スリルを楽しむ!AV見放題のネットカフェでバレずにオナニーをする5つのポイント

スリルを楽しむ!AV見放題のネットカフェでバレずにオナニーをする5つのポイント

入店料さえ払えば、高画質のAVが大画面液晶で見放題のネットカフェ。「誰にもバレてはいけない」そんなスリルも相成り、ネットカフェでのオナニーはめちゃくちゃ興奮しちゃいますよね。

しかしもしバレてしまえばお店を出禁になるだけじゃなく、最悪犯罪にあたり逮捕なんてことも。そうならないためにも、AV見放題のネットカフェでバレずにオナニーする5つのポイントをご紹介していきましょう。

高画質のAVが見放題のネットカフェでスリルあるオナニーをしよう

「心置きなくオナニーしたい」そうは思っても、実家だと家族バレのリスクを背負い続けることになりますし、例え一人暮らしでも「いつものオカズにいつもの環境」ではイマイチ盛り上がりに欠けるもの。

しかしネットカフェであれば、個人的に会員契約などしなくても、専用サイトで高品質のAVが見放題!おまけにいつもとは違う環境ですることで興奮度だって倍増です。

このようにネットカフェでオナニーを楽しむ男性はとても多いのも事実。
ルールやマナーさえ守れば、ネットカフェはオナニーするのに最高の場所!
これからご紹介する情報を参考にして、大満足で終われるネットカフェオナニーを楽しんでみましょう。

ネットカフェでオナニーをする3つのメリット

ネットカフェでのオナニーには3つのメリットがあります。
「家族バレしなくて済む」「環境を変えられてマンネリ打破になる」これも立派なメリットですが、それ以外にもネットカフェでのオナニーをおすすめする理由があるのです。

「このメリットがあるからこそ、いつものオナニーとは違う興奮を味わうことができる」
そんなネットカフェオナニーのメリットの数々をご紹介していきましょう。

オナニーが誰かに見られていないかスリルで興奮できる

ネットカフェの多くはドアの下に空間がある・天井がなく筒抜けである、こんな部屋の作りになっているはず。完全個室を謳っているネットカフェもありますが、ドアには大きな窓がついています。そうネットカフェの部屋は本当の密室にはならないのです。なぜならこれは法律上仕方のないことだから。

深夜営業(24時間営業)をするためにネットカフェは風営法の届け出をしておりません。
そのため法律に触れないためにも完全個室にはできないんです。ブースの扉に透明ガラスや小窓があったり、床の隙間や天井が空いたりしているのは個室化の防止のためなんです。
引用:MURAiSM~ムライズム~

だからこそ「今通り過ぎた人に見られたかも」「間違えて誰かがドアを開けたらどうしよう」というスリルが味わえ最高に興奮するんです。これを「落ち着かない」と思う人もいるかもしれませんが、1度やってみればそのスリルが癖になっちゃうかも!

通常は有料の高画質AVを無料で見放題

高画質で何の制限もなくAVを見るためには、有料会員登録が必要です。無料会員では見れる動画数に限りがあったり、視聴時間に制限があったりましますよね。しかしネットカフェはすでにその会員登録を終えてくれているので、何の手続きもなく高品質のAVが見放題!

いつもとは違うジャンルのAVを見てみたり、画質の違いによるクオリティを実感したりと、AVを心行くまで堪能することができるでしょう。入店料のみで何の制限もなくAVを楽しめる、こんな状況でするオナニーが気持ちよくないわけありませんよね。

稀に女性のオナニーの声やカップルセックスの声が聞ける

何十回通っても遭遇しない人もいるかもしれません。本当に稀ですが、女性のオナニーの声やカップルのセックス音を聞けることもあります。
「そんな女いるの?」と疑問に思われますか?しかし実際に女性でもオナニーを目的にネットカフェに行くことはあるんですよ。

このように「男性がいる場所でオナニーするのが興奮する」という女性は一定数存在します。また男性の中にはラッキーにもオナニー現場に出くわしたことがある人も。

この生々しさはきっとどんなAVよりも勝る興奮が味わえるでしょう。
これを目的に行くとガッカリすることが多いかと思われます。「遭遇したらラッキー!」くらいの気持ちで待ち望んでみてくださいね。

最悪逮捕!知っておくべきネネットカフェオナニーの3つのリスク

高品質のAVが見放題・誰かに見られるかもしれないスリル、ネットカフェでのオナニーはいつものオナニー以上に興奮すること間違いナシの環境です。しかしそれには相応のリスクがあることも忘れてはいけません。

