【48手体位】達磨返しで絶頂を味わいたい方必見!失敗しない縛り方を紹介

AV女優「美神さゆり」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】

彼女とのセックスに慣れてくるとなんだか、淡泊なものになりがちですよね。前戯をするのも面倒くさいと感じているのも仕方のないことです。そんな方のための解決策はやはり新しいプレイに挑戦してみることです。今回は中でも男女ともに気持ち良いと言われる達磨返しをご紹介していきます。

達磨返しとは

達磨返し

達磨返し(だるまがえし)は、四十八手とのうちの1つで正常位の体勢で行うプレイです。諸説あるようですが、江戸時代に発明された体位なのだとか。しかし、現代では達磨返しでセックスをしている人は少ないでしょう。具体的な達磨返しのやり方は後ほどじっくりと解説してきますが、正常位で女性の足を開かないように縄でグルグルに巻いて、ハメる体位ですのでややSMっぽさもあります。

本来は縄で縛る行為が達磨返しと呼ばれるものでしたが、縄を使わず足だけを閉じるだけでも達磨返しになるようです。縄を使わないとなると、誰でもできるのでぜひとも彼女に試したい体位ですよね。

女の子の太ももを縄で縛ることでこの体位は完成度をより高めますが、別に縛らなくても良いでしょう。
引用:【体位】達磨返し(だるまがえし)

達磨返しの魅力

達磨返しは足を閉じて正常位でハメるプレイなので、女性の膣の中がギュっと締まります。女性も的確に子宮の奥にチンポがあたり気持ち良いよいですし、特に男性はチンポが膣の中で吸い付かれて締め上げられるのでかなりイキそうになります。達磨返しをやってみた男女の口コミを見ると、やはり相当気持ち良いことがわかります。

達磨返しにハマってしまうと、病みつきになってしまうくらいに気持ち良さそうですよね。そこまで魅力があるのには、やはりチンポを深く挿入できるからではと思います。足を縛り、膣の中にチンポを挿入すれば身体が密着することになり、奥まで突くことも可能になります。女性にとっては膣奥までチンポで突かれると、大きな快感を感じ、中イキができます。

また、足を縛るという行為ではМ気質の女性にとっては「私、犯されている」という気分にもさせることができるので、かなりの興奮材料にもなりますね。

達磨返しで絶頂を味わうための縛り方を紹介

さあ、実際に達磨返しの魅力と口コミを見たところで、ぜひ達磨返しを実践してみましょう。これだけ気持ち良いと知ったらむしろやらない方が損です。しかし、いきなり達磨返しをしてみろ!と言われてもやり方がわからないと思いますし、ロープや縄を使っての拘束は結構手間がかかります。

そこで達磨返しをしたことのない初心者向けに挿入までの手順ややり方を解説していきます。

前戯をしてから女性を仰向けに

達磨返しでチンポを挿入するには必ずマンコを濡らす必要があります。膣の中で狭くなる体位なので、濡らし方が甘いとお互いに挿入した時に痛みを感じてしまいます。そのためにたっぷりとキスや手マンでマンコの中を濡らしていきます。女性を達磨返しでイカせたいのあれば、しっかりと感度を高めて気分を盛り上げてあげましょう。マンコを濡らしてからは、女性に仰向けになってもらいます。

そこではチンポを挿入せず、まずは女性の両足を開かないで閉じさせます。膝を曲げてもらうとすんなりと閉じるはずです。

足を縄で縛る

足を閉じてもらったら今度は縄で女性の足を拘束します。縄は縛られるものなら、何でも構いません。SM用のロープがあると縛りやすいかと思います。仰向けになった状態で女性に少し腰をあげてもらいます。そこで、ロープを左右の太もも辺りに通してグルグルに巻きます。あまりきつく縛りすぎると相手に痛みを与えてしまいますので、女性の様子を伺いながら調整してください。

