バイブ歴7年のOLが教える。ガチイキしちゃうバイブの使い方

バイブ歴7年のOLが教える。ガチイキしちゃうバイブの使い方

彼氏とのセックスでイケない人や、オナニーしていてもいまいち絶頂感を感じることができなかったり、マンネリ化してしまったり。そんな女性って結構多いですよね。友達の話では気持ちいいはずなんだけど、なんで私は気持ちよくなれないんだろうなんて考えているとストレスばっかり溜まってしまいます。そんな人達に気持ちの良いバイブの使い方をご紹介しますので、これを見て是非チャレンジしてみて下さい。

3種類のバイブを使いこなし、セックスでは物足りないくらい気持ちよくなろう

男性経験がある人も男性経験がまだない人も、女性としての快感を得たいという気持ちは皆持っています。特に男性経験がない人は、セックスは気持ちが良いと周りからの刷り込みがありますから、そんな時がくることを夢見ていますね。

また、男性経験があっても彼氏とのセックスの愛称が悪くて、全くオーガズムを感じない人もいます。そんな女性の味方がバイブなんです。バイブとはラブグッズのひとつで、女性の膣の中に入れ、振動を与える事によって快感を得られるグッズのことをいいます。そしてバイブの形状にも基本的に大きく分けて「ストレート型タイプ」「パール型タイプ」「2股型バイブ」の3種類があるので、自分の状況や好みに合わせて使うといいですね。

そしてそんなバイブを駆使して気持ちよくなっている女性達の声をご紹介します。

凄く気持ちいいです。

女性によっては良くないと言う人もいますけど
私は合ってるみたいです。

使ってみる価値はありますよ。
引用:Yahoo!知恵袋

バイブで中突きしてると、気持ち良くなってきて
いつも笑み浮かべてます(笑)
はぁはぁ言ってます
引用:Yahoo!知恵袋

今朝もしたけど
またムズムズしてきちゃって
今からまたバイブで遊んじゃいます
(//∇//)
引用:Yahoo!知恵袋

初心者でも使い方を覚えたら、もうハマってしまうのがこのバイブなんでしょうね。自分でローションやコンドームを用意して一人で快感を得ている姿を想像しただけでイヤラシい気持ちになっちゃいますね。

バイブは使い方次第で気持ちよさが大きく変わる!

ひとえにバイブといってもただ単に膣の中に突っ込んでズブズブ抜き差ししたり、電動を使ってブルブルさせるだけで気持ちがいい人もいれば、それだけでは満足ができない人もいます。中には膣の入り口が感じる人や膣の奥が感じる人、Gスポットを刺激したい人など、人によって感じる場所はまちまちなんですね。だからバイブにも使い方ひとつで、更に気持ちが良くなることもあるんですよ。

ひとそれぞれじゃないかな?痛いっていう人もいるし。使い方ひとつで、気持ちよくなったりすると思うけど
引用:教えて!goo

使い方を変えてみた結果、もっと感じるようになったみたいですね。グリグリ掻き出すようにってなんかエロいですね。

この彼女は中イキができなかったのが、もう少しで中イキもできそうなくらい開発されてきています。中イキできない女性って結構多いから、このような器具を使って自分自身を開発することは良いことですね!

既に自分好みの使い方をマスターしているようですね。このレベルに達するともっと気持ち良くなる方法を更に見いだしていくのでしょう。

ストレート型バイブのおすすめ使い方手順とコツ

バイブにはストレート型とパール型、2股型と大きく分けてこの3種類がありますが、ここではストレート型バイブに関して、ストレート型バイブの特徴と、使う手順、そして使う時のコツについてお話します。

まずストレート型の外観はまっすぐな形状をしており、自分の好みのスポットに押し当て易く使い勝手は良いです。また、ストレート型バイブといっても種類は豊富で、材質や形状などは勿論異なりますので、ご自分の好みのものを選んで使用することをお勧めします。ただ振動するだけのものや、スイングして中をかき回したりするタイプなど、また、材質がとても柔らかく膣内に吸い付くような感じを得られるものもありますので、購入する際には太さなども含め、よく検討した方が良いでしょう。

ストレート型バイブの特徴

ストレート型バイブとは名前のとおり、形がまっすぐなものが殆どです。まっすぐな為、挿入しやすいという口コミが多く、入口から膣奥まで自分の好きなポイントを刺激することができます。

