「体外式ポルチオ」について解説|やり方から注意点までまとめ

AV女優「熊倉しょうこ」のデビュー前から現在までを丸裸に【2019年最新版】

男性の中にはなかなかセックスで彼女がイカないと悩んでいる人はいるはずです。もちろんテクニック面もありますが、彼女の感度の問題もあるのでイカない人は本当にイカないです。しかし、膣に触れることなく女性を簡単にイカせてしまう体外式ポルチオというものがあります。今回は体外式ポルチオのやり方から注意点までをご紹介していきます

「体外式ポルチオ」をご存知ですか?

そもそもポルチオとは、子宮の下側にある突出している部分のことを指します。手マンをするときに膣奥に指を挿入してみるとわかるのですが、コリコリとする場所がありますよね。これがポルチオです。では体外式ポルチオとはどのような物なのでしょうか。調べてみると、膣の外に隠れざるポルチオがあるのかと勘違いしそうになるのですが、実は普通のポルチオと変わりません。

ただ、体外式ポルチオの場合は、女性の身体に外側から刺激して開発をするということのようです。つまりは体外式ポルチオとは部位の名前ではなく、身体の外からポルチオを刺激する行為のことをいうのですね。体外式ポルチオでは女性の膣に触れないで、お腹や腰回りを触って開発させるのですが、女性の身体が受け入れてリラックスした状態であれば、手マンやクンニ、さらには挿入をすることなく女性をイカせることができるようになるのです。

「体外式ポルチオ」の魅力

体外式ポルチオのテクニックを身につけることが出来れば、女性のマンコを傷つけることなく中イキさせることができます。これだけもとても魅力的ですよね。さらに女性が自分でオナニーをするときも体外式ポルチオで簡単にイクことができますし、生理の時でも気持ち良くさせることができます。

また、身体の外を刺激されてイケるようになることから、実際にチンポを挿入した時の快感も倍増し、イキやすい体質になるようです。そうなると、普段イキにくい女性や感度が良くない不感症気味の女性でも気持ち良くさせることが可能になります。体外式ポルチオをマスターすれば、相手からセックスを求めてくるようになるはずです。

実際に体外式ポルチオでセックスのトリコになってしまった女性は多くいるようです。

「体外式ポルチオ」のやり方

体外式ポルチオを身につけるだけで、彼女とのセックスの質が上がるだけでなく何度もイカせることができるので、なんとしでもマスターしたいところですよね。体外式ポルチオさえ完璧にマスターすれば、チンポのサイズに悩むこともなくなり、簡単に女性を満足させることができるはずです。

次に簡単な体外式ポルチオのやり方について解説していきます。

クリトリスとお腹を一緒に責める

体外式ポルチオをするにはまずは開発をしていく必要があります。基本的にお腹周りを責めていくことになるのですが、ただお腹を触っても体外式ポルチオで快感を得るのは難しいです。そこで、クリトリスと一緒にお腹を刺激することで開発をしていきます。最初にやって欲しいのは、彼女への愛撫です。普通のセックスと同じようにキスをしておっぱいを揉んで、前戯を行っていきます。ここでのポイントはしっかりと感度を高めてあげることです。

普段前戯に時間をかけない男性は、いつもよりも入念に女性を喜ばせてあげてください。たっぷりと前戯を行ったところで、女性を仰向けにします。ここでようやくマンコに手を触れます。クリトリスを指先で優しくコリコリしながら、恥骨とおへその10センチ下あたりを電マで振動するように指で刺激を与えましょう。焦ることなく時間をかけて、じっくりとクリトリスと一緒に振動を与えます。

