【48手体位】本茶臼で密着騎乗位を楽しむ方法

AV女優「西川ゆい」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】

48手体位のうちの一つである本茶臼(ほんちゃうす)をご存じでしょうか。実は、この本茶臼は、皆さんも知らないうちに実践している可能性が高い体位です。本茶臼は密着度の高い体位なので、男女ともに人気があります。そこで、今回の記事では48手体位のなかでも実践しやすい本茶臼で密着騎乗位を楽しむ方法をご紹介します!今回の記事を最後まで読んで、ぜひ本茶臼をマスターしてください!

本茶臼とは

本茶臼とは、騎乗位のなかの一つの体位になります。普通の騎乗位では、仰向けになっている男性の上に女性がまたがって座っています。しかし、本茶臼では、仰向けになっている状態の男性に女性がまたがって座り、そこから男性に抱きつくように密着します。その状態でセックスをするのが本茶臼です。密着感がある体位で、キスなどもしやすいです。騎乗位をしているときに、自然と本茶臼をしている人もいるかもしれませんね。

本茶臼は上記の口コミのイラストのような体勢でセックスをします。イラストで見ると分かりやすいですね。皆さんも一度ぐらいは本茶臼をしたことがあるのではないでしょうか。

この口コミの通り、女性は本茶臼が好きな人が多いですよね。男性にお尻をつかまれた状態でペニスを挿入されると膣奥まで届きます。密着した状態でガンガン突き上げられるのが好きな女性も多いです。

口コミでもありますが、男性でも本茶臼が好きな人は多いです。騎乗位でも密着感を味わうことができる体位なので、女性をイカすときにも使える体位ですよね。本茶臼は男女ともに人気が高いことがTwitterでの口コミを見ても分かります。

本茶臼のもっとも気持ちが良いやり方

それでは、本茶臼で気持ち良くなるやり方を具体的にご紹介します。本茶臼は、普通にしても男女ともに気持ち良い体位であることは間違いありません。しかし、何となく本茶臼をするだけでは、なかなか本当に気持ち良くなることはできません。男性の場合、本茶臼を上手にするこで、一気に女性をイカすことも可能です。自分も気持ち良くなりながら、女性も気持ち良くさせることができたら最高ですよね。

また、普通の騎乗位では、女性が主導で腰を振ったりしますが、本茶臼では男性が主導することになります。そのため、男性のテクニックが問われる体位ともいえます。男性が上手に女性をリードすることで、女性の感度はグングン上昇することになります。本茶臼では、男性は下側ですが、さまざまなテクニックを使って女性を気持ち良くさせることもできます。女性を気持ち良くさせることで、男性自身も気持ち良くなりますよね。

しっかりと密着する

本茶臼の一番大きな特徴としては「密着感がある」ということです。そのため、基本的なことですが「しっかりと密着する」というのは大切です。女性は密着することで感度は上がりますが、男性の場合も女性とがっちり密着することで興奮度が上がりますよね。また、しっかりと密着することによって女性は安心感を得ることができるので、リラックスした状態でセックスに没頭することが可能になります。

抱きつくときは、女性の背中の真ん中辺りをしっかりと固定するように抱きつきます。しっかりと抱きついているときは、そんなに激しく腰を動かさなくても大丈夫です。騎乗位で腰を振るのに疲れた女性をしっかりと抱きつくことで、女性が休憩している間も感じ続けていることになります。そのため男性は、騎乗位で女性が疲れた雰囲気を出しているのにいち早く気づいて、本茶臼の体勢に持ち込むことも重要になります。

キスをする

本茶臼では、かなり密着した状態になっているので「キスをしやすい」体位でもあります。密着しながらキスをするのが好きな人も多いのではないでしょうか。男女ともに、セックスの最中にキスをすると最高に気持ち良いですよね。本茶臼では、女性が上になっている状態でのキスになるので、「女性が積極的にキスをする」プレイでもあります。この本茶臼以外では、あまり女性が積極的にキスを仕掛けられる体位はありませんよね。

そのため、本茶臼は「女性からキスをされるのが好き」な男性には堪らないシチュエーションになっています。また、女性も自分からキスを積極的に仕掛けることで、普段とは違う興奮状態になります。そのときは当然ながらペニスも挿入されているので、男女ともお互いに気持ち良さは一気に高まることになります。気持ちが高まり、絶頂に迎える前に密着しながらキスをすることで、女性もイキやすくなります!