子機などの枝分かれした部分がなく、まっすぐな形をしているので、本物の男性器を挿入されるときのような快感を楽しむことができるタイプのバイブです。
膣の中が感じやすい方や、奥の方を刺激したい方、膣奥でもっと気持ち良く感じたい方にオススメしています。
挿入部分の素材や模様、太さや長さによって、様々な刺激を膣内に与えてくれるので、今までに体験したことのない中イキを味わうことができます。
引用:ラブトリップ

このストレート型バイブは基本中イキができている女性向けのバイブです。子宮口の方までまっすぐに届いてしまうので、奥を攻めたい中級者以上の方に適しているバイブです。しかし、クリではイケるけど中イキはまだという人でも、中イキの練習用に使うこともできますので、チャレンジしたい方には良いグッズでしょう。

また、このストレート型はパール型や2股型と違い、中イキしたい人用に開発されていますので、特に周りには何もついていません。その為、本当にシンプルな作りですが、中イキしたい人には集中ができる商品です。しかし、やっぱり他の刺激も欲しかったなどと思われる方にはパール型や2股型の方がいいと思います。

ストレート型バイブの手順

いきなり何の準備もなくズボッと入れられたら痛いものです。ですから、挿入する前にはローションでしっかりと膣の中を潤しましょう。その場合、できればローションを暖めておくか、温感のものもありますので、なるべく体温に近い物を使いましょう。そして潮を吹いた時など汚れ防止に大判のバスタオルやティッシュを用意することをお忘れなく。

それから、必ずバイブにコンドームを着けることをオススメします。そのまま挿入しても自分専用でしたら構いませんが、雑菌が繁殖する為、使用した後はしっかりと洗わないといけません。ですからコンドームを着けておくと、綺麗に洗う手間が省けます。但し、相当汚れてしまった場合はちゃんと綺麗に洗って下さい。

そしていよいよ挿入する訳ですが、膣をゆっくりと開きバイブの頭を入れていきます。入れる角度は個人によって若干違いますが、まず仰向けになって膝を立て、パカーンとお股を開き向こう側から手前に向かってバイブの頭を挿入していきます。しばらく入口付近で入れたり出したりして少し馴染んできたら、膣前壁にそって奥に進め、Gスポットを探します。バイブのスイッチをONにして感じ初めてきたらスイッチを強めにして攻めると良いでしょう。そして自分の好きな場所が他にあればその方向に出し入れしたり、突いたりかき回したりしてみて下さい。段々と中が緩んできたらそろそろ中イキが待っています。

ストレート型バイブの使い方コツ

クリトリスへの刺激やパール部分が回ったりする二股型やパール型と違い、ストレート型は膣の中への刺激以外はないので、とにかく頭の中でエッチな妄想をしながらなるべくリラックスするように心がけて下さい。

そして、イヤらしい気持ちになったところで、バイブを胸の谷間でシゴいたり、振動させながら乳輪から乳首へと刺激を与えてみるといいでしょう。だいたいの女性は乳首が感じ易いので、その刺激で膣の中も潤ってきます。それからバイブの先端をクリトリスに当たるか当たらないかで少しじらしたり、実際にクリトリスに刺激を与えて挿入する準備をして下さい。

その後、膣に挿入します。そして気持ちがいいと感じられる場所にバイブの先端を当てたり、上下に動かして自分磨きに集中することが、ストレート型バイブの使い方のコツです。

パール型バイブのおすすめ使い方手順とコツ

パール型バイブとは、サオの部分に内蔵された無数のパールがグルグルと回ることで、膣内に激しい刺激を与えるものです。更に上下にピストン運動する物もありますので、バイブに慣れてしまってもっと刺激が欲しい中級者以上に適したバイブと言えるでしょう。しかし、初心者でもゆっくりと使って慣らしていけば問題ないので、何回も買い換える必要がなくコスパ的にも良いといえるでしょう。パール型バイブに関して経験者さんのこんなコメントがありました。

私が今まで使った中で一番良かったのはビスコンティというパール入りバイブですね♪
お値段もそれなりにしてしまいますが、お値段に匹敵するほどの実力を持ち合わせていると、私は確信しています^^
引用:Yahoo!知恵袋

パール型バイブの特徴

パール型といっても真珠の形をしている訳ではなく、サオの部分に無数のパールが内蔵されているものです。そのパールの部分がグルグル回転することによって心地よく膣の中に刺激を与えてくれます。機種によってはソフトな刺激~パワフルな刺激のものまであります。

