「乳首バイブ・ローター」おすすめ10選|吸着・手動、タイプ別に紹介

「乳首バイブ・ローター」おすすめ10選|吸着・手動、タイプ別に紹介

「チクニーって、どうやるんですか?」そう聞かれた時、最初にするのはバイブやローターの話。誰だって、「乳首をいじって刺激する」なんてことは知ってます。でも指でやっても大して気持ち良くならないから、わざわざ質問してるんです。今回は、乳首用のオモチャの中でもとくに強力な助っ人「乳首バイブ・ローター」に着目しました。吸着タイプと手動タイプとに分けて、特徴や選び方、おすすめ商品まで、情報満載でお届けします!

指では感じることのできない快感が楽しめる「乳首バイブ・ローター」を紹介

乳首の快感は、極めるほどに奥深いもの。チクニー歴10年の筆者ですが、じつは乳首いじり1年目の最初の月に、早くも指での刺激には限界があると悟りました。

以来ずっと、「乳首バイブ・ローター」の愛好家です。いっぱしのチクニー野郎になれたのも、全て「乳首バイブ・ローター」のおかげ。愛用の道具たちに、感謝する毎日です。吸引といい振動といい、やっぱり道具は違います。変化とパワーに満ちあふれていますよ。

「吸着タイプ」と「手動タイプ」の2種類にわけておすすめを紹介

ひと口に「乳首バイブ・ローター」と言いますが、じつは2つのタイプに分類されます。張り付けて使う「吸着タイプ」か、指に装着または手で持って使う「手動タイプ」。それぞれ良さがあり、甲乙つけがたい魅惑の2系統です。

「吸着タイプ」は、ハンズフリー。装着したら、あとは道具にお任せです。やることは、コントローラーで強弱を設定する程度。「もてあそばれてる感」がハンパなく、筆者は一番好みです。

一方「手動タイプ」は、やや原始的。指に付けるか、持って使います。初心者やコストを抑えたい人なら、こちらが最適です。そしていずれのタイプも、乳首開発やチクニーに欠かせません。このあとタイプ別に、おすすめ商品を紹介して行きます。

自分好みの「乳首バイブ・ローター」をみつける3つのポイント!

乳首ほど、人により開発の進み具合に差がある性感帯はありません。生まれつきやたら乳首が勃ちやすい人がいたかと思えば、美女に舐められてさえあまり感じない人もいます。

ということは、個人ごとに適した「乳首バイブ・ローター」は異なるわけです。筆者の経験から言えば、1人の人間に限っても、時期により合う道具は変化します。今の自分に最適な「乳首バイブ・ローター」を見つけるには、一体どうしたら良いのでしょうか?

2~3千円の安い機種を複数買って好みの刺激を発見するのがおすすめ!

快感の追究に、出費は不可欠。でもアダルトグッズは安価なものが多く、心配するような額にはなりません。最適な「乳首バイブ・ローター」を探すのに必要なコストは、5千円から1万円でしょう。

何商品か試さずに、ベストな1本を見つけるのは困難。2~3千円の機種を、複数GETして使ってみるのを推奨します。2本なら5千円程度、3本ならば1万円程度の出費というわけです。

「1つだけ買った機種が、たまたま大当たりだった」というケースは、筆者の経験上1度もありません。それに1本だけだと、比較の対象はいつまでも指。指での愛撫に比べれば、どんな機種だってマシです。でもそれではあまりに進歩がなく、好みの刺激も発見できません。

ハンズフリーで使いたいなら吸着タイプを選ぼう!

「チクニー中は妄想だけに集中したい」、そんな人には吸着タイプの商品が最適でしょう。最初乳首に張り付けたら、あとは最後までハンズフリーで刺激を味わえます。

機種を選ぶポイントは、ただ1つ。要するに、外れないことです。しっかり吸着されず、途中でズレたり落ちたりしては、快適さが一気に損なわれます。口コミをよく読み、しっかり固定されるアイテムを選ぶことが大切です。

吸着タイプの使用感は最高ですが、1つだけ難点も。それは、ついつい手が股間へと伸びてしまいがちになること。チクニーを究めたい時は、かえって障壁になるかもしれません。むろん「たんに乳首を気持ち良くされたいだけ」という場合は、全く問題ナシです。

価格や機能の差がなく迷ったら口コミを参考にコスパや振動の種類を比較する!

