【48手体位】茶臼のばしでいつも違う締め付けを感じる方法

AV女優「愛間みるく」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】

男性の中にはいつも自分ばかり腰を動かし、上に乗るのも飽きてきたと思う人は多いのではないでしょうか。たまに女性に積極的になってもらって気持ち良くしてほしいですよね。そんな方のためにオススメな体位茶臼のばしは、締め付け感があり、女性がイニシアチブを取ります。今回はいつもと違う締め付け感を得る茶臼のばしのやり方をご紹介していきます。

茶臼のばしとは

ちゃうすのばし

茶臼のばしは女性が男性の上に乗ってまたがる騎乗位の応用体位です。基本的に女性が男性の上に覆いかぶさるように乗っかるだけなので、誰でも簡単に出来ることからセックス初心者向けの体位でもあります。初心者向けだからといって、快感度が低いというわけではなく、むしろいつもとは違った気持ち良さと精神的な満足度を得ることができます。女性はチンポを挿入するのと同時に、男性と身体が密着できるので肌のふれあいを楽しむことができるのでセックスでは盛り上がります。

パートナーの女性のおっぱいが巨乳だと男性は興奮するはずです。茶臼のばしは通常の騎乗位より、少し挿入度は下がってしまいますが、密着感の高いことから顔や身体におっぱいがあたります。そして、女性が挿入している時に少し脚に力を入れるように工夫すると、強い締め付け感を感じさせることもできます。ディープキスをしながら行える体位でもあることから、むしろ通常の騎乗位よりも、茶臼のばしの方が良いという人が多いのも事実です。茶臼のばしは簡単で今すぐにできるレベルですから、体位のバリエーションを増やすためにも習得しておくべきでしょう。

付き合ってから長いカップルだとどうしてもセックスは淡泊になり、気持ち良いけどなんだかつまらないというケースはよくあります。夫婦間では旦那にセックスを求めてもしてくれないという時にも、茶臼のばしでイチャイチャをすることでふたたび二人の関係を深ませてくれるきっかけになる体位でもあります。ちなみに茶臼のばしをやってみた方はこんな発言もしています。

茶臼のばしのもっとも気持ちが良いやり方

茶臼のばしが初心者向けの体位で、イチャイチャできることから多くの人に支持されている体位です。今度は実際に茶臼のばしでもっとも気持ちよくなれる方法をご紹介していきます。上手くできるようになれば、男性が気持ち良くなるのは確かですが、女性のことを中と外の両方でイカせれるようになるはずです。

仰向けになった男性の上にしゃがむ

茶臼のばしは騎乗位の派生体位なので、まずは騎乗位で挿入する必要があります。男性が仰向けに寝転がり、女性がしゃがむように上にまたがります。この時にはすでに前戯を終えている状態にしてください。マンコが少し濡れているかと思うので、挿入する前に少し素股をしてもらいます。これは茶臼のばしで女性にイってもらうために感度をあげておく作業になります。

女性はクリトリスにチンポを擦ったり、マンコの入り口あたりにチンポを叩いたりして気持ち良くなります。チンポにもマン汁がついてぬるぬるになります。素股で女性が敏感に身体を反応させるようになったら、ようやく挿入をすることになります。

騎乗位で挿入

挿入する時はいきなり茶臼のばしをしないで、騎乗位でチンポを挿入します。ゆっくりとチンポを入れてから下から突き上げていきます。男性は手を伸ばして同時におっぱいを揉んで女性を気持ち良くさせましょう。下からピストンをしている時は、マンコのどの辺りにスポットがあるのかを探りながら腰を動かすのがポイントです。女性の感じ方の違いや息遣いの変化を観るだけでもわかります。

3分ほど騎乗位をして気持ち良いスポットを見つけたら、ようやく茶臼のばしに移行します。

やや身体を前に倒して茶臼のばし

女性は騎乗位の体勢のままチンポを抜くことなく、身体をやや前に倒します。男性と身体が密着するような距離になれば、茶臼のばしの完成になります。男性は先ほど騎乗位の時に見つけておいたスポットを下から突き上げて重点的に責めてあげましょう。すると、女性は的確に気持ち良いところを突かれてイってしまうでしょう。また、女性も男性ばかりに動いてもらうのだけでなく、自分から腰を動かしてあげると、男性にまた異なった締め付け感を感じさせることができるので試してみてください。

茶臼のばしの前に騎乗位をした理由は女性の感度をあげる役割だけでなく、茶臼のばしとの締め付け感の違いを比べることができるからです。「茶臼のばしってこんなに締まるのか」といった新しい発見が刺激の元になるので、マンネリ化したセックスから脱却することもできますよ。

茶臼のばしをやる際の注意点

茶臼のばしは騎乗位で一度挿入してから女性が身体を前に倒すだけなので、とても簡単にできる体位です。身体の傾け具合や脚に入れる力加減を変えるだけでも、締め付け感に変化がでるので、お好みで調節してみるのが良いでしょう。

そんなオススメの茶臼のばしは簡単にできる体位なのですが、いくつか注意しなくてはならない点があります。次にその注意点を3つ解説していきます。

茶臼のばしをやる際の注意点①動き方にひと工夫する

茶臼のばしをする際は、腰の動かし方を少し工夫する必要があります。基本的な騎乗位の場合は女性が身体を起こした状態でチンポを挿入しているので、腰を自由に動かすことができます。しかし、茶臼のばしは女性が男性に寄り添う形の体位になるので、やや腰が動かしづらくなり、やはり挿入感が下がってしまいます。

