「ヴァージンループダリンセブン」評判やシリーズ比較!最安値情報も

「ヴァージンループダリンセブン」評判やシリーズ比較!最安値情報も

オナホで人気のヴァージルシリーズ。ライド社が生んだ初代「ヴァージンループ」は独自の縦×横ヒダ構造で一世を風靡しました。今回はその流れを組む「ヴァージンループ ダリンセブン」をピックアップします。お笑い芸人も大絶賛の気持ち良すぎる内部構造がさらに進化。長さ十分のむっちりボディは万人受けする安定感を誇ります。シリーズ他機種との比較や最安値情報など「ダリンセブン」にまつわる全てを一挙にまとめてみました!

繊細な横ヒダとカサ高な縦ヒダがちんぽを刺激する「ヴァージンループ ダリンセブン」

メーカー RIDE(ライド)
メーカー希望価格 2,860円
販売価格相場 1,500円前後
サイズ 75×75(mm)
内部長さ:130(mm)
質量:360(g)
刺激の強さ ★★★★☆
素材のやわらかさ ★★★★☆

ダリン?もしかして「ダーリン」の間違い?そう思ったアナタ、いえいえ間違いなんかじゃございません。「舵輪(だりん)」とは船が舵を切るためのハンドルのこと。手に取って挿入口をのぞけば確かにそこには「面舵いっぱーい!」と叫びたくなるような舵輪形状の穴が。

バンジータッチ素材のむっちり感はそのままに、6本の太い縦ヒダと壁一面に刻まれた繊細な横ヒダが濃厚な刺激を生み出します。図体デカめのわりに内径は狭く、挿れればたちまち強い密着感。空気を抜いた時のバキュームは絶品で耐久性もバツグンです。

360gとずっしりボディの「ダリンセブン」は市場価格で1,600円ほどとお求めやすいのも魅力。まったり系&強刺激の非貫通型オナホの中では、まず筆頭に挙げられるバランスの取れた名器と言えるでしょう。

「ダリンセブン」の評判や口コミをチェック

オナホとしての個性を考えた場合、「ダリンセブン」をおすすめしたいユーザーの特徴は以下の3つ。

・ヴァージルシリーズのファン
・密着感重視の人
・ストロークを加減して自分好みのオナニーを楽しみたい人

シリーズ経験者には、まず間違いなくおすすめできます。他機種と比較するほどに「ダリンセブン」の個性がいっそう際立つはずです。

また密着感重視の人やストロークで刺激に変化をつけたい人にもおすすめ。これらをふまえた上で、「ダリンセブン」の実際の評判や口コミをチェックしてみましましょう。

ぞわぞわ感が立体的に進化!「ダリンセブン」の良い口コミ

まずは良い方の口コミから。予想した通り、名器ヴァージンループの遺伝子がユーザーに新たな刺激をもたらしているようです。購入者が書き込まずにはいられなかった絶賛の声に耳を傾けてみるとしましょう。

40代のふわとろコレクターです。
マイコレクションの中でこれがベストです。

挿入時の他にない感触がたまりません。こいつがいれば他はいらない。
引用:Amazonのカスタマーレビュー

ヴァージンループシリーズのファンだという方。中でも一押しの1本が「ダリンセブン」というわけですね。

刺激はかなり強めです。1往復に時間をかけて致すとすごく気持ちがいいです。控えめに言って長くもたない。粘度はあまり高くない方がよりヒダを感じられていいと思います。
引用:大人のデパートエムズ・レビュー

しっかりした刺激に大満足という口コミ。バンジータッチ素材特有のまとわりつく感じがたまりません。

ただのヴァージンループと比べると、ぞわぞわ感が増してます。しかもそれがくっきりとした立体で犯してくるので、わたしの亀頭ちゃんがビクビクします。
引用:NLS・お客様の声

初代と比べてぞわぞわ感が確実に進化。四方八方から容赦なく刺激される感じが、短いレビューの文章からもひしひしと伝わってきます。

良くも悪くもオーソドックス…「ダリンセブン」のイマイチな口コミ

いっぽう中には「ダリンセブン」をイマイチと感じたユーザーも。人により相性もありますから、悪い口コミというのも購入前にはかなり参考になります。ここでは「ダリンセブン」にもう1つ満足できなかったユーザーの率直な意見を見て行くことにしましょう。

