マメ、マジメ、マゾなM男を彼氏にするメリットと出会い方

AV女優「ミア楓キャメロン」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】

今回は、最近増加してきているS女さん、女王様志向の人のために「M男を彼氏にするメリットと出会い方」について解説します。普段は、S女の顔は隠していても、内心は「わたしはSっぽいな」と感じていて、恋愛においてもセックスも含めてM男と付き合ってみたいという人向けに「新しい扉」を開くためのヒント集です。「プレイのみの関係」「ステディな関係」の両方に対応していますので是非参考にしてください。

M男と付き合いたい

M男くんと付き合いたい女性の中には、いろいろなタイプがいます。

かなりはっきりと自分のS性を自覚している

例えばこういう女性は少なからず存在しています。

最近自分が、Sだと自覚しました。M男を見てると、ぞくぞくします。なんか苛めたくなるというか、イタズラしたくなるというか….痛いことはしたくないのでソフトなものだと思います。そこで心配なのですが男の人はSの方が多いと思ういます。はたして私みたいなSで気が強い女を求めてくれる人はいるのでしょうか?
引用:Yahoo知恵袋

女なのに男性を抱きたい。泣かせたいと思ってしまいます。 私は心も身体も女なのですが男性を犯したい、泣かせたいと思ってしまいます。もっと言うならば、女装させて目隠しして道具などで虐めたいと思ってしまいます。
引用:Yahoo知恵袋

セックスでは、どうしても攻撃的な欲求の方が前面に出てしまい、自分でもはっきりとそれを自覚している女性ですね。こういう人は、かなり切実にM男くんを求めています。ただし、M性を持った男性ならだれでもいいというわけではないでしょうし、肝心のM男くんがその女性の嗜好に燃えるのかどうかも問題です。ですから、こういう女性は、いろいろな男性と付き合いながら、自分に合う人を探す「旅」を続けることになる可能性が高いです。

セックスの時だけ特定のプレイを楽しみたい

「乳首責めをして男性が女の子のように悶えたのを見て興奮してしまった」「フェラと手こきで射精管理するのがたのしくて仕方がない」「M男の顔の上にまたがってまんこで口をふさいだり、おしっこをかけると逝ってしまう」など、特定のプレイに憑りつかれてしまったタイプです。普段は、普通に男性パートナーといちゃいちゃしたりしていますが、ベッドでは、好きなプレイをさせてもらえないと満足できないわけですね。

こういう人は、S女なのですが「たまたま興奮してしまったプレイがS女がするものだった」ということもいえます。言葉責めなどもその1つで、M性のある男性に教えられて、いままで言ったこともなかったのに「ちんぽ」「まんこ」といった言葉を連呼して男性を責めることに快感を感じるようになって、ある種の解放感を覚えてしまったという人もいます。

このタイプの女性は、自分のS性に最初から自覚的だったというより、M男性に教えられて、試してみたらしっくりきた、ということも多いようです。SMの世界では、MがSに自分の好きなプレイを教え、教えられた側がそれにのめりこんでいくということもあります。そのようにして教えられたS女性が、M男くんを求めていく、あるいは、付き合う男性にMの役をしてもらうようになる、ということも珍しくありません。

女王様ファッションや主従関係へのあこがれ

男性を奴隷として自分にかしずかせる「女王様」のファッションや立ち振る舞いにあこがれて、M男くんを求めるタイプもいます。あるいは、これまでSM関係ではないにしても「男性=主、自分=従」という関係に疲れて、自分がS女でいることを選ぶ人もいるようです。また、もともとリーダーシップがあり、「姉御タイプ」の女性などが、セックスは好きだけど、男性に屈服してしまうことに抵抗感をずっと持っていて、「女王様」のようにふるまうことにあこがれるケースもあります。

このタイプの女性は、あこがれからS女になることが多いので、実際に、M男くんと付き合うようになってから、現実に気づかされることもあります。だいたい、SM関係で大変なのは、Sの方です。ワンパターンの責め方をしていては、M男くんに離れられてしまいますので、手を変え品を変えプランを考えなければなりません。多くのM男くんは、自分から具体的にこうしてくれ、ということはあまりなく、Sの側がそれを探っていくという作業が必要になります。

このように関係を続けていくためには、それなりの努力が必要となりますので、途中で疲れてしまうS女さんも少なくありません。しかし、そうした努力を重ねることが苦にならず、経験を積んで、M男くん絶大な信頼関係を築けるようになる人もいます。

M男と付き合うメリット

M男と付き合うメリットは、まず「自分の性的欲求を満たすことができる」ということがありますね。ステディな関係でなくても、SとMということで性的なプレイを楽しむことも可能です。もちろん、自分のしたいプレイをM男くんが受け入れてくれればの話ですが。そのあたりのことをクリアできれば、割り切った関係を続けていくことができます。実際、ホテルでプレイする以外は会ったりしたことは一切ない、という関係をずっと続けているカップルもいます。

また、こんなある意味「ベタ」なメリットもありますね(笑)。

ドМな男性なら、冷たくされる心配は有りませんから、安心してお付き合いできますよね。ドМ男子が良いというよりは、Sな人が苦手、という女性も意外と多いのです。ドМな男性は、連絡もまめにしてくれますし、頼りない面は多少あるかもしれませんが優しい人が多いので、求められているのかもしれませんね。
引用:ドM彼氏欲しい女性必見!探し方&作り方を伝授!

