お尻(アナル)を開発する方法!プレイにおすすめの器具やグッズも紹介

お尻(アナル)を開発する方法!プレイにおすすめの器具やグッズも紹介

アナルが性感帯の1つであることは、みんな薄々気づいています。しかし、アナニー人口はそれほど多くありません。なぜでしょうか?理由の1つが、性感帯としてのアナルの未発達さ。チンコやマンコと違い、アナルの快感には「開発」の手間が不可欠なんです。でもだったら開発すれば良いだけ。前立腺に注目した、初心者向けの簡単な開発方法がちゃんと存在します。というわけで今回は、お尻(アナル)を開発する方法を紹介します!

アナル(お尻の穴)を開発するなら前立腺オナニーから始めよう!

自分の体に性感帯があるならば、余さず使いたいですよね。たいていの性感帯は、みんな自然に使いこなしています。ただ、1つだけ例外が。それがお尻の穴、アナルです。

排泄器官であることから、禁忌の意識が働きやすいのでしょう。それともう1つ、アナルが性感帯として未発達なことも原因です。快感を得るには、一定の期間「開発」が必要なんですね。

その手間がネックとなり、一生アナルを使わない人もいます。でもやっぱり、もったいない!アナル開発すれば、めくるめく快感が保証されているからです。そこでおすすめしたいのが、初心者にもできる前立腺オナニー。簡単なやり方を紹介しますので、これを機にアナル開発を進めていきましょう。

開発には時間がかかる!段階的にアナルの快感をおぼえよう

「やってみよう!」と思いついて、アナルにそっと小指の先をー。それだけなら、まあ、すぐにできます。でも少なくともそれは、アナル「開発」ではありません。開発とは常に、時間がかかるものだからです。

しかしその分、成功した時の気持ち良さは格別。時短流行りの昨今、たまには時間をかけて事に当たるのも、オツなものではないでしょうか。

キーワードは「少しずつ」。一足飛びに快感を得ようとすれば、やってくるのは激痛です。まさに、せいては事を仕損じます。そもそもアナルは、とても敏感で繊細な場所。だからこそ性感帯としてのポテンシャルは計り知れません。ローマ改め、アナルは一日にして成らず。段階を追って、少しずつ慣れていきましょう。

まず動画で前立腺の場所を理解しよう!

動画では、前立腺の位置と探し方が、わかりやすく解説されていました。人により前立腺の場所に違いがあるとは、面白いですね。とはいえせいぜい指の第二関節までのところに、必ず前立腺は存在します。少しアバウトに捉える方が、位置の特定がしやすいようです。

探す時はローション少なめ、指サックなしが良いとのこと。大事なのは、あくまで楽しみながら開発することです。血眼になって前立腺を探し続けるのは、ちょっとナンセンスでしょう。

初心者でもできる!アナル開発のやり方・手順

段階を追って進める、アナル開発。とはいえタブー意識の強いアナルは、初心者には敷居の高い場所でもあります。生まれてからずっと、ウンコとオナラでお世話になってるわけですが、身近すぎるためかえって扱いにくいんです。

ここでは、ビギナー向けに、アナル開発のやり方および手順を解説していきます。アナルの扱いは、最初が一番肝心。だから初心者向けではありますが、アナルを扱う時に大事なポイントが、全て詰まっていますよ。

①事前に必ず浣腸で排泄・ぬるま湯などで腸内洗浄をする

アナルはうんこの出口ですから、やっぱり汚い印象。でもそれは偏見ではなく、医学的な根拠があります。肛門周辺や直腸内には、無数の大腸菌が存在するからです。適切にアナルを開発するためには、洗浄が欠かせません。

浣腸を使って排泄を済ませ、直腸内をキレイにしましょう。これで開発中、便意に悩まされる心配はなくなります。ただすっかり洗浄できたかというと疑問符が。

そこで役立つのが、洗浄ポンプ。A-ONE社の「エネウォッシャー」なら、NLSで千円弱で買えます。注入するのは、薬剤ではなくぬるま湯。ノズル部分をお尻に入れる時は、ローションを使うのがGood。肛門から噴射してみて、水に濁りがなくなれば、洗浄できた証です。

②準備段階!まずはゆっくりマッサージをしてアナルをほぐす

いきなり菊門をなぜ回したくなりますが、焦らずに。まずは、穴の周辺から揉みほぐします。マッサージとは、血行を良くする行為。肛門周辺のコリをほぐし、中心は後まわしです。