手前の方は亀頭を擦ると結構ぐぐっと来ました。が、普通の挿入では本当に普通でした。
リピートはしないと思います。
引用:Amazonのカスタマーレビュー

大いに不満というワケでもなさそうですが…。「普通の挿入で普通」だと、やっぱり微妙と言わざるを得ませんよね。

ダリンの良さってなんだろう。素材とサイズ感が良いから気持ち良いし全然使えるんだけど、おースゲーっていう感動が全くなかったです。
引用:Amazonのカスタマーレビュー

オナホとしての基本性能は十分だけれど、これといって目を引くものがない…。言葉つきは穏やかながらじつはけっこう手厳しい意見です。

アイアン鬼頭のかたは素直にハードタイプを買うことをオススメします。
引用:Amazonのカスタマーレビュー

刺激に物足りなさを感じたという口コミ。「柔らかすぎる」という指摘は他にもいくつか見受けられました。

千原ジュニアも絶賛!話題の「ヴァージル」シリーズおすすめ5選【2019最新版】

縦から横から交差して加わる刺激が魅力のライド製オナホ「ヴァージルシリーズ」。四重らせん構造がウリの初代「ヴァージンループ」は、あの千原ジュニアがBSの人気番組「ダラケ!」で絶賛したことから人気に一気に火がつきました。ジュニアが思わず口にした「女性を超えた!」の言葉は、オナホ史上に残る屈指の名言といえるでしょう。

そんな名器の遺伝子はシリーズ化により連綿と受け継がれ、「ダリンセブン」以外にも最高に気持ち良いオナホが現在いくつもラインナップされています。ここでは、その中から選りすぐりのオナホ5本を紹介したいと思います。もちろんトップバッターは、今回の主役「ダリンセブン」です。

6本の縦ヒダがちんぽを刺激する「ヴァージンループ ダリンセブン」

メーカー希望価格/販売価格相場 2,860円/1,500円前後
構造の面白さ ★★★★★
刺激の強さ ★★★☆☆
口コミ評価 ★★★★☆

「ダリンセブン」は初代ヴァージンループの正統進化版といえる機種。最大の特徴は商品名にもなった舵輪(だりん)状の穴で、6本の太い縦ヒダの採用がヴァージルシリーズ特有のゾリゾリ感に拍車をかけています。

サイズ感は同シリーズの「エイトロング」とどっこいどっこい。つまりそこそこ重量感があって長さも十分。また各ショップの口コミ評価では低評価の少なさが際立っていましたね。「縦ヒダが主張しすぎてV溝の良さが消えている」など難点はあるものの、総じてユーザー満足度は上々でした。

超ハードな亀頭責めを求めるなら「ヴァージンループダリンセブンハード」

メーカー希望価格/販売価格相場 2,860円/1,700円前後
構造の面白さ ★★★★★
刺激の強さ ★★★★☆
口コミ評価 ★★★★☆

ハード化はヴァージルシリーズのお家芸。ご多分にもれず「ダリンセブン」にも刺激の上位互換バージョンがあります。それがハードタッチエアー素材を採用した「ダリンセブンハード」で、特長である太い縦ヒダの存在感がさらにパワーアップ。即イキ系の高刺激オナホへと見事な進化を遂げています。

半透明ボディになったことで、挿入したチンポが透けて見えるのも卑猥でGood。ただ、ストレートな刺激がガツンと来るタイプゆえ、ヴァージルシリーズ特有の甘美で繊細な快感が若干薄れているのは残念です。

シリーズの先駆けとなったノーマルモデル「ヴァージンループ」

メーカー希望価格/販売価格相場 2,420円/1,400円前後
構造の面白さ ★★★★☆
刺激の強さ ★★★☆☆
口コミ評価 ★★★☆☆

記念すべきシリーズ初代作がこちら。四重らせん構造による縦×横のヒダの刺激はオナホの1つの革命でしょう。千原ジュニアをして「女性を超えた!」と言わしめた名器ですが、ジュニアといえば昔、女優の内田有紀と付き合ってましたよね。比較対象は彼女だったのでしょうか。

挿入口は舵輪(だりん)ならぬ四つ葉の形状。ローション溜まりと亀頭ポケットを有する内部構造など、シリーズの基本がすでに完成しているのには驚かされます。とはいえ初代は細かい部分に調整不足も。有名になった反動か、「柔らかい」「刺激が単調」など手厳しい口コミも散見されました。