ゆるーい感じで、M男くんと付き合ってみたいという人もいます。

M男、奴隷という存在は、自分が飼い主、管理者になるということですが、バリバリの主従関係というのではなく、ときどきプレイを楽しむ相手として付き合い、管理者としての責任も負いながら、日々感じる寂しさを紛らわすというメリットもあるのです。頼りされる、必要とされるという満足感を恋愛関係以外で満たしたい場合は、SM関係は最適かもしれません。

そのほかのメリットとしては、「性の深淵みたいなものを知ることができる」というものです。M男くんがM性に目覚めた背景には何があるのか、関係が長くなれば、そうしたことも知ることができるようになるでしょう。知的好奇心旺盛な人にとってはこれも魅力の1つでしょう。

問題は関係を続けていくのが難しいということでしょうね。だいたい、割り切った関係のSMカップルが破局を迎えるのは金銭問題か、お互いに飽きたかのどちらかです。プレイの経費など金銭にまつわる約束は、神経質なくらい話し合って、互いに不満が残らないようにしましょう。また、S側としては、M側が退屈しないように普段からプレイの工夫を怠らないようにしましょう。

M男を彼氏にするメリット

では、「割り切ったプレイだけの関係でなく、SとMとして、ステディになりたい」という場合はどうでしょうか。「奴隷くん」であり「プレイのパートナー」であり、しかも「大切な彼」としてM男くんと絆を結んでいくことのメリットを紹介しましょう。

頼りにされる、依存される満足感

M男くんを恋人にした瞬間から、頼りにされるだけでなく、依存されるようになります。厳しく管理することは当然ですが、それでも、「いつ会える?」「今日はどうしても一緒にいたいのだけど」などとしつこくアピールされることは覚悟しなくてはいけません。

M男くんは、少々わがままを言って、お仕置きされても、それが喜びに感じますから平気です。このあたりが、Sの彼女からするとうっとおしいと感じることもあるようです。しかし、そうしたわがままを言って甘えてくるM男くんを、てなずけてうまくコントロールしていく満足感はS女でなければ味わえないものです。ここが、割り切った関係にはない、密接な関係のメリットです。

プレイの時以外の魅力を感じることができる

恋人関係になると、M男くんとさまざまなシーンで一緒に過ごすことになります。外でお茶を飲んだり、食事をしたり、映画をみたり、遊園地に行ったり・・・。そんなことをするうちに、彼氏となったM男くんのさまざまな表情を垣間見ることができます。そこで女性としてキュンとしてしまうこともあるでしょう。その気持ちが「今度はあんなプレイをしてみよう」「こんなことをしたらどんな顔をして、声をだすのか」などとプレイへの熱意を盛り上げてもくれます。

自分の女友達と会わせて、後から「おまえ、あの子のこと気に入っただろ」なんていじめることもできます。また、逆にM男くんの友達と会わせてもらい「あの人、かっこよかったわぁ」などと、嫉妬心を煽るなんてこともできます。

筆者の知っているS女さんで、M男くんのことをかわいい、いとおしいと感じると、無性にビンタしたくなるという人がいました。それを知っているM男くんは、何度もビンタされると自分が愛されていることを感じ、恍惚としていました。普段の生活を共にしていると、こんな絆が深まっていくこともあるのですね。

自己主張やコントロールがしやすい

これまでS性を隠してどちらかといえば「亭主関白」「ぐいぐい引っ張る」タイプの男性と付き合っていた女性は、M男くんとつきあうことで、楽に恋愛生活を送れるようになったと話す人が多いようです。

M男くんの多くは、デートでどこに行くかという話をしても「どこでもいいよ」ということがほとんどです。S女様が、気に入った場所に行って楽しそうにしているのが無上の喜びですから。もし、S女さんもどこでもいいと思った場合は、「あんた、たまにはどこに行きたいか言ってみなさいよ」と尻を一発蹴るか、叩くかすれば、きっとM男くんはあわてて、候補の場所を3カ所くらいはすぐに提案してくるでしょう(笑)。

ただし、政治・経済など社会問題について話すときなどは、対等の立場で話した方がいいでしょう。意見が違っても冷静に相手の話を聞く態度をすることで、M男くんは、逆に、「さすが僕の女王様、大人だよな」と尊敬するはずです。

