【48手体位】櫓立ちで女性をイカせる腰使いのポイント

AV女優「秋吉花音」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】

48手体位の一つである「櫓立ち(やぐらだち)」を試してみたいという人もいるのではないでしょうか。男性が女性を持ち上げて、パンパン腰を振る櫓立ちは一度はやってみたいですよね。そこで今回の記事では、【48手体位】櫓立ちで女性をイカせる腰使いをご紹介します!女性を絶頂させることができる腰の振り方を、ぜひマスターしてください!

48手体位櫓立ちとは

櫓立ちとは48手体位のなかの一つで、立位と呼ばれる種類に分類されます。立った状態でセックスをする体位となっていて、一般的には「駅弁」という名前で知られています。櫓立ちとは、男性が立った状態で向かい合っている女性の両足を持ち上げながらペニスを挿入してパンパン腰を振るとい体位です。女性は男性の首に手を回してしっかりと男性に抱きつくようにします。そのため、密着感も味わうことができます。体力を使う体位ではありますが、男性なら1回ぐらいはチャレンジしてみたい体位ですよね。

口コミから分かるように、櫓立ちは意外と女性も好きなことが分かりますよね。櫓立ちは非常に男らしい体位です。そういった姿に女性は興奮します。また、櫓立ちをすると、ペニスも女性の膣奥までしっかりと挿入することができます。膣奥のポルチオをガンガン責めることも可能なので、「中イキ」しやすい女性の場合は確実にイカすこともできる体位となっています。さらに、男性もペニスを根元まで膣内に挿入することができるため、深い快感を得ることができます。櫓立ちは、48手体位のなかでも非常に特徴的な体位ですが、膣奥に向かって腰を振ることで女性をイカすこともできる体位となっています!

櫓立ちのもっとも気持ちが良いやり方

櫓立ちを実際にやるときに、もっとも気持ち良くできるやり方についてご紹介します。櫓立ちは48手体位のなかでは「かなり派手な体位」になっています。女性をガッツリと持ち上げた状態でパンパン腰を振るのでアクロバティックなSEXであること間違いありません。そのため、何となく雰囲気だけで櫓立ちをしてしまうと、男女共に「全然気持ち良くなかった」なんてこともあり得ます。

せっかく変わった体位に挑戦するので、できれば気持ち良くなりたいですよね。櫓立ちでも次にお伝えする方法をしっかりと守って行うことで、女性をイカせることも可能になっています。櫓立ちは一見したところ、やり方自体は簡単そうに見えますが、実際にやってみるとグダグダになることもあります。セックスのときにグダってしまうと女性も醒めてしまいますよね。櫓立ちは、男性に体力がないとできない体位です。非常に男らしい体位でもあるので、上手に利用することで、女性にも喜んでもらえる体位になっています!

まずは身体を鍛える

櫓立ちをするには、とにもかくにも「女性を持ち上げる」必要があります。これができなかったら、櫓立ちをすることはできません。最低でも40キロぐらいは持つことができないと厳しいです。40キロを両手で持って、それをパンパン腰を振ることができなければ櫓立ちのスタートラインにも立てないのです。また、女性の体重にもよりますよね。女性がぽっちゃり系ならもっとハードになります。

そのため、パートナーの女性の体重くらいは持てるようにならなければいけません。それにただ単に「持つので精一杯」ではだめです。女性の身体をラクラクと持ち上げることができるぐらいじゃないと、女性をイカせることはできません。最低でも2分程度は持ち上げながらも、パンパン腰を振れる体力をつけておきたいところです。なので、櫓立ちをする前には、しっかりと身体づくりからしていく必要があります。櫓立ちは、身体を鍛えないと、そもそも櫓立ちができません。マッチョになってから櫓立ちに挑戦することで、初めて女性をイカすことができます!

女性にしっかりと首回りをつかんでもらう

櫓立ちは女性の協力も不可欠です。まず、櫓立ちをするときは、女性に男性の首の周りをしっかりとつかんでもらいます。櫓立ちをするときは、男性が女性の両足を抱きかかえますが、それだけでは安定しません。女性にも男性の首の周りをつかんでもらって「落ちない」ようにしなければいけません。

つまり、櫓立ちをするときは「これから櫓立ち(駅弁)をする」と女性に伝える必要があります。何も言わずに櫓立ちを始めてしまうと、女性も何がなにやら分からず困惑しますよね。また「離さないようにして」と女性に伝えておきましょう。安定した状態じゃないと、櫓立ちの状態で腰を振ることができません。そうなると、当然ながら女性をイカすこともできないので、櫓立ちをするときは女性にも協力してもらう必要があります。

女性の身体を近づけて腰を振る

ここからは、櫓立ちで女性をイカせるための具体的なテクニックです。櫓立ちで女性を持ち上げるときに、何気なく持ち上げると、女性の身体が男性の身体から離れた状態になってしまうときがあります。これでは、持ち上げることができても、腰を振ることは難しいです。そのため「女性の身体を自分にピッタリとくっつける」ぐらいまで密着した状態で女性を持ち上げます。

女性を持ち上げているときは、「上半身が密着している状態」にしておく必要があります。こうすることで、密着感がアップします。さらに、女性も男性の首にしっかりと腕を回して固定することができます。密着することで、櫓立ちの状態でも女性とキスをすることも可能性になっています。キスができるぐらい密着した状態で、パンパン突きまくることができると、女性をイカせることも可能です!

