耳元でこっそり言ってあげれば完璧です。唇同士を離した時に囁いてあげましょう。女性の心が満たされれば、どんどん感度が上がっていきますよ。

口以外のキスも視野に入れる

これは読むだけで身に付くテクニックの練習法。女性をイカセるキスとなれば舌遣いなどディープな方ばかり考えてしまうでしょう。しかしずっと唇にしていてもイカセられる可能性はそれほど高くありません。先ほども少し話題に上げましたが、女性の心を満たしてあげる、興奮させる必要があります。

これはかなり実践的な話になりますが、口以外のキスも頭に入れておきましょう。例えば耳で感じる子が相手であれば、その部分を触ったり舐めたりする。首が性感帯ならしっかりと責めてあげる、といった工夫をしましょう。

キスで女性をイカセる上で大切なポイントは女性の心を満たすことと変化です。いくら緩急のあるディープキスができたとしても、ずっと口にしていたら飽きられてしまうかもしれません。そんな時は耳を甘噛みしてみたり、それこそ乳首にキスしたりしましょう。さらに口以外にキスする時も緩急をつけるとテクニックがある男性だと思われます。

唇以外へのキスを上達する方法は2つ目に紹介した自分の体にキスをするという練習法がオススメです。口にするわけではないので、している感覚はものすごく近いものを味わえます。

女性が喜ぶ雰囲気を知る

上手いキスというのは舌遣いはもちろんのこと、良い雰囲気から生まれると言われています。極端な例ですが、昼間の駅前でしても「恥ずかしい」「やめて欲しい」という感情が芽生えるので気持ち良さの欠片もないでしょう。

一方セックスの場面ともなれば2人になっているので、相手もそれなりの気持ちでいます。ここで一番意識するべきポイントは照明と音楽でしょう。女性は明るい状態でエッチなことをするのを嫌がる方がいます。当然灯りがついていては萎えてしまうという場合もあります。ですがその逆のタイプもいます。

ここで面倒くさい!と思わず、キスでイカセたい相手がどのような雰囲気が好きかを感じ取りましょう。今現在何度かセックスをしている相手をキスでイカセたい、と思っている方は過去のプレイを思い出してみてください。おそらく照明などのリクエストがあったはずです。

問題なのは初対面の女性をキスでイカセようとしている方です。そもそも女性がキスでイクためには恋愛感情が必要なのですが、ワンナイトだとそういった私情はありません。もちろんどのようなプレイがお好みかも分かりません。ここで必要になるのはコミュニケーション能力です。「出会ってセックスしよう」というくらいなので心配は余計なお世話かもしれませんが、どんな雰囲気が好きかを恥ずかしがらずに聞きましょう。

女性を萎えさせてしまうと終わりですからね。また、先ほど紹介した女性向けコンテンツに触れていると、好きなシチュエーションや雰囲気もある程度分かるようになってきます。

実際にキスをする

キスが上手くなるには数をこなすのが一番です。何事も上達するには挑戦してみるしかありませんからね。さらにキスは相手が必要な行為。自分1人で練習したとしても、本番ですべてを出し切れるかは微妙です。

そこでシンプルな話、実際に女性とキスをしましょう。現在付き合っている相手でも良いですし、テキトーに見つけた女性でも大丈夫です。とにかくこれまで紹介した練習法やテクニックを考えながら濃厚に舌を絡めてください。

芸術の世界には100の練習より1の本番、なんていう言葉があります。これは場所や状況によっても意味が変わりますが、100回練習をするよりも、1回本番をやった方が成長できるということです。

女性をイカセる上手なキステクニックを習得するためには、とにかく実体験をするのが一番なのです。正直言って最初から女性を絶頂させてあげることは無理なので、コツコツと実戦経験をつみましょう。そうすることで自分自身の足りない部分や練習不足が分かるようになります。練習⇒本番(何がダメか考える)⇒練習(本番でできなかった部分を主に)⇒本番を繰り返しましょう。

また、濃厚なキスをすることにより、相手の女性も開発されていきます。徐々にキスだけでもビリビリ感じてイってしまうような体になっていくでしょう。

実際に愛撫をする

何度も同じこと言いますが、キスで女性をイカセるには相手の心を満足させる、興奮させる必要があります。そのため言葉や雰囲気についても紹介してきました。そして最後に愛撫について触れていきます。

こちらは上で紹介した実際にキスをする時に合わせてできる練習法です。まずは普通にキスをします。これだけでも女性はドキドキするのですが、イカセたいのならまだまだ甘いです。舌を絡めながらでも良いので、空いている手で相手の頭を撫でたり、強く抱きしめたりしてください。

そうすることで女性は「私って愛されている」と強く感じて、満足度が一気に上がります。さらに性感帯を愛撫することで興奮させることも可能です。イってしまうほど気持ちいいキスを習得しようとすると、どうしても口先に意識が向いてしまいます。

ですが本当に大切なのは相手を満足、興奮させることです。しっかりと相手の体を優しく愛撫しながら、舌を絡ませたり吸ったりすれば絶頂も夢ではありません。

紹介した練習法の他に実際キス・愛撫という本番を経験することで、あなたのテクニックはどんどん育っていくのです。怖がらず、時には本物の女性とキスをしてみましょう。

まとめ:上手なキスで女性をイカセるには練習と本番を繰り返そう

キスだけで女性をとろけさせたい。その気持ちは大切ですが、焦ってしまうのとイカない女性に対してイライラするのはNGです。キスはもはやセックスの1つ。相手の気持ちを考えなければいけません。あなたがどれだけキスで絶頂させようとしても、相手が「早く入れたい」と思ってしまったらリクエストに応えるのがベストです。

また、練習法でのまとめですが、こちらはとにかく繰り返すことです。物事を上達するにはとにかく効率の良い練習と本番が必要。今回紹介した方法はどれも結果に繋がるものなので、ぜひやってみてください。そして成長するためには時に失敗も必要。練習が足らないからといってキスを避けてはいけません。

何回も実際にキスや愛撫をして、自分のテクニックを向上させていきましょう。いつの日かきっとキスで女性の体をビクンとさせられる日がきます。キス上手を目指して頑張ってください!

◯関連記事
Gスポットより気持ちいい!「Aスポット」の攻め方を紹介
上手なベロチューは舌先が柔らかい!もう下手とは言わせないベロチューの方法

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/good-kiss-2.html