【48手体位】吊り橋は短小ペニスの強い味方!女性をイカせる方法

AV女優「福咲れん」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】

自分のチンポ小さくて相手を満足させることのできない男性は結構多いようです。相性が悪く、「これ、入っているの?」と言われてしまうこともしばしば。一方で短小を相手に思わせない体位が存在するようです。今回は短小チンポで相手をイカせる吊り橋のやり方をご紹介していきます。

吊り橋とは

つり橋

吊り橋は上記のイラスト画像のように正常位で行われる体位です。通常の正常位との違いは、仰向けになった女性の身体を少し空中に浮かせた状態で、男性が上からチンポを挿入するというもの。とても簡単そうに見える体位ですが、実は女性は腰を浮かせてブリッジに近い体勢になっているので、他の体位と比べても女性の負担は大きめです。レベルでいうと、セックス中級者向け以上になります。少しハードルが高いだけあって、それなりに吊り橋には大きなメリットがあります。

まずはチンポの長さがいらないことです。男性でチンポのサイズに悩むのは非常に多いです。出来ればいますぐにでもチンポを大きくして、温泉に行った時は堂々と自慢げにぶら下げたいですよね。しかし、そうもいきません。中には正常位やバックをしている時に女性に入ってるの?と言われてしまった方もいるのではないでしょうか。吊り橋では女性の腰を浮かせて引き寄せるように挿入をしているので、どんなにチンポが小さくても必然的にマンコの奥までチンポがはいります。

そして奥まで入るということは、膣内のGスポットを責めることもできるのです。普段のセックスではなかなかチンポで突けないスポットも、的確に刺激することが可能なのです。吊り橋は女性からも人気の体位なのですが、男性から掴まれている強引さと気持ち良い部分にチンポがあたることから、セックスで盛り上げるなら理想的なプレイでもあります。上手くいけば、セックス上手だねと褒められる可能性もあります。

このように吊り橋は男女ともに人気の体位なのは間違いなさそうです。

吊り橋のもっとも気持ちが良いやり方

吊り橋の概要を少し解説してきましたので、次にもっとも気持ちなれる方法をご紹介していきます。吊り橋はセックス48手の中でも女性に負担がかかる体位なので、正しいやり方をしないと危険でもありますし、なにより気持ち良くなることができません。アクロバティックなプレイほど、見た目よりも快感度が落ちてしまうことがありますが、実際はコツを知っていれば、男女ともにイケるようになります。

短小チンポの人は他の体位で満足させることができないのであれば、なんとしてでも吊り橋を出来るようになって、チンポの大きさを気にさせないテクニシャンになるべきです。

吊り橋をする前に別の体位でマンコを慣らしておくと良し

男性のみなさんなら女性に前戯を済ませたら、すぐに吊り橋をしたいかと思います。もちろん、新しい体位はすぐに試すべきですが、吊り橋で最高の快感を感じたいのであれば、まずは正常位でチンポを挿入して、マンコの中を慣らしておく必要があります。女性のマンコはチンポを入れると、そのサイズにフィットするような動きがされます。ですから、いきなり挿入して腰を動かしても、フィットさせる働きが上手く機能せず、本当の意味でマンコが締まっているとは言えないのです。

そこで、女性のマンコの調整と感度をあげるためにも、まずは正常位で挿入するのが先です。この時に挿入してからしばらく腰を止めておきます。そして、チンポが女性の気持ち良いスポットを探るようにゆっくりと腰を動かして、マンコを慣らしていきます。

吊り橋をする時は女性が肘をつくのがポイント

正常位でチンポを挿入してから5分ほど経てば、十分に膣が馴染んでくるので吊り橋に体位を変更します。すでに女性は仰向けなっているでしょうから、男性が垂直にして女性の腰を少し浮かします。床から数センチ浮かせるだけで吊り橋の完成です。この時に女性は肘を地面について自分の身体を支えるのがポイントです。どうしても男性が腰を動かすと、女性の肩に対してとても負担がかかり、体勢を維持するのはきつくなります。