膣奥に当てるように腰を振る

櫓立ちでは、女性の身体を支えているのは、男性の腕と女性がつかまっている手と、さらに「男性のギンギンに勃起しているペ二ス」ですよね。そのため、女性を支えているのは「ギンギンのペニス」と言っても過言ではありません。そして、櫓立ちでは女性の膣奥までペニスを挿入することが可能になっています。というよりも、普通に櫓立ちをしていると自然にペニスはすっぽりと膣の奥まで入ります。

膣奥までペニスが挿入されると、櫓立ちをしているというシチュエーションにも女性は興奮します。明らかに普通の体位ではないので、女性の興奮度も上がるのです。その状態で、膣奥までずんずんと当たるように深く腰を振っていきます。両手で女性の足を男性は握っていますが、手も動かしてリズム良く腰を振ると比較的ラクに腰を振ることができます。このように腰を振ることができたら、「中イキ」をする女性の場合、ガンガンと膣奥を突かれると絶頂を迎えることになります!

櫓立ちをやる際の注意点

そして、櫓立ちを実際に行うときには注意点もあります。身体を鍛えていて、女性を簡単に持ち上げることができたとしても、それだけでは十分ではありません。櫓立ちを行う上での注意点も確認することによって、安心して櫓立ちをすることができます。櫓立ちは48手体位のなかでも、かなりアクロバティックな体位なので、十分に注意してする必要があります。それでは具体的に注意点を3つご紹介します

そもそも女性を持ち上げることができるか確認

まず、「櫓立ちをしよう」と思うのは良いのですが、そもそも男性に女性を持ち上げることができる体力があるのかを確認しなければいけません。「たぶん大丈夫だろう」と思って櫓立ちをしてしまうと、なかなか上手くいきません。「余裕で女性を持ち上げることができる」ぐらいじゃないと、櫓立ちで女性をイカせることは難しいです。

上記の口コミでもありますが、急に櫓立ち(駅弁)をすると、気をつけないとぎっくり腰になることもあります。腰が曲がった状態でいきなり力を入れるとぎっくり腰になりやすいので注意が必要です。ぎっくり腰になると、急に力が入らなくなるので、バランスを崩して女性もけがをする可能性が出てきます。とにかく、女性を持ち上げることができる体力が自分にあるのかどうか見極める必要があります。

周りにけがをするような物を置かない

櫓立ちをするときに意外と忘れがちなのが、この「周りに物を置かない」ということです。櫓立ちをするときに、周りに物がある状態でしてしまうと、「いざという時」にけがをする可能性が高くなります。上記でもお伝えしたように、急にぎっくり腰になることもありますし、男性の手が滑ったりして両手を離してしまう可能性もありますよね。

また、女性も櫓立ちをするときは男性の首に手を回していますが、あまりにも気持ち良すぎて手を離してしまうかもしれません。このようないざというときにけがをしないようためにも、周りには何もない場所でするようにしてください。

男女共に無理をしない

櫓立ちをするときの最後の注意点としては、「無理をしない」ということです。男性の場合は、女性の前で良い恰好をしようと、女性を持ち上げることもできないのに無理して櫓立ちに挑戦しようとすることがあります。女性を持ち上げることは「結構体力がいる」ことなので、ギリギリ持てるぐらいでは止めておいたほうが無難です。

また、女性の場合も無理をしてはいけません。男性の首の周りに手を回すことになるのですが、キツくなってきたらすぐに男性に言うことも大切です。それに、男性が明らかに持ち上げることができなさそうなのに、櫓立ちに挑戦しようとしているときは、女性のほうからちゃんと断るようにしましょう。けがをしたら元も子もありません

櫓立ちの流れで出来る体位を紹介

櫓立ちは、どんなに体力があってもずっと続けることはできませんよね。身体をいくら鍛えていても、やはり限界はあります。男性がキツイ体位であるのは間違いありませんが、女性もずっと男性にぶらさがっているので疲れてきます。つまり、櫓立ちは男女共に身体への負担が大きい体位になっているので、櫓立ちを始めるころから、ある程度は次の体位のことも考えておかなければいけません。

それに、櫓立ちからスムーズに体位を変えることによって、男性もラクな体勢になることができます。櫓立ちで膣奥を突いてイカせた後に体位を変更すると、また違った膣内の場所をペニスで刺激することができます。すると、女性のほうも違った快感を味わうことができます。体位をスムーズに変更することで、女性の快感が途切れることなく、さらに増加していくことにもなるので、櫓立ちからのスムーズな体位の変更を考えている人は、ぜひ次の5つの体位をチェックしてください!