クリトリスに刺激をすることで、その快感がお腹の振動によって起こっていると錯覚させます。これを長時間行うと、体外式ポルチオで気持ち良くなっていきます。

お腹とお尻を振動して揺らす

クリトリスとへそ下を同時に振動で責める他にも体外式ポルチオも2点責めがあります。それは、お腹とお尻の2方向から振動する方法です。まずは先ほど同様にしっかりと前戯を行い、パートナーの感度を高めてマンコを濡らします。そこで、女性を仰向けにしておへそと恥骨を結んだ直線を指の腹で、優しくつつくように動かしていきます。指で往復しながら触っていると、どこかで女性が感じはじめるはずです。

それは子宮周辺にあるポルチオに刺激が加わっているからです。どこにポルチオがあるのかを把握したら、そこを重点的に振動責めをします。女性のポルチオの位置は毎回微妙にズレることもあるので、体外式ポルチオで探る必要があります。そして、今度は女性をうつ伏せにして腰の部分から責めていきます。そこで、仙骨と尾骨を見つけだします。尾骨はお尻の割れ目あたりにあるしっぽのようになっている骨で、仙骨は尾骨の上にある平べったく横に幅がある骨です。

この2つの骨を見つけだしたら、先ほどと同じように指でトントンと刺激します。ポルチオの刺激に弱い女性なら骨を振動されるとよがるはずです。

膣を動かして体外式ポルチオ

次に女性が自分から膣を動かして体外式ポルチオをする方法です。ここで大事なのは、女性が意識的に自分の膣を締めることができるかどうかです。出来ない女性の場合は、肛門に力を入れて膣を締めたり、逆に力を抜いて膣の中を緩めたりという感覚を身につけるように練習をしましょう。これができるようになると、お尻と膣が一緒に動いているのがわかるはずです。この感覚がわかるようになればOKです。

まずは男性が前戯に時間をかけて彼女をゆっくりと愛撫をします。よく愛撫をして、いやらしい気分にさせたところで、パートナーに仰向けになってもらいます。そこで、女性に足を軽く開いてもらい、男性がマンコの間に座ります。恥骨に両指を乗せて、おへそ周辺、腰骨と円を描くように指で触ります。この動きに合わせて女性は、恥骨の上とおへその下に指がきた時には膣を締めて、おへその下から、腰骨、恥骨と指が来たら膣を緩めてください。

お腹の刺激と膣の収縮を連動させることにより、体外式ポルチオで感じるようになります。

四つん這いで刺激する

ポルチオの位置は人それぞれ異なり、女性のコンディションによって場所は頻繫に変わるので、最初はポルチオがどこかにあるのかを探るのに時間がかかります。恐らく、仰向けにした状態でも上手く振動を与えることができない人もいるかと思います。その時には、女性を四つん這いにして体外式ポルチオを行います。ただ、四つん這いにしてお尻を突き出してもらうので、体勢を維持するので必死になり、女性側がいやらしい感情を保てなくなる可能性があります。少しでもリラックスしてもらうために、上半身と顔はベッドにくっつけさせましょう。

四つん這いの体勢にさせてから、お腹の下らへんと仙骨の周りにローションを塗りましょう。こちらは手の平を使って、女性の身体をマッサージするように触るためです。ローションを塗ってから、男性は女性のお尻側に行き、後方からお腹に手を伸ばし、もう片方の手を仙骨あたりにおきます。そして、手の平の全体を使い、おへその下から恥骨の上まで往復して撫でていきます。仙骨側の手は円を描くように撫でます。上手く触ることができていれば、女性が喘ぎ声をあげて感じるようになります。人によってはくすぐったそうにするかと思いますが、続けていればすぐに快感に変化していくはずです。

下半身を揺らす

体外式ポルチオをする時には下半身を揺らしてみるのも有効的です。しかし、体外式ポルチオに慣れるのにはそれなりに時間がかかりますので、外イキまたは中イキをさせてから行うのがオススメです。