例えばネットカフェの中には「オナニー禁止」と設定されていることもあるでしょう。そんなお店でオナニーしてバレるようなことになれば、一発で出禁扱いです。また時には警察に通報され最悪逮捕…なんて可能性もあります。

いくら気持ちいいオナニーができるとはいえ「オナニーしてたら犯罪者になった」、これではシャレになりません。ネットカフェでオナニーする前に、知っておくべき3つのリスクについてご紹介しましょう。

性器を出しているところを見られたら公然わいせつ罪になる

公然わいせつ罪という罪状は聞いたことがある人もいるでしょう。

不特定多数の人の目に触れるような場所で公然とわいせつな行為をする罪。 刑法174条に定められ、罰則は6ヵ月以下の懲役もしくは30万円以下の罰金、または拘留、科料とされている。
引用:コトバンク

ネットカフェは間違いなく「不特定多数の人の目に触れるような場所」。「性器を出していた」ということがバレてしまえば、公然わいせつ罪に当てはまってしまうのです。
「誰かに見られてしまうかも」というスリルは、恥ずかしさを味わうスリルではなく、犯罪者になるスリルが含まれていることも覚えておきましょう。

精子を出したティッシュを残したり、部屋を汚すと出禁になる

当然のことながら、ネットカフェの利用方法は守らねばなりません。
例えばマンガを読むために入店したとしても「〇冊以上は部屋に持ち込まない」というルールがありますし、大声で騒いだりわざと違う部屋に乱入したりするのはもっての外。そのようなルール以外にも「キレイに使う」というのは常識です。

オナニーしているときに見つからなかったとしても、オナニーしていたことがバレれば出禁になることも考えられます。使用済みティッシュを放置しておく、精子がディスプレイに付着しているなど常識を欠く行動をすれば、後日来店時に入店を断られる…なんてこともありますよ。

防犯カメラの位置次第で店員にオナニーを見られる

通路やトイレ、本棚の隙間などあらゆるところに防犯カメラは設置されています。さすがに個室内全てにカメラを設置しているお店はないと思いますが、それでも「通路のカメラから室内が見える」といった可能性は充分に考えられるでしょう。

実際私がバイトしてたところでは、一部のブースのみ位置的に個室内の映像が映る部屋もありました。(なのでそのブースのお客さんが何をしているのか、何のページや動画を見ているのかがバレバレでした)
引用: MURAiSM~ムライズム~

ネットカフェでバイトした経験がある方もこう言っています。
初回来店時に「どの部屋ならカメラに映らないか」なんてわかるはずもありませんが、入店後に「ドアのすぐそばにカメラがあるな」とわかったのであれば、部屋の変更を願い出た方が無難かもしれませんね。

ちなみに男の娘AV女優として大変人気のある大島薫さんによりますと、こんな可能性もあるのだとか。

フランチャイズ化しているチェーン店であればこんなことはないと思いますが、個人経営のネットカフェならより警戒した方がいいのかも…?

店員にバレずにネットカフェでオナニーをするためのポイント5つ

最悪犯罪者の肩書を持つハメになるかもしれないネットカフェでのオナニー。しかしあまり大きな声では言えませんが、バレさえしなきゃいくらヤッても問題ないと言えるでしょう。(もちろん店内ルールや常識の範囲内での話ですよ!)

ではどこに注意すればオナニーしていることをバレずに済むのでしょうか。
この疑問を解決すべく、オナニーする前から後始末に至るまで、気をつけるべき5つのポイントをご紹介していきましょう。

店内が暗めで壁の高さが高い、覗かれるリスクの低いネットカフェを選ぶ

法律の関係上、完全密室にはならないネットカフェ。しかし覗かれやすい・覗かれにくいは部屋の作りで変わります。例えばドアの大きさや空いている空間の広さ、他にも照明の暗さだって大事なポイントです。

こちらの部屋のようにほんの少し足元が開いているだけならば、覗かれる可能性はグンと低くなりますよね。

もし「近場のネットカフェはドアが小さい」「窓が大きくて危ないかも」そう思うのであれば、ドアや窓に目隠しをつけるのもおすすめです。店内にあるブランケットや室内にあるパンフレットなどで、部屋の前を通る人がいても見られない工夫をしましょう。

いかにオナニーを見られないようにするか、これは大事なポイントですよ。

防犯カメラの真下は角度的に死角がないので注意

「防犯カメラの真下は死角である」まさかこんなこと思ってはいませんよね?
一昔前のカメラならば、確かにカメラの真下は映らず完全な死角でした。しかし最近の防犯カメラはとても進化していますし、ネットカフェだって広い店内をできるだけ少数のカメラで把握するため、広角レンズを使っていることがほとんどです。