お尻をつかんで激しく突き上げる

そして、本茶臼でぜひとも試してほしいテクニックが、この「お尻をつかんで下からガンガン突き上げる」という方法です。女性のお尻をつかんで、下から男性が腰を振ることで、膣奥までしっかりとペニスが挿入できるようになります。中イキしやすい女性の場合だと、このようにお尻をつかまれて下から激しく突き上げられると、イキやすくなることは間違いありません。

さらに、女性のお尻をつかんでペニスを挿入することで、女性の気持ち良いポイントを重点的に責めることが可能になっています。また、女性のお尻をつかんでグイっとペニスを押し込むようにするだけでも、女性の感度はかなり上昇することになります。そこから、絶頂する前にお尻をがっつりつかんでペニスを膣奥まで挿入してガツガツ突き上げると、男女ともに最高に気持ち良くなります!

アナル好きな女性にはアナル責め!

アナルをイジられるのが好きな女性の場合は、積極的にアナルを責めるようにしましょう。また、アナルを責めるときは、事前にローションなどを準備しておくと、責めやすくなります。片手でしっかりと抱き寄せて密着感がアップしている状態で、グリグリ指でアナルをイジくると、アナルが好きな女性はガチイキします。下からゆっくり腰を振りながらアナルをイジくることで、2穴同時責めをされている状態なので、思わず女性もアヘ顔をさらしてしまいます!

女性のAスポットをペニスでぐりぐり押す!

本茶臼では、ペニスが挿入される角度は普通の体位とは少し違ってきます。普通の正常位などの挿入と比べると、膣内の「お尻側」にペニスが挿入されることになります。そのため、男性で言うところの前立腺に近い「Aスポット」を刺激されるのです。女性もこのAスポットをペニスで刺激されるのは「新しい快感」である可能性が高いです。そのため、Gスポットとも少し違う身体の内側からくる深い快感を味わうこともできます。本茶臼では、Aスポットを責めるように意識しながらペニスでぐりぐりで押し込んでください。

Aスポットはすべての女性が気持ち良くなるわけではありませんが、Aスポットが気持ち良い女性にとっては「この上ない気持ち良さ」になります。男性の前立腺の気持ち良さと似ているので、女性の性感帯を開発するのも本茶臼は最適です。膣のお尻側をコツコツとペニスで刺激をすると、Aスポットで感じる女性はアヘ顔が止まらなくなります。女性が気持ち良くなるポイントが分かったら、お尻をつかんで固定した状態で重点的に責めるようにします。

クリも擦れるように身体を動かす!

本茶臼では身体を密着している状態なので、指を使ってクリをイジくるのは難しいです。しかし、「クリをイジられるのが好きな女性は多い」ですよね。また、セックスの最中でも「クリを触りたい」という男性も多いです。そういうときは、本茶臼で密着しているときに、「女性の恥骨辺り」をグイっと強く自分の身体に押しつけるようにします。そうすることで、女性のクリが男性の身体と擦れることになります。

女性の恥骨の辺りをグイっと抱き寄せながら女性の身体を前後に動かすことで、クリを刺激することができます。さらに、密着感もアップすることになります。クリとヴァギナを同時に刺激されると、女性の股間は濡れ濡れです。これは女性の感度が上がってきたところで、クリに自分の身体を擦りつけることで、一気に女性を絶頂へと導くことが可能になっています!