挿入部の内部に埋め込まれたパールが回転し、膣内をグルグルかき回す様に刺激するタイプのバイブです。
パールの大きさや配置は様々で、無数のパールを埋め込んだものや、大粒パール1個だけが埋め込まれたものなどもあります。
パールの位置が先端近くなら、ポルチオなど膣奥にある性感帯を、真ん中や持ち手の近くなら、GスポットやV筋など、膣の入口近くの性感帯を刺激するのに適しています。
パールが膣壁をゴリゴリ押し上げる激しい動きは、男性器では決して味わうことのできない快感を与えてくれます。
スイングや振動の刺激に物足りなさを感じてきた方、膣内を押し広げられるような激しい攻めを楽しみたい方にオススメです。
引用:ラブトリップ

パール型バイブのメリットは、かなりパンチの効いたタイプが主流になるので、どちらかというと既に自分のオーガズムを開花させ、もっと刺激が欲しい人にとってはガンガンやってくれて、もの凄い快感を得られることです。ですから、似たように攻めてくる2股型でも良いかもしれませんね。ただ、自分をまだ開発しきれていない人には、いきなりグルグル刺激されてもちっとも気持ちがいいと思えないでしょうから、中級者以上の人向けに適しています。

パール型バイブの手順

パール型バイブもストレート型バイブを使う時同様、いきなり入れないで挿入する前には人肌に温めたローションか温感タイプのローションでしっかりと膣の中を潤しましょう。そして、大判のバスタオルとティッシュも用意し、バイブにコンドームを装着しておいて下さい。

そしてどんな体位でも良いのですが、肛門の方から手前に向けて膣に挿入して下さい。それからスイッチを入れて徐々に段階を強めていけば、膣の中で回るパールの部分が優しい刺激からパワフルな刺激へと。グルグルと膣の中をかき回し、あまりの激しさに頭が真っ白になってしまう人もいるくらいです。挿入してからはバイブを自分の感じる部分に当てて楽しんで下さい。

パール型バイブの使い方コツ

パール型も基本ストレート型と使い方は一緒です。自分の好きな体位で、肛門の方から膣に向けて挿入しスイッチON。パール型は基本中級者以上の方が好むバイブなので、既に頭の中はエロいことでいっぱいになっていると思います。そんなより強い刺激を求めている人向けのこのようなタイプは、バイブの調節が細かくできるタイプが多く、振動または回転レベルの強弱を切り変えることで、激しくしたりじっくりと感じたりできるんですね。中級者や上級者はそれらを駆使して寸止めして長期戦を楽しむ人も多いです。

また、パール型には2股型同様、クリトリス用の子機が付いているタイプのものがありますので、その子機をクリトリスに当てるように向きを調整して、クリトリスも刺激することでより快感を得ることができます。

2股型バイブのおすすめ使い方手順とコツ

2股型バイブとは、読んで字のとおり根元の部分が2股に分かれています。サオの方は激しい振動を与えることで膣の中を刺激し、子機の方はクリトリスを刺激、両方から攻められた女性は今まで感じたことのないような刺激を楽しめます。

2股型バイブの特徴

2股型バイブは膣の中とクリトリスを同時に攻めることができる、女性にとっては普通のセックスでは味わえなかった快感を与えてくれるラブグッズです。

膣内に挿入する部分とクリトリスを刺激する子機との2股に分かれていて、膣の中とクリトリスを同時に刺激し、気持ち良くしてくれるタイプのバイブです。
バイブの中でも最もポピュラーな形で、中だけの刺激でイクのが難しい方・お手軽にエクスタシーを感じてみたい方にオススメしています。
中だけの刺激で気持ち良く感じるのが難しい方でも、クリトリスと同時に刺激することによって快感を感じやすくなります。
クリトリス同時に刺激しながら絶頂するのを繰り返すことで、膣の中が快感を感じやすくなるので、中イキの練習にも適しています。
引用:ラブトリップ

また、この2股型の中にはクリトリスを刺激する子機の他、パールも埋め込まれているものもあり、膣の中を突きながら与えられる振動と、パールがぐるぐる回転することでかき回されている快感、更には子機がクリトリスを気持ちよく刺激し、3ヶ所同時に攻められてしまうという万能な商品もあります。

2股型はなんといってもストレート型やパール型よりも群を抜いて刺激が凄いんですね。やはり、膣の中とクリトリスの2ヶ所同時に攻められることは女性にとってはたまらない刺激なんですね。しかも、パールが付いているものもありますので、最強といってもいいでしょう。

