アナル中出しは床オナよりも気持ちいい!安全にアナルで射精する方法

話題のDMM10円セールとは?ネットが騒然とする激安キャンペーン

床オナはオナニーの中でも得られる快感が大きく、好きな人が多いです。しかし、そんな床オナよりも気持ちいいのがアナルへの中出し。今回は、アナル中出しをした人の感想や注意点を解説していきます。アナルセックスをする際の参考にしてください。

経験者に聞いた。アナル中出しは締まりが最高で気持ちいい

アナルセックスで、射精をする際にペニスを抜かず射精してしまうアナル中出し。アナルは締まりが良いですし、膣ではできない中出しができるので、気持ちいいのは当然です。

そんなアナル中出しを経験している人の感想を紹介します。

こちらの方はアナルセックスが気持ち良過ぎて、ツイートしてしまっています。

こちらの男性は、アナルセックスをし大量に射精をしたようです。

ちなみに、男性ばかりが気持ち良いのでは申し訳ないと感じる人もいるかもしれませんが、女性もアナル中だしは気持ち良いようなので、安心してください。

アナル中出しで妊娠したニュースが発覚

妊娠するためには、通常、膣に中出しをして、膣の奥にある子宮の壁で卵子と精子が出会い、着床する必要があります。膣と肛門は別の期間で中で繋がっているわけではないので、アナルにいくら中出ししても、妊娠することはありません。

しかし、5万人に1人程度、直腸膣ろうと呼ばれる、尿管や膣がアナル(直腸)と同じ、もしくはトンネルのように繋がっている人がいます。膣とアナルは女性のお腹に向けて2本の別々の管があるのが普通です。しかし直腸膣ろうの女性は、その2本の管に穴が開いており、完全に別々の管とはなっていません。そのため、直腸の液が膣の方に流れたり、その逆もありえます。女性がそのような体質の場合はアナル中出しでも妊娠する可能性が否定できません。

また、バックなどでセックスをしてアナルに中出しすると、精液が膣の方に流れていきます。そのまま綺麗に精液を取り除かずに、セックスをしてしまうと、コンドームを使用しても、膣に付着していた精液が原因で妊娠する可能性も無視できません。

アナルを生でやるのは一番性病が移りやすいから危険!ゴム推奨

アナル中出しで妊娠しないのであれば、生でやり放題だと考えるのは危険です。アナルセックスは性病の感染リスクが大きいセックスだからです。
膣や口はものを入れることが想定された期間なので、粘膜は弱くありません。しかし、アナルは本来排泄を専門とする器官です。そのため、粘膜は刺激に弱いです。

また、病気全般に言えることですが、血液というのは病気の感染原因になりやすいと言われています。アナルセックスに慣れていれば、出血することは少ないかもしれませんが、もし慣れていないと、出血することも少なくありません。

これらが原因で、アナルセックスは性病の感染のリスクが高いのです。

アナルセックスが原因で感染しやすい性病は以下のようになっています。

HIV

HIVに感染すると体の免疫力が低下し、それほど強くない感染症でも、簡単に発症してしまうようになります。 そして、簡単に病気を発症する状態の名前がAIDSです。医学が進歩した現在では、適切な治療を受けることで日本でAIDSで死亡する人は少なくなりました。しかし、世界では年間180万人の新規感染者と100万人の死亡者を出しています。それほど危険な病気です。興味本位でアナルセックスをしてHIVになったのでは、報われません。もし気になる方がいれば、検査キットで検査をしてみても良いでしょう。
性病検査キットの購入してから結果が出るまでの流れまとめ

B型肝炎

ウイルス等が原因で肝臓が炎症を起こします。その結果、出る症状が高熱や倦怠感です。B型肝炎の原因となるウイルスは血液によって人から人へと感染するので、出血する危険性のあるアナルセックスでは感染リスクが高まります。

梅毒

既に先進国では、梅毒が原因で死亡する患者は少ないです。しかし、治療をしないと脳・心臓・神経系などに病原菌が異常をきたし死に至ります。

尖圭コンジローマ

性器などに鶏のトサカのようなイボができる病気です。イボ以外の症状はありませんが、一度できてしまうと再発の危険性が非常に高いと言われています。

クラミジア

男性が発症すると性器が膿んでしまい、激しい痛みを伴う事があります。女性は自覚症状が少ないので、女性は気が付かないうちに男性に感染されていることもあります。

尖圭コンジローマやクラミジアなどの比較的軽い性病であれば、まだましですが、HIVや梅毒といった重度の性病の危険性もあります。そのため、基本的にはコンドームをするのがおすすめです。

また、中でしない場合でも当然ですが、出血することのないように、しっかりほぐしてから挿入しましょう。

もしアナル中出したら精子を外へ!そのままだと下痢になる

アナルセックスをする時には、コンドームを使うことをおすすめしますが、中には我慢できずにコンドームなしで、中出しをする人もいるでしょう。そういう方でも、中出しをした後には、アナルに入った精子を外に出してください。

精液は数十種類の化学物質によって構成されていますが、その中にはプロスタグランジンという成分を含みます。プロスタグランジンは前立腺から分泌される生理活性物質ですが、注意するべきなのが、腸管収縮作用を持つことです。腸管収縮作用があるため、アナルに中出しをして、放置していると下痢や急な便意の原因になります。

このような被害報告も出ています。

病気を回避するため、アナルはゴムを装着して中に出そう!

アナルは妊娠の危険性がほとんどないため、生で中出しをしたくなる気持ちはわかりますが、生でのアナル中出しには性病や下痢の危険性があります。アナルは締め付けが強く、コンドームを使っても、普段とは違った刺激を味わうことが可能で、十分に気持ち良いはずです。

・アナルセックスをする前によくほぐす
・アナルセックスをする時はゴムをつける

という2点を守るようにしましょう。また、アナルは締め付けが強いので、コンドームが正しく装着されていないと、射精後にペニスを抜こうとすると、コンドームがアナルに残ってしまうこともあります。サイズのあったゴムを正しい方法で装着してください。

この記事では、アナル中出しをした人の感想や注意点を紹介してきました。アナル中出しは気持ちいいだけでなく、マンネリも解消してくれので、この記事を参考に楽しんでください。

◯関連記事
今だから話せる元アナルファック嬢が伝授する、アナルセックスの正しい方法
初めてのアナルセックスで気持ち良くなる為のコツ5つ

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/ejaculation%ef%bd%b0anal.html