大事なのは、時間をかけること。筋肉の緊張をほぐしつつ、気分もリラックスさせたいからです。気負い過ぎるのは、かえって逆効果。精神的にも、ゆったりした状態で臨みましょう。

仕上げは指の腹で、肛門を上からやさしく押すようにマッサージ。ここからは、指サックを着用しましょう。ほぐれてきたら、少しだけ中に入れます。まだぐっと押し込む必要はありません。指先1㎝程度を、ゆっくり出し入れ。慣れてきたら、動きにひねりを加えるのも効果的です。

③アナルがほぐれたら指を挿れ関節をちんぽ側に曲げ前立腺を刺激する

前立腺の位置については、動画で紹介しました。おさらいすると、肛門から入って5㎝ほどのお腹側にあります。前立腺自体はクルミ大で、腸壁越しにさわれる20g程度の小さな器官です。

直腸は粘液が少ないですから、洗浄やマッサージの時以上に、指入れの際はローションが必須。最近はアナル専用のローションが、たくさん市場に出回っています。粘膜保護成分が入っているなど、プレイに役立つこと請け合いです。

指が第二関節まで入れば、前立腺に十分届きます。ただ、刺激するには指をちんぽ側に曲げる必要が。たどり着いたら、指先あるいは指の腹でやさしく圧を加えましょう。慣れたら指を少し前後に動かし、押し込むようにすると効果大です。

④2・3日以上の期間をあけず気持ちよく出し入れできるまで開発を続ける

何事にも慣れが肝心といいますが、アナル開発ほど、この言葉が当てはまるものはありません。2・3日以上、あいだをあけるのは危険。余計なインターバルのせいで、せっかく開発した分がパーになってしまうからです。

要するに、アナルは基本「出す」場所。「入る」感覚を、肛門括約筋はなかなか学習してくれません。まるで覚えないわけではありませんが、とにかくすぐ忘れます。「入る」感覚を肛門括約筋にきちっと受け入れさせるには、期間をあけない開発が不可欠です。

ローションは要りますが、次第に指が入れやすくなり、出し入れもスムーズに。そうなったら、しめたもの。括約筋が「入る」行為を受け入れ、アナルの開発が大きく前進した証拠です。

⑤指の刺激に慣れたらアナル用のバイブや器具で刺激を楽しむ

ここまで来れば、初心者卒業も近いといえるでしょう。指から今度は、道具を使った刺激へとレベルアップ。そのためのグッズがこれまた沢山、市場にはあふれています。

太さや長さが、指よりグンとスケールアップ。どれもがアナルに潜り込みやすい形状で、たとえばバイブ機能などがあれば、自分で動かす手間も省けます。気持ちいい場所にジャストフィットしますから、アナニーでのドライオーガズムも夢ではありません。

エネマグラにバイブ、ローター、アナルビーズ…。例を挙げれば、キリがないほど。そうした器具の具体的な使用法については、下記の関連記事に詳しい紹介が。興味が深まってきたという方は、是非そちらも合わせてご参照下さい。

参考:https://www.fuzoku-move.net/special/prostate-massage.html

◯関連記事
さらに詳しいやり方はこちら→気持ちいい前立腺マッサージのやり方|コツは肛門括約筋をいかにほぐすか

開発後に楽しみたい!アナル用グッズを簡単に紹介

最後に、アナルプレイに使えるグッズも紹介しておきましょう。開発が進めば、誰もが進むであろう道です。器具を自在に使いこなせるようになると、お尻の楽しみはさらに広がり、快感も指よりはるかに深まります。

もちろん、アナル開発には順序が必要。興味本位で、いきなり道具に手を伸ばすのはやめましょう。抵抗なく指入れができる段階でないと、痛くてとても入りません。開発どころか、アナル嫌いになってしまいますよ。

お尻に液体を注入!洗浄にも使える「エネマシリンジ」

手動ポンプの両端に、水を吸い上げるホースと、お尻注入用のホースが付いています。基本的な構造はとても単純ですが、アナルプレイにはなくてはならない器具。それが、エネマシリンジです。ぬるま湯を吸い上げて、腸内洗浄を行うのに欠かせません。