本茶臼をやる際の注意点

本茶臼をやる際に注意したいことは「本茶臼をするタイミング」です。このタイミングさえ間違わなければ、男女ともに最高の本茶臼になること間違いありません。本茶臼の体位に持ち込むときは、普通の騎乗位からの流れで本茶臼へと移動することが多いですよね。この騎乗位から本茶臼へと移動する際のタイミングが大切です。女性の気持ちが盛り上がっているところを狙って本茶臼をすることで、女性は最高潮に気持ちが盛り上がります。変なタイミングで本茶臼を始めたり、急に本茶臼から違う体位に移動すると、女性も醒めてしまいますよね。

本茶臼の流れで出来る体位を紹介

本茶臼をしていると、「スムーズに体位を変えたい」と考える人も多いのではないでしょうか。本茶臼は男女ともに気持ち良い体位であることは間違いありません。女性を絶頂させることもできます。しかし、ずっと本茶臼を続けることもできませんよね。本茶臼が大好物だとしても、やはり一つの体位を続けるのには限界があります。お互いに体勢もキツくなってくるので、別の体位でセックスを楽しみたくなる人もいると思います。

そうったときに、「本茶臼からスムーズに体位を変える」のは男性としてとても大切なことですよね。体位を変えるときにモタついていると、本茶臼で気持ち良くなっていた女性も盛り下がってしまいます。そうならないためにも、本茶臼を実際にする前に体位の変更方法についてしっかりとした知識をつけておくのは重要です。流れを途切れることなく、セックスをスムーズにするために、本茶臼から体位を変えたいときは、次の2つの体位を試してみてください。

騎乗位

本茶臼は騎乗位の状態からの流れですることが多いですよね。これは、またその逆も全然アリです。本茶臼では、男性がリードする形になり、下から密着した状態で腰を振ったりすることになります。ただ、いつまでも本茶臼で女性の下から身体を動かせるわけではありません。お尻をつかんだり、しっかりと抱きしめた状態で本茶臼をしているときは女性は身体を動かすことができませんよね。

その分、男性に負担がかかることも事実です。そのため、男性が本茶臼で腰を振るのに疲れたら、「スッと女性の身体を起こして」普通の騎乗位の状態に戻るようにサポートをします。この本茶臼⇒普通の騎乗位という流れが一番スムーズに体位を変更することができます。ただ、いきなり突き放すように女性の身体を起こしてしまうと、女性も驚いてしまうので注意が必要です。あくまでも、自然な流れで女性の身体を自分から離して通常の騎乗位の体勢に移します。

対面座位

次は体力に自信のある人は、一気に「対面座位」に体位を変えることもできます。仰向けになっている状態から、女性を抱きかかえた状態のまま座ります。こうすることで、対面座位へと体位を移すことも可能です。一番良いのは、男性の力だけで、仰向けの状態からグッと起き上がって座るのが一番スムーズな方法です。ただ、全員の男性が女性の身体を抱えながら起き上がることもできないですよね。

そういった場合は、ゆっくりと起き上がることで、女性にも「体位を変えたいんだな」と気づかせるようにしましょう。本茶臼では、女性が密着している状態なので、そこから自力で座る状態に持っていくには体力が必要になります。しかし、ゆっくりと起き上がることで、女性も自然と男性の身体から離れて起き上がるようになります。こうすることによって、体力に自信がない男性でも自然と本茶臼から対面座位へと体位を変えることが可能になります。

まとめ:48手体位の本茶臼は密着感が高く男女とも最高に気持ち良い!

今回の記事では、【48手体位】本茶臼で密着騎乗位を楽しむ方法をご紹介しました。本茶臼は騎乗位のなかでも人気のある体位です。本茶臼という名前を知らない人でも自然と本茶臼を実践している人もいるぐらい人気があります。そんな本茶臼を、今回の記事でお伝えした方法を試してさらに気持ち良くなってください!男女ともに人気のある本茶臼をマスターすれば、セックスのテクニックを一気にレベルが上がりますよ!

◯関連記事
セックス体位48手パート1
セックス体位48手パート2

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/cowgirl-2.html