セクキャバ嬢が教える女が喜ぶディープキステクニック5選

セクキャバ嬢が教える女が喜ぶディープキステクニック5選

セクキャバに行く人も行かない人も、女の子が喜ぶディープキスをしてあげたいって思いますよね?現役のセクキャバ嬢が実際に教えてくれたディープキステクニックを、今回は5選ご紹介させていただきます。セックスの掴みはディープキスを制すれば怖いものなし!ぜひモノにして女の子に実践してあげて下さいね。

ディープキスが上手いと女性が喜び濡れる

キスとディープキスの使い分けが出来る男子はモテます!最初は普通のキスでも満足していくものなのでそれでも良いのですが、数をこなしていくと普通のキスでは物足りなさを感じてしまいます。上手いディープキスが出来る男性と女性の方が、長く付き合えるコツでもあるのです。下半身に触れずとも、ディープキスで濡れさせるテクニックを身につけていって下されば幸いです。

ディープキスが上手いと言えばセクキャバ嬢!今回は現役のゆかちゃん(仮名)にテクニックを教えてもらいました

東京新宿歌舞伎町の人気セクキャバ嬢であるゆかちゃん(22歳)はこれまでに多くのディープキスを体験し、その経験に基いて一番感じることができるディープキスについて熱く語っていただきました。風俗業界には18歳という若さで足を踏み入れ、20歳の頃にはキスの大切さを知ったそうです。

本番ありの風俗で働いていた時期もありますが、驚くべきはセックスなしで、ディープキスのみでナンバーワン指名をとっていたという伝説がある敏腕風俗嬢でした。スタイルや容姿からすればどこにでもいそうな普通の女の子。でも何が長けていたのかというと接客と濃厚なキスだと彼女は言います。現在は超人気店で働いており、20歳の頃から続けているというお客さんとディープキスをする時に、必ず意識してやっていることを5つご紹介させていただきます。

ディープキステクニック①:唇のインスピレーション

初対面の人と会う時にいきなりずけずけと失礼なことを言いますか?答えはNOですよね。ディープキスに関しても最初の入口は唇です。いくらディープキスが良いと言っても、急にかぶりつくようにキスをしても相手を困惑させてしまうだけです。濃厚なキスをすることだけがディープキスではなく、キスにも印象が不可欠。えっ!でもどうしたらいいの?唇を重ねることがディープでしょ!とお思いの貴方。確かにその通りなのですが、要はディープキスに入るための前戯だと思って下さい。セックスをする時にいきなり挿入したら痛いのと同じで、突然ディープキスをされたら恐怖を感じる子もいます。なので一番良い唇の重ね方は、フレンチキスです。フレンチキスとはお互いの唇を優しく重ねること。あまり長すぎても飽きてしまうのでせいぜい2秒から3秒くらいにして、これを何度かしてから舌を挿れていきます。フレンチキスも一括りにすればディープキスとなります。手を抜かずに落ち着いたキスを心がけて下さいね。

ディープキステクニック②:舌の絡ませ方

キス初心者は真っ直ぐと舌を侵入させて、相手の舌に触れればそれでいいと思っています。舌は口程に物を言うので、舌と舌とのファーストタッチで相手の印象が決まると言っても過言ではありません。最初はお互いの舌の先端同士をゆっくりと密着させて、放したり付けたりを繰り返します。ポイントとしては付けた先端は急に引くのではなく、ゆっくりと離れるイメージを持つと良いです。それは何故かというと、急に離してしまうと、この人は緊張しているだなという印象を与えてしまい、臆病だと思われてしまうからです。そこまでは出来れば後は舌を絡めるだけ!とはいきません。この絡め方が極めて大切です。女性から舌を巻きつけてくるというのは恥ずかしいと考えている方が殆どなので、男性からやってあげることが必要。相手の舌にまとわりつくように、左から右に円を描くように味わってみて下さい。やられてみると一目瞭然なのですが、すごく包み込まれているような暖かさを感じることが出来ますよ。

ディープキステクニック③:唾液を含ませる

意外とキスをしている時に忘れがちなのが唾液の存在。長い時間ディープキスをしていると、唾液が溢れてくるのを感じることができますが、うまくキスが出来ずに緊張している状態だと口の中が渇いてカラカラってことも!?もし仮に唾液があまりない舌同士が絡むとどうなるかというと、摩擦がかかり時には出血してしまう可能性もあります。唾液が多いと出血を防ぎ、滑りをよくするためそういったリスクを避けることができます。また好きな人の唾液をもらうと一種の興奮状態にも陥るため、しっかりと含ませておくと良いでしょう。唾液の糸が舌の先端を渡るシーン、興奮しますよね!

ディープキステクニック④:相手の口の中を満面なく舐める

別名、「サーチングキス」というディープキスの一種で、その名の通り口の中を探るように舌を入れていくテクニックです。相手のことをもっと知りたい!そんな想いが伝わる方法で、舌だけではなく、歯茎から歯の裏などの細かい部分にまでしっかりと舌で確認していきます。

口の中を探られるなんて恥ずかしいって思うかもしれませんが、その羞恥心こそがセックスにとっても必要不可欠な要素となります。サーチするスピードが早すぎると、落ち着きのない人に見られてしまいがちなのでゆっくりと丁寧にサーチングしていただくことをお勧め致します。

ディープキステクニック⑤:奥入れは終盤に使用する

唇を覆うようにディープキスをして、舌を限界ギリギリまで入れる必殺技です。好き嫌いがはっきりと分かれるため、相手の様子を伺いながらやりましょう。これも他のテクニック同様に、急にやるとドン引きされる危険性があるため相手を選ぶ必要もあります。ただ、ハマる人にはハマるため、付き合いの長いパートナーや、気の知れた方で試していただくことをお勧め致します。「お前を愛している」そんな表現を強く出したディープキスのテクニックです。

まとめ:5つのディープキステクニックをマスターすればセックスが楽しくなる

ディープキスをする上でのテクニック、上達するまでには経験値も必要になりますが、しっかりとマスターすれば今よりもワンランク上のセックスが望めます。たかがキスだと思って手を抜いてしまうと、大事な彼女を知らず知らずの内に傷つけてしまっていることも・・・。

セックスは身体だけではなくて気持ちの面がすごく大事になってきます。ディープキスは相手のセックスの熱量を図るのに良いパラメーターになっていますので、少しでも上手なディープキスが出来るように練習しておきましょうね!

◯関連記事
上手なキスで女性をトリコにする5つのポイント|唇のケアから口臭予防も

誰でも簡単にキスから流れでセックスできちゃうテクニックまとめ

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/deep-kiss.html