【48手体位】本駒駆けはピストンマックスでイカせまくれる体位

AV女優「晶エリー」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】

可愛い美女を膣奥までマックスのピストンでイカせまくるのは男の夢です。しかし、正常位やバックでのピストンはいつもと同じ体位なので、なんだか刺激に欠けます。そんな時は奥深きセックスの世界を知る時です。今回は激しくピストンをするならオススメな体位の本駒駆け(ほんこまがけ)のやり方をご紹介していきます。

本駒駆けとは

セックス48手のうちの1つ本駒駆け(ほんこまがけ)は背面座位で行うものです。普段のセックスでは対面座位はすることはあるかと思いますが、なかなかその逆バージョンの背面座位は、あまりしないという人は多いのではないでしょう。お互いに同じ方向に向き合い、相手に気を遣わず、腰の動きに集中できるのが背面座位の良さです。そして、今回紹介する本駒駆けと背面座位の違いは、ズバリ、体位座りをした男性の上に女性が上に乗るというところです。なんだかとても珍しい体位ですよね。

男性は体育座りをしている時の両手は地面について、画像のようにとてもリラックスをした体勢で行われます。一見、本駒駆けは珍しくやや難しそうな体位に見えますが、基本的に女性が男性の上に座るだけなので、あまり難易度は高くありません。この記事を読んだ皆さんでもすぐに実践できる体位ですよ!

そして、気になるは「本駒駆けってどれくらい気持ち良いの?」といったところですよね。本駒駆けは女性が少し腰を浮かせて挿入しているので、より深い挿入感を感じることができます。対面座位の場合だと、男女の太ももが枷になり、ピストン運動どうしても制限されてしまいます。つまり、本駒駆けは腰を動かす時に何も邪魔になるものがないので、子宮の奥までずっぽりと激しいピストンをかますことができるのです。

男性は奥までの挿入感と早いピストンが出来るのがメリットです。女性は後ろから男性にチンポで犯されているという疑似レイプ感を感じながら、様々な性感帯を刺激されることになるので、セックスのトリコになってしまうでしょう。本駒駆けはとてもリラックスして行うのに適しているので、二人で映画やテレビを見ながら本駒駆けをするのもオススメです。

本駒駆けのもっとも気持ちが良いやり方

本駒駆けの簡単なやり方とどのように気持ち良いのかなどの概要を解説してきました。ただ、いきなり本駒駆けに挑戦してみても、コツやテクニックを知らないと思ったより気持ち良くなれないことがあります。そこで、本駒駆けのもっとも気持ちが良い方法をご紹介していくのですが、まずはこちらの本駒駆けの動画をご視聴ください。

こちらの動画では1分あたりから、カップルが本駒駆けをしているのですが、少しやり方が違うとは感じませんか?もちろん、この動画でされているのも本駒駆けなのですが、男性が起き上がる角度や女性の腰の浮かせ具合によって、快感度が変化するのです。とても興味深い体位です。このように本駒駆けはひと工夫するだけでも、変化の大きい体位ですから、快感を追及するのはとても面白いです。

①背面座位でクリトリスやおっぱいを揉んでいく

本駒駆けで気持ち良くなるなら、動画でも男性がしているようにまずは背面座位で挿入するのが良いです。この時点で基本的に前戯は終わらせている前提です。マンコが濡れている状態でチンポを挿入し、腰は動かさずにクリトリスやおっぱいを責めていきます。腰を動かしても良いのですが、膣の中をチンポにフィットさせるのと、女性が外と中でイケるように感度を高めているので、ここでは前戯に集中するのがポイントです。上手くクリトリスとチクビを責める事によって、本駒駆けでイキやすくなります。

なるべく女性をイカさないように焦らしていきましょう。

②膝を曲げて本駒駆けでゆっくりとピストン

背面座位でチンポを挿入したままクリトリスやおっぱいを揉んでいると、女性がそろそろ動いて欲しそうな雰囲気を匂わせてくるでしょう。そこで、男性は体育座りをするように膝を
曲げて、女性の腰を少し浮かせるように挿入します。男性は本駒駆けでチンポを挿入しますから、両手は地面に付けて身体をしっかりと支えるようにしましょう。これで本駒駆けの体位が完成します。

