【48手体位】まずは百閉(ひゃくへい)から始めよう!

【48手体位】まずは百閉(ひゃくへい)から始めよう!

セックスには複雑な体位やテクニックを身につける必要はありません。大事なのは相手を思いやる気持ちと愛です。今回は江戸時代から伝わるセックスの48手の中でも初心者向けで愛情をたっぷり注げる体位の百閉(ひゃくへい)をご紹介していきます。

百閉とは

ひゃくへい

百閉はセックス48手の中でもとても簡単な体位で、男女の繋がりを強く感じられます。体位の部類としては、女性が上にまたがる騎乗位にあたります。セックス48手は縄を使う体位や身体に負担がかかる体位が多い中で、百閉は初めてセックスする方でも手軽にできるプレイでとても人気があります。ちなみに普通の騎乗位との違いはありません。つまりは皆さんが普段のセックスでしている騎乗位は、大体百閉になります。

百閉は騎乗位の基本体位でありますが、トップクラスに女性がイキやすい体位でもあります。また、男性が主導権を握る体位が多い中で、騎乗位は女性がイニシアチブを取るのでМ男にはたまらないです。子宮の奥までチンポが入るだけでなく、上手く腰を動かすことでクリトリスも刺激することができるので、女性は外でも中でも絶頂を迎えれます。

百閉は私を変えてくれた体位だと思います。
今まで自分は「セックスはやられるだけの体位」と思っていました。
でも百閉ができるようになり、自分が男性を気持ちよくさせる行為がわかりました。
今では男性の上で激しく腰を使っています。
引用:brace

百閉で腰振りを覚えてから、膣の奥をこすりつける快感にはまってしまいました。
今までは「ただ動いていればいい」と思っていましたが、今ではこすりつける感じがたまりません。
百閉では必ず前後で動き、絶頂するまで動くようにしています。
引用:brace

百閉のもっとも気持ちが良いやり方

すでにパートナーがいる方はすでに百閉をしている方も多いますが、いまよりももっと気持ち良い百閉のやり方を学べば、女性も中イキさせれるようになります。百閉で新しいセックスライフを送るために、実践すべきテクニックをご紹介していきます。

仰向けに寝る

百閉をする時には必ず男性が仰向けにならなくてはなりません。まずは腰を痛めないようにベッドやソファーの上で仰向けになります。この時はすでに挿入段階なので、前戯を済ませて女性のマンコを濡らしておいてください。そして、女性は仰向けになっている男性の上にまたがります。この時またがる時にマンコや下乳を見せつけるようにすると、男性の興奮度がをあげることができます。

またがってからはいきなり挿入しないで、少し素股をして焦らすのが良いでしょう。素股を挟むことによって、マン汁をさらに分泌することができ、百閉で挿入した時の期待度をあげることも可能です。女性が素股をする時はクリトリスに亀頭が擦れるようにすると、挿入した時にイキやすくなります。

女性が男性の上にまたがりゆっくり挿入

素股をしてからようやく百閉での挿入になります。チンポを挿入する時はじっくり時間をかけて入れていきます。勢いよくチンポを挿入してしまうと痛みが感じることがあるので、様子を見ながら奥まで挿入します。

女性にも動いてもらう

百閉で問題なく挿入することができたら、男女のどちらかが腰を動かすことになります。ここでは男らしく積極的に下から腰を突き上げてあげましょう。腰を動かすのに疲れたら、今度は女性にグラインドで前後に腰を動してもらったり、上下にピストンをしてもらったりしましょう。男性は女性が動いている時に何もしないのはもったいないので、おっぱいを揉むのが良いでしょう。また、敏感なクリトリスを同時に責めてあげると女性を百閉でイカせることができます。

上手く子宮の奥にまでチンポがあたって、クリトリスを愛撫出来ていれば外と中の2点で絶頂させることができるでしょう。

百閉をやる際の注意点

百閉は皆さんご存知の通り、基本的なセックスの体位で誰でもすぐにできるプレイです。中にはセックスで百閉が気持ち良いという人もいるでしょう。ただ、気持ち良いのはもちろんなのですが、ヤリすぎも身体によくありません。次に百閉をする際に注意しなくてはならない点を3つ解説していきます。

腰が疲れてしまうことも

百閉をしすぎると腰が疲れてしまうこともあります。この疲れが後に痛みに変わってしまい、腰痛持ちになる恐れもあるので、長い挿入はできるだけ控えた方が良いでしょう。特に男性は女性が上に乗っかっているので、全体重が腰に加わった状態でピストンされるので、硬い床で仰向けになるのだけは避けたいところです。