2股型型バイブの手順

この2股型もストレート型やパール型と同様に、挿入する前には人肌に温めたローションを使い膣の中をヌレヌレにしておく必要があります。また、潮を吹いたり愛液が流れ出てきたときの汚れ防止に大判のバスタオルやティッシュを用意しておいて下さい。そして、バイブには必ずコンドームを装着しておくことをお忘れなく。これも防汚や雑菌の増殖を防ぎ、商品を長持ちさせる為には必要なことですから。

そして挿入する時には子機がクリトリスに当たるようにし、肛門から手前に向けて斜め30度位を意識して膣に挿入して下さい。そうすると、このような体験ができます!

奥まで押し進めると、膣の中がバイブでいっぱいに…グググッと膣を広げられる感じがすごく新鮮で気持ちいい!

スイッチを入れるとGスポットや膣全体を掻き乱す…!!
ここでびっくりしたのが、膣の入口のパール刺激!
ポコポコ~って連打される感触はセックスでも今までのオナニーでも感じたことない刺激!
Gスポットもぐいぐい押されながらローター振動のWの刺激ですぐに気持ちよくなってくるんです!

クリトリスのうさぎちゃんは耳でぶるぶるって激しく刺激するし、あっという間にナカはふわふわで愛液がトロトロあふれ出しました!
スイングを最強にすると掻き乱す刺激がいっそう速くなってびっくり!
ぴくんぴくんって身体がマヒしながらイっちゃいました…♪
引用:ラブトリップ

2股型バイブの使い方コツ

2股型は刺激が凄く強いので、バイブ中級者以上の人向きといえます。中級者以上の方はだいたい何をどうすれば感じるのかは既に知っていますからアレコレ言わなくてもお解りだとは思います。しかしそれでも「もっとバイブで気持ちよくなりたい!」という人には最強のコツがありますのでご紹介しますね。

Gスポットってよく聞きますよね。膣の中にはGスポットという部分があって、これは開発が必要な部分なんです。よく「おしっこしたくなる感覚になる」っていいますが、このポイントを刺激されるとそのような感覚になるんです。

Gスポットは膣に指を入れて第一関節を曲げた辺りに存在します。非常に小さいポイントで指マンしてると徐々にコリコリorたぷたぷしてきます。少し左右にずれてたり奥や手前と個人差があります。

スポットの大きさは潮吹き名人に聞くと1円玉より小さいと聞きます。かなり小さいポイントなのと開発されてないと感じない性感帯でもあります。
引用:【バイブの使い方│愛撫編│潮吹き・Gスポット│ポルチオ性感】

この部分をバイブの亀頭部分で刺激を与えることで徐々に開発されていきますので、更に快感は高まることでしょう。また、ちょっと聞き慣れない言葉でポルチオというものがあります。

ポルチオ性感帯とは、Gスポットよりももっと奥の子宮口にある性感帯のことなんです。

実はポルチオ性感帯は、クリトリスよりも、Gスポットよりも、女性が一番快感を感じることができる場所だと言われています。
引用:cherry-me(チェリーミー)

更にここを開発すれば、もう鬼に金棒。最初は刺激が少し痛いようですが、慣れてきたらたまらない感覚になるようです。頑張ってバイブを使って開発をしてみるといいですね!

気持ちいいバイブの使い方でイキまくろう!

・自分にあったバイブを使い分けよう。
・中イキをしらない女性でも、バイブで練習すれば中イキできるようになる。
・まだ知らない性感帯をバイブで刺激し開発すれば、もっと気持ちよくなれる。

バイブと聞くと、普通に振動するだけのものを想像する人も少なくないと思います。しかし、昨今では多種多様な商品が開発されているんです。以前は男性がこんな感じがいいんじゃないかと、見た目と憶測で商品化していましたが、最近は女性も開発に携わって、女性の視点で作られているものも多いんです。そんなバイブで自分の知らなかった快感を味わっては如何でしょうか?セックスではイケない人も、バイブだったら恥ずかしくないし自分の好きにできます。角度を変えたり出したり入れたり、振動を加えたりと自分なりにチャレンジしてみるといいですね!

以上、風俗部からのお届けでした。

◯関連記事
中イキするならコレ以外は使えない!本当に気持ちいいバイブ10選
初めてでもクリイキできる!おすすめのクリトリス用バイブTOP10

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/vibrator-2.html