上手くできたら、男性はゆっくりと腰を下から突き上げていきます。いきなりの早いピストンは、女性の膣奥が痛くなる原因になりますので、最初はセックスを盛り上げるためにもじっくりと責めていきます。気持ち良くなるポイントとしては、男性が下から突き上げるタイミングで、女性も腰を反動で活かしながら上下に動かします。すると、ただ本駒駆けをするよりも強い刺激が生まれます。また、上下の動きだけでなく、円を描くように腰を動かしてみると、得られる快感が変化します。

③激しいピストンをしながらチクビ責め

ゆっくりとしたピストンに馴染んできたら、少しずつ下から突き上げる速度を上げていきます。AVのように女性の身体がバウンドするまで激しくしても構いません。とにかく子宮の奥まで自分の意志とチンポを貫いてください。女性が上に乗っているので、そんなに長くは突き上げることできませんから、疲れたらふたたびゆっくりめのピストンに戻していきます。クールダウンをする時は、同時に女性のチクビやクリトリスを弄ってあげると、本駒駆けで女性をイカせることができるでしょう。

男性は地面についている手も疲れてきますので、そのまま仰向けになって休憩を挟みながら行うのが良いでしょう。

本駒駆けをやる際の注意点

本駒駆けのやり方や気持ち良くなるポイントは掴めましたか?おさらいをすると、まずは背面座位で挿入して前戯をします。それから、本駒駆けの体勢になり、ゆっくりめのピストンから開始します。疲れてきたら速度を落としてクリトリスやチクビの愛撫に移行します。基本的に挿入したら②と③の工程の繰り返しになりますので、ぜひとも頭の中に入れておきましょう。

しかしながら、いきなり本駒駆けを行うとしても失敗してしまうこともあります。女性が男性のの上に乗っていることから、注意しなくてはならない点がいくつかあります。次にその注意点を3つ解説していくのですが、本駒駆けに挑戦してから「もっと早く知っておけば良かった」と後悔する前に一度を目を通しておきましょう。

本駒駆けをやる際の注意点①男性の腰と腕にかなりの負担がかかる

本駒駆けをする時は主に男性に負担がかかります。男性が体育座りをして、女性はその上に乗っかりますから、全体重が男性の腰にかかります。そして、身体を支えるようにした地面についた腕にも2人分の体重が加わります。その状態で男性が下から腰を突き上げていくことになるので、途中で腰が痛くなったり、腕に乳酸が溜まってプルプルと震えてきたりします。

無理したピストンは腰痛の原因にもなりますから、男性は十分に注意しましょう。女性も男性が頑張りすぎないように「大丈夫?」と声をかけるのが良いかと思います。本駒駆けを長い時間楽しみたいなら、日頃から男性は筋トレをして身体を強靭化しておきましょう。

本駒駆けをやる際の注意点②あまりに激しく動くとチンポが抜けることも

本駒駆けで醍醐味は男性が下から激しくチンポを突き上げるところです。もちろん、女性と向き合った挿入も良いのですが、むっちりとお尻を堪能しながら、後ろから腰を打ち込むのは最高に気持ち良いです。しかし、あまりにも激しく腰を動かしすぎると、チンポがマンコから抜けてしまうことがあります。特に女性のマンコの位置と男性のチンポの角度の相性が悪いと、しばしば抜けてしまうことがありますよね。

抜けたことにより、お互いに思ったより気持ち良くなれないのでセックスの雰囲気を下げてしまうことになりますし、抜けた勢いで、女性がお尻でチンポを踏みつぶしてしまうケースも考えられます。後者の場合は、チンポに激痛が走るので抜けやすいと感じてきたら、男性が少し仰向けになって、角度を調整するのがオススメです。