また、たまには「あんた、こういうの好きでしょ」とM男くんの好みに合わせてあげることも大切です。そんな優しさがM男くんを狂喜させ、プレイでの熱中度もアップします。それから、楽に付き合えるからといって、おしゃれやダイエットを怠らないように。自己抑制や女としての気遣いをしっかりやっているS女こそ、M男くんは「ついていこう」と感じるのです。

安定した関係を築きやすい

SM関係というのは、お互いの役割、立ち位置を明確にすることにつながります。M男くんと恋人関係になるということは、セックスのときだけでなく、普段の生活でもその関係の上で過ごすことになるわけです。ですから、「こういう場合、自分はこういう立ち位置でいればいいな」とすぐに理解でき、相手も「この場合は、たぶん彼女はこういうだろうな」と予想しやすく、誤解したりいらいらしたりということが少なくなります。

こういうところが、いろいろな恋愛をして「男って疲れるなぁ」と感じている女性には、魅力的で、SMに対する興味を持つ人が後を絶たない理由かもしれません。

もちろん、安定は「怠惰」を生み、新鮮な感情を薄めていきます。交際を深めていく中で、M男くんが喜びそうな「新しい餌」をS女さんはあれこれと与えることを忘れてはいけません。プレイにおいても、M男くんから提案してくることはたまーにあるかもしれませんが、それに頼ろうとせず、目の前のM男くんが何を考えているのか想像し、いままでやっていないことを試していきましょう。

いろいろな役割を演じることができる

M男くんというのは、奴隷のようにどんな指示にも従うだけの存在と思われがちですが、その実態は、理想が高く、自分の世界を大切にするところがあります。その理想や世界観を理解してもらえているという実感こそが、主に従う原動力になるわけです。ある意味、わがままで、相手をじっと観察している面があるのですね。

したがって、S女さんは、いろいろな役割を演じる必要があります。ステレオタイプの「女王様」を演じているだけではすぐに限界がきます。「恋人」というのもその1つですが、「母」「姉」「妹」「妻」「上司」「部下」などの役も演じなくてはなりません。もちろんその中に「家来をかしずかせるわがままな女王」や「カウンセラー」「友人」なども含まれます。いろいろなタイプを演じて、M男くんが興奮する、好みの役割を探っていくわけです。

これはなかなか大変なことですが、いろいろな役割、立ち場を演じる楽しさがあります。これは、SMだけでなく恋愛関係の基本なのかもしれませんが、ノーマルな男性とつきあって「母」と「姉」の役ぐらいしか演じられないというケースに比べれば、かなり楽しいものになるはずです。S女さんの中には、年上のM男くんに自分を「お母さん」と呼ばせているなんて人もいます。最初にそれを命じたとき、M男くんが目を潤ませて感動していたからだ、とのことです。こんな発見があると、もうM男くんは、S女さんの完全な所有物になってしまいます。

M男との出会い方

では、理想のM男くんと出会うにはどうすればいいでしょうか。これは、とくに初心者S女さんはみんな苦労しているところでしょう。しっくりくるM男くんと出会うには、どうしても場数を踏む必要がありますが、だからといって「僕はM男です」と名札をつけて外を歩いている男性はいません。また「俺、Mなんだ」なんて言ってアピール男性でも、実はぜんぜん違っていたなどということも多々あります。

しかし、一方で、M性というのは、どんな男性も少なからず持っていることがほとんどです。問題はいかにそれを開花させるかということです。出会いの方法は、いろいろありますが、まず相手のM性を嗅ぎ分けるコツは「依頼心が強いか」「自己肯定感が薄いか」ということでしょう。

これは、外見や大勢の人がいるところでの態度からは判断がつきません。マッチョな感じの男性が、少し友達付き合いをしていると、母親か姉に甘えるような感じで話してきたりすることがあります。この「ベタっとした感じ」を察知できれば、かなりの確率でM男くんを見つけることができるはずです。もちろん、相手によってはS女さん側が受け付けられないというケースもありますが・・・。

また、2人になると、割とすぐに自分の内面の話などをしだし、自信のなさや、不安感を伝える男性は、M性が強い場合が多いようです。高学歴だったり、経済的に恵まれている男性でも、意外とこういう男性はいますので、そのような男性が現れたら、まず、じっくり話を聞いてあげましょう。それでは、ケース別の出会いの仕方と注意点を紹介します。

知人、友人関係などからM男を探す

普通にステディな彼氏を見つけるのと同じように、仕事関係や交友関係からM男を探すことも、不可能ではありません。なよなよしていたり、ただ優しい感じがするといったことから判断するのではなく、まず、他人への気配りがしっかりしている、自分より他人の希望を優先させるタイプに目をつけていきましょう。こういう男性は、M性がほかの人より強いケースが多いはずです。自己主張をするより自己抑制することを選び、何かと我慢するタイプは、M性をひそかに隠していることが多く、また、付き合う相手としても最適です。

