【48手体位】絞り芙蓉で後ろから女性をイカせまくる方法

AV女優「西野美緒」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】

セックスでチンポを挿入して腰を動かしているのは気持ち良いのですが、それだけだと物足りないですよね。せっかくならおっぱいやマンコを同時に責めて、女性を気持ち良くさせたいですよね。今回は簡単におっぱいも責めることが出来て女性にも人気な体位「絞り芙蓉」(しぼりふよう)をご紹介していきます。

絞り芙蓉とは

しぼりふよう

絞り芙蓉(しぼりふよう)はセックス48手のうちの座位の1種です。対面座位の逆の背面で女性の後ろ向きに座るようにチンポを挿入します。男性が後ろで女性が前に座っているような体勢なので、まるで自宅で二人で映画を見ているかのような密着感です。男性はチンポを挿入しながら後ろから手を伸ばして、おっぱいを触ったり、クリトリスをいじったりと同時に責めることができる素晴らしい体位でもあります。正常位や騎乗位だと、男性が腰を動かしながらおっぱいをクリトリスを2つ同時に触るのは難しいのですが、絞り芙蓉だとそれが可能になります。

また、女性も男性に後ろから抱きしめられるような体勢になるのでとても嬉しいです。イチャイチャしながらノリでできる体位なので、新しいプレイだとしてもそれほど抵抗がなく絞り芙蓉ができます。

普段のセックスでは中イキまたは外イキができない女性でも、チクビとクリトリスを2点責めされることによって、いつもとは違った強い刺激で簡単にイクこともできるはずです。

一方で、男性は女性を抱きかかえるようにしているので、相手がどんな表情をしているのかわからないですよね。そんなこともあり、絞り芙蓉はお互いの顔が見られるように鏡の前でプレイすることをオススメされています。

女性が外イキしそうになりながら、いやらしい顔で腰を動かしている様子はとても興奮します。女性はさらに男性からの愛を感じる体位でもありますから、プライベートのセックスでマンネリ化しているなら、ぜひとも絞り芙蓉に挑戦するべきです。実際にTwitterでも絞り芙蓉に挑戦した人がたくさんツイートをしています。

絞り芙蓉のもっとも気持ちが良いやり方

普段のセックスでも対面座位や絞り芙蓉のような背面座位をやったことのある人は意外と少ないのではないでしょうか。やってみるとお互いに気持ち良くなれて、イチャイチャするならオススメの体位です!しかし、絞り芙蓉をただやるのだと少しもったいないです。挿入するだけで気持ち良いのは確実なのですが、せっかく新しい体位に挑戦するなら女性を何度もイカせたいですし、「絞り芙蓉をまたやりたい」と女性の口から言わせたいですよね。上手く絞り芙蓉が出来るようになれば、女性をセックスの依存症にすることも可能なはずです。

次に絞り芙蓉で気持ち良くなる方法をたっぷりと解説していきます。

対面座位でお互いにイチャイチャしてから絞り芙蓉

絞り芙蓉では男性はチンポを挿入しながら、クリトリスとおっぱいを責めることができる優れた体位なのですが、女性の表情を見ることができずキスすることもできません。なので、まずはお互いに向き合ってたっぷりとイチャイチャするところからスタートしましょう。絞り芙蓉で女性がイケようにたっぷりと愛情を注いであげましょう。対面座位をするまでの前戯は、あっさりと終わらせても良いかと思います。

キスをしながらおっぱいを揉んだり、クリトリスを指でコリコリしたりしてイカない程度に感度を高めていきます。女性のマンコが濡れて身体がびくつくようになったら、絞り芙蓉に体位を変えます。

絞り芙蓉では言葉責めやおもちゃを使ってもよし

すでに対面座位でチンポを挿入しているので、女性が身体を反転させるだけで絞り芙蓉になります。男女ともに同じ方向を向いたら、女性に腰を動かしてもらいます。男性は女性をイカせるために、チクビ責めやクリトリス責めに集中して行いましょう。対面座位できちんと女性の感度を高めることが出来れば、絞り芙蓉の2点責めで女性をイカせれるはずです。そして、ただ責めるだけでなく、ここで女性の耳元で言葉責めをしたり、おもちゃを使ったりしても良いでしょう。

女性が恥ずかしがるようなことをささやきながら、ローターや電マをクリトリスにあてればイカない女性はまずいないでしょう。ここで徹底的に責めまくり何度もイカセましょう。

女性をイカせて膣を締めてから激しく突き上げる

女性をたくさん外イキさせたら、今度は中でも気持ち良くなってもらいます。男性はここまでの過程ではあまり腰を動かしてはなりません。女性を外イカせるまでに腰を振ってしまうと、途中で射精してしまう可能性があります。絞り芙蓉は密着感が高くて、子宮の奥までチンポが入る体位なので、刺激はかなり強めです。早漏の男性だと、すぐに絞り取られてしまいます。

ですから、まずは女性を先に満足させます。たくさんイカせた時と挿入した直後の膣の締まりの具合が変わるので、マンコがチンポにフィットしているのに気付くはずです。膣が締まってきたと感じたら、男性が下からチンポを突き上げまくります。すると、女性も下から突き上げられてすぐに中イキするでしょう。お互いにとって気持ち良くなれますので、惜しみなくピストンしましょう。

絞り芙蓉をやる際の注意点

絞り芙蓉で気持ちなれる方法を解説してきましたが、ポイントは男性が空いた手でとにかく女性の性感帯を責めまくることです。女性の中には耳やおっぱい、そしてクリトリスの他にも性感帯となるスポットがあるので、じっくりと開発していくのにもオススメな体位です。女性の各性感帯の責め方やスポットは過去の記事でも紹介しているので、女性の身体を全身性感帯にしたい方は、ぜひチェックしてみるのが良いかと思います。