本駒駆けをやる際の注意点③他の体位よりも挿入が深くなる

本駒駆けで挿入して気持ち良いのは明らかです。先述のように女性の太ももや脚で遮られることもないので、腰を動かすのは邪魔な物は一切ありません。つまりは他の体位よりも奥深い挿入が出来ることから、反って、女性が痛がることがあります。多くの女性は子宮の奥を刺激されたり、チンポで奥を突き上げられたりすると快感を感じます。しかし、一部の女性はズキズキとして痛いと感じる人もいるのです。

ですから、どの女性も激しいピストンが気持ち良いかと言われるとそうではありません。何でもかんでも激しいプレイをしてしまうと、女性からAVの見過ぎだと思われる可能性もあります。本駒駆けで挿入する場合は最初はあくまでゆっくりめのピストンです。忘れないでくださいね。

本駒駆けの流れで出来る体位を紹介

本駒駆けの注意点を解説してきたので、これで皆さんも本駒駆けが出来るはずです。最低限、注意しなくてはならない点を抑えるだけでも女性を不快にさせることはないかと思います。後はスムーズに本駒駆けが出来るかです。もちろん、セックスに慣れている方なら最初から上手く本駒駆けが出来るかもしれませんが、よほど経験がない限りは戸惑って、もたついてしまうことが多々あるでしょう。

次に、スムーズな流れで本駒駆けが出来るようにセックスの手順や移行しやすい体位などをご紹介しますので、ぜひ流れやイメージを掴んでください。

座位から本駒駆けが鉄則

本駒駆けは座位と騎乗位を足して2で割ったように体位ですから、座位から後背位に変えたい時にオススメです。まずはいつも通り軽い前戯から行います。あくまでもマンコを濡らすために行うものなので、それほど時間をかけなくても良いです!マンコを濡らしてから、お互いに座って対面座位で挿入しましょう。女性は男性の首や背中に手を回して、身体をしっかりとホールドしましょう。対面座位では腰は動かさないで、身体を密着させながら前戯をメインに行います。

女性が満足するまで対面座位でイチャイチャします。いい感じになったら、男性は膝を曲げて体育座りをします。その時に女性も身体を180度反転させて前を向きます。これができたら、本駒駆けの完成です。座位から本駒駆けの流れはもっともスムーズに行えるので、ぜひとも覚えておきましょう。

本駒駆けからバックに移行

本駒駆けでチンポを挿入したら、最初はゆっくりと腰を動かしていきながら、おっぱいやクリトリスを同時に責めていきます。女性が強い快感を感じはじめたら、腰の動きを少しずつ早くしていきます。リズミカルなピストンで子宮の奥を突きます。上手く対面座位での前戯と本駒駆けでのクリトリスとチクビ責めが出来ていれば、女性のマンコは締め付け感が良くなり、絶頂を迎えるでしょう。

本駒駆けは女性をイカせるまで続けます。腰を動かすのに疲れたら、少し仰向けになって、クリトリスやチクビの愛撫に専念します。これを繰り返しているうちに大半の女性はイキます。男性も本駒駆けで射精しても良いのですが、対面座位と本駒駆けの2つしか体位を変えていないので、もう少し楽しみましょう。そこで、挿入をしたまま女性の腰を掴んで、立バックまたは通常のバックに体位を変えます。

フィニッシュは正常位がオススメ

バックでチンポを挿入してから、激しめのピストンで腰を振りましょう。女性は後ろから男性に犯されているという感じをたっぷり、堪能出来ているはずです。バックで満足するまで楽しんだら、最後は男性がフィニッシュをするターンになります。女性が後ろを向く体位が多かったので、締めは正常位が良いでしょう。女性もふたたび男性に抱きしめられて、キスが出来るのでノーマルな正常位を望むかと思います。

もちろん、お互いのお好みで良いのですが、女性がイってから男性が射精するようにしてくださいね。

まとめ:本駒駆けは後ろから突きまくれ!

激しいセックスが好きな方は本駒駆けが適しているでしょう!お尻の肉が反動で揺れるのもまた一興です。慣れてきたらローションを使い、ぬるぬる感を足して新しい刺激を感じるもアリでしょう!ぜひ、お試しあれ。

◯関連記事
セックス体位48手パート1
セックス体位48手パート2

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/sex-posture-21.html