対面立位

まず、櫓立ちからの体位の変更でオススメなのは「対面立位」です。というのも、櫓立ちの状態から、女性の両足を離すと自然に対面立位になります。対面立位とは、お互いが向かい合ったままセックスをしている体位のことを言います。そのため、櫓立ちで立った状態のまま、両手は離しますが、しっかりとペニスは挿入させて状態にしておきます。そして、対面立位になったら、随分ラクになります。

さらに、対面立位ではペニスの挿入がかなり浅くなります。今までは櫓立ちで膣奥をグイグイ突いていましたが、膣内の浅いところを責めることができます。ただ、この対面立位では少し腰が振りにくいので、もう少し自由に男性が腰を動かすためには、対面立位の状態で女性の片足だけを持ち上げると腰が振りやすくなります。さらに、視覚的にも女性の方足を持ち上げたほうがヴァギナをハッキリと見ることができるので、興奮が高まることになります!

対面座位

続いては、少し体力を使う体位の変更になりますが、櫓立ちができているということは、この体位への変更もできると思います。それは対面座位です。櫓立ちで疲れたときは、やっぱり座りたくなりますよね。そういったときは、女性を抱きかかえたまま、その場に座ります。スクワットのような形になりますが、ゆっくりと座ることでスムーズに体位を変更することが可能になっています。

対面座位にスムーズに変更することができれば、女性にとってはかなりラクになります。女性の体勢的にはほとんど変わっていませんが、地面に座ることができるため、今度は女性が自分のペースで腰を振ることもできます。今までは櫓立ちで男性にパンパン突かれているだけでしたが、女性自身が腰を動かしたいときもありますよね。そういったときのために、櫓立ちから対面座位に体位を変えると女性の感度もさらに上がることになります。

腰高位

櫓立ちから体位を変えるときに「男性がまだまだ体力が残っている」ときには、「腰高位」に変更してください。この体位でも体力を使うことになりますが、櫓立ちでパンパン突きまくった後も、引き続く激しく腰を振ることが可能になっています。腰高位とは、男性がひざ立ちの状態で女性の腰をグッと浮かせて、男性の腰の高さで腰を振る体位です。この体位でも、しっかりとペニスが膣奥まで当てることが可能です。

上記のイラストで描かれているような体位が腰高位です。櫓立ちから腰高位に体位を変えるときは、ゆっくりと男性がしゃがんでひざ立ちの状態になってから、女性がつかまっている腕をほどいてゆっくりとサポートしながら女性を後ろに倒していきます。すると、自然と「腰高位」になっているので、最初にグッと女性の身体を自分のほうに引き寄せてから、引き続き、膣奥を責めることで女性はイキっぱなしの状態になります。

腰吊位

次の腰吊位もかなりアクロバティックな体位になります。この体位をする場合は、女性の身体も柔軟で、男性にもかなりの体力があることが求められます。腰吊位とは、男性が立った状態で腰から吊るように女性にペニスを挿入することで、女性の体勢はブリッジをしているような形になります。櫓立ちも特徴的な体位ですが、腰吊位もかなり変則的な体位です。「いろんな体位を試してみよう!」というときにおすすめです。

この腰吊位に体位を変更するときはまず、男性が女性の両足を地面に下ろします。その後、中腰の状態になってから、女性に首の辺りをつかんでいる手をゆっくりと離していきます。すると、身体が柔軟な女性であれば、そこからブリッジの状態になることができます。櫓立ちの相当、変わった体位ですが、それに負けないぐらい変わった体位の腰吊位をすることで、責められるのが好きなM気質の女性はイクのが止まらなくなります!

正常位

最後は、やっぱり安定の正常位へと体位を変える方法です。櫓立ちかでは、女性をパンパン突きまくってイカした後も正常位に体位変えることで、女性も安心して感じることができます。フィニッシュにも持っていきやすい体位ですよね。ただ、やっぱり正常位に変えるのにも体力が必要です。しかし、櫓立ちからスムーズに正常位に体位を変更することができると、これからも櫓立ちはしやすくなります。

ただ、櫓立ちから対面座位に体位を変更するよりも体力は使います。体位の変え方は、まずはゆっくりと男性が女性を抱えた状態のまましゃがんでいきます。そして、そのまま女性を抱きかかえながら正常位へと体位を移します。スムーズに正常位に変えるには腰を曲げる必要があるため、腰への負担は大きくなります。そのため、一気に正常位に変えるのが難しいのであれば、途中で対面座位などを挟んでから正常位に変えるとスムーズに変えることが可能になっています!

まとめ:48手体位・櫓立ちで膣奥を責め女性をイカしまくる!

今回の記事では、【48手体位】櫓立ちで女性をイカせる腰使いをご紹介しました。48手体位のなかでもかなり特徴的な体位でもある櫓立ちですが、今回お伝えした方法を実践することで女性をイカすことは十分可能になっています。膣奥を責めるような腰使いでパンパン突くと女性はガチイキします。ただ、男女共に体力が必要な体位でもあるので、なるべく無理はせずに挑戦してみてください!

◯関連記事
セックス体位48手パート1
セックス体位48手パート2

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/sex-posture-15.html