気持ち良くなるためには肘を地面について身体にかかる重さを分散させましょう。

Gスポットをぐりぐりするようなイメージでピストン

男性は正常位と同様に激しく腰を動かすピストンは基本的にNGです。腰をチンポの根本に引き寄せるようにして、子宮の奥をぐりぐりするようなイメージで刺激するのが、もっとも的確に女性の性感帯を責めることができます。

前述したように短小チンポでも奥までチンポを入れることができますから、今まで奥に入れてこなかった男性は子宮の感触をじっくりと味わってください。

吊り橋をやる際の注意点

吊り橋のやり方を学びましたが、いかがでしょうか。抑えておきたいポイントは、吊り橋をする時には女性が床に肘をついて身体にかかる重さを分散させること。男性は腰を激しく動かさないで、子宮の奥をグリグリと擦るようなイメージピストンです。ただ、これらのポイントをいきなりこなすのは難しいでしょう。さらに、吊り橋の体位はややアクロバティックなプレイで、女性が腰を浮かして行うこともあり、身体に負担がかかります。注意して行わなければ、ケガをしてしまうなんてこともあるでしょう。

そこで次に吊り橋をする際の注意点をいくつかご紹介していきます。

吊り橋をやる際の注意点①腕を鍛えていないときつい

吊り橋をする時の注意点は基本的に身体に対する負担や影響面が多いです。一見、確かに女性ばかりに負担があるような体位ですが、実は男性の腕にも乳酸が溜まります。正常位で女性の頭上に腕立て伏せをするように行う時がありますよね。腕がある程度、鍛えられていないと結構きつく感じますよね。同じような現象が吊り橋もおきます。女性の重い腰を常に固定してチンポを挿入しているので、かなりの重労働です。

日頃から腕の筋肉を鍛えていない人は、途中で腕が痛くなって腰を動かすどころではなくなり、いつのまにか快感を得ることから我慢をすることになっているでしょう。体重の軽い小さい女性ならそこまで腕にかかる負担はありませんが、基本的には筋トレをしておかないと、長時間で吊り橋で挿入するのは厳しいでしょう。

吊り橋をやる際の注意点②女性は肘や肩など様々な部分に負担がかかる

前述した通りに、吊り橋では女性が腰を浮かせて肘は地面についている体勢です。肘をつくことで少しは重みを分散させることはできるのですが、それでも肩や腰に多大な負担がかかります。元から肩こりのひどい女性や肘などに炎症がある方は、吊り橋を控えなければ悪化してしまう可能性もあります。せっかくセックスで気持ち良くなったにもかかわらず、事後に「なんか身体が重い」「全身が痛い」などの症状が出てしまうことも十分にありますから、気を付けましょう。出来ればクッションや柔らかい枕などを下に敷いてやると良いでしょう。

そして、それ以外にも腹筋にも注意です。男性に腰を引き寄せられているので、思ったより腹筋を使います。普段、腹筋を使わない女性の方が多いかと思いますので、吊らないようにも注意しましょう。

吊り橋をやる際の注意点③体位を変える時に頭をしっかりと保護

最後は男性がもっとも気を付けなくてはならない部分です。女性は吊り橋をしている時には腰だけでなく、背中や頭までも地面から離れています。

男性は腰を振ることに夢中になり、別の体位を変える際に、腰をストンと突き放すように落とさないようにしましょう。地面が硬いところだと、女性は腰を痛める原因にもなりますし、もっとも危険なのは頭です。体位を変える時にも、女性の頭をぶつけないように気を付けていなければ、脳震盪や打撲などのケガをしてしまいます。

