マン汁が白かったり透明だったりするのは感じ方の違い?徹底リサーチ

AV女優「朝比奈菜々子」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】

女性のマン汁は神秘的でいつ見てもエロいですし、興奮しますね。チンポを入れた瞬間にぬるっとする感触もたまりません。ただ、1点気になるのがマン汁が透明だったり、白くなっていたりと人によってばらつきがあることです。今回はマン汁の違いは感じ方で変化しているのかを解明していきます。

マン汁とは?

男性の皆さんならご存知のマン汁ですが、愛液とも呼ばれています。一応正式名称では、膣分泌液と言います。マン汁がよく分泌する女性だと手マンでマン汁を吹き出すこともあるので、量が多いほど興奮しますよね。

そもそもマン汁が出る仕組みはキスや興奮した時、性的刺激を受けた時に分泌される物で、チンポを挿入する時の痛みを和らげる物です。セックスのためにある液体と考えるとめちゃくちゃエロいですよね。しかし、性的な興奮をしていない時でもマンコが濡れている時もあるのです。これは膣を細菌から守るために起こる物です。ちなみに寝ている時にもマン汁が分泌します。

自分の意思でコントロールできない自律神経(副交感神経)によって支配されている体の状態・・・・汗をかいたり、涙が出たり・・・のようなものと膣が濡れるということは同じプロセスで起こっています。

それが性的に興奮する事で「濡れる」という現象に結びついていますが、これは実際に体験していたり妄想したり・・・そのような状態で濡れるだけではありません。

「夢」という自分の意思とは拘らないような睡眠時の脳の働きや、無意識下での心の状態でも起こります。ですから、体がおかしいという事はありません。自分で意識できているのか?意識できていないのか?・・・その事が自分では分らないだけで何らかの性的な興奮要素が「夢」もしくは睡眠中の心で起こっているという事です。
引用:ヤフー知恵袋

マン汁の成分は?

マン汁が出てきた時に一体どのような成分がでているのか気になりますよね。マン汁に身体に良い成分混じっていれば、ぜひとも飲みたいところです。マン汁の成分について調べてみると、主な成分は血漿(けっしょう)と呼ばれる物です。この血漿の特徴は通常透明で、他にも水分やアルコール、尿素が含まれています。人によって分泌する量は異なるようです。

基本的な仕組みは性的興奮などを覚えた時や膣内を防御する必要に迫られた時などに膣粘膜下の毛細血管に血液が流れ込みます。

そして、その流れ込んだ血液の成分が血管の外に漏れ出して膣壁から染み出るようになり、これが愛液と呼ばれているので愛液の主な成分は血漿(けっしょう)だと考えられいわば汗の一種です。
引用:マン汁が臭いと感じる原因とその対策とは

マン汁が白い場合

男性の皆さんは女性にキスを手マンをしてマンコから出てくるマン汁が、白くなっている時がありますよね。中にはかなり白濁な汁が出てくる人もいます。白すぎて性病なのでは?と疑ってしまうこともありますよね。

しかし、マン汁が白い場合は健全な状態です。生理前でおりものとして白くなっている可能性が高いです。おりものは個人差があり、匂いが伴うことがあります。後ほどマン汁の匂いでどのような匂いがあるかを解説してきます。

おりものとは、子宮頚部や膣からの分泌物や、子宮や膣からはがれた古い細胞などが混ざり合ったものです。

通常は無色透明から白っぽく、少し粘り気があります。月経前後や排卵日などに量が増え、少し臭いがする場合がありますが、それ以外はあまり臭いがないのが正常です。

下着の汚れの原因になるなど、ネガティブなイメージのあるおりものですが、女性の身体を健康に保つために大切な役割をしています。
引用:おりものとは?知っておきたい基礎知識

また、おりものは本気汁だとネットでよく言われていますが、摩擦をされることにより、泡立って白くなるというケースがほとんどであります。よくAVで男優がチンポマンぐり返しでチンポを挿入している時などは、特にチンポが白くなっていますよね。手マンでも同様に摩擦によって、マン汁が泡立ったことで起こる現象でもあります。いずれにしても、白いマン汁は病気を患っているということではないようです。

マン汁が透明な場合

マン汁が透明な場合は、単純に興奮して出てきたものです。女性とセックスをする時はだいたい透明であることが多いです。いたって普通のマン汁です。興奮度や感じ方によって、白く濁ることもあります。