男性ができるのは下からチンポを突き上げることくらいなので、女性が腰をグラインドしたり、少し身体の角度を変えたりといった工夫をしなくてはなりません。この辺りは完全に慣れですから、お互いにどうされたら良いかコミュニケーションを取り合って協力すれば問題ないでしょう。

茶臼のばしをやる際の注意点②ローションを使うと思ったようにできないことも

AVでは茶臼のばしをするシーンでまれにローションを使って気持ち良さそうにしていますが、さすがプロだけあってスムーズに茶臼のばしをしています。しかし、一般の私たちがローションを使った茶臼のばしをすると、身体が滑って上手く挿入をできなくなることがあります。ローションをマンコだけに塗るくらいなら問題ないでしょうが、身体全身に塗ってしまうと、思ったよりぬるぬるにすべってしまい、茶臼のばしでチンポがマンコから抜けてしまうことがあります。

すべった勢いで女性のお腹でチンポを踏みつぶしてしまう可能性もありますので、普段マットプレイをしないカップルなどはローションは控えた方が良いかもしれませんね。

茶臼のばしをやる際の注意点③極端に身長差があるとキスができない

茶臼のばしは誰でも出来ると解説しましたが、一部例外があります。それは身長差がありすぎる時です。大半のカップルは恐らく何も問題なく、茶臼のばしをすることができるかと思いますが、例えば男性の身長が180センチで女性が145センチだとすると、その差は35センチもあります。

極端に身長差がありすぎると、確かに茶臼のばしでの挿入は出来るのですが、男性の唇にまで身体が届かないのでキスをするのは難しいでしょう。茶臼のばしはキスをしながら密着して行うのが醍醐味なので、少し残念ですが物理的にどうしようもありません。この場合は、いさぎよく男性のチクビ舐めや身体を愛撫してあげるのが良いかと思います。

茶臼のばしの流れで出来る体位を紹介

茶臼のばしは女性が上になる体位でもありますから、流れで実に様々な体位を移行することができます。セックスで肝心なのは流れです。スムーズな流れで、もたつくことなく体位を変えるとセックスへの満足度も高くなりますし、女性のマンコが乾くことも防ぐことができます。次に茶臼のばしで出来る体位をご紹介していきます。

前戯の時点から騎乗位で挿入

茶臼のばしまで行くためには、女性のマンコを濡らして男性がチンポをフル勃起させなくてはなりませんね。そのためにまずは前戯から行います。最初に女性のことを気持ち良くさせてください。これはセックスでの絶対的鉄則で、レディーファースト精神で何でも女性を優先させます。イク時もレディーファーストです。

そして、女性を満足させるまで前戯をすればマンコはぬるぬるになっているはずです。この時に女性をイカせないで、寸止めをして焦らしておきましょう。愛撫してから今度は男性が仰向けになり、フェラやチクビ舐めをしてもらいます。ここで仰向けになっておけば、その後の流れもスムーズになります。

ノーマルな騎乗位から茶臼のばしに移行

マンコが濡れてチンポがフェラで勃起したら、挿入フェーズになります。仰向けになっている男性の上に女性が騎乗位をするようにまたがります。ただ、いきなりは挿入しないで素股でクリトリスとチンポを擦りつけて、外イキをさせる準備も整えましょう。女性が我慢できなくなり、チンポを入れ欲しそうになったら騎乗位でそのまま挿入します。

下からチンポを突き上げてお互いに気持ち良くなります。前戯から素股を行っているので、女性の感度は高まっているでしょうから、絶頂を迎える人も出てくるはずです。女性を騎乗位でイカせても良いのですが、男性は決してイカないようにしてください。射精感がこみ上げて射精しそうな状態になったら、すぐに茶臼のばしに移行します。女性が身体を前に倒して、クールダウンをします。騎乗位の深い挿入から身体を傾けることによって、挿入が浅くなるのでオーガズムを抑えることができるはずです。

茶臼のばしに移行したらゆっくりと腰を突き上げながら、キスやおっぱいを揉むなどイチャイチャをメインに楽しむようにしましょう。濃厚な絡みをしてあげることで女性のセックスの満足度が上がるはずです。茶臼のばしで男性がイってしまって良いのですが、盛り上がりがピークに来ているので、フィニッシュは別の体位にするのも良いでしょう。

最後は深い挿入でお互いに密着する

茶臼のばしでオーガズムを抑えてからは、別の体位で男性が射精するターンになります。茶臼のばしでは浅めの挿入をしていたので、最後は深い挿入感が得られる体位に変えます。茶臼のばしの状態から男性が上体を起こして、そのまま対面座位を行いましょう。男性が身体を上げるだけなのですが、マンコの締め付け具合はかなり変わるのでとても面白いです。

女性は男性の首や背中に手を回して、バランスを取りながら激しめにピストンをします。お互いに抱きしめあって、汗だくになりながらフィニッシュを迎えてください。

まとめ:茶臼のばしはおっぱいが大きいと興奮は絶大

茶臼のばしは男女が密着する体位ですから、巨乳であればあるほど視覚的な興奮が強くなり、男性の身体にあたるおっぱいが興奮させるきっかけになります。また、紹介したセックスの流れは一例なので、皆さんのお好きにアレンジしていってくださいね!ぜひ、今日から茶臼のばしに挑戦してみましょう。

◯関連記事
セックス体位48手パート2
セックス体位48手パート1

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/how-feel.html