情報と広告には、1つ大きな違いがあります。情報には、物事の良し悪し両面が含まれますが、広告に出るのは良い面のみ。いくらCMを見比べても、どれにすべきか決まらないのはそのせいです。

ところが今は、口コミという正真正銘の情報が。よほど感激したか、逆に頭に来たからこそレビューするわけで、そこには商品の真の姿があぶり出されます。「乳首バイブ・ローター」の口コミなら、コスパと振動に関する購入者の満足度に注目すると良いでしょう。

「1,000円なら、まあ満足」とか、その手の口コミは非常にリアル。商品の性能レベルが、如実に伝わってきます。また振動については、「強すぎ」「弱すぎ」の指摘がある場合に注意が必要です。

自動で責められまくる!吸着タイプのおすすめ「乳首バイブ・ローター」5選

筆者の大のお気に入りだからというわけではありませんが、まずは吸着タイプのアイテムから紹介していきましょう。このタイプの最大の魅力は、やはりハンズフリーのお任せ感。装着だけは自分でやりますが、いったん張り付けたらあとは勝手に道具が気持ち良くしてくれます。

だからこそ大事になるのが、機種選び。やたら外れやすいとか、吸着しすぎて痛くて血が出たとか、そういうことがないようしっかりしたアイテムを選びましょう。

『ここで紹介する乳首バイブ・乳首ローター』
・U.F.O.
・U.F.O. SA
・Moruioy「甘噛み」ローター
・エキサイト エレクトカップ (ホワイト)
・乳クリ悶もんエイト

第1位「U.F.O.」

販売価格相場 6,000円前後
口コミの評価 ★★★★★
おすすめのポイント 吸着タイプといえばコレ!な名作

乳首を覆うカップ1個と、アタッチメントがセットになった「U.F.O.」。これ単体では動かず、別売りのR-1コントローラーが要ります。そちらと合わせると1万円は余裕で超えますが、それだけの価値のあるアイテムです。

おわん型の装着パッドは、中央に6種類のアタッチメントが取りつけ可能。マグネット式で、着脱は容易です。形状は舌型、指型、ブラシ型の3つ。それぞれ大小2種類あるので、乳首への刺激も調整しやすいです。

ぴたっと貼り付いたパッドの中で、アタッチメントが8つの回転パターンでぐるぐる。設定はコントローラーで行い、あとは全てお任せ。強すぎず弱すぎずの絶妙な触れ心地は、悶絶必至の気持ち良さです!

口コミはこちらでチェック!→U.F.O.

第2位「U.F.O. SA」

販売価格相場 22,000円前後
口コミの評価 ★★★★★
おすすめのポイント これ単体で動くシリーズ最高傑作

飛びぬけて高価ですが、やっぱりこの機種は外せません。1位「U.F.O.」との違いは、これ単体で完結している点。「U.F.O.」+R-1コントローラーよりも高いのは、最初からカップが2個入っているからです。

装着方法などは、特に変わらず。ですが操作の方は、コードでつながれた付属のコントローラーで行えます。R-1コントローラーに「U.F.O.」を2個つなぐ手間を考えると、取り回しはかなり改善されました。

アタッチメントには新たに花の形が加わり、強度7段階×パターン7種の多彩な回転が楽しめます。シリコン素材になり、カップの吸着力も格段に向上。ふくらみのない男性の胸にも、驚くほどジャストフィットしますよ。

口コミはこちらでチェック!→U.F.O. SA

第3位「Moruioy「甘噛み」ローター」

販売価格相場 2,000円前後
口コミの評価 ★★★★☆
おすすめのポイント 挟まれピクッ!震えてピクピクッ!

吸着タイプとしては、いっぷう変わった乳首ローター。商品名にある通り、クリップで乳首をつまんで「甘噛み」しながら震えます。うーん、聞いただけで何だかゾクゾクしてきました(笑)。

クリップ2個に、90㎝の長いコードでつながったコントローラー。パープルのラバー素材は、なかなか高級感があります。わずか8gのクリップに搭載の超小型モーターは、けっこうパワフル。その実力は、陥没乳首の矯正に使えるほどです。

振動のバリエーションも、10種類と十分。とはいえそこは「甘噛み」ですから、上級者以上には物足りなさも。ビギナーか、あるいは乳首開発が進み始めた中級者向き。後者には「甘噛み」の良さが、ジンジン伝わるはずです。