そう考えると、低反発のベッドや刺激を柔らげてくれる場所で百閉を行うのがスマートなのではないかと思います。

女性の腰使いが下手だと気持ち良くなれない

あまり女性が騎乗位に慣れていないと、百閉で気持ち良くなれないこともあります。このケースはよくあり、普段のセックスで正常位やバック中心でいつもしている人は、そもそもどのように腰を動かしたら良いか分かっていません。つまり、あまり経験の少ない相手だった場合は、百閉でイクのは少し難しくなります。もちろん、回数を重ねれば腰使いが上手くなるのですが、最初のうちは思ったように快感を得ることができません。

男性側ができることとしては、丁寧にレクチャーしながら百閉を行っていくかフィニッシュを迎える時だけ別の体位に変えるくらいでしょう。一緒にAVを見て研究するのも良いでしょう。

妊娠にはむいていない

パートナーと一緒にいる時間が多くなると、子作りも考えはじめますよね。お互い合意の中出しセックスでは百閉はオススメできません。やはり、女性が上になっていることから男性がマンコの中に精子を出しても、下に精子が垂れ落ちてしまい妊娠する確率を下げてしまうでしょう。そうなると、百閉は妊娠するセックスにはあまり向いていないかと思います。

百閉でオーガズムを感じはじめてから、正常位やバックで中出しをするのがやはり理想的でしょう。

百閉の流れで出来る体位を紹介

百閉で女性をイカせる気持ち良いやり方や基本的な注意点を解説してきました。普段セックスで百閉をしていても、意外に見落としていた部分がいくつかあったのではないでしょうか。そんなところで、次に百閉の流れで出来る体位をご紹介していきます!あくまでも一例なので、皆さんのお好みでどんどんアレンジしていってくださいね。

淫乱な女性に仕上げるために顔面騎乗位

百閉で女性の乱れ具合を最大限にまで楽しみたいなら、まずは顔面騎乗位で思い切り強い快感を与えて、徹底的にスケベな女に仕上げていきましょう。最初に軽く前戯を済ませておきます。ここの前戯では基本的におっぱいや乳首などの上半身中心にしてください。愛撫をしても太ももまでにして、マンコには触れないでください。

顔面騎乗位をするまでに焦らしを女性に与えて、たっぷりとマンコを濡らします。「どうして責めてくれないの?」といったもどかしさが、女性を淫乱にさせるきっかけになります。そして、前戯をしてから女性のマンコを顔の前に持ってきてもらい、クンニをします。マンコで顔面を踏んづけてもらっても構いません。クンニをしている時は、女性は恥ずかしさとともに快楽で身体全身が痺れているでしょう。ありったけの思いで、マンコをべろんべろんに舐めてイカせてあげましょう。

マンコをたっぷりと濡らしたイチャイチャする

顔面騎乗位をしたらマンコは今までにないくらいにびちょびちょになっているのです。この辺りから、女性はもうチンポが欲しくて我慢ができなくなっている頃でしょう。そこで、男性の膝に女性を乗せて、対面座位の逆バージョンでチンポを挿入します。この時にはちょうど男性が後ろから女性を抱きかかえるようになっています。

後ろから耳元で恥ずかしい言葉をささやいたり、耳舐めをしたりしましょう。同時にクリトリスと乳首をコリコリを責めてあげると、百閉でチンポを挿入した時に高まっていた感度が弾けて中イキしやくなるはずです。女性は数か所を一度に複数で責められているので、よがりまくっているはずです。頭の中は真っ白になり、大半の女性はイクはずです。また、男性から後ろから抱きしめられている感覚で、セックスで幸せを感じているでしょう。

ちなみに挿入している時は腰は激しく動かさないで、ゆっくりと下から突き上げるようにして身体の愛撫を中心に行ってください。挿入のメインは百閉で行うためです。

フィニッシュはもちろん百閉で

この辺りでちらほらと女性もイクでしょうから最後は、男性が射精するために百閉に体位を変えます。女性と顔が向き合う対面座位の体勢になり、そのまま男性が仰向けになるだけで百閉に移行します。マンコの中はかなりトロトロになっていますから、それほど激しく突き上げなくてもイキそうになるはずです。

男性は膣の締まりを感じながら女性にも動いてもらいましょう。ここで溜まり切った精子をたっぷりとぶちまけてあげましょう。しかし、女性が「まだ出しちゃだめ」と言ってきたら、百閉から正常位に体位を変えて強く抱きしめながら、チンポで究極の快感を思い知らせてあげましょう。

まとめ:百閉をする時はクリトリスとチクビ責めも忘れずに

百閉で女性を確実にイカせたいなら、クリトリスやチクビ責めも同時にするのがオススメです。強い刺激を感じるスポットを同時に責めることで身体中が快感で支配されます。上手く行けば、何度も女性がイキまくるような身体に仕上がり、日中でもセックスを求めるほど病みつきになるかもしれません。

◯関連記事
セックス体位48手パート2
セックス体位48手パート1

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/posture-48.html