使用する際は、アナルに挿入する方のノズルに、ローションをたっぷりつけましょう。アナルにも塗っておくと、入れるのがさらに楽になります。洗浄が目的ですから、場所はお風呂場。洗面器にぬるめのお湯を張り、ポンプで吸い上げては注入。肛門から噴射して、水がキレイになれば終了です。

液体を入れるタンクが一体化したものなど、さまざまなタイプがあります。「エネマ」とは、英語で浣腸の意味です。

小刻みな振動が病みつきに!「アナルローター」

アナルローターとは、ローターの中でもアナルの刺激用に特化した商品。「膣用のローターで、使ってないのを流用すれば」などと思いがちですが、膣はぐわんと広がりやすく、その分ローターもデカめ。膣用をアナルに使うのは、おすすめできません。

衛生面から考えても、専用のアナルローターが一番です。形状としては、可愛らしい卵型から、玉が連なるお団子型までいろいろ。潜り込んで取り出せなくなると困りますから、無線式ではなく、ローターとリモコンがつながったものがほとんどです。

振動は種類により強弱が異なるものの、機械が小刻みに刺激してくれる点は同じで、非常に快感。初めて使うアナルグッズの、最有力候補の1つでしょう。

継続的に前立腺を刺激する!「アナルプラグ」

アナルプラグは、とてもシンプルなアダルトグッズ。基本的には電動仕掛けではなく、要するに人間の指を延長したもの。土筆(つくし)かツチノコのような、とんがり頭のヘッド部が特徴です。

ローションを塗って、ゆっくり挿入。入れば、それでOKです。ネックの下にストッパーがあるのは、奥深く潜り込んでしまうを防止するため。値段も安く、気軽に試せるアナルグッズの筆頭といえます。

入れっぱなしを楽しめる、アクセサリー的な使い方が最大の魅力。とはいえ、あまりに長時間の連続使用は避けた方が賢明です。何食わぬ顔で過ごしつつ、アナルに性具をハメっぱのエロい自分…。そんな自己陶酔も込みでじんわり気持ち良くなれる、カジュアルな器具です。

連なった球が前立腺にフィット!「アナルビーズ」

アナルビーズは、いくつかの玉が連なった独特な形状をしています。持ち手を使って、アナルに入れたり引き抜いたりして使います。玉が織りなす凸凹が心地よい刺激となり、アナニーを力強くアシストしてくれるんですね。

玉のサイズが大きくなれば、当然ながら快感も増しますが、初心者は小さめのものから始めましょう。玉の材質はシリコンやゴム、金属などさまざまです。

玉と玉をヒモでつないでいるタイプは、衛生面にやや不安も。ビギナーにはとくに、継ぎ目のない一体型がおすすめです。入れて前後に動かすだけで、前立腺にゴリゴリした刺激が広がります。全部入れると長さがありますが、前立腺あたりまで差し込む使い方でも、十分楽しめるでしょう。

ドライオーガズムの快感も堪能!「前立腺刺激器具」

本格的なドライオーガズムを目指すなら、前立腺刺激器具がおすすめ。中~上級者向けといった感じですが、よく考えられた製品が多く、1度は使ってみたいアナルグッズです。

見ようによっては、柄(つか)のガード部が大きな西洋の剣。形からして独特で、ちょっと淫靡な雰囲気です。挿入部分は、アナルから前立腺までの長さ。ローションを使って挿入すれば、そのままジャストフィットします。エネマグラやアネロスが、その代表格と言えるでしょう。

時間をかけて使用し続けることで、やがて射精を伴わない絶頂イキに導かれる仕組みです。快感の次元が違うとされる、ドライオーガズム。そのカギは前立腺にあり、手に入れるには適切な器具での刺激が大切です。

お尻の穴を開発して前立腺の刺激を楽しもう!

アナル開発、意外に取り組みやすいと感じられたのでは?グッズも豊富で、手順を守れば難しくはありません。焦らず、ゆっくり。そして、インターバルをあけないこと。守るべきは、この2点です。

自分の体に、未知の快楽の源泉があるー。そう気づいたら、何か始めたくなります。前立腺オナニーは、初めの一歩として最適です。

アナル開発を続けて、夢のドライオーガズムへ一気に昇りつめましょう。以上、風俗部編集部がお届けしました。

◯関連記事
おすすめのアナル用ローション10選|選ぶコツは粘度と潤滑性
本当に気持ち良くなれる!おすすめアナルバイブ10選|タイプ別解説付き【2019年最新版】

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/recommended-equipment.html