口コミはこちらでチェック!→Moruioy「甘噛み」ローター

第4位「エキサイト エレクトカップ (ホワイト)」

販売価格相場 650円前後
口コミの評価 ★★★☆☆
おすすめのポイント コスパ最強のシンプルローター

1個ずつ売られている商品で、両乳首にあてがうには2個買う必要があります。構造は非常にシンプルですが、高速のマイクロローターが付いてこのお値段は破格。2個買ったって、1,500円でお釣りが来ます。

胸に吸着させるカップは、シリコン素材。それ自体が吸盤の役割を果たし、グッと押しつけてから手を離せば密着して外れません。ローター部分を乳頭に当て、中の空気をうまく抜きながらくっつけるのがコツです。

1位の「U.F.O.」のような高級機とは異なり、ローターの振動は1種類のみで、強弱も変わりません。またいったん装着したら、その位置でずっと震え続けます。乳首にジャストフィットするよう、あらかじめ調節してから使いましょう。

口コミはこちらでチェック!→エキサイト エレクトカップ(ホワイト)

第5位「乳クリ悶もんエイト」

販売価格相場 2,500円前後
口コミの評価 ★★★☆☆
おすすめのポイント 高トルク回転で触手ぐるんぐるん

価格と性能のバランス、アダルトグッズではこれがかなり大事。「乳クリ悶もんエイト」は、1位の「U.F.O.」ほど高性能ではないけれど安く、4位の「エキサイト エレクトカップ (ホワイト)」ほどシンプルすぎない、バランスの良いアイテムです。

ポンプで吸引したのち、触手型ブラシで刺激を加えます。最初に吸い上げるのは、カップを固定させるため。でもそのおかげで、ブラシが乳首にクリーンヒット!アタッチメントは交換できませんが、その分回転パターンは8種類と豊富です。

難点は、売りである高トルク回転の出す音。わりとうるさく、実家暮らしだとキビシイかも。パワー十分の機種ですから、長時間の連続使用は避けましょう。

口コミはこちらでチェック!→乳クリ悶もんエイト

ピンポイントで性感に!手動タイプのおすすめ「乳首バイブ・ローター」5選

吸着タイプに慣れてしまうと、「今さら手を使うなんて…」と思いがち。でも人間の手指の精妙さは、最先端ロボットを上回ります。

バイブやローターに手や指の自在な動きが加わると、刺激としては最高峰。乳頭を3秒刺激し、次は乳輪をぐるっと、最後は勃った乳首の横っ腹をツンツン…。そんなピンポイントな動きができるのも、手動なればこそです。指の動きにしっかり対応してくれる、「手動タイプ」のおすすめを紹介します。

『ここで紹介する乳首バイブ・乳首ローター』
・和盆リズム 墨汁ブラック
・フェアリーポケットミニ
・指豆ローター
・舌でお手伝い
・激安!ピンクローター

第1位「和盆リズム 墨汁ブラック」

販売価格相場 800円前後
口コミの評価 ★★★★★
おすすめのポイント クリ用ながらチクニーにも最適

堂々第1位は、「和盆リズム」の「墨汁ブラック」です。「和盆リズム」は、クリ責めに特化したローター。「墨汁ブラック」のほか、「小豆レッド」「抹茶グリーン」のバリエーションがあります。

クリ用としてはすでに、超ロングセラーの定番商品。でも口コミを見ると、「クリより乳首が…」と告白する人が多く、しかも揃いも揃って「墨汁ブラック」推し。調べてみると、そのエラストマ素材の先端部分に秘密が。

卵型ローターにすっぽり被せて使いますが、色は真っ黒。そして頭の部分には、イソギンチャク状の触手が!鈍感なクリ用とあって、触手の先端はとがり、乳頭から乳輪まで硬めの感触が這い回ります。チクニー用途ならば、ビギナーから上級者までOKです。

口コミはこちらでチェック!→和盆リズム 墨汁ブラック

第2位「フェアリーポケットミニ」

販売価格相場 2,500円前後
口コミの評価 ★★★★★
おすすめのポイント ポケットサイズになり乳首にも◎

電マの人気モデル「フェアリーミニ」が、進化し尽くしてポケットサイズに!全長15㎝弱は、あまりにもコンパクト。これはもう、パワフルなローターかバイブと思って差支えないでしょう。