まずは絶頂を迎えた女性の身体を仰向けにします。体外式ポルチオのキーポイントはとにかくリラックスしてもらうことなので、仰向けにしてから身体の力を抜いてもらいます。しっかりとリラックスをさせてから、女性の両足を真っ直ぐに伸ばします。足をピンと張ってから女性の両足首を持ってください。そこで、軽く力を入れずに両足を揺らします。よくスポーツ選手などがクールダウンする時に行っていますね。イッた後の身体はかなり敏感になっているので、下半身を揺らすことで振動が全身に伝わりやすくなっています。この振動がポルチオへの快感としてすりこまれていくはずです。

最初はなかなか下半身を揺らすことで快感を与えるのに苦労しますが、体外式ポルチオの開発に成功すれば、足を揺らしただけで中イキさせることも可能になります。また、それほど難しいことではないので、是非お試しください。

おもちゃを使ってみる

体外式ポルチオの開発はなかなか手間と労力がかかります。どうしても手っ取り早く体外式ポルチオを出来るようになりたいと思う方は、ローターやバイブなどを使うのもアリです。やり方としては、今までに手を使ってきた工程におもちゃを使用するだけです。おもちゃを使う場合は、事前にクリトリスでイカせておくと振動が感じやすくなるはずです。

まずはたっぷりと女性の感度を高めてから、一番弱い振動でローターや電マなどをお腹の上にあてていきましょう。おもちゃをあてながら気持ち良い部分を探っていき、喘ぎ声をあげるような箇所があれば、そこを重点的に責めましょう。相手の感度を見ながらおもちゃの強度をあげても良いのですが、あまりおもちゃの刺激を強くしすぎるとおもちゃでしか体外式ポルチオでイケなくなる恐れもありますので、出来れば微弱な振動をオススメします。

チンポを挿入しながら体外式ポルチオ

ここまで紹介したものでもどうして体外式ポルチオが上手くできない、どこにポルチオがわからない。という人のためにオススメなのがチンポを挿入してしまうことです。チンポを入れながらポルチオの正確な位置と振動の刺激を確認していく方法ですが、こちらは最終手段になります。なぜかというと、チンポを挿入してポルチオの位置を把握する行為なので、体外式ポルチオの快感とは言えません。

最初にマンコを濡らして、チンポが入るような状態になったら膣の奥まで挿入します。チンポの根本まで入れてから少し止まります。入れたままの体勢で、女性のお腹を指でトントンと叩いていきます。チンポに一番指の振動が伝わってくる場所が、体外式ポルチオで感じる部分です。これのメリットとしては、指で刺激している振動がどのようにして膣内から伝わってくるのかが、ペニスを通してわかります。また、女性によってはうつ伏せの体勢が気持ち良いというケースもあるので、挿入した時にしっかりと、どこからの刺激が最も快感を感じるのか確認しておきましょう。

「体外式ポルチオ」の注意点

体外式ポルチオを行う際には女性側にデメリットがあります。まずは身体の外を刺激される身体になってしまうことから、マッサージに行った時にはマッサージ師に身体を触れられただけでイってしまう可能性があります。もちろん、相手はプロのマッサージ師ですから男性の皆さんよりも確実にツボを刺激してきます。また、身体が敏感な女性だと電車の揺れでも感じてしまう可能性があります。

特に満員電車の中で人に囲まれている状態でイったら相当ヤバそうです。それから2つめに、女性の身体を触れる際に「くすぐったい!」となかなかうまく体外式ポルチオができないケースもあるでしょう。これはどうにか説得するしかないのですが、くすぐったいと言うことは確実に体外式ポルチオでイケる素質があります。ぜひめげずに開発を行ってください。

まとめ:体外式ポルチオをマスターすればセックスが楽しくなる

体外式ポルチオができるようになれば、飽きを感じていた淡泊なセックスが一気に濃厚になります。開発をされた女性は体外式ポルチオの病みつきになり、毎日セックスを求めてくるようになるかもしれません!ぜひ、体外式ポルチオを試してみてください。

◯関連記事
話題のポルチオ性感帯って何?中イキのコツと性感帯開発の手順

意外なところにある女性の性感帯を開発する秘訣を紹介

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/formula-portio.html