関連記事:性感帯別、女性をイカせられる愛撫のテクニック集【完全保存版】

そんなところで、次は絞り芙蓉をやる際に注意しなくてはならない点をいくつか解説していきます。注意点を知らないまま絞り芙蓉をやってしまうと、女性からもう二度としたくない!と言われてしまう恐れもありますので、事前に頭に入れておきましょう。

絞り芙蓉をやる際の注意点①女性がどんな様子で感じているかわからない

絞り芙蓉をする際の注意点は、女性がどんな様子で感じているのかわからない点です。対面座位ならお互いに向き合う体位ですから、相手の反応や感じているのかがわかりますが、絞り芙蓉は2人とも前を向くことになるので、本当に感じているのかわかりません。それもあり、絞り芙蓉をする時は鏡の前でするのがオススメですが、なかなか周りに全身を見渡せるような鏡はないですよね。

もしかしたら、女性が演技をして喘ぎ声をあげているかもしれませんし、子宮の奥にチンポがあたって痛がっている可能性もあります。その点では付き合いたてや初対面の女性に絞り芙蓉をやるのは少しハードルが高いかもしれませんね。

絞り芙蓉をやる際の注意点②女性は腰を動かしにくいことも

絞り芙蓉では基本的に女性が腰を動かすことになります。それは女性が男性の上に乗っていることから、男性は腰を動かすのも少し負担がかかってしまいます。女性がピストンをした方が効率よく気持ち良くなれます。絞り芙蓉の醍醐味は男性がおっぱいとクリトリスを同時にいじれるところなのですが、女性はいじられている間は身体にも力が入らず、思ったように腰を動かすことができなくなります。

また、普段背面座位をしていない方は慣れていないので、腰を動かしにくいと感じるかもしれません。フィニッシュをするなら、やはりお互いの表情が見られるような慣れた体位で行うのが良いかもしれません。

絞り芙蓉をやる際の注意点③女性の体重が重いと危険

絞り芙蓉は男性の太ももに女性が座るような体勢になるのですが、あまりにも女性の体重が重いと男性にかなり負担がかかります。女性の体重の他にピストンした時の重さが腰にかかるので、ヤリすぎると腰痛の原因にもなります。また、勢い余ってマンコからチンポが抜けてしまった時に背中やお尻でチンポを踏みつぶしてしまう危険性もあります。

ですから、長い時間での絞り芙蓉を避けた方が良いかと思います。少しでも男性の腰の痛みを和らげるために、腰の下にクッションや枕を敷くのが良いでしょう。

絞り芙蓉の流れで出来る体位を紹介

最後は絞り芙蓉の流れ出来る体位やオススメのセックスの流れをご紹介します。人によって、セックスの手順は異なりますから、ご自身のお好みで絞り芙蓉に持っていくのが良いかと思います。

また絞り芙蓉は座ったままできる体位なので、色んなプレイに派生させることができます。絞り芙蓉から女性の腰を上げて、そのままバックや背面騎乗位をすることもできます。このようにセックスの流れは一つではありません。

ここで紹介するものは、女性が満足するような絞り芙蓉の流れになります。ぜひとも参考にしてみてください。

前戯をしてから絞り芙蓉に移行

絞り芙蓉は前述したようにあまりフィニッシュには向かない体位です。それはお互いの表情が見えないことから、やや心の距離があるからです。そこで、絞り芙蓉をやる際は最初に持ってくるのが良いかと思います。まずは皆さんがいつもしている前戯を女性にします。マンコを濡らすくらいにキスやおっぱいを愛撫します。しかし、ここでの愛撫はあえて中途半端に行います。

「もっとして欲しいのに」という刺激の物足りなさが、より絞り芙蓉で気持ちよくなります。マンコが濡れてきたのを確認したら、男性は女性に前を向いてもらい、後ろから抱きしめるように女性に座ってもらいます。ゆっくりとチンポを挿入してから、おっぱいやクリトリスをたっぷりといじってあげます。女性がイクまで責めてあげましょう。

絞り芙蓉から対面座位でイチャイチャをしまくる

絞り芙蓉をずっとしていても女性は精神的に満足はしないでしょう。確かに後ろから抱きしめられて幸福感を感じているでしょうが、男性の顔を見れないですし、キスをしたくても出来ないので少し寂しくなっちゃいます。そのさみしさを紛らわすためにも対面座位で向き合ってイチャイチャしてあげましょう。

絞り芙蓉の状態から女性が身体を男性の方に反転させるだけで、対面座位になります。絞り芙蓉で出来なかったディープキスや見つめあってお互いチクビを舐めあったりして、愛情を注ぎましょう。対面座位に時間をかけたら、女性も激しめの強い刺激が欲しくなるかと思います。

対面座位から押し倒して正常位

今度は対面座位をしたまま女性を仰向けに押し倒して、正常位に体位を変えましょう。出来れば正常位をする前に、1回は女性をイカせておくのがベストです。女性を満足させていれば、後は男性がフィニッシュを迎えるために激しくチンポで子宮の奥を責めてあげます。

特に正常位にこだわる必要はないのですが、フィニッシュはお互いの顔が見えるような体位で、女性を抱きしめることのできる体勢の方が喜ぶれるかと思います。

まとめ:絞り芙蓉は女性をイカせるのにオススメな体位

普段のセックスで正常位や騎乗位などでイカせることのできない男性は、絞り芙蓉で女性を気持ち良いところを同時に責めてあげましょう。イキにくい女性でも意外とすんなりと絶頂を迎えるかもしれませんよ。最後は出来るだけお互いの表情が見られる体位でフィニッシュするのをオススメします。

◯関連記事
セックス体位48手パート2

セックス体位48手パート1

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/sex-posture-10.html