充電式でコードレスだから、チクニーにも最適。シリーズ伝統の強度の無段階調節はできませんが、同サイズのローターなどに比べればはるかにパワフルです。乳首専用機の刺激に飽き足りない人には、まさに救世主のような1本でしょう。

重さもわずか61gと軽く、手が疲れません。振動も細やかで、敏感な乳首には心地よい刺激が。ただそうはいっても、出自は電マ。なめてかかると、危ないです。最初は服や肌着の上から使用して、徐々に慣らしていきましょう。

口コミはこちらでチェック!→フェアリーポケットミニ

第3位「指豆ローター」

販売価格相場 160円前後
口コミの評価 ★★★★☆
おすすめのポイント コスパ抜群の使い捨てローター

とにかく安くて使いやすい、クリや乳首の刺激用ローターです。使い方も、きわめて簡単。ゴム製のリングを人差し指にはめ、もう1つの輪っかにローターを装着するだけです。気軽に買えて、手軽に試せるー。本商品の、最大の魅力の1つでしょう。

それでいて、刺激はわりとしっかりめ。チクニー初心者には、とくにおすすめです。指とローターが同化したような感覚で、ピンポイントで刺激したい場所を狙えます。音が静かなのも、地味にうれしいですね。

電池交換できないため、使い捨てになります。そこだけはちょっと惜しい気がしますが、そもそも値段が値段ですからね。「1年使ったけど、まだ動いてる」、そんな口コミも見かけましたよ。

口コミはこちらでチェック!→指豆ローター

第4位「舌でお手伝い」

販売価格相場 1,500円前後
口コミの評価 ★★★★☆
おすすめのポイント リアルなベロの質感に思わず昇天

前戯の時、乳首を責めるのは指か舌。でも指より、口に含んで舌で転がされる方が興奮します。何とかチクニーで再現できないものか…そう思っていたら、ぴったりのアイテムが。それが、RENDSのローター「舌でお手伝い」です。

ぱっと見は、溶けかけのイチゴアイス。触るとむにむに柔らかく、リアルに再現されたベロだと気づきます。舌パーツを温めておけば、乳首にあてがった時の感触はまさに本物です。

電池駆動のスティックローターもいい働きをしますが、これを外して舌パーツだけで乳首を刺激するのもGood。実践されている方が、じつはけっこういらっしゃいます。その際は、ローションを薄く塗ると、唾液で濡れてる感が出てさらに良いです。

口コミはこちらでチェック!→舌でお手伝い

第5位「激安!ピンクローター」

販売価格相場 220円前後
口コミの評価 ★★★☆☆
おすすめのポイント 安さは力!初心者はこの機種から

いまどきワンコインでは、大した買い物はできません。ところが「激安!ピンクローター」なら、何と2本も買えちゃいます。ところが本商品、2本は必要ないんです。なぜなら電池駆動で、使い捨てではありません!

しかも強度は、驚きの無段階調整式。ダイヤル操作で、お好みの強さに設定できます。むろん強弱の振れ幅は、それほど広くはありませんが。見た目も機能も、じつにオーソドックスなピンクローター。格安だからといって、不便は感じさせませんよ。

最初から電池が入ってますから、購入後すぐに使えます。静音性は△ながらも、上級者を除けば、振動の強度には満足できるはず。多機能でない分、メスイキまで持っていく手指のテクが磨かれます。

口コミはこちらでチェック!→激安!ピンクローター

「乳首バイブ・ローター」でチクニーの快感を体感しよう!

吸着と手動、それぞれのおすすめ商品を見てきました。種類も値段も、じつにさまざま。安い高いに関係なく、良い物は良いという感じでしたね。

乳首の開発には、根気が必要です。それから、適切なパートナー。人間ではなく、オモチャの相棒です。紹介した10個の中に、最良のパートナーが隠れているかもしれませんよ。

相性の良い「乳首バイブ・ローター」で、チクニーの悦びに目覚めましょう。以上、風俗部編集部がお届けしました。

◯関連記事
乳首で感じたい男へ捧ぐ「チクニー」とは?乳首の開発方法・やり方などを紹介
120%感度があがる乳首開発方法を大公開!短期間で誰でも乳首イキが可能になる秘訣とは

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/nipple-vibrator-rotor.html