深いストロークが楽しめるロングタイプ「ヴァージンループエイトロング」

メーカー希望価格/販売価格相場 2,860円/1,700円前後
構造の面白さ ★★★★☆
刺激の強さ ★★★★☆
口コミ評価 ★★★★★

180mmのロングボディが魅力の「ヴァージンループエイトロング」。初代の倍の8重らせん構造が勃起チンポをみっちりと包み込みます。膣道をくぐり抜けた先にはイボイボのついた子宮口がお出迎えです。

長尺なぶんストロークにも余裕があり、奥の部分ではしっかりと鬼頭が刺激され空気を抜くことでバキュームも働くので、高水準の万人向けオナホという感想です。
引用:NLS・お客様の声

とにかく「買って良かった」という口コミが多い多い!奥行き十分で刺激がしっかりあり、耐久性とコスパも抜群。しかもヴァージルシリーズ特有の切ないような快感までちゃんと保たれています。普段使いのオナホとして常備しておくと心強い1本です。

スティックヒダが最高「ヴァージンループダブルモーションロングハード」

メーカー希望価格/販売価格相場 2,860円/1,700円前後
構造の面白さ ★★★★★
刺激の強さ ★★★★★
口コミ評価 ★★★☆☆

「ヴァージンループダブルモーション」のハード素材バージョン。弾力がある硬めの素材とスティック状ヒダのマッチングが絶妙です。ローション多めで使用するとコリッとした独特の感触がヤミツキになること請け合い。

不規則に動くインナーループなど多彩なギミックが勃起チンポに快感の波状攻撃を仕掛けます。ただボディが肉厚な分、握りしめる力が伝わりにくいのはやや難点。良くも悪くもヴァージルシリーズの中でも個性が強い1本といえます。そのせいかシリーズのオナホでは珍しく、高評価と低評価との二極化が顕著でした。

「ダリンセブン」が1番安いのはM-ZAKKA!通販ショップ値段比較【2019年】

2019年9月時点での税込み価格 最新の価格はこちらをチェック!
Amazon 1,444円(+送料 410円) Amazonの最新価格
FANZA 1,430円(+送料 530円) FANZAの最新価格
NLS 1,738円(+送料 590円) NLSの最新価格
M-ZAKKA 1,436円(+送料 380円) M-ZAKKAの最新価格

※税込み価格で表示しています

本体価格のみで見るとFANZAが一番安いのですが、送料込みで考えると1,816円のM-ZAKKAに軍配が。ただしAmazonの場合は月額500円のプライム会員だと送料無料になります。すでにプライムに登録している人は迷わずAmazonで買いましょう。

またM-ZAKKAの送料380円はヤマト運輸限定での値段です。それ以外だと500円かかってしまうのでご注意下さい。北海道、沖縄県、離島への発送はゆうパックのみのため必ず500円かかります。

「ダリンセブン」の強烈な刺激でヌキまくろう!

ヴァージルシリーズのオナホ「ダリンセブン」について紹介してきました。あらためてその魅力や特徴を振り返ると、

・個性的な舵輪(だりん)状の穴
・ヴァージルシリーズ特有のぞわぞわ感がアップ
・もっちり素材ながら刺激は強め
・耐久性高くコスパも十分
・高刺激に慣れた人にはやや物足りなさも

といったところになるでしょうか。とくにヴァージルシリーズ未体験の人には、初代かこの「ダリンセブン」を強く推奨します。個性的でありながらオナホとしての基本スペックが高く、安心して使えるからです。

またオナホだと刺激過多になりがちな手コキ、その弊害を緩和する働きもあります。「ダリンセブン」の刺激はたしかに強烈ですが、それはあくまで、締まりの良いマンコに出会ったようなもの。包み込まれる感覚とともに射精する気持ち良さはやっぱり格別です。

「ダリンセブン」で最高かつ健全なオナニーを満喫しちゃいましょう。以上、風俗部編集部がお届けしました。

◯関連記事
ホンモノより気持ちいい!おすすめオナホール17選【2019年最新版】
ヴァージンループハードは危険?ホンモノでイケなくなる気持ち良さ

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://www.fuzoku-move.net/special/virgin-loop-darinseven.html