その後、2人で会うなどして、そうした自己抑制的な態度が本物かどうか見極めるようにしましょう。セックスする関係になったら、いきなり、自分のS性を出すのではなく、ベッドでのふるまいをチェックしていきましょう。まず自分勝手なセックスする男性はだめです。すこしおどおどしていているタイプがグッド。上になってじっと見つめたりすると、照れながらも、うれしそうな顔をする男性なら、なお良いでしょう。

また、ホテルのソファなどに座って、「おいでおいで」をしてそばに呼んであげるのもいいでしょう。何もいわず素直にそばにやってきたら、指示されることにも抵抗がないと考えられます。このようにして、少しずつ確認しながら、自分のしたいプレイを試していきましょう。

出会い系、チャット、掲示板でM男を探す

ネットでM男を探す場合は「M男と知り合いたい」ということを最初から明らかにして探すので、案外、希望のM男を見つけられる可能性が高いかもしれません。

まずは、「プレイとして割り切った遊びがしたい」と言っておいたほうがいいでしょう。また、その場合、金銭に関する話がでるかもしれませんが、最初からそういう話を出す相手とは、警戒した方が無難です。ネットで出会いを求める場合は、相手がコミュニケーション能力があるかどうかを見極めることが大切です。「すぐに会おう」「連絡先教えて」とろくに話もしていないのに言ってくる相手は、本当はSMプレイなんかには興味がなく、自分がマグロ状態でいても、きもちよくしてもらえると勘違いしていることがあります。

「割り切った遊びがしたい」といっても、SMプレイは緊密なコミュニケーションが必要になりますので、そもそも、プレイや性癖について、あれこれと会話ができなければ楽しむ相手としては不適格でしょう。フリーメールなどで、連絡を取り合い、自分のプロフィールもある程度明らかにしてくれる男性なら、いい出会いがあるかもしれません。ネットでの出会いという方法は、簡単で手っ取り早いのでいろいろなタイプの人と知り合うことができます。しかし、実際に会うのは慎重に、相手が危険な人物でないかどうか、見極めて行動するようにしましょう。最初のデートは、プレイではなく、食事やお茶を飲む程度にした方がいいかもしれませんね。それくらいの我慢ができないようでは、Mとしてもあまり能力が高いとは言えないはずです。

SMバー、スナックなどでM男を探す

SM趣味のある男女が集まるバーやスナックで探すという方法もあります。中には、実演を見せる本格的な店もありますが、最初は、ノーマルな人もやってくる小さめの店に、友人などと行き、慣れてから1人で訪れるといいでしょう。

「そういう店ってどこにあるかわからない」という人もいるでしょうが、ネットで調べれば何軒かはすぐに見つかるでしょうし、SM趣味の人が利用するチャットや掲示板で、聞くなどすれば、詳しい人が教えてくれるはずです。知ったかぶりをするのではなく、初心者だということを伝えて、礼儀をしっかりして聞けば、親切な人なら丁寧に教えてくれるでしょう。

そうしたバーやスナックでは、しつこく言い寄ってくる男性もいるでしょうが、たいていはママやマスターが、客を注意するので、びくびくすることはありません。そういう注意をしない店には通わない方がいいです。ただし、いきなり誘われて外に連れ出されたら誰も守ってくれません。常連同志として普通の会話もでき、「サラリーマン」「自営業者」など簡単なプロフィールを言ってくる相手と交友を深めるよう心がけましょう。

そもそもそういう場所で、すぐに「わたしはMです」「S歴●年です」なんてすぐに自己紹介することは少ないはずです。まずは、店の主人と親しくなり、いろいろなことを教えてもらうつもりで通うことをお勧めします。

まとめ:コツさえつかめばM男はすぐに見つかる

最近は「男はこうでなくてはならない」という観念にとらわれている男性は、少なくなっています。その分、M性も日常の行動から判断しやすくなっています。ただし、S女さんが望む関係を築けるかどうかは、その人の力量に拠るところが多いので、場数を踏んで経験値を上げていきましょう。SM関係というのは、10組のカップルがあれば10通りあるわけで、決してドロドロとしたものばかりではありません。固定観念にとらわれず、素直に相手に希望を伝えればいいのです。多少の妥協などもしながら「恋人関係」の中でプレイを楽しみ、絆を深めることを目的にすれば、SMは新しい人生の入り口となってくるはずです。

◯関連記事
SM初心者でも簡単!拘束プレイで女性をイカせる方法10選
SMプレイを本気で楽しむ完全マニュアル/ソフトからハードまで網羅

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/masochist-man.html