【48手体位】鶯の谷渡りを覚えて愛撫だけで女性をイカよう

AV女優「佐倉ねね」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】

セックスにおいて女性に満足してもらい、気持ち良くイってもらうには全身リップが必須となってきますが、多くの男性が前戯にかけずにすぐに挿入してしまいがちです。もっと前戯に時間をかけて欲しいという女性も多いですね。今回は少しの愛撫だけ女性の圧倒的に満足させる体位「鶯の谷渡り」をご紹介していきます。

鶯の谷渡りとは

鶯の谷渡り

鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)とはうぐいすが谷から谷へ、木から木へと鳴き声をあげながら飛ぶことを言います。セックスにおいては、男性が仰向けに寝ている女性の身体をうぐいすのようについばんで移動していく様子を指します。

鶯の谷渡りで気持ち良くなれる体位を後ほど具体的に解説していきますが、やり方としては、仰向けになって寝ている女性の身体に舌や唇を使って全身愛撫をします。つまりは挿入による体位や手マンなどのハードな刺激ではなく、女性が喜ぶ全身愛撫テクニックなのですね。ぜひとも男性のみなさんは女性を喜ぶせるために身につけたい48手です。

また、鶯の谷渡りをすることによって、女性の興奮度を高めてマン汁の分泌を格段に上げることができます。普通の愛撫よりも気持ち良いということでマン汁の量が増え、チンポを挿入した時の快感も倍になります。しっかりと膣の中が濡れるのでどんなにデカチンでも入れる時に痛みを和らげてくれます。

そうなると、男性はいつも通りに正常位などで挿入するよりも、鶯の谷渡りを行うことによって、膣内の締まりが良くなり、ぬるぬるの状態ですからとても強い快感を得ることができます。

S気質な男性なら鶯の谷渡りで女性の身体を全身リップすることによって、女性の「早く入れて欲しい」「もう我慢ができない」といったいやらしい様子を見ることができるので、とても興奮するはずです。実際に多くの女性が鶯の谷渡りで気持ち良くなっています。

鶯の谷渡りのもっとも気持ちが良いやり方

体位鶯の谷渡りでもっとも気持ち良くなれるやり方をご紹介していきます。こちらの体位は特に大人のおもちゃや特殊な道具は一切使わないので、やる気とパートナーさえいれば、いますぐにできる体位です。

まずは女性は仰向けに寝かせて、その身体の上に男性が乗っかって唇や舌を使ってリップサービスを行っていきます。鶯の谷渡りの絶対的な鉄則があり、手を使ってはいけません。うぐいすのように愛撫するのが鶯の谷渡りの体位なので、出来れば唇と舌だけを使って気持ち良くさせていきましょう。ただ、リップでは舐めるだけではなく、舌でなぞるように円を描いたり、優しく吸ってみたり、ねぶってみたりと様々な唇や舌の使い方をして責めてあげましょう。

うぐいすのように唇をすぼめて、乳首に向かってつつくのも鶯の谷渡りらしくて良いかと思います。もちろんお互いが全裸で行うのがベターですが、着衣が好きな男性は女性に下着をつけさせたまま行うのもアリでしょう!前述したように鶯の谷渡りは、女性を挿入時にイカせるのに最適な体位で、手マンやクンニをする前に入れてあげるのが有効的です。特に濡れにくい女性やマン汁が乾きやすい女性、イキにくい女性などにも効果があります。

鶯の谷渡りでさらに女性を気持ち良くさせて、愛撫だけでイカせたいなら女性の身体を開発するように性感帯を的確に責めることです。開発をするイメージで鶯の谷渡りを行えば、挿入する前にイカせることができるようになります。そのためには女性の性感帯を把握しておく必要があります。過去記事で女性の性感帯について解説しているので、そちらも参考にしてみてください。

関連記事:女性の全性感帯を紹介【愛撫の解説付き】

鶯の谷渡りをやる際の注意点

たっぷりと鶯の谷渡りで女性を満足させるやり方を解説してきましたが、次に鶯の谷渡りをする際の注意点を解説していきます。鶯の谷渡りは前戯として行うものなので、特に気を付けなければならないということはないのですが、女性があまり感じない部分への愛撫に時間をかけすぎないようにしましょう。

というのも、やはり女性の性感帯や感じる部分を把握していないとつい、無駄なところにも愛撫をしてしまいがちです。そうなると全身リップされている女性も「あっ、ここ舐めるんだ」「この部分はあんまり気持ち良くないんだけどな」とセックス中に冷めてしまう可能性があり、せっかく濡れたマンコも乾いてしまうことがあります。

つまり鶯の谷渡りを上手にこなすには女性の性感帯をしっかりと勉強し、正確に刺激をしてあげることです。愛撫が下手だとレッテル貼られてしまうと、メインである挿入になっても女性がイカなくなる可能性があります。ですから、鶯の谷渡りをしながらしっかりと女性の反応や感度を逐一観察するようにしましょう。

鶯の谷渡りの流れで出来る体位を紹介

鶯の谷渡りは全身リップをするプレイなので、基本的にどんな体位にも移行しやすいはずです。ここで正常位や素股などを行っても良いかと思いますが、それだと少し通常のセックスと被ってしまうような気がします。せっかく鶯の谷渡りでマンコをいつも以上に濡らしているので、普段あまりしないような立ちバックや女性に四つん這いになって、両手を床についてもらうようなバックをするのが良いでしょう。

そもそもバックの体位は女性のマンコがある程度濡れていないと、挿入する時に痛みを感じる体位でもあるので、やりたがらない女性も一部います。しかし、鶯の谷渡りで膣内をたっぷりと濡らして、女性の興奮度も高まっているので気持ち良いバックができるはずです。ぜひとも、鶯の谷渡りの流れで試してみることをオススメします。

まとめ:女性を喜ばせるなら鶯の谷渡り

鶯の谷渡りは女性を喜ぶせるなら絶対に覚えておきたい体位です。鶯の谷渡りをすることで女性のマンコが濡れ、イキやすくなら今日からでも実践すべき体位です。如何に手を使わないで女性を満足させれるかは男性の腕の見せ所でもあるのではないでしょうか。ぜひ、鶯の谷渡りに挑戦してみてください。

◯関連記事
定番!気持ちいいセックスの体位と挿入方法と腰の振り方について

挿入でイク女性はたった4割。セックスで絶対にイカせる方法・いかせ方

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/sex-posture-3.html