【48手体位】砧はGスポットを刺激して女性をイカせられる体位

「紗倉まな」VR動画全9作品を徹底比較レビュー!【2019年最新版】

48手体位のなかの一つでもある「砧(きぬた)」を試してみたいという人もいるのではないでしょうか。48手体位には「ちょっと無理がある」体勢のものもありますが、砧の場合は「比較的使いやすい」のではないでしょうか。また、砧では男性が気持ち良いだけでなく、女性をイカせることも可能です。そこで今回の記事では、【48手体位】砧でGスポットを刺激して女性をイカせる腰使いをご紹介します!

48手体位「砧」とは

それでは、まずは48手体位のなかの一つでもある砧についてご紹介します。砧は、女性が仰向けになった状態で、ひざをお腹につけるようにします。そして、足先は真っすぐ上に向かってピンと伸びるような体勢にします。その後、男性が女性とは逆の方向を向いてヴァギナにペニスを挿入して、打ちつけるように腰を振ります。この打ちつけるように腰を振る様子が、昔、台の上で濡れている布を乾かすときに棒で打ちつけるようにシワを伸ばしている姿に似ているということで「砧」と呼ばれるようになりました。

上記の口コミのイラストを見てもらえれば、砧の体位の様子が大体分かりますね。女性も恥ずかしい体勢になるので、羞恥心を煽られて感度がどんどん上がることになります。さらに、男性のほうも女性に恥ずかしい体勢をさせた状態で、上から打ちつけるように腰を振っているので、バックなどに比べてもかなり男性優位の体位なので征服感は非常に強いです。

この口コミでは、砧をしている最中に女性が膣痙攣を起こしてしまった様子です。上手くいけば、女性の感度も上がりまくることが分かりますよね。また、意外と砧を実際に試している人が多いこともTwitterの口コミから分かります。

砧のもっとも気持ちが良いやり方

砧は確かに普通の体位とは少し違うので、通常通りにセックスをしていてもダメな場合もあります。しかし、しっかりとした「気持ち良いやり方」をすれば、砧でしか味わうことができない気持ち良さを味わうことができます。砧では、男性がペニスを挿入するのが、通常の向きとは逆になります。そのため、女性の膣内も通常の体位とは違ったところが擦れるため、女性も十分、気持ち良くなることができる体位です。

さらに、この体位ではM気質の女性の場合だと「イク確率もかなり高い」です。砧では、女性は仰向けになって自ら両足を抱えるようにしています。普通に考えると、めちゃくちゃ恥ずかしい恰好ですよね。しかし、女性のなかにはこういう恥ずかしさが興奮に変わるM気質の人も多いです。さらに、男性から逆向きで、打ちつけるようにペニスを挿入されます。グリグリとGスポットを責められると、女性はガチイキしてしまいます。砧で気持ち良くなるために具体的にその方法について3つご紹介します。

女性は膣を真上に見せるようにする

まず、女性の膣が真上を向いている状態にすることが大切です。しっかりと女性の膣が上を向いていないと、男性が逆向きからペニスを挿入するのが難しくなります。また、女性の膣がしっかりと上を向いていることで、男性も腰も振りやすく、いわゆる前立腺に近いところやGスポットを刺激することができます。イメージ的には、女性はマングリ返しをしているという体勢ぐらいでちょうど良いです。

砧で気持ち良くなるために必要なのは、まずは女性の膣がどの程度、上を向いているのかによります。男性が上から打ちつけるように腰を振ると、少しお尻側にペニスの挿入角度を変えることによって、男性の前立腺に近い部分をダイレクトに刺激することができます、さらに、Gスポットもグイグイとペニスによって刺激することもできます。Gスポットを刺激するときは、女性の膣が真上を向く状態をキープすることで、女性もGスポットを刺激されやすくなり、女性をイカせることにもつながります!