達磨返しは足を縛って足を開かせないというのが醍醐味なのですが、お好みで女性の腕も拘束するのもアリです。身動きの取れない女性を見るのも男性からすれば大興奮しますし、女性でもМの方はかなりグッとくるはずです。ちなみに画像を見てわかるように、達磨返しの足の縛り方はこれといったものに定まっていないので、他にも様々な結び方があります。解説したのは太ももの拘束でしたが、両すねや両ひざ下あたりを拘束するやり方もあり、手首の縛り方も多種多様です。

このあたりは女性と話し合って縛りやすい物で決めると良いかと思います。また、どうしてもロープや縄がない場合は、バンダナなどの長めの布でも縛ることができるのでぜひ試してみてください。相手が拘束されるのは嫌!という人であれば、ロープや縄で拘束せずに足だけを内側に閉じてもらいましょう。

ローションやコンドームなどの準備

女性の足をロープや縄で拘束してからはいよいよ挿入となるのですが、その前に注意点もかねて、事前にコンドームやローションを用意するのがオススメです。達磨返しは他の体位と比べてもかなり膣圧が強くなります。痛みを感じやすい女性の場合だと、チンポを入れただけで痛いと感じること人もいるでしょう。特に普段のセックスで正常位や騎乗位でも毎回痛みを感じている女性は注意が必要です。

そこで少しでも痛みを和らげるためにローションを使う良いでしょう。マン汁とローションのぬるぬるでさらにすべりがよくなりますので、挿入もスムーズになります。また、愛液が乾く心配をする必要ありませんので、ぜひとも用意しておきたいところです。

次にコンドームですが、達磨返しは膣の中の締まりがかなり良くなるため、すぐに射精してしまうこともあります。特に早漏の男性は注意が必要です。フィニッシュをする体位までは基本的に生ハメをしている人も少なくないかと思います。しかし、達磨返しでチンポを生挿入すると、ふいに射精感がやってきて、中出しをしてしまうことも考えられます。少しでも長く挿入時間を伸ばし、妊娠のリスクを回避するためにもコンドームはつけておくのがオススメです。

ようやくチンポを挿入

しっかりと挿入までのコンディションを整えたところで、いよいよチンポを入れるところになります。挿入する際は、男性は膝を立てて縛った両足を開かないようにプロレスのように拘束しながらズブブと挿入していきます。相手の足を拘束していない場合は、特に挿入した時に足が開いてしまうので、しっかりとガッチリ足を固定します。ここで、足が固定できていないとただの正常位になってしまいます。この点で理想的な達磨返しをするなら足を縛れるアイテムの1つは準備しておきたいです。

また腰を動かす時は前かがみで女性に覆いかぶさるのではなく、平行に腰を動かすとチンポを子宮の奥まで入れることができますので試してみてください。ポイントは足をどれだけ開かないようにさせるかです。

縛った足の角度を調整

達磨返しの面白いところは、縛った足の角度によって気持ち良さが変わることです。足を上に上げたり、少し横にずらしたりするだけでマンコの中をさらにきつくすることができます。さらに奥深く挿入することも可能です。正直なところ、角度を変えるだけで快感が全く異なるので飽きません!男性は自分の射精しそうな感じを見極めながら、足の角度を調節するのが良いです。是非、お試し下さい!

まとめ:達磨返しは足のケアも

達磨返しは足を縄で縛ることから夏場ですと、非常に蒸れます。女性によっては足から香ばしい臭いを放つ人もいるでしょう。強烈な臭いにならないように達磨返しをする時は、事前に足を洗うなどのケアも必要になるでしょう。ただ、汗だくになりながらの達磨返しはとても興奮しますし、浴衣着衣のまま達磨返しをするのも盛り上がりそうです!ぜひ、挑戦してみてください。

◯関連記事
エロ過ぎる体位!「立ちバック」で女性を確実にイカせる腰使いを紹介

医師もオススメする最強体位「CAT」で女の子をイカセまくる方法

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/orgasm-2.html