カメラの真下は死角じゃありません。むしろよく見える位置です。
そのため先ほどリスクの際にもお伝えした「通路のカメラから室内が見える」、これを回避するのであれば、「個室からカメラが見えないこと」を意識すると良いでしょう。

音漏れしないヘッドフォンやイヤフォンを持参する

ネットカフェであれば室内にヘッドフォンは必ず設置されています。しかし性質があまり良くないことも多いのです。

これは「AVの喘ぎ声がよく聞こえない」ということではなく、音漏れしやすいということ。
隣の部屋に聞こえるとまではいかなくても、通路を歩く人に聞かれる可能性がありますし、「音漏れしてないかな?大丈夫かな?」と不安なままではオナニーも楽しめません。
そのため自宅から音漏れしないヘッドフォンやイヤフォンを持参すると良いでしょう。

また使用中もコードの管理だけは要注意!オナニーの振動でコードが抜けたりしないよう、細心の注意を払ってくださいね。

ちなみにですが、ヘッドフォンで防げるのはAVの音声だけです。あなたの喘ぎ声や動作音は防いでくれません。あまりにも興奮しすぎて声でも出そうものなら、思わぬ恥をかくこともありますし、店員に通報されることもあるでしょう。

・音漏れしないヘッドフォンを使用する
・使用中コードが抜けないよう注意する
・声を出すようなことはしない

この3つは必ず意識するようにしましょう。

臭い防止と汚さないためにウェットティッシュを利用

ネットカフェであれば備え付けとしてティッシュは置いてあると思います。
しかしオナニー後の後片付けで使うのであれば断然ウェットティッシュがおすすめ。ドリンクバーカウンターなどに置いてあるおしぼりで代用することができますよ。

精子をこぼし汚してしまった場合の対策として、また精子のニオイを出しにくくするためにも、ウェットティッシュはとても便利です。オナニー後のベトつくペニスや手だって、ウェットティッシュであれば拭くだけでキレイにすることができますよね。

使用後のウェットティッシュは紙コップを重ねた間に入れ通路のゴミ箱に捨てる

使用後のウェットティッシュですが、部屋のゴミ箱に捨てるのはやめましょう。オナニーしていたことがバレてしまうので、出禁になってしまう可能性があります。

通路などにあるゴミ箱に捨て証拠隠滅しちゃいましょう。このとき紙コップの2個用意し、その間に使用済みウェットティッシュを挟むようにして隠せば、他人に見られてもバレることはありません。

オナニーしていたことがバレない・店員にも迷惑をかけない・他人に見られても問題なし、とこの方法はメリットだらけ。次回も問題なく来店するためにも、最後の最後まで気を抜かないようにしてくださいね。

バレないようにスリルを楽しみ充実したAVで気持ちいオナニーをしよう

ドキドキのスリルを味わいつつ高品質のAVが見放題という最高のオナニーができるネットカフェ。しかしもしオナニーしていることがバレてしまえば、最悪逮捕になりうるため細心の注意が必要なことでもあります。
最後にここまでご紹介した情報をまとめてみましょう。

【ネットカフェオナニーの3つのメリット】
①スリルが味わえる
②高画質AVが無料で見放題
③女性のオナニーやカップルセックスが聞けることもある

【ネットカフェオナニーの3つのリスク】
①バレれば公然わいせつ罪が適用される
②部屋を汚すと出禁になる
③防犯カメラの位置次第で店員にオナニーを見られる

【バレずにすむ5つのポイント】
①覗かれにくい部屋の作りをしている店を選ぶ
②防犯カメラが見えにくい部屋を選ぶ
③音漏れしないヘッドフォンを持参する
④ティッシュよりもウェットティッシュを使う
⑤使用済みウェットティッシュは部屋ではなく通路のゴミ箱に捨てる

5つのポイントを見ればわかるように、ネットカフェでのオナニーはお店選びからオナニー後まで気をつけねばならないことがあります。しかしこれさえ守れば、充実したオナニーライフを過ごすことができるでしょう。
今回ご紹介した情報を参考にして、ぜひネットカフェで最高のオナニーを楽しんでみてくださいね。

◯関連記事
大興奮必須!ネットカフェでセックスする方法|やりやすいスポットも紹介
バレずに野外オナニーをする方法|逮捕されないコツも紹介

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/net-cafe-2.html