カウパー腺液(ガマン汁)でも妊娠する可能性が?成分を徹底リサーチ

AV女優「早野いちか」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】

カウパー腺液、いわゆるガマン汁でも膣内に入ってしまうと妊娠する可能性はあるのでしょうか。また精液と比較してカウパー腺液(ガマン汁)は妊娠する確率が高いのか、それとも逆に低いのか気になりますよね。そこで今回の記事では、そんな疑問に答えるためにカウパー腺液(ガマン汁)について徹底的に調査しました!さらに、カウパー腺液(ガマン汁)の成分や精液との違いまでリサーチしています!

カウパー腺液(ガマン汁)とは?

カウパー腺液(ガマン汁)は精液を出す前に分泌される液体のことを言います。精液よりは透明で、液体のようなモノです。精液との決定的な違いは、このカウパー腺液(ガマン汁)には「精子は入っていません」。そして、カウパー腺液(ガマン汁)は尿道球腺という尿道に近いところから分泌されます。ちなみに、この「カウパー」というのは、17世紀のイギリスの外科医のウィリアム・カウパー氏から名付けられています。ただ、現地での発音に忠実に言うなら「クーパー」と言ったほうが正しいです。

カウパー腺液(ガマン汁)の役割というのは、第一に「男性の尿道や女性の膣内を酸性からアルカリ性に変える」というものがあります。これは、カウパー腺液(ガマン汁)から分泌される成分がアルカリ性なので、射精の直前に分泌することで精子の働きを助けます。精子は酸性の状態だと働きが鈍くなるので、環境をアルカリ性に変えてあげる必要があります。そのため、射精の直前にカウパー腺液(ガマン汁)を出すことによって、精子が子宮へと到達しやすくなるようにしています。また、カウパーの「粘液」によって、ペニスの膣内への挿入を入りやすくしています。

カウパー腺液(ガマン汁)が分泌されるメカニズム

カウパー腺液(ガマン汁)が出る仕組みとしては、まず、男性が性的に興奮すると、ペニスの筋肉に血液がたまり始めます。すると、平常時のフニャフニュしている状態から筋肉組織が膨張してベニスが勃起します。勃起すると、ペニスの筋肉だけでなく、身体全体の筋肉も緊張して、血圧は上昇、呼吸は深くなります。これと同時に、金玉も緊張によりキュッと引き締まります。

この金玉がキュッと引き締まったことにより尿道球腺が刺激され、カウパー腺液(ガマン汁)が分泌されることになります。そして、このカウパー腺液(ガマン汁)が分泌されるころには興奮がMAXに近づいていて、腰を振るピストン運動も速くなっていきます。血圧や心拍数、呼吸などもピークに達して酸素の摂取量も大幅に増加します。オーガズムに達するときは、ペニスの根元の筋肉がリズミカルに収縮してドピュっと射精されます。その後、オーガズムに達すると、手足の筋肉がピクピクと痙攣することもあります。射精が終わると性的興奮から急速に解放され、男性は悟りを開いた状態になります。

参考動画:男性のオーガズムについての説明です。The male orgasm explained!

カウパー腺液(ガマン汁)でも妊娠するのか?

都市伝説的なものとして、「カウパー腺液(ガマン汁)のほうが妊娠しやすい」とか「カウパー腺液(ガマン汁)だけなら妊娠しない」というのがよく言われますよね。それでは実際のところはどうなのでしょうか。詳しく見ていきます。

「膣内は菌が繁殖しないよう、酸性で保たれています。しかし精子は酸性に弱く、そのまま膣内を通ってしまうとダメージを受けてしまいます。それを事前に弱アルカリ性にして、精子が生きやすい環境を作っているのです」
引用:男性の「賢者タイム」と「先行する透明な液体」を専門医が解説(NEWSポストセブン)

専門医の話しの中でもあるように、カウパー腺液(ガマン汁)自体の働きと言えば、主に「酸性をアルカリ性に変える」というものです。そのため、カウパー腺液(ガマン汁)そのものには妊娠する精子は入っていません。しかし、だからと言って100%カウパー腺液(ガマン汁)が安全とまでは言い切れません。