最初は透明に近いものですが、かきまぜられるとヨーグルトの様にだんだん白濁してきます。
豆腐糟のような物でなくかゆみもなければ病気でもなく、性交をスムーズにできるうらやましい体質と言えるでしょう。
ヨーグルトに近いもので、本気汁とも呼ばれるありがたいものです。
病院に行く必要はありませんし、病気でもありません。
引用:ヤフー知恵袋

マン汁が赤い場合

本当にまれなケースなのですが、分泌したマン汁が赤い場合があります。赤いということは血ということです。血が出る理由としては3つあります。1つめに生理です。生理はだいたい周期が決まっていますが、具体的にいつ来るのかはわかりません。突然来ることもあるので、セックス中に生理が来てしまいマン汁が赤くなるということがあります。

2つめに処女だった。たまたま相手の女性が生理で、チンポをぶちこんだ時に処女膜が破れてしまい出血し、マン汁と血が混じり合うというパターンがあります。相手が処女でマン汁が赤い場合は、処女膜が破れた可能性の方が高いでしょう。

3つめにチンポや手マンでマンコの中を傷つけてしまうことで、血とマン汁が混ざるということがあります。あまりにも激しくチンポで奥を突いたり、爪が伸びた状態で手マンをしたりすると、子宮口が開いて出血することもあります。

マン汁が赤い場合は基本的に血になります。マンコの中を傷つけてしまい血が出た場合は、念のために産婦人科で見てもらうことをオススメします。

マン汁が黄色い場合

マン汁が黄色い場合は少し注意した方が良いです。通常マン汁の色は出血を除いて、白と透明に分けられます。これが黄色い場合はマン汁ではなく、おりものが混じっていります。前述したようにおりものは白いのですが、黄色い場合は病気や雑菌が入っています。ですので、男性は黄色いマン汁を見たらクンニはしない方が良さそうです。

黄色いおりものが出てしまうのは何故なのでしょうか。黄色いおりものが出てくるということは、何かの菌に感染し病気になっている可能性が高いと言えます。

病名としては、クラミジア感染症、子宮内膜炎、卵管炎、淋病、トリコモナス膣炎、異物などが関係している可能性があるでしょう。
引用:おりもの色が黄色の時に知っておきたいこと

しかも、黄色いマン汁は軽度な雑菌系から深刻な性病である可能性のものまであります。女性が「かゆい」と発言していたら要注意です。イク前に病院に行きましょう。

マン汁の味は?

マン汁の色別に特徴を解析してきましたが、皆さんのご存知の通り、マン汁には味も匂いもあります。女性100名にマン汁の匂いや味についてアンケートを行ったところ、こんな面白い結果が出ました。

「愛液の臭いや味は気になりますか?」と質問をしたところ87%の女性が「気になる」と回答しました。特に、生理後のセックスやシャワーを浴びていない状態でのセックス時に気になると言う回答が目立ちました。

また、「パートナーに愛液の臭いや味について指摘されたことがありますか?」と質問をしたところ43%の女性が「ある」と回答しました。やはり、生理後などの影響が多いようです。
引用:lovecosme

8割以上の女性が自分のマン汁の匂いを味に気付くのです。マン汁の匂いには様々な物があるのですが、男性が臭いと感じていれば女性も内心「私のマンコ臭い」と気づいているのですね。そう考えると非常に興奮します。

マン汁の匂いに関しては、下記記事で少し触れています。
関連記事:「まんこ」のすべてを徹底リサーチ|構造から愛液の味の違いまで

そしてマン汁の味なのですが、様々な匂いがあるのとは異なり、ほとんどが酸っぱいです。それはマン汁が強い酸性であるからです。実際にマン汁を舐めて確かめた女性もいます。

普段の生活で、膣内の体液を舐めてみたら、かなり酸っぱいはずです。これは膣内に住むデーデルライン桿菌という乳酸菌の仕業。これが乳酸を作り出し、膣内をph3.5程度という強酸性に保っているんです。ヨーグルトみたいって思ったことがある人はあながちハズレじゃないんですよ
引用:愛液(マン汁)ってどんな味がするのですか? 精子は苦いってよくききますが・・…

まとめ:マン汁は生活習慣で変化する

マン汁の匂いや味などは生活習慣にも大きく関係しています。タバコやお酒を良く飲む人はマン汁が臭くなります。一方でマン汁の色に関しては感じ方よりも、女性の生理周期の問題や健康面で関係しているとわかりました。ぜひとも、パートナーのマン汁を観察してみてください。

◯関連記事
「まんこ」のすべてを徹底リサーチ|構造から愛液の味の違いまで
「白い愛液=本気汁」は間違いだった?!

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/man-juice.html