一瞬の油断が大きなケガなどに繋がるので、吊り橋をする時はいつもセックスよりも女性に目を配る必要があるでしょう。

吊り橋は男女ともに気持ち良い体位ですが、どんなにテクニックがあっても注意点をしっかりと頭に入れておかないと、いつかは大きな問題に発展しまう可能性もあるでしょうから、みなさんは十分に注意しましょう。また、ここまで吊り橋のやり方を解説してきましたが、少し難易度の高い体位でもありので、いきなり吊り橋でプレイしてみよう!となったとしても少し戸惑うはずです。女性の腰をあげてチンポを挿入する時にノロノロしていると、女性は手際の悪さにイライラしてしまい、高まった興奮も感度も冷めてしまいます。

そんなことにならないように吊り橋の流れで出来る体位やオススメのセックスの流れをご紹介していきます。ぜひ、自分が相手とセックスをしている時に置き換えて、イメージを膨らませながら読み進めて行ってください。

正常位から吊り橋への流れは鉄則

吊り橋は前戯からいきなり行うと、少し難易度が高いのですが正常位から流れで行うと、とても簡単です。まずはいつも通りに前戯をして女性を気持ち良くさせます。マンコが濡れる程度になるまで前戯をしていきます。ここでの前戯はそれほど丁寧にしなくても問題ありません。マンコが濡れたら、さっそく正常位でチンポを挿入します。腰を動かしながらおっぱいやキスをしてじっくりと責めていきます。先ほど解説したように正常位で挿入してから、しばらく腰を止めて静止すると、吊り橋をした時に気持ち良くなれます。

また、腰は激しく動かさないでつつくようなイメージでピストンします。女性が喘ぎ声をあげたり、よがりはじめたりしたら吊り橋に体位を変えます。チンポを挿入したまま、女性の腰を少し上に持ち上げて、男性の太ももの上に乗せるようにします。吊り橋に体位を変えたら、子宮の奥までチンポが入りこむので膣の締まり具合を楽しみます。ただ、女性を吊り橋でイカせても良いのですが、男性はまだまだする体位がありますから射精はしません。

吊り橋から座位に移行

吊り橋を楽しんでから、そのままゆっくりと女性の腰をさらに上に持ち上げます。同時に男性も地面に座って、女性と向き合うような体勢になります。すると、お互いに顔が向き合った対面座位の体位になるはずです。正常位から吊り橋。吊り橋から対面座位の流れはとてもスムーズに出来る体位で、一度もチンポを抜く必要もありませんからこの流れは覚えておくと良いかと思います。

対面座位で挿入したら腰はあまり動かさないで、最初の前戯で時間をかけなかった分、女性とたっぷりとイチャイチャします。あえて最初の前戯の時間を削って、中盤でイチャイチャすることで女性の感度が高まっているので感じ方が全然異なります。吊り橋よりも対面座位に時間をかけて、女性を満足させるようにしましょう。

対面座位から騎乗位または正常位でフィニッシュ

対面座位からは男性がフィニッシュを迎える段階になります。お互いに向き合っている体勢なので、男性が仰向けになれば騎乗位になりますし、女性を押し倒すように仰向けにすればふたたび正常位に戻すことも可能です。この辺りはお互いのお好みで良いのですが、吊り橋から対面座位をするだけでも、挿入したまま好きな体位に移行できるので、セックスの流れとしては理想的です。

もちろん、吊り橋でフィニッシュを迎えても良いのですが、女性の身体を休ませるためにも別の体位でリラックスできるような体勢で気持ち良くなった方が後味は良いかと思います。ぜひとも参考にしてみてください。

まとめ:吊り橋はチンポのサイズは関係ない

セックスでチンポのサイズに関係ない体位があるとは驚きですね!ようやく女性を満足させる日がきたか!といった感じです。一方で、女性の身体に負担がかかる体位なので、注意点をよく読んで、実践しましょう!

◯関連記事
風俗嬢100人に聞いた「好きな体位」ベスト10を紹介

つぶし駒掛け(体位)でポルチオを攻めまくる腰使いを紹介

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/sex-posture-18.html