射精しなくても妊娠の可能性が…

例えば、射精する直前に膣から抜くつもりで、コンドームをせずに挿入していて、カウパー腺液が出た時点・射精の前に膣から抜いたと思っていても、実は精液が一部出ていて、妊娠したという状況は考えられるでしょう。
引用:【カウパー腺液と妊娠確率】医師が教える正しい避妊法とは?(ライブドアニュース)

射精を完全にコントロールすることなんてできませんよね。カウパー腺液(ガマン汁)だけを出して、精子は出さない、などといったコントロールはできません。そのため、カウパー腺液(ガマン汁)が出ているときには、「一緒に精子も出ている可能性」もあるのです。カウパー腺液(ガマン汁)だけでは妊娠はしませんが、カウパー腺液(ガマン汁)と精子がほぼ一緒に出てきて妊娠する可能性は十分にあります。

カウパー腺液(ガマン汁)の成分は?

それでは、実際にカウパー腺液(ガマン汁)にはどのような成分が入っているのか見ていきましょう。カウパー腺液(ガマン汁)は尿道球腺と呼ばれる、尿道の近くにある場所から分泌されています。精液や尿とは全く別のところで作られるため、カウパー腺液(ガマン汁)特有の成分が含まれています。

また、このカウパー腺液(ガマン汁)は、性的に興奮してペニスが勃起しているときに分泌されるようになっています。なので、平常時での尿をするときなどはカウパー腺液(ガマン汁)が分泌されることはほとんどありません。また、寝ているときにペニスが勃起する、いわゆる「朝勃ち」の状態においても、カウパー腺液(ガマン汁)が分泌されることはありません。

弱アルカリ性の成分

カウパー腺液(ガマン汁)の成分で、最も大切なのがこの弱アルカリ性の成分です。

精子も酸性状態では活動が悪く、死んでしまう精子もいるので、アルカリ性の環境が必要となります。精子は弱アルカリ性の環境では活発に活動できるようになり、射精後、膣から子宮へと卵子を目指して泳いでいけるようになります。
引用:性教育のおはなしSEIOHA

男性の尿道や女性の膣内は平常時は、菌などを繁殖させないように「酸性」になっています。しかし、酸性のままだと精子も活動できなくなるため、尿道球腺からカウパー腺液(ガマン汁)を放出して、精子の通り道を作っています。

ムチン

ムチン

粘液素,粘素ともいう。糖蛋白質の一種。粘膜から分泌される粘液の主成分で,密度の濃い粘りけをもち,粘膜を潤し,摩擦を防いだり,細菌が侵入するのを防護する。
引用:コトバンク

このムチンというのは、カウパー腺液(ガマン汁)のなかに含まれている「ネバネバ」している成分になります。カウパー腺液(ガマン汁)が粘り気を出すことによって膣内でのペニスの出し入れをしやすくする働きがあります。もし、このムチンがカウパー腺液(ガマン汁)に入っていなかったら、膣内が擦れて女性が痛い思いをすることになります。また、このムチンという成分は、カウパー腺液(ガマン汁)だけに含まれているものではありません。

生体内のムチン
動物の分泌する粘液にはほぼ全てムチンが含まれており、口腔、胃、腸をはじめとする消化器官や鼻腔、腟、関節液、目の表面の粘膜は、すべてムチンに覆われているといえる。
引用:Wikipedia

実は、人間の身体の粘膜にはすべてこのムチンが入っています。口の中や目の粘膜にもムチン成分が含まれています。そのため、ムチンの粘膜はネバネバしていて、保水性が高いという特徴もあります。

まとめ:カウパー腺液(ガマン汁)だけでは妊娠はしないものの注意は必要!

今回の記事では、カウパー腺液(ガマン汁)でも妊娠する可能性があるのどうかや、その成分についても徹底リサーチをしました。徹底調査をした結果、カウパー腺液(ガマン汁)自体には妊娠する「精子」がそもそも入っていません。ただ、射精直前にカウパー腺液(ガマン汁)が分泌されるので、「尿道で精子と混じる」可能性は十分にあります。そのため、カウパー腺液(ガマン汁)では100%妊娠はしないとも言い切れません。

◯関連記事
膣の中はどうなっているの?構造と性感帯、名器の秘密を徹底リサーチ
生でセックスをした後の病気や妊娠のリスクを解消する5つのポイント

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/cowpers-glandfluid.html