中腰になって打ちつける

まずは、砧の基本的な男性の姿勢である中腰で腰を振る方法です。この腰の振り方をマスターすることで、女性をイカせることも可能になります。中腰になることで、膣内へのペニスの挿入角度を自由に調整することができます。Gスポットを刺激するためには、男性はしっかりと角度をつけるようにしながら膣内にペニスを挿入します。さらに中腰の状態なので、腰も振りやすいです。Gスポットを擦るように腰を振りまくることで、女性の感度はドンドン上がることになります。

両手をついて打ちつける

そして、いつまでも中腰で腰を振り続けることも難しいです。そのため、男性も両手を地面やソファなどついて腰を振ることもできます。男性が四つん這いのような状態になって腰を振るのです。男性が両手を地面やソファについて固定することで、Gスポットに集中的に刺激しやすくなります。中腰で腰を振るのに疲れたら、この体勢にして、Gスポットを重点的に刺激して女性をイカすように腰を振ってください。

砧をやる際の注意点

砧は特徴的な体位なので、何も知らない状態で実際に挑戦してみると、思わぬ落とし穴にハマってしまうこともあります。そうならないためにも、事前に砧の注意点についてしっかりと理解するようにしましょう。砧は女性にも協力してもらわないとできない体位です。お互いに正しい知識をつけた上で砧に挑戦すると、砧の本当の気持ち良さに男女とも気づくこと請け合いです!

女性にしっかりと体勢をキープしてもらう

まず、一番大きな注意点としては、「女性にしっかりと砧の状態をキープしてもらう」ことです。とにかく、女性が砧の状態をキープしてくれないと、男性が打ちつけることができません。女性が砧の体勢をキープするためには、枕やクッションなどを女性のお尻の辺りに置いて固定することも効果的です。枕などを女性のお尻のところに置くことで、女性もラクに体勢をキープしやすくなります。

このように女性が体勢をキープしていないと、なかなかGスポットを刺激することができません。さらに、女性が急に砧の状態から普通の仰向けの状態に戻ると、「男性のペニスが膣に固定されたままで変な角度になってしまう」可能性もあります。そのため、女性にも体勢がキツくなってきたら、直ぐに言ってもらうなどしたほうが良いです。

男性は腰痛に注意!

砧では、基本的に男性が中腰スタイルで打ちつけるように腰を振っています。そのため、体力に自信がない男性の場合、直ぐに腰を痛めてしまうことになります。少しでもキツイと思ったら、比較的ラクに腰を振ることができる「両手を地面などについて」腰を振るようにしてください。砧は男女ともに少し特殊な体勢になっているので、お互い無理はせずに楽しむことが大切です!

砧の流れで出来る体位を紹介

最後に、砧から別の体位へとスムーズに映すことができる体位をご紹介します。砧では上記でお伝えしたように「ずっと続けられる体位ではない」ですよね。女性のGスポットをグイグイ刺激して女性をイカせることができる体位ではありますが、中腰で腰を振り続けるのは男性には難しいかもしrません。そういったときは、少しラクな体位へと移るようにします。

砧は少し特殊な体位になりますが、そこから「体位を変えることも十分に可能」です。次にご紹介する体位も「少し特殊」ではありますが、体位を変えることでお互いの気持ちも変わってくるので、できれば体位を変えたいところです、砧で疲れてきて、そのまま別の体位へスムーズに移りたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

屈曲交差位

砧から屈曲交差位へと体位を移動するには、砧の体勢から、90度身体の角度を変えます。そして、どちらか一方に両足をそろえて、両手も地面につきます。女性の体勢は砧のままキープしてもらいます。すると、女性に対して90度角度がついている状態で、男性が腕立て伏せをしている体勢になります。この体勢のままヴァギナにペニスが挿入されている状態のことを屈曲交差位といいます。

屈曲交差位に体位を変えることで、女性にはまた違った快感を与えることが可能になります。さらに、男性も別の体位に変えることで腰も振りやすくなります。そして、屈曲交差位まで体位を変化させると、その後は正常位へと体位もスムーズに変えやすくなっています。そのため、正常位に変えるための「つなぎの体位」としても屈曲交差位は非常に有効になっています。このように、砧からスムーズに体位を変えることも可能です。そして、正常位へにも持っていくことができるので、砧からスムーズに体位変更をしたい人はぜひ試してください!

まとめ:48手体位の砧で女性をイカせることは十分可能!

今回の記事では、【48手体位】砧でGスポットを刺激して女性をイカせる腰使いをご紹介しました。ペニスを挿入するときに、女性とは逆向きの体勢になるという特徴的な体位ではありますが、Gスポットを刺激して十分に女性をイカせることは可能です。今回ご紹介した腰使いで重点的にGスポットを責めることで、女性は体勢の恥ずかしさや普段とは違う快感でイキまくること間違いありません!

◯関連記事
セックス体位48手パート1
セックス体位48手